Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

2016年夏アニメ感想【追記有り】

先々週から始まった据付工事で、今週は仕事が忙しくなった挙句についに恐れていた大ボケをかます失態を犯してしまいその対応に追われてブログどころでは無くなっていました。こんな状態でしたので、訪問して頂いたブロガ―さんのブログへも全く訪問出来ず大変申し訳なかったと思っています。本日土曜日も出勤でしたが、やっとひと段落ついたので、当初予定していた追記を簡単に書いてみたいと思います。

=========================

また、前回の更新から時間が経ってしまいました。その間、高熱で倒れたりなど色々ありましたが、先週からついに新しい据付け工事が始まってしまい、ますますブログの更新とアニメの視聴は難しくなって来てしまいました。ただ、あまりにも更新をしないのは自分でもいやなので、とりあえず前回の続きで、昨年見て感想を書けなかったアニメの感想をまとめてUpしてみようと思います。ただ、何しろ、最後に観たTVアニメは2016年の夏アニメですから半年以上前の作品になるわけで、もはや自分でも内容を忘れかけていると言う体たらくぶりなので、どちらかというと全体に感じた印象を簡単にまとめたいと思います。

それでは、気にいった順番から書いていきたいと思います。

1.Re:ゼロから始める異世界生活
ReZero_1.jpg
また例によって異世界物...と思いきや、異世界物の中でループが起こると言う、今まで有りそうで無かった設定(もしかしたら結構あるのかも。にわかで申し訳ない...)が意表を突きましたし、主人公がループの能力を持っている(?)以外には、肉体的にも頭脳的にも凡人なので、問題解決に対して、基本的に周囲の人や仲間に頼ると言う方法を取るところが、かなり好みでした。チートな能力に頼らず、凡人目線の凡人で出来る努力によって問題を解決しようとするストーリー展開は意外と熱いものがあったと思います(まぁ、物語の最初でラインハルトを仲間に入れることが出来たのは少々出来すぎでしたが)。ただ、どうにも慣れなかったのが主人公のあのクセのあるしゃべり方で、人によっては視聴を切っても不思議では無いくらいに不快要素を発散させるキャラで、どうしてこのようなキャラに設定したのか不思議なくらいなのですが、もしかすると、ループの起点になる生理的な痛みを極限に感じさせるようなあの死に方で相殺させようとしたのかもしれません?(つまり善人を何度も殺すのは気の毒に感じさせてしまうのであえて逆張りのヒールキャラにした?)
この主人公の生理的な痛みを感じさせる死に方を初めて見た時は、かなりビックリしたのですが、実はこの痛みを感じさせる死に方の表現が、自分にとってこのRe.ゼロを好きである理由の一つでもあります。自分にとって、無理やり生を終わらそうとするときに感じるであろう生理的な痛みへの恐怖はかなりあって、それは恐らく生まれてきたことを後悔したくなるほどの痛みだろうと勝手に想像しているのですが、この想像を絶すると思われる痛みさえなければ自分の性格的に容易に死を選ぶことがあるのではないかと時々思うことがあります。ですから、この生理的な痛みと言うのは、自分にとって死へのストッパーとして確実に機能しているのですが、ある意味、普段生きていて感じる諸々な事象への感動や楽しみというものは、死へのストッパーがあってのものと自分は思っているところがあるので、死に際が生々しく描写されている作品には心が魅かれる傾向があります。それは、死の描写そのものではなくて、死あっての生であることを作者が認識していると感じるからだと思っています(もちろん、スプラッター映画の生を弄ぶような描写には興味がないどころか嫌悪感さえあります)。ですから、このRe.ゼロの主人公が、”もう死ぬのはイヤだ”と言った言葉は、当然のこととして自分の中にストンと落ちましたし、死にさえすればループが働くと分かっていても、主人公がその方法を安易に選択せず、出来るだけあがく行為には素直に共感出来ました。

この物語を自分は、前半しか見ていませんが、恐らく何度もループを繰り返すことで人間的な成長をした主人公が、最後に意を決して最後の解決に向かうと言う流れになっていると勝手に推測しているので、この物語の後半は必ず見てみようと思っています。

PS1.
この物語のヒロインは、エミリアのはずなのだけれども、ネットの中にはデレた後のレムは究極のヒロインと言う人もいるようです。
rezero_remu.jpg
究極のヒロインならば見てみたいと思っているのも、このRe.ゼロ後半を見たい理由の一つです。

PS2.
どうしようか迷ったのですが、生理的な痛みについて上記で書きましたし、同じ異世界転生ものなので、この作品にも触れておきたいと思います。
異世界転生物と言ったら有名な作品ではSAOでしょう。人気の点では、間違いなく、Re.ゼロを上回っていて、今年は劇場版も封切られるとのこと。ただ、SAOファンには申し訳ありませんが、自分は、このSAOは全く受け入れられませんでした。それは、この世界での死を完全にゲームと同じく数値化で表していたからです。以下は、SAO1期の最初の方の場面。
bb71217b-s.jpg
ザコに切り掛かかれても、総HP数で上回る主人公が自動回復してダメージを与えられないことをクールに語る主人公。この部分は、視聴者が主人公強ェェと感じるところ?なのかもしれませんが、自分はこのシーンでこの作品に本当に幻滅しました。このSAOは基本的に、感動物語をベースにした主人公の冒険譚といったところだと思いますが、自分は上で述べたように、死の痛みへの恐怖があってこその感動や楽しみという感情があると思っているので、SAOの死を数値化して痛みを感じさせないというものは、その対極の感動や楽しみという感情をも否定することと同じであり、このSAOの世界で描かれる感動物語を嘘臭いものとして急速に色褪せさせました。

勿論、これは良い悪いと言っているのではなく、異世界転生物は、何でもアリで穴だらけに見える設定でも、ストーリー展開の面白さでご都合主義の批判を凌駕する面白さを発揮するところが痛快なのだと理解しますし、この死を数値化するというのもゲームと同様のシステムが取り入れられた世界という単なる物語上の設定なのでしょうが、自分にはどうしても受入られませんでした。

2.ふらいんぐうぃっち
1471462676.jpg
親戚の魔女の女の子が魔女修業の一環として、東北の地方都市(おそらく弘前)にやってきたところから始まる魔女たちのほのぼの地方都市ライフの物語。
物語の出だしこそ、あの宮崎駿監督の”魔女の宅急便”と似ていますが、”魔女の宅急便が”主人公の成長を描いた王道の成長物語だったのに対し、この作品は、魔女の修業と言いながら、試練などの辛気臭い展開はまるで無く(自分はその辛気臭い展開が結構好きなのですが)、あくまで主人公と居候先の家族や周囲の友人との間の日常のほのぼの生活のエピソードが丁寧に綴られる日常物語です。でも、春の精や先輩魔女たちなど非日常な世界の住人達がまるでご近所さんのように登場して、その日常の交流の輪に加わっていく様が実に自然で、非日常なのに日常と言う不思議な空間が実は本当に有り得るのではと思わせるような雰囲気がこの作品にはありました。疲れた心を癒してくれる、なんとも心がほっこりする作品です。

また作品中に使われるアコースティックな響きを持った楽曲が、作品の風景と良くマッチしていて音楽を聴いているだけで作品風景が目の前に見えてくるようでした。この音楽を聴きながら聖地巡りをしたら最高でしょうね。OPも2016年の夏アニメの中では自分の一番のお気に入りでした。

冒頭の”しゃららら~ん、らららん”は、この曲が流れるとつい一緒に口づさんでしまう程、印象的なフレーズでした。名曲です。

PS1.
下は作品中で使われた弘前城前での1ショット。
d446691a.jpg
でも実は、実際の弘前城は、本丸の石垣が外側に膨らむ「はらみ」という症状が現れ始めたため天守真下から石垣の一部を修理することになり、天守閣を曳屋(ひきや)工法という、レールの上に載せてそのまま移動させる工法で別の場所へ移動させているので、下の写真に示されているように、アニメで使われたようなショットを現在実際に撮ることは出来ません。
1850d558.jpg
そして以下が移動先の弘前城の天守です。
b914586a.jpg
重要文化財の建物なので、石垣の修理も調査しながら行われ、簡単に修理をして戻すという訳にはいかないようです(10年はかかるとのことらしいので、天守が石垣の上に戻るのは当分先とのこと)。聖地巡礼もそうですが、どちらにしろ弘前城へは百名城巡りで近い内に訪れるつもりだったところ、天守閣が天守台上に乗っていないというのは残念なのですが、まぁこういう弘前城が見れるのも今だけと考えれば、レアな状態を見れると言うのは結構お得なのかもしれません?

PS2.
本作を監督した桜美 かつし氏は、前作の2011年”神様のメモ帳”以来5年ぶりに監督復帰となりましたが、”神様のメモ帳”以前の監督作”よみがえる空 -RESCUE WINGS-”や”あさっての方向。”は自分のとても好きな作品で、一説には”神様のメモ帳”が不評だったので今まで干されていたのではないかとの噂も有りましたが、久しぶりの監督作が好評に終わって良かったなと思いました。

3.甲鉄城のカバネリ
kabaneri_01.jpg
この"甲鉄城のカバネリ"第1話を見た時の自分の感想は、"何かスゲェものを見ちまった..."などという呆けた物で、その位この"甲鉄城のカバネリ"にはインパクトがありました。江戸時代とスチームパンクの世界が混ぜ合わされたような独特の雰囲気を持った世界観を背景に、大地を疾走する鋼鉄城の荒々しさと、そこに襲いかかるリアルに描かれるゾンビの群れ。人間とゾンビの中間カバネになってしまった熱い心を持った主人公に、妖しい美しさと圧倒的な強さを持つ謎めいたヒロイン。そして、これらを描き出す圧倒的に美麗な作画。"正に劇場版レベル...。"と感じた自分のこの評価は、何も自分だけではなく、この"甲鉄城のカバネリ"第1話放映直後のネットには、同様の絶賛の感想が溢れ返り、一種のお祭り騒ぎになったくらいでした。それが、終盤あのような結果になってしまうとは、この時殆どの人が予想できていなかったと思います。

この甲鉄城のカバネリは、中盤からあの美馬様が登場してから雰囲気が変わって来ます。中盤くらいには、ゾンビの攻撃とその撃退というパターンにも慣れ若干の失速も感じていましたので、この停滞感の打破からもこういうキャラが登場してくるのは、自分的には有りかな程度だったのですが、ネットでの評価は全く違っていて、”また内ゲバのパターンかよ”の声がかなり多く上がるようになって来ました。そして終盤その通りになってしまったのですから、この時ほど古くからのアニメファンの慧眼に感服したことはありませんね。みんな色々経験してきているんだなぁ...。

さて、ネットで調べてみると、ゾンビ物と言うのは、たいていの場合、最後には"人間vs人間"の内ゲバものになってしまうのがどうも大多数のようです。何故そうなってしまうのかを自分も考えてみたのですが、もしかするとゾンビの陳腐化が早すぎて時間が余ってしまうからなのかもしれません。物語の冒頭、圧倒的に強かったゾンビも、基本的に攻撃はワンパターンで防御の仕方や攻撃箇所も分かって撃退できるようになると、あっという間に頭数だけ多い雑魚キャラに転落してしまって、そしてゾンビである以上敵との対話による物語が作れないので、人間対人間の話にならざろう得ないのかもしれないと考えると”内ゲバパターン”が多いと言うのも分かるような気がします。こう考えてみると、ゾンビ物と言うのは、話の展開の選択肢が少なくて面白い話を作るのが難しいジャンルなのかもしれませんね。ゲームではとてもメジャーなジャンルなのですが(映画でも、メジャーなジャンルですが映画は基本的に2時間だから何とかなるのかも)。
でも、当然物語の展開が上記だけということは有りえませんから、もし2期があれば、是非この和風スチームパンクと言う魅力的な設定を生かしたロードムービー的な話にしてもらいたいところです。荒野を疾走する甲鉄城とその途中の旅先での物語というのはやはり絵になると思いますから。

PS1.
ちなみに個人的にいえば、今回、美馬様が登場すること自体は、それ程酷いことだとは思っていません。別に人間vs人間になったとしても、それが面白い話ならば全く問題ありません。今回問題なのは、美馬様が最終的に何をやりたかったのかさっぱりわからなかったことで、表面にあらわれている"単なる美馬様の個人的復讐譚"であったとすれば、美馬様に従う仲間達は大間抜けだし、そんなちっぽけな感情の巻き添えを食って死んでいった多数の人たちも無駄死にとしか言いようが有りません。脚本の大河内一楼さん、こんなので本当に良いのですか?

脚本の大河内一楼氏は、"∀ガンダム", "あずまんが大王", "宇宙のステルヴィア", "プラネテス", "交響詩篇エウレカセブン", "コードギアス 反逆のルルーシュ"など挙げればきりが無い程の名作を生みだした大脚本家です。ただ、近作を見てみると、"革命機ヴァルヴレイヴ", "コメット・ルシファー"など大爆死作品も手掛けていて、調べてみると、どうも有能な監督と組むと無類の力を発揮するけれども、そうでもない監督と組むとイマイチという分かりやすい結果になっているような気がします。本作、甲鉄城のカバネリの監督である荒木哲郎氏は、"進撃の巨人"を監督した人でありますが、あの"ギルティクラウン"も監督していて、自分は全くギルティクラウンという作品を受け入れられなかったので、どうもこの監督の技量には自分的には?が付きます。もし、2期があって、監督・脚本とも両氏が引き続き行うと言うのであれば、脚本の大河内一楼氏には、今度こそ、あの往年の名作群に匹敵する脚本を書いて欲しいところです。

PS2.
1話の最後の無明対ゾンビのシーンはやはり凄かったですね。
8c572ec5.jpgff8e22dd.jpg754f4d3f.jpg
無明の妖しい美しさと圧倒的名強さを表した名シーンです。

4.ばくおん!!
C2Qw1WNVQAATTPA.jpg
作品タイトルからして、"けいおん!"のパロディ作品と思いきや、かなりディープなバイク愛に満ちたネタの連発で、毎回爆笑していました。ただ、そこで使われるネタが何とも古く、自分の現役時代のネタばかり(つまり今から20年前以上)でしたから、今のアニオタ諸氏の方々の殆どがこのネタに付いて来れ無かったのではないでしょうか。ただ、如何にネタが古くて付いていけないとしても、バイク好きならばそのネタに秘められたバイクに対する深い愛情を感じることが出来たに違いありません。タイトルの軽さに対して、信じられないほど間口を絞った、昨今まれに見るほどマニアックな作品で驚いてしまったのですが、この手のマニアックな作品というものは、全体の雰囲気を楽しむというよりも、細部に拘ってみることにこそ楽しみがあるというもので、俗に、"神は細部に宿る"とも言いますから(例えるなら、野球好きの人は、深夜のプロ野球ニュースの結果だけを見て、野球を語るわけじゃないというようなもの)、全体を通した雰囲気に対する感想では無くて、このばくおん!!は別記事を立ち上げて、いくつかの作品中のネタを紹介しながら感想を書いていきたいと思います。でないと、この作品の面白さは伝わらないと思いますから。

ただ、この作品で唯一イマイチだと思ったのは作画で、普通この手の作品は、ミリオタ作品と同じでメカだけはしっかり描かれるのが普通なのですが、この作品は肝心のバイクの作画が微妙と言う変わった作品でした。まぁ、ユルい作品の雰囲気に合っていると言えば有っているのですけれどもね(時々気合が入ったカットもありましたが)。
最後に、最終回"もしものせかい!!"でバイクの無い世界を描いて、それを夢落ちにして作品の幕を引いたのは綺麗な終わり方だと思いました。

PS.
この作品の監督西村純二氏は、前作のグラスリップでやらかした(監督が脚本など全て自分で抱え込み暴走した。ただし、個人的には、思春期の若者らしく自分を特別な存在として認識してしまう思い込みが見せる内面世界の映像化を試みた一風変わった、でも真面目に取り組んだ作品として嫌いではありませんでした。でもそれをやるなら、幻想譚仕立てではなくリアル路線でやった方が意図が伝わり易かった気がします。)ので、監督への復帰はしばらく先だと思っていました。個人的に、西村氏が監督したtrue tearsはとても好きな作品で、このグラスリップ1作で監督業を干されるのは何とも厳しいと思っていましたので、今回の監督復帰作で有る程度の評価をあげられたのはとても良かったと思います。

5.ジョーカーゲーム
jorker game_01
名前も経歴も不明な選ばれたスパイたちが暗躍し戦禍の火種がくすぶる第二次世界大戦前夜の世界を舞台に、日本に設立されたD機関が、各国のスパイ機関と繰り広げる攻防を描いた作品です。

各機関のスパイ達の仕掛けを、どのように防ぎかつ上回ることが出来るのかが見どころで、意表を突く作戦には、"おお、そう来るか!"と驚くこと請け合いです。

ただ、物語が進むうち気になってきたのが、民間の兼業スパイでは無く、D機関に所属するような本職のスパイ達の素性のことです。
本来、諜報活動というものは地味なもので、自分を偽り周囲に溶け込み、周りを騙して信用を勝ち取り、その相手の信頼を利用して情報を得る仕事で、もちろん、情報の価値は貴重で、諜報戦で遅れを取れば、本戦において戦う前に負ける可能性が高くなるほど重要なものなのですが、早い話、日の当たる表通りの仕事では無く、本来得ることが出来たかも知れない富や名声など全て諦め、かつ命を危険にさらす可能性が高いという全く割に合わない仕事なのです。
物語の1話目でD機関に所属するスパイは、陸軍士官学校では無く帝大や一般大学を出たいわゆる地方人達で、経歴・氏名・年齢までもが一切極秘事項として扱われ数ヵ国語の習得・理学・薬学・物理学・通信技術を取得し、およそ精神と肉体の極限の訓練を易々とこなし最終的に残った8人の化け物として紹介されています。このような、頭脳、精神、そして肉体的にも優れた能力を持っている人たちが、何故スパイと言う、表に出ない日蔭の職業を選んだのか。金銭的なものならば、彼等ほどの能力が有れば、他の選択肢は沢山あっただろうし、他にはやむをえぬ事情、もしくは強烈な愛国心しか無いように思えるのですが、それらの理由を明かすOVAが出るのならば是非見てみたいと思いました。TV版で出てくるD機関のスパイたちは、いつも、どことなく斜に構えた態度を取っているように見えるので、そのような雰囲気を出している人物たちが、何故国のために自分の命を投げ出すような職業を選択したのかを、この作品を見続けて行くうちに是非知りたくなってきてしまいました。ひょっとすると、本編よりも興味深い物語が有るかもしれませんので。

PS.
この作品のOP曲は名曲と言う物ではないと思うのですが、オシャレなオープニングアニメーションと良く合っていて、毎回飛ばさずに聞いていました。

流石ProductionIGというところですね。

6.クロムクロ
maxresdefault_2.jpg
P.A works15周年記念で製作されたP.A初のロボットアニメ。本作は、2クールものなのですが、実は前半の1クール分しか観ていません。基本的に、ロボットものが苦手と言う処へ持ってきて、どうも物語の設定が、どこかで聞いたことがあるものばかりを寄せ集めたような気がして、どうも乗り切れなかったし(設定だけだと、あの迷作"輪廻のラグランジェ"に似ていると思うくらい。(え...)、話も少し起伏に乏しく、次回に続く引きが足りなかったように思いました。

また、ロボットのデザインもアレはどうなのでしょう。ワザと武骨にしていると思うのだけれども、このデザインはロボものが好きな人にとっても受け入れられるものなのでしょうか。ただ、妙にカッコよくするのも作品の内容に合っていないような気がするし、どうもロボものの作品は、どこに思い入れをしながら見るべきなのかが良くわかりません...

ただ、2クール全体を通して見た人からは、おおよそ好評との評価を得ているようですので、折角自分の好きなP.A worksが15周年記念として製作したアニメなので、なんとか機会を作って、残りの2クール分を見てみたいと思っています。
1460019402_1_10_e37d9806848959c51035544b22f1b580.jpg

PS1.
懐かしいグループGRAYの曲。取ってつけたようなサビの部分が以外と気にいっています。

昔からのグループが頑張って活動し続けているのは結構好きです。

PS2.
ロボものが苦手の自分が唯一カッコいいと思ったのが、コードギアスに出てくる紅月カレン搭乗の紅蓮弐式で、これはフィギュアが欲しいと思うほど好きでした。まぁコードギアスの中で唯一のお色気担当のカレンが乗っていたからお気に入りだったのかも。紅蓮弐式は、機体の向こうに搭乗者の顔が見えましたからね。

PS3.
本作での敵方エフィドルグの武将たちが、物々しい甲冑を付けて会議するシーンが結構ツボでした。どういう訳か、"奴は四天王の中で最弱ネタ"のAAを思い出してしまうので。
033223.jpg
このネタ結構好きなのですよね。
  464x295xf6b61b02911a48ec5c3c7dd4333bbb54_gif_pagespeed_ic_LVSAn1Nyay.png

7.くまみこ
1-160512214115.jpg
最終回が酷過ぎると、炎上状態になってしまった"くまみこ"。最終回のニコ生アンケでも、とても良かったが16.1%、良くなかったが50.9%という伝説級の数字を叩き出しました。これに匹敵する最終回は、ヴヴヴの最終回の1が18.0%、5が61.7%で、1の低さだけを見ると、過去最低の評価となったと言っても良いと思います。
20160628115958.jpg

何故、このような炎上状態になってしまったかと言うと、最終回の展開がとにかく変だったからです。コンテストに参加するために仙台に行ったまちが(このコンテストでの件も色々酷かった...)最終的に巫女の舞いをコンテスト会場で披露するも、すっかり被害妄想で精神を壊してしまい、幼児退行してしまったまちをなつがあやしながらEndという、何かサイコホラー映画のBadEndのような幕引きになってしまっていたのです。これでは炎上するのも道理というもので、実際、自分もこの最終話を見た時には本当にビックリしました。

(ただ、流石にこれはまずいと思ったのか、Blu-ray Boxではコンテストの件で批判があった箇所の台詞カット・修正及び、追加OVAが製作されて、これらを見た人の感想によると、TV放送版で感じた不満が殆ど解消されているとのことです。このBoxの発売は2016/08/24発売ですから、炎上直後から修正及び追加OVAの製作が開始されたとしてもかなり素早い対応で、このくらいのことが出来るのなら、もっと初めからしっかりやればよいのにと思ってしまいました。この修正及び追加OVAの詳細については後述します。)

このくまみこの初期は本当に面白かったですね。田舎者のまちが都会に憧れて、でも世間知らずであることと田舎の暮らしの連帯感に引きずられて、気持ちが行ったり来たりするまちの描写は非常に秀逸でしたし、なにしろ世間ずれしていない(というより知らなさ過ぎ)のまちのしぐさは本当にかわいかったし、作画の出来も上々で、ひょっとすると、このくまみこがこのシーズンを覇権するダークホースになるのではと思っていたくらいです。それが、まさかこのような結果になるとは思ってもいませんでした。

では、何故この様なことになってしまったのかについては、ネットで探してみると原作と対比させて説明を試みた幾つかの記事を見つけましたので、それらを参考に、以下の様に簡単にまとめてみました。

まず、最終話に対する原作の流れをみてみることにします。

早朝、まちが自分の元を去るという嫌な夢を見て目覚めたナツは、山神様のところに、「まちの仙台での公演がうまくいくように」とお祈りをしに行きますが、実は都会に行って欲しくないという思いを吐露してしまいます。
くまみこ20170205_1
その結果なのか、まちは仙台の人たちに田舎者だと石を投げられる夢を見ることになってしまいます。
くまみこ20170205_2
それで、まちは都会に恐れをなしてしまい、仙台には行かないし、都会の高校にも行かないと言いだします。そして。それを聞いたまちは大喜びをします。
くまみこ20170205_3くまみこ20170205_4
原作の方のよしおは、それを見て涙ぐみながらあっさり引き下がります。
くまみこ20170205_5
そして場面は変わり、まちの仙台行きの予定が無くなったため、よしおも響も暇になってしまい、とりあえず昼でも食いに行くか、よしおが響とラーメン屋に行くシーンとなります。ここで、よしおが前に仙台に行った時に石を投げられたという話が出ます。
くまみこ20170205_6
空気の読めないよしおのことですから、気付かないうちに何かやらかしたのはまちがいありませんが、結局先程あっさり引き下がったのは、自分が実際に石を投げられた経験があったので、まちをそんな危険な仙台に行かせる訳にはいかないと思ったからだと思われます。ただ、まちのアイドル化計画は失敗しましたが、それでも村おこしは諦めないとよしおは力説し、そんな姿を見て響は「こいつ…熱いな!!」となります。
くまみこ20170205_7
そして最後のシーンでは、都会に行かないことを決定したまちのためにナツが取り寄せたずんだモンブランがAmazonから届きます。Amazonもインターネットショッピングサイトも知らないまちはとんちんかんな返答をしますが、それに対してナツは、"インターネットを介した物流システムのことなんか知らなくてもいいんだよ"と言っているわけで、この辺はアニメ版とほぼ一緒です。
くまみこ20170205_8
このような感じで原作3巻が終了した後、4巻では携帯電話の電波が全く入らないことを聞かされ、やっぱり都会の高校に行きたいとなり。完全に前回の話はギャグとして片付けられることになります。
くまみこ20170205_9

上記が原作の流れですが、アニメ版と大きく異なるのは2点あって、まず1点目が、まちが実際に仙台に行っている部分で、ここは完全にアニオリになっています。この部分の中でも、良夫が響に村の伝承から引用してまちには生贄として犠牲になってもらうなどの暴言を吐く等の問題があるのですが、それよりまずいのは、原作との違いの2点目で、どういう訳かまちがコンテストから帰って来た後の箇所に、原作の仙台行きの前のエピソードを台詞を変えて使用しているところで、話の順序を変え台詞を少し変えただけで全く違う感じの内容になってしまっているのです。確かに、アニメ版のなつがまちを"考えなくてもいいんだよ"と言うシーンはあるのですが、原作では続きがあるのでギャグにして流してしまっているのを、アニメ版はここで終わらせてしまったため、サイコホラーのような内容に変わってしまったのです。

ただ、それにしても、この原作の流れをあのように変更して問題無いと、炎上するまで思っていた脚本と監督のレベルは相当低いと言わざるを得ません。まぁ、暫く一線から退いて一から勉強し直すのをお勧めしますが、この手の感性は勉強して身につける物ではないような気がするので、一線復帰にはまだまだ時間が掛かってしまうのかもしれませんね。

ただ、上にも書きましたように、これでは円盤の売り上げに影響が出てしまうと判断されたのか、急ピッチで不評部分の改修及び追加OVA版が作成されBoxの発売に間に合わされたのは、賢明な判断だったと思います。
この改修版では、アニオリで仙台に行っている件で批判のあった、良夫が響に問われるシ-ンの村の伝承から引用した生贄や犠牲という部分がバッサリとカットされ、村人達が一丸となってまちを応援しているので、成功させたいようなニュアンスを感じる台詞回しに変更されているのだそうです。

また、最終話の流れそのものには大きな変更が無いのですが新しく追加されたOVAの中で、まちのアイドルコンテストの終了直後に、なつが隣の会場で行われていたゆるきゃらグランプリのようなものに無理やり参加させられた挙句に優勝してしまい、帰郷後にナツが優勝キャンペーンで東京へ行く準備をしていると、まちが怒って私も東京へ行くなどと言い出して、目出度く鬱から復活と言ったような内容になっているのだそうです。これならば、アニオリの部分を生かした良い修正で自分もこのOVAを見たくなってしまいました。

ただ、このBox setの中で最終話の改修+新作OVAが追加されているという情報を、自分はこの感想を書いている間に初めて知ったくらいですから、未だに知らない人は多いと思います。何度も言ってしまいますが、ここまで素早く的確に対応できるのならば、なぜ最初からちゃんと冷静に作らなかったのか不思議でなりません。

PS1.
一時期80%offで投げ売りされていいたくまみこのBlu-ray Box1でしたが、現在74%offまで復帰。
くまみこBox1
それでも尋常ではない安さ。Box2で改修が行われても、Box1の売り上げを大幅に改善するには至っていないようです。

8.迷家-マヨイガ-
mayoiga_gamen1.jpg
2016年夏アニメ開始前に一番期待していたのがこの"迷家"でした。なにしろ、現在ノリに乗っている絶対外さない監督水島努氏と自分が一番好きな脚本家の一人である岡田磨理氏がタッグを組んだ作品だと言うのですから、こちらの期待値は極限まで上がっていたと言ってよいでしょう。この作品はクラウドファウンティングで製作資金が集められましたが、本気でそれに応募しようと思っていた時期があったくらいです。それが、あのような結果になってしまうとは本当に思ってもいませんでした(何か、2016年夏アニメの感想は、この言い回しが多い...)

人生やり直しツアーと銘打ち、お互い本名を隠しニックネームで呼び合う心に傷を負った30の人たちが伝説の隔離された山里へ向かうところから始まるストーリーとくれば、これが推理物ならば、村の伝説を隠れ蓑にした"雪の山荘"パターンの殺人事件になるか、或いは正体不明の謎の存在にツアー参加者が襲われていくホラーものになるか、いずれにしろ、基本的には参加者の幾人かは命を落とす緊張感漂う物語になるものだとばかり思っていました。ところが、話数を重ねても死人どころかストーリー展開も殆ど無いというありさまで、途中からどうやらオカルト仕立ての精神治療アニメだと言うことは解って来たのだけれども、各人が抱える心の傷から立ち直ることを描きたいのならば、その立ち直りのきっかけや過程をストーリー展開の中に組み込んでストーリー展開の必然性や山場を作るくらいのことをして欲しかったです。ただ単に、各人の心の傷を並べられても、それは各人の行動原理の説明になっているだけで、ストーリー展開には殆ど関係無く、観ていてストーリーに引き込まれると言うことが全くありませんでした。まぁ、各人の黒歴史は、それがあってこその今の自分で、それを避けるのではなく、受け止めて乗り越えて行くしかないということを、この物語は言いたいのだなと言うことは伝わりましたし、本来自分はそういう物語は好きな方ですので、個人的には受け入れられる最低のものはクリアした作品なのかなと思っています。

さて、放映前はかなり話題作だった迷家が、なぜこのような結果になってしまったかについては、一つは水島監督のサービス精神の多さが悪い方に出てしまったのかなと感じています。水島監督と言う人は大勢のキャラクターにそれぞれの見せ場を作る配分が非常にうまい人ですが、この迷家では、明らかな脇役キャラにも台詞や登場シーンがあったため、主役の掘り下げやストーリー展開への時間配分が少なくなってしまったように感じました。ただ、各人に与えられたニックネームのセンスは秀逸で、らぶポン、こはるん、バルカナ、氷結のジャッジネス、だーはら、ナンコ、どざえもんなど顔は覚えていないけれども名前だけは覚えているものが多く、恐らくこのネーミングセンスは水島監督のものだと思いますが、そういう処は流石だと思いました。

本作の脚本は岡田磨理さんで、自分の一番好きな脚本家の一人ですが、上述したように今回の脚本は今一つだったと言わざろう得ません。ただ、何となく岡田さんの作品から感じられる、"内に籠った回りくどい"考え方というのが自分の中にしっくりくるというか、それは恐らく同種の人間に感じる親近感のようなものだと思うのですが、脚本がイマイチでもあまり責めたくないのですよね。岡田さんが手掛けたP.A作品の"true teras","花咲くいろは","凪の明日から"は本当に好きな作品で、他にも、自分の大好きな"トラどら"や、"あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。"や"心が叫びたがってるんだ。"などの作品で、その力を出し切った時の作品のから感じる情感の濃さ(完成度が高いというものではない)は、他の脚本家に無いものがあると思います(反面、ダメだったときの空廻りっぷりは悲惨なものがあります)。特に、"トラどら","あの花","ここ叫け"の長井龍雪監督との相性は抜群で、どうも岡田さんは監督との相性が物凄く脚本の出来を左右するような人に思えます。現在、岡田さんは長井監督と一緒に"鉄血のオルフェンズ"の脚本をやっていますが、この長井監督の面白いインタビュー記事を読みましたので、抜粋を載せてみたいと思います。

長井監督の鉄血のオルフェンズに関する去年ぐらいのインタビュー

長井監督:
・数年前に超電磁砲をやってる時に打診され、その後正式に監督の話が来た
・脚本に岡田マリを選んだのは、その頃一番やりやすかったから。
 どうすれば作品が「ガンダム」になるか全く読めなかったが、ガンダムに精通している脚本家より、分からないなりに一緒に悩める人を選んだ。
・一番気負った部分はこれはガンダムだから「戦争やらなくちゃ」という点。自分は戦争をよく分からない。なので、武器を実体剣にしたり、阿頼耶識システムを考えたり、なるべく「痛そう」と感じるようにした。
・富野さん世代と違い、そもそも戦争についてよく分かっていないので自分なりに戦争というものを落とし込んで行ったら「広島の抗争」になった。

このインタビューで面白いと思ったのは、岡田さんを脚本に選んだ理由が、"分からないなりに一緒に悩める人を選んだ"という点で、多分、こういう、相性の良い人間とお互いに悩みながら協力し合うと、岡田さんという人は無類の力を発揮出来るのではないかという気がしました。逆に、水島監督は基本的に作家性が強いというより手堅くまとめる職人さんみたいな監督なので岡田さんとの相性はイマイチだったかもしれません。(この辺の考察は全て自分の勝手な思い込みなので、軽く流しちゃってください)

岡田さんは、これからも傑作とイマイチの両方の脚本を作っていくと思いますが、他人と思えない岡田さんを自分はこれからも応援し続けることでしょう。

【追記】
PS1. 2016年で見たかったアニメ

2016年はかなりアニメを見逃してしまいましたが、以下は何とか時間を作ってでも見てみたいと思っている2016年秋・冬アニメです。

1)秋アニメ
・NEW GAME!
20161004192844.jpg
ゲーム会社に就職した新人女の子の日常アニメ。当然リアルを排したゆるふわ路線の作品ですが秋アニメ一番の話題作でしたので。あと、2期製作決定おめでとうございます!!

・ReLIFE(リライフ)
thumb_9c7371a7-c80b-48e8-9a26-66ce68692250.jpg
社会人がもう一度高校生からやり直してみるという、一見よくあるシチュっぽい気がするけれども意外と面白いのかも?というか、自分的にはメッチャ興味があります。

秋アニメで観たいのはこの2本だけかもしれません?秋アニメは自分的にかなり不作でした。
Re.zeroとクロムクロの2期は、割愛しました。

2)冬アニメ
・終末のイゼッタ
CmSoR0-VMAA5Aln.jpg
欧州をモデルにした架空世界での戦争と魔女の話。これは面白そう。

・ガーリッシュナンバー
CuGnKCVUMAEpYt5.jpg
"勝ったなガハハ"。この言葉を壮大な負けフラグとして定着させた有る意味凄い作品。この名セリフを吐くちー様を実際に観てみたいです。

・フリップフラッパーズ
20170111133931.jpg
世界観が突き抜けていて観る人を選ぶ作品らしいのですが、キャラデとアニメとしての動きが好きだったので。

・ドリフターズ
DRIFTERS01033538.jpg
日本のサムライ、西部開拓時代のガンマン、第二次世界大戦時の軍人など古今東西の英雄が、中世ファンタジー風の異世界に召喚されるアクション系歴史ファンタジー作品とのこと。観た人の評価が物凄く高かったので。

・響け!ユーフォニアム2
thumb_12be56d6-912c-40ba-9144-d503c8d71ef8.jpg
秋アニメの大本命。これだけは絶対に観ようと思っています。

・3月のライオン
f0f02bc9.jpg
奇をてらわない真面目なシャフトというのも見てみたい。

(・競女!!!!!!!!! )
CzKlvsEUoAAa6dp.jpg
只の尻相撲なのに突き抜けた超絶技の対決ものにした怪作。ヒップ・オブ・バビロンは是非見てみたい。但し、全部を見るパワーはちょっとありません。

秋アニメに対して冬アニメは中々良作が揃っている感じでした。出来れば、何とか上記の中の数本は観てみたいと思っています。

最後に、これが未だにネックになっている2016春アニメの"昭和元禄落語心中"。
syouwagenroku_20170219.jpg
自分の中では、絶対面白い作品だと思っているのですが、菊比古とみよ吉の関係を観ているのが辛くなって来て途中で視聴挫折すること今まで3回。あまりの豆腐メンタルっぷりに自分でも情けなってくるので現在4回目にチャレンジしようとしています。とにかく、ここまで来たら頑張るんだ!

前にも書きましたが、本作の中で芸者のみよ吉を演じる林原めぐみさんの声の演技は凄いの一言です。その林原さんの歌うOP曲も"薄ら氷心中"も素晴らしい曲です。

しかし、林原さんは、世代交代の激しい声優界の中でも色褪せない存在感がありますね。それは、きっと真似しようとも真似出来ない唯一無二の彼女の天性の声の賜物でしょう。

PS2. 016年自分的アニソンNo1
今年に関しては、自分は半期分しかアニメを見ていないので相当偏った選曲となりますが、これはあくまでも私的2016年のNo1曲です。

自分の2016年で一番気にいったアニソンは、ZAQさん作曲の紅殻のパンドラOP曲"hopeness"です。以下に動画を貼ってみます。

上の動画は、OP曲"hopeness"と一緒に、これもZAQさん作曲のED曲"ex-ist/entia"が入っています。このED曲も中々秀逸で、ZAQさんはやっぱり才能が有るなぁと思ってしまいます。是非一度ライブに行ってみたいのですが、客層が相当若そうなのでちょっと躊躇してしまいます...。

ポッピンQ/ローグワン感想及び2016年映画視聴まとめ 【追記】「君の名は。」小ネタ

今年初めの明けましておめでとうのご挨拶から大分時間が経ってしまいました。
昨年末に会社が終わるとともに、旅行に出発したのですが、旅行の最中にで明けましておめでとうの御挨拶をしたのち、帰宅後必ずUpしようと思っているうちに、ずるずると今月の終盤まで来てしまいました。1か月程放っておいてしまった自分の拙いブログに訪問して頂いた方には、本当に感謝申し上げます。そして、ブロ友様を含めて、こちらから全くブロガ―様のブログへ訪問出来なかったことに対し、まことに申し訳なく思っております。遅くなってしまいましたが、心機一転今年初めの記事を本日Upしようと思います。

例年では、年内最後の更新として、今年見た個人的ベストアニメのような内容の記事をUpしていたのですが、昨年は何と秋期、冬期と2期続いてアニメ視聴0本となってしまった為にそれも書けなくなってしまったので、その代わりと言っては何ですが、昨年は結構映画を見たので、それについてのまとめのようなことを書いてみたいと思います。

その、まとめの前に、昨年米国から帰国した翌週の土曜日に、ポッピンQとスターウォーズ/ローグ・ワンを名古屋109シネマズで見てきましたので、簡単にこれらの映画の感想を書いてみたいと思います。

名古屋109シネマズにあった、ポッピンQとローグワンのディスプレイ。
IMG_3255_20170123.jpgIMG_3864_20170123.jpg

1.ポッピンQ及びスターウォーズ/ローグ・ワン視聴
1)ポッピンQ
popinQ_1.jpg
東映の60周年記念として製作されたかなり気合の入った映画...のはずだったのですが、どうも観客動員数では苦戦しているようです。自分が視聴したのはレイトショーだったので箱の入りは1/5程度でしたが、封切り二日目であったことを考えると、やはり観客は少ないと言わざろう得ない寂しい人数でした。では、この作品は集客に失敗したと言える程酷い内容であったのかと言うとそれは違うと思います。

以下はネタばれ感想です。

ストーリーの大枠としては、現実世界でそれぞれ悩みを抱えている5人が、あるきっかけで異世界へ連れて行かれてしまうのだけれども、みんなで力を合わせてダンスを踊ることで異世界の崩壊の危機を救い、そのことを通してそれぞれが自信を取り戻し元の世界へ戻っていくというもので、正に王道ストーリーといったところです(世界を救うのが何故ダンスかというのは、そういう仕様になっているということで全く問題ありません)。この王道ストーリーに対しては、特に不満が有るわけではなく基本的に最後まで面白く見ることが出来ました。

ただ、王道で奇をてらったストーリー展開が無いのならば、観客の心を惹きつける為にも、作品に深みを与える何らかの工夫が必要だったのではないでしょうか。実際、取り立てて悪い部分は無かったのですが、逆に印象に残る部分も少なく、あっさりとし過ぎた感じがしてしまいました。

もちろん、一番力の入ったダンスの部分確かに素晴らしく、このダンスを見るだけでもこの作品を見る価値があるといっても良いものでしたが、それだけにその他の部分にあまりインパクトが無いことが残念でした。
popinq_640_2.jpg
音楽と共に、このダンスの動きは素晴らしかったです。(但し、やはり動きにCG臭さはどうしても残ってしまっていて、もう少し自然な動きをしてくれればとは思ってしまいましたが、予算との兼ね合いではこれが限界かもしれません。)

この作品では、メインの主人公の抱えている悩みは、かなり詳しく描かれましたが、その他の4人については軽く触れられるだけでしたので、4人それぞれの悩みをもう少し深く描いて、かつ、この5人が選ばれたことに理由付けがあれば、もうちょっと作品が印象深くなるのではないかという気がしました。ただ、各人の事情やキャラクターの掘り下げに尺を取り過ぎると作品のテンポが悪くなってしまう可能性があるので、なかなか難しいところです。
実は、この作品はEndingの後に、次作に続くことを彷彿とさせるTV作品におけるCパートのようなものが流れます。もしかすると、続編はTV版で製作されるのかもしれませんね。そうであれば、この劇場版もいっそTV版で作り直せばテンポのことを気にせずにキャラの掘り下げを出来て良くなるかもしれません?(というより、この作品は、そもそもあまり劇場版に向いていなかったのかも?まぁ、それを言ってはおしまいなのですけれども)。

実際のことを言えば、メイン主人公のリレーに関する悩みについても、もっと厳しい現実を経験してきている社会人の目から見ればその程度のことと言えるレベルです。但し、中学生や高校生というまだ社会を知らない狭い世界の中ではそれはとてつもなく大きなことで、独り立ちして社会で食べていくことが出来ない立場では、その世界から簡単に逃げることも出来ず、当人にとっては人生を左右する程の重大事として思い悩んでしまうことは、似たようなことを誰もが体験しているのですごく理解できると思います。しかし、同時に、それが頑張れば乗り越えられる悩みであることを見ている側は体験で知っているので、だからこそ、それを乗り越えて欲しいと応援せずにはいられませんし、それが成長物語を観る醍醐味なのだと思います。ポッピンQは、その成長物語の王道を行く作品だと思いますので、出来ればTV版で丁寧に作り直して欲しいところです。でもそれは無理なのでしょうね。
popinq_640_1.jpg

最後に、ポッピンQの予告編を下へ貼って見ます。

中々良くできた予告編で、自分はこれを見て映画を見に行く気になりました。更に言えば、主人公のキャラデも性格の設定も非常に好みだったところも大きいです。つくづく、映画の興行が失敗に終わってしまったことが残念です。

2)スターウォーズ/ローグ・ワン
3b060aaec349f19591d0014bd9c73687.jpg
スターウォーズは自分が一番最初に劇場で見た洋画で、だからこそ一番印象に残っている映画の一つです。でも最初のエピソードⅣで大感激したにもかかわらず、それに続くエピソードⅤ、Ⅵと観進めて行くほど、その感激が薄れていき、エピソードⅠ~Ⅲに到っては話の内容も思い出せない体たらくで、どうも自分にとってエピソードⅣだけがスターウォーズと言う作品の全てだったという気がします。それくらいエピソードⅣには、自分が思い描くスペース・オペラという冒険活劇の夢が目一杯詰まっていたのですよね。まず最初のスター・デストロイヤー(楔形の戦艦のことです)の巨大さに度肝を抜かれ、話は一変して、田舎の星で地味な生活をしている主人公のルークが地平線に沈む2つの太陽を見つめているところが、これから始まる大活劇を予感させて実に良いのですよね。そして、このエピソードⅣは物語の最後に主人公の活躍で不利な状況からの一発逆転で勝利するというヒーローものの王道で話を終わらせてくれます。
しかし、続編のエピソードⅤ以降、ストーリーの雑さや反乱軍の甘ちゃんなグダグダぶりが目に余るようになってきて、中でも"フォース"という設定が、大騒ぎする割には話の内容に深みを与えているとはどうも思えず、というより単なる都合のいい魔法のようなものというだけで、何かご大層なもののごとくフォースが連呼される度に鬱陶しく思えるくらいになっていたのです。ところが、このローグ・ワンではそれが違っていました。何と、このローグ・ワンでは、自分にとって都合の良い魔法くらいのものに見えていたフォースを操るジェダイの騎士は一人も出てこないのです。

以下は、ネタばれ感想です。

さて、このローグ・ワンは、エピソードⅢとⅣの間を繋ぐエピソード3.5のような内容で、一種のスピンオフのような作品です。実際に、スターウォーズのメインキャラは殆ど出てきません。しかし、このローグ・ワンは、メインサイドのスターウォーズの物語が、実は多くの無名の戦士たちの壮絶な戦いによって支えられていたことが分かる話になっていたのです。

この物語は、デススターの設計図を奪い反乱軍に届けるまでの戦いを描いていますが、そこに出てくる戦士たちは、メインヒロインを含めて、その多くが脱走者などの地味ななぐれものばかりで、メインサイドのストーリーに出てくるレイア姫やハン・ソロなどの華やかさなどはありません。そんな無名戦士たちが、大した見返りもあるとは思えない戦いに身を投じて必死の戦いを繰り広げます。その戦いも、メインストーリーの方では、あまり人の死に生々しさを感じさせなかったのに対して、こちらの戦いはもっと泥臭く、生理的な体の痛みも感じさせるようなリアルさを出していて、この戦いが、実際に命を賭けた戦いであることを実感させる作りになっていて、メイン側のストーリーとの違いを際立たせていました。

その無名戦士の中でも、その存在が断トツに光るのが、香港の誇るアクションスター、ドニー・イェンが演じる盲目の僧侶にして戦士であるチアルートでしょう。盲目であるのに、操る棒術の素早さ鮮やかさは座頭市のごとく実に見事で、あのジェダイ騎士達のライトセーバーを使った子供のチャンバラのような大味感は全く無ありません。常に「フォースがともにあらんことを」と念仏のように唱え、フォースを信じむちゃくちゃ強いのだけれども、実はジェダイの戦士ではなく、ジェダイに憧れながらジェダイになれないという、なんとも哀愁漂ようキャラクターなのです。しかし、そんなキャラクターなのに惨めさを全く感じさせず、求道家としての威厳と落ち着きが全身を包み、兎に角カッコよかったのです。
AN1-025078RI_3.jpg
(今までのハリウッド映画では、白人と共演する東洋人は微妙なキャラが多くて、何か人種差別的なものさえ感じることもあったのですが、このドニー・ウェン演じるチアルートは、白人を圧倒するほどの存在感で、同じ東洋人としてとても嬉しかったです。)

もう一人、突出したキャラクターを発揮していたのは、人間ではありませんがK-2SOという戦略ロボットで、これは帝国側から奪い取って再フォーマットした中古品でしたが、人間以上に人間くさいキャラクターで、心を熱くさせてくれる程の奮闘ぶりを見せてくれました。
Screen-Shot-2016-12-02-at-4_00_33-PM.jpg

このローグワンでは、他のスターウォーズシリーズと同様に、なんでそんなところに敵が操作できるように制御スイッチが置いてあるんだ等のご都合主義は随所に見られますが、全体に漂うリアル感と緊張感がそのご都合主義を凌駕して、わざとらしさをを殆ど感じさせなかったところも凄いと思いました。

実は、この映画では、登場する反乱軍側の全てのメンバーが奮闘の末死んでしまうという悲劇的な展開をします。しかし、最後にこの悲劇が希望につながるシーンが描かれ、エピソードⅣ好きの人には涙なしには見られません。エピソードⅣで語られたデススターの情報を、誰がどのように伝えたのかを描いたこのローグワンは、スターウォーズのメインキャラが殆ど出てこないスピンオフ作品ですが、エピソードⅣが好きな方には、見て損を感じさせない絶対おすすめの映画ですよ!

PS1.
相変わらず、スターデストロイヤーは図体がでかいだけで全く強くなくて役に立たないということを実感させてくれました。形はものすごく好きなのですけれどもね。

PS2.
デススターの攻撃によって惑星の大地が崩壊していく圧倒的な破壊の描写がすさまじかったです。メインのスターウォーズのストーリーではデススターの恐怖を殆ど感じませんでしたが、この映画で初めてデススターを怖いと感じてしまいました。
rogue-one-death-star.jpg
最後にデススターが地平の上に顔を出したとき、つるんとしたデススターの表面が地平線に映えて一瞬美しいとも感じる光景なのに、どこへ逃げても助からないという圧倒的な絶望感を感じさせるところが凄かったです。


2.2016年に観た映画のまとめ
去年は夏期、秋期と2期連続でアニメを見ませんでしたから、全くアニメを見なかったと言っても良いかもしれません。ですので、今まで毎年行っていたアニメのまとめのようなものが出来なくなってしまったのですが、その代わりと言っては何ですが、アニメ映画は今までで一番観たと言えると思いますので、TV版アニメまとめの代わりに、この映画版アニメのまとめのようなものをやってみようと思います。(それでも、まとめと言うほど見てはいないのですが...)

それでは、好きだったアニメ映画から順に書いてみたいと思います。実は既に、今までの記事で感想は書いてしまっているので、別な切り口の簡単な感想にとどめます。。

1)君の名は。
37847-your_name_-PC.jpg
今や知らない人がいない昨年はおろか現在も上映され続けている大ヒット映画。自分も、立川シネマの極音上映で一回視聴し、米国出張の際の行き/帰りの飛行機の中で、それぞれ1回づつ、計3回視聴しました。

確かにこの映画は面白かったですね。作画はとてもきれいで話のテンポも良く、かつ恋愛要素もあって、正に売れるべきして売れた映画なのかもしれません。でも自分にとってこの映画が気にいった一番のポイントは、自然の災厄を防いだ美しいファンタジーであったということです。個人的に5年前の東北大震災の被害は本当にショックを受けましたし、その後の熊本大震災が起きて、次は東京もしくは現在自分の住んでいる名古屋に大震災が起こる可能性も高く、大地震は日本に住んでいれば避けることが出来ない宿命のようなものです。宿命なのですから残念ながらそれを受け入れるしかないのですが、この映画は、そんな宿命もを変えることが出来るのではないかと言う夢を、一時でも見させてくれました。しかもそれは、日本の神様に仕える巫女に伝えられた入れ替わりの能力と恋愛を絡めたとてもロマンチックな夢で、こんな美しい夢を見させてくれたこの映画には感謝するような気持ちも感じているのです。そういう意味では、この映画は自分にとって特別な映画と言えそうです。

ただ、これだけ人気が出た作品ですから、大量のアンチが湧き出たのはいつものことで、好き嫌いは個人の自由ですから別にかまわないと思うのですが、今回今までと少し違ったのは、今までアニメのことなど眼中にも入れなかった文化人などと自称している人たちが、やたらとこの作品を叩く側に回り、しかもその叩き方が、非常に感情的かつ上から目線という気持ちの悪いものだったのは本当にウンザリしました。もしそれを辛口コメントなどと自惚れているならば、売れている作品を卑下するなどという非生産的なことに使わずに、コミック原作の映画を量産しようとしている邦画業界人に向けて、"コミック原作の実写版映画をお手軽に作るなどという低レベルなことをするな!"と叱咤する方が余程効率的なのではないでしょうか。

2)シン・ゴジラ
cfbbce5f45b5f7f4e50990826d2782b5.jpg
怪獣映画なのに、ゴジラの怪物としての恐ろしさは殆ど描かず、一種の災害のように描いて、それに対する対応を、現場目線ではなくトップが如何に有効な指示を出すかに重きを置いた異色作。以前、"事件は会議室で起きてるんじゃない 現場で起きてるんだ!"の台詞で有名になった映画がありましたが、普通の社会人ならば、あのセリフは半分は正しいけれども、現場が全てではないということを理解していると思います。当然、どんな仕事でも役割分担はあって、現場にしかわからないことは現場に任せ、全体の方向性は上からの指示によって行われるものなのです。今までの映画では、例の映画のように、現場の独断から生まれた感動ストーリーが殆どで、上からの指示が決められる部分と、その指示で現場が的確に処理をしていくということを描いた映画は殆どありませんでしたから、その点でこの映画は画期的だったと思います。

そして、上の"君の名は。"でも書きましたが、この映画を見るとどうしても思い出してしまうのが、あの東北大震災における福島原発の惨事です。あの事故が起こってしまったことは仕方が無いことだったのかもしれませんが、その後の被害の拡大は、明らかに司令塔たる民主党政権の不手際から引き起こされたものでした(自民党からの対策提言を退け、マニュアルに沿った対応をせずに、権限が被った新設の委員会を乱立させ、しかも闊達な意見交換を阻害する(つまり発言者が特定されると責任が生じるので、それを回避させる)として"議事録を作らない"などの信じられない対応を行い、あやふやな情報を流したと思えば肝心なデータを隠蔽したり(最後には海外メディアから政府情報は信じられないとして無視されるまでに至った)、風評・実害ともに広げまくりました)。もちろん、どの政権が担当しても、この映画で描かれるような着実な対応を取れるとは言えませんから、この映画も、現実とは異なる理想を描いた一種の夢物語なのでしょう。でも、本作は、"君の名は。"のようなファンタジー路線とは違って、あくまでリアリズムを基調としていましたから、今後大きな災害が実際に起きた時に、映画で描かれたように、各人がそれぞれの立場で全力を尽くせば、被害は最小限に食い止められるのではないかと言う希望の光を、この映画は見せてくれたように感じましたし、そこがこの映画の良かったところだと思っています。

3)この世界の片隅に
sb8_0160_2.jpg
この映画を見てまず感じたことは、"たった70年前のことなのに、自分の御先祖様たちはかくも懸命に生きようとしていたのだな"ということです。この物語は、主人公のすずさんの幼少時代のエピソードから始まりますが、驚いてしまうのは、年頃になったすずさんが、今まで一度も会ったことのない人からの結婚したいと言う申し出に、その人の職業が堅そうだという理由だけで、相手の顔も分からないまま、その家に嫁入りの衣装を抱えて出かけて行き、そこで結婚式を挙げると、次の日からは普通にその家の嫁として炊事洗濯をして生活しているということです。そこには、結婚の選択の自由も無ければ、特に楽しみや希望も無いのだけれども、すずさん自身は、それに特に不満も言わず淡々と物事を進めていくところに、当時の生活第一主義の考えが見えて、その一種の逞しさに少し圧倒されてしまいます。しかし、そんな中にも、毎度の食事にちょっとした工夫を凝らしたりするなどの細やかさも忘れずに、少しでも楽しんで生きて行こうとする当時の日本の御先祖様の姿には、素直に頭を垂れる思いがします。現在の、多くの物に囲まれているけれども充実感をあまり感じない自分の生活ぶりを鑑みると、何とも恥ずかしくなってしまうのですが、この当時の日本の御先祖様達の頑張りを知るだけでも、この映画を見る価値は有ると思います。

この映画は、背景が戦時中ということから反戦映画と受け止められて、また文化人と自称する人々が自分の立場を表現する方法としてこ映画を利用しているのではと勘繰りたくなるような持ち上げ方をしたため、この作品が歪められて伝えられているような気がするのがとても残念です。

4)聲の形
keyvisual_koeno_katati_1.jpg
自分の性格の中には、こじれた部分が有って、自分でも面倒くさいなあと思うのがしばしばなのですが、世間一般に、そういうひねくれ者は暗かったり重い話が好きなんだろうと思われることが多いと思うのですが、それは全くの勘違いで、普通の物語さえ斜に構えてみてしまう人間が、重い話など見たりしたら、容易に持っている許容量をオーバーしてしまい、場合によっては寝込んでしまうほどの精神的ダメージを食らったりすることもあるくらいなのです。面倒くさいですよね、本当に...
そんな人間が、身体障害者への差別といじめを扱った物語などを見たらどうなるかと言うのは、実は最初から判っていました。それでも、恐る恐る見てみようと思ったのは、自分が京アニ信者であることと、原作の評価がすこぶる良く、感動できるとの評判をネットで読んだからでしたが、案の定、精神的ダメージを食らって映画館を出る羽目になってしまったのでした。

もちろん、話の中の小さなエピソードの一つ一つには感動の要素はあったと思いますし、最後のシーンは音響効果と共に非常にドラマチックな演出があったと思います。恐らく、あのシーンでは主人公が閉ざしていた心を開いたことを描いていたのではないかと自分は想像しますが、自分の素直な感想では、主人公がこれから生きていくために世間の全てを受け入れることを決意したとしか思えませんでした。心を開くということと、全てを受け入れるということは似ているけれども、自分の中では全く違うことで、世間のすべてを受け入れるということは、あのレッテルを張った教師の存在も、あの遊園地の売店で働いていた、未だに主人公へいじめの責任を被そうとしていた少年の存在も全てを受け入れ、主人公の周りは変わらないのだけれども、主人公だけがどんな扱いを受けても我慢し続けながら生きて行くということを決意したのだと自分は解釈しました。確かに、傷つくのを恐れて他人と交わらなければ何も始まらないので、主人公の全てを受け入れる態度は、これからを肯定的に生きて行く為の大きな一歩だとは思うのですが、一方的に主人公だけ我慢することを決意して終わるという幕切れに、あまりに主人公がかわいそうで、ちょと自分の精神が耐えられませんでした。(もちろん、映画版は色々な場面をはしょったりしているはずですので、この教師も売店の少年も、原作では、年月の経過とともに変わってきているのかもしれませんが、自分は原作を読んでいないので、その辺は分かりませんでした。)

もちろん、これは自分の個人的な感想というだけで、この映画が、22億円の興行収入を上げた大ヒット作品であることは、多くの方がこの映画を肯定的に受け入れた結果だと思いますから、それは本当に良いことだと思っています。自分が、その中に入れなかったことは残念なのですが、仕方が無いことなのでしょうね。

最後に、この重い物語が、アニメーション作品として成立したのは、間違いなく京都アニメーションの作画技術があったからだと思います。

ちょっと暗い感想で終わってしまったので、お口直しに聲の形のED曲Aikoさんの"恋をしたのは"を貼っておきます。

この曲がEDで流れたのは、自分にとって救いでした。映画のEDにふさわしいとても良い曲だと思います。

その他、ポッピンQときんいろモザイク劇場版を見に行きましたが、ポッピンQの感想に関しては、一番最初に書きましたし、きんいろモザイク劇場版は、あくまで基本的にファンムービーでしたので、ここでは割愛しました。

去年は、多くの劇場版アニメを見ましたが、今年はどうなるのでしょうか?まぁ、最低でも、ガルパン最終章の第一章に関しては今年の冬に観ると思いますが、あの水島監督のことですから、来年までずれ込むのは十分考えられるので、ちょっと今年の劇場版の視聴スケジュールは分かりませんね。それよりも、TV放映の視聴を何とかしなければならないのですが、今期も視聴が難しそうです...。

【追記】「君の名は。」ネットで拾った小ネタ三連発!
やっぱり最後の"聲の形"の感想がちょっと暗すぎたので(結構気にしている)、ちょっと明るい気持ちになるために、「君の名は。」関連の小ネタ三連発を貼ってみます。流石、大ヒット作だけあってネットにネタはゴロゴロしていますが、その中から以下のものを拾ってみました。

1)I(私)の英語4段活用
8ff70c67_2.jpg85a49cd5_2.jpgb5f37f4a_2.jpga3c83830_2.jpg
なるほど!こうしてみると、日本語は結構奥が深いなぁ。
どうも、これは飛行機内の映画視聴サービスの英語字幕版を写真に撮ったようです。自分の乗った飛行機も「君の名は。」の英語字幕版がありましたから、1回は字幕版を見ておけばよかったとちょっと後悔しています。

2)「君の名は。」へのお誘いツイッター
君の名はLine
何なんだコイツはw。ひょっとしてこれはネタか?

3)「君の名は。」ロス映画批評家協会受賞で唯一アカデミー逃す
「君の名は。」ロス映画批評家協会受賞で唯一アカデミー逃す_2
「君の名は。」は、昨年ロス映画批評家協会受賞を受賞しましたが、結局アカデミー賞にノミネートすらされず、この賞を取ってアカデミー賞を受賞もしくはノミネートされなかった唯一の作品となってしまったとのことです。まぁ、このような芸術畑の賞の権威などは、作品の面白さに何にも寄与しませんから、こうなったら、逆にとことん興行収益を上げて、アニメは面白さで勝負という気概を見せつけて欲しいですね。

新年(2017年)明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます!

昨年は、自分の拙いブログに訪問して頂き、大変ありがとうございました。そして、折角ご訪問してくださったのに、自分の記事を書くことが精一杯で、こちらからの訪問がなかなか出来なかったことにつきましては大変申し訳なく思っております。

ブログは自分が辿った記録の意味も込めて、今後も必ず続けて行きたいと思っています。ただ、年明け2月から新しい装置の据付け作業が始まりますので、1月はその準備、2月から5月にかけては実際の据付け工事でかなり忙しくなると思いますので、今年の春までは、残念がらブログの更新は滞ることになるかもしれません。でも何とか頑張っていきたいと思っています。

現在、四国旅行中で、このブログ記事も徳島県の食音遊(くうねるあそぶ)というゲストハウスから書いています。
今回の旅行もギリギリまで仕事をしていたので、洗濯をする暇もなく、結局洗濯ものと一緒に旅行に出ることになってしまいました。しかし、今回の旅行では、途中で洗濯をするどころか風呂にもあまり入れないまま、明日名古屋へ戻ることになりそうです(相変わらずイマイチです...)。
20170103_DSC02758.jpg
上は、愛媛県松山城址から見た初日の出の写真です。松山城は、初日の出を見ることが出来る場所として松山市内では有名で、多くの人が訪れていました。昨年に続き、今年も元旦は晴天に恵まれ、初日の出を見ることが出来て良かったです。

(例年ですと、年末にその年のアニメのまとめ記事のようなものをUpしていたのですが、昨年は中々記事を書く時間が取れず、そもそも夏期、秋期と2期連続でアニメ視聴0本と言う惨状で、記事を書くこと自体がお流れになりそうな状況なのですが、昨年は映画を結構見たので、映画の感想を中心にまとめ記事を今週終わりまでにはUpしたいと思っています。)

USA出張(その②)

先週、米国から帰国しましたが、一度体調を崩したり、もろもろのことがあって、またブログ更新が滞っていました。しかし、やらなければならないことに何とか一区切り付きましたので、2週間ぶりのブログ更新を行いたいと思います。

前回は、2週間の出張のうちの前半1週間について書きましたので、今回は後半の2週間目について書こうと思います。今回の出張では、出張期間中、土日を挟みましたので、ダウンタウンの観光(主にパイクプレイス・マーケット)と航空博物館 Museum of Flightへ行く予定でしたが、調度その日に自分は体調を崩してダウンしてしまい、一人だけお留守番する破目になるという何とも情けない事態が起きてしまいました(これは本当に残念だった...)。でも、今回の出張は、比較的順調に仕事が進みましたので、2週目の火曜日の晩に有志だけで、米国メーカーのエンジニアに、ショットガンのシューティングレンジに連れて行ってもらいました。

1.シューティングレンジ
仕事が終わると、メーカーのエンジニアに連れられて車で1時間、結構深い森の中まで連れて行かれました。森の中に入ると、段々口数が少なくなる車内。何だか、自分が、B級ホラー映画の冒頭で、わざわざ危ない方へ向かっていって殺される間抜けキャラのようになっているのではないかと言う不安が心をよぎります。大丈夫か...

森が突然開けると、シューティングレンジに到着。
20161225_IMG_3635.jpg
ピンボケしているのは、隠し撮りしたからでなく単に夜中の撮影に失敗したから。ちなみに、この出張中の写真は全てiphoneで撮ったものなので基本的にショボいです。
20161225_IMG_3644.jpg
シューティングレンジのオフィス。チェーンソーを持ったジェイソンは出てきませんでした(しつこい)。
20161225_IMG_3637.jpg
オフィス内のショットガン。実際には、米国メーカーに出入りしている業者さんのショットガンを借りてシューティングを行いました。

ショットガンとは、所謂散弾銃のことで、ここでのシューティングは、この散弾銃を使って飛んでくるお皿のような的を撃つというものです。
20161225_IMG_3645.jpg20161225_IMG_3646.jpg20161225_IMG_3648.jpg
一緒に行った米国人エンジニア達。彼らは慣れていて次々と的を撃ちぬきますが、自分は1発しか当てることは出来ませんでした。まぁ、1発でも当てられたので良かったということにしましょうか。

オフィスの壁に貼ってあった、ショットガンを撃つ時の3つの注意事項。
20161225_IMG_3658.jpg
オフィス内のに飾ってあったトロフィーの数々。
20161225_IMG_3640.jpg
オフィスの本棚にあった、バツ印が付けられたヒラリー氏の顔写真が表紙の雑誌。
20161225_IMG_3657.jpg
表紙には彼女が銃規制として掲げた公約が並べてあったので、このクラブでは、このような扱いになってしまうのだろうなぁ。

実は、個人的に銃器の類はまるで興味が無いのですが(戦車や戦艦などは乗り物として非常に興味がありますが銃器そのものについては殆ど興味がありません)、面白い経験をさせてもらいました。

2.アメリカでのお買い物
さて、このシューティング以外では、今回の出張では仕事終わりの買い物ぐらいしかありませんでした。ただ、アメリカの売店と言うのは、日本の売店のように商品を店の中にたくさん陳列するというスタイルの店は結構少なく、内部がガランとした店もあるので、あまり楽しいとは感じないのですよね。

例えば、本屋などはこんな感じで、ガランとしているとまでは言いませんが、日本の本屋のように天井いっぱいまで本棚が伸びている本屋などはまずありませんから、店に入った時の何か掘り出し物が見つけられるのではないかというようなワクワク感はあまり感じることが出来ません。
IMG_3564.jpg
また、コストコに代表される大量に箱買いして安くなるようなお店もアメリカならではという感じがします。まぁ、これも個人的には楽しい買物と言う感じはしませんでした。
IMG_3718.jpg
しかし、逆にスゴイなと感じるものもあって、それはお酒の種類です。特にビールの種類の多さは圧巻です。
IMG_3572.jpgIMG_3575.jpg
上記は、このコーナー全てがビールで、クラフトビールと呼ばれる地ビールを作る酒工房から多くの種類のビールが販売されています。中でもアメリカらしいのは、IPA(インディア・ペールエールというペールエールより更にホップの香りと苦みが強烈なビール)の種類がかなり豊富で、クラフトビールメーカーでは、このIPAを作っていない醸造所は無いと言われるくらいです。自分もこのIPAが大好きで、そのことを米国メーカーのエンジニアへ言ったところ、下のビールがお勧めとプレゼントされました。
IMG_3736.jpg
今回、ホテルへ戻ってから仕事を行っていたので、ビールを飲む暇が無くてそのまま家へ持ってきてしまいました。いや、やっぱりIPAは美味い!日本も、ピルスナーばかり作っていないでペールエールやIPAをもっと作って欲しいところです。

あと、もう一つ、アメリカで種類がたくさんあると言ったらシリアルでしょう!
IMG_3621.jpg
上の写真は近くのマーケットのシリアルコーナー。この棚全てがシリアルです。アメリカへ行くと朝シリアルを食べる習慣がついてしまい、日本に戻ってもシリアルを朝食べ続けることが多いです。健康的ですしね。アメリカのホテルでは、シリアルの横にドライフルーツも用意していて、それをシリアルへ入れて食べる人が多いです。こういうところはアメリカ的ですよね。

3.アメリカでの食事Part2
最後に、前回と同じく食事を紹介したいと思います。
まず、シリアル以外の朝の食事。前回の米国出張と違うホテルへ泊まりましたが、やはりワッフル焼き器はあったのでたまに調理していました。
20161225_IMG_3694.jpg20161225_IMG_3695.jpg20161225_IMG_3698.jpg
こうしてみると、毎朝結構な量を食べていました。

昼食は、先週のローテーション以外の食事をリクエストしたら、中華や和食も用意してくれました。
下は、中華のランチ。大量にパック詰めされたいくつかの料理を自分で皿にとって食べるバイキング方式。
20161225_IMG_3627.jpg
あと、アメリカの中華店に入ると必ず出てくるフォーチュン・クッキーと呼ばれるものも付いてきました。
二つに割ると中から占いや格言が書いた紙が入っています。
20161225_IMG_3632.jpg
今回は、"無駄遣いするな、倹約しろ"という普通の言葉でした。でも時々意味不明の難しい格言のようなものも入っていたりすることもあります。
20161225_IMG_3659.jpg
日本式照り焼きランチ。量が多すぎて完食する前にGiveUpしました。

夕食は、アメリカ式の店に入ってしまうと、肉ばかりで野菜が食べられなくなってしまうので、結構アジアンレストランへ行っていました。
下は"THAIRAMA(タイラマ)"という名前のタイ式レストランでのレッドカレー。このお店のタイ料理はかなり美味しかったです。
20161225_IMG_3588.jpg20161225_IMG_3582.jpg
"KA WON(カウォン)"という名前のコリアン式レストラン。コリアンレストランは結構当たり外れがあるけれども、ここは美味しかったです。
20161225_IMG_3613.jpg20161225_IMG_3617.jpg
"SOLEIL(ソレイル)"という名前の和式レストラン。ここで、入荷したばかりのあんこう鍋を食べました。アメリカであんこう鍋を食べられるとは思っていませんでした。
20161225_IMG_3728.jpg
前回の出張でも行ったことのある"IVARS(アイバース)"という地元では有名なアメリカンレストランでも食事をしました。
20161225_IMG_3527.jpg20161225_IMG_3539.jpg20161225_IMG_3550.jpg
シーフードとクラムチャウダーが有名なお店です。刺身も出ましたが、ワサビを丸めて出しているところが御愛嬌。、

最後は、米国メーカーの招待で"BLACK ANGUS(ブラックアンガス)"というステーキ店で食事をしました。アメリカでは、アウトバックより少し高級なステーキのチェーン店とのことです。
20161225_IMG_3665.jpg
中は、スポーツバーの雰囲気。アウトバックと同じく、ニューヨークストリップを注文。
20161225_IMG_3670.jpg20161225_IMG_3679.jpg
確かに、肉はアウトバックよりも美味しかったです。ただ、アメリカのステーキは、どんな高級店でも肉の他のつけ出しにマッシュポテトどっさり(しかも人手ではなく機械で撹拌したような完全にすり潰されたでんぷんの塊のようなマッシュポテト)とか、どでかいベークドポテトがどんと肉の横に置かれているとか、何か味もそっけもない感じが実にアメリカ的という感じがします。もうポテトは食べたくなかったので、今回自分は、いんげんのベーコン炒めのようなものを付け合わせに選んでみました。でも、まぁ味もそっけもない感じは何を付け合わせに選ぼうが変わりませんでしたけれども。

(PS.自分が体調を崩してダウンした日の夜食
出張メンバーの一人が1週間で帰国ことになっていたので、シアトルのタコマ空港まで見送った後にダウンタウンを見学する予定でしたが、タコマ空港へ行く車の中でだんだん気分が悪くなってきて、嘔吐感が止まらなくなり、空港のトイレに長時間こもった後、どうにもならなかったので最終的にホテルまで連れ帰ってもらい、夕方まで寝ていました。多分、疲労~が溜まって風邪を引いてしまったのだろうと思います。ダウンタウン見学が出来なくて(まぁ2回ほど既に行ったことがあるのですが)何とも残念だったのですが、空港で気分が悪くて、壁に手をつきながらゼイゼイ言っていたら、白人のおばあさんが”Are you O.K?”と心配そうに尋ねてくれたのは、凄く嬉しかったです。流石キリスト教の国だなぁと思ってしまいました。(それを米国エンジニアへ言ったら、"そういう人もいる"と言われてしまいましたが...)。
20161225_IMG_3553.jpg
さて、その体調を崩した日の夕食に食べたのが、近くのマーケットで買ってきたアメリカのカップヌードルとサラダ(上記写真)。しかし、このサラダの中にたくさん入っていた青い葉っぱが香草(シャンツァイもしくはパクチー)で、何とも言えないアジアンテイストのサラダだったので全く食べられず、カップヌードルだけ食べる羽目に。本当に酷い目に会いました。まぁ、カップヌードルは普通に食べられたので助かりましたが...)

4.アメリカの空港
今回のアメリカ出張での仕事は、大きなトラブルも無く終了しましたので、自分が休日に体調を崩した以外は、中々良かった出張になりました。

最後に、シアトルのタコマ国際空港メインゲートの写真を貼ってみたいと思います。
20161225_IMG_3748.jpg20161225_IMG_3752.jpg20161225_IMG_3753.jpg
やはり外国の空港は日本の空港に比べてオシャレですね(特に成田空港はそっけなさ過ぎ)。
20161225_20161225_.jpg20161225_IMG_3758.jpg
有名なIvarsの出店や、和食店(かなりアヤシイ)もありました。

20161225_IMG_3763.jpg
ラウンジから見た空港の風景。

恐らく、今後海外出張を自分はやらないでしょうが、英語の勉強は続けなければならないと痛感して帰国することになりました(いつものことですが)。
ただ、2月からまた最終的な据え付け工事が開始されますので、その時までにまた英語の勉強を出来るだけしておきたいと思っています。

PS1.機内での映画鑑賞
帰りはくつろいでしまって映画ばかり見ていました。"君の名は。"の再々視聴はもちろん、以下の数年ぶりの実写映画(シンゴジラは除く)も見てしまいました。これが、中々面白くて実写もいいものだなぁなどと思ってしまいました。最近はアニメ作品しか見なくなっていましたから。
(1)ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
前回のゴーストプロトコルはレンタルDVDで見て(ひょっとして、この作品が自分が最近見た最後の実写映画だったかも)あまり面白いとは思えなかったのですが、このローグ・ネイションは面白かったです!
Rogue-2-640x320.jpg
特にこのバイクのシーンが凄い!これでトムクルーズが53歳とはとても信じられません。只々脱帽です...

(2)超高速参勤交代
20161225_img_1_m.jpg
別に上のミッションインポッシブル/に引っかけた訳ではないのだけれども、内容はたった5日で参勤交代をせよ!とimpossibleな要求をされた小国大名の参勤交代奮闘記です。まぁ荒唐無稽な内容ですが、殿様が部下以上に体を鍛えていていざという時力を発揮するところが面白かったです。やっぱり、強い男は基本的にカッコいい。

これらの実写映画に触発されて、帰国後以下のBlu-rayを買ってしまいました。何しろ、全てほぼ1,000円という激安だったので(本当に、アニメのあのバカ高さは異常と言って良いと思います)。
・マッドマックス怒りのデスロード:1,091円(amazon価格)
・ターミネーター/新起動ジェネシス:1,073円(amazon価格)
・オデッセイ:1,391円(amazon価格)
・ミッションインポッシブル/ローグ・ネイション:1,073円(amazon価格)

PS2.中部国際空港
日本の空港は海外の空港に比べて今一つと言ってしまいましたが、新しい空港は結構頑張っています。
下は、中部国際空港の写真。帰国した時、丁度コーラスとライトアップのイベントをやっていました。
20161225_IMG_3770.jpg20161225_IMG_3779.jpg20161225_IMG_3794.jpg
以前より便数も減ってしまいましたが(以前は、シアトル直行便もあった)、これからも頑張って欲しいところです。


USA出張(その①)【少し改訂】

何だかんだバタバタしている内に、あっという間に米国出張の日が来てしまいました。先週は出張前に出来るだけ英語の勉強をしておくとか言っておきながら、日々の仕事や、出張用の会議の資料作成などに時間が費やされてしまい、殆ど勉強など出来ませんでした。それどころか、昨日の土曜日も、会議進捗チェックリストを作るのにもの凄く時間がかかってしまったにも関わらず、現在来日中の韓国人(すでに米国籍を持っているけれどもメンタルは完全に韓国人)のYさんが来日最後の日だというので夕食の付き合いに名古屋まで行ってしまったので、自分の洗濯をする時間すら無くなってしまうという体たらく。結局、未洗濯の下着類をカバンに詰め込み、米国到着後ホテル据え付けのランドリーで洗濯するしか無くなってしまいました。何やっているんだ、自分...。でも、こういうお付き合いも大事だからなー。まぁ、しようが無いです。

それは、ともかく英語の勉強の件です。このブログ設立の趣旨は、英語の勉強日記であることを、自分に言い聞かせる意味で、繰り返し言ってきました。そして特に今回の出張は自分の最後の米国出張になる可能性が大きいのは前からわかっていて、それに向けて勉強するということも、自分を鼓舞する意味で何度も言ってきたつもりであったにも関わらず、この体たらくが残念で仕方がありません。というより、現在の自分の英語は残念などと暢気に言えるレベルではとても無く、はっきり言って、ブログ開設以降最弱と言えるレベルです...(特に、1年前までは、米国人の現地サポートエンジニアと常に一緒にいたため、勉強をしなくても何とか英語力を保持できたのですけれども、それが無くなってからは急速に英語力が衰えてしまいました)。ただ、現状こうなってしまったからには、自分だけの力では出張中の仕事を乗り切ることは出来ないと思うので、他の人へ協力をお願いして進めていくしか無いと思っています。ふぅ...。

20161212_IMG_3402.jpg
中部国際空港到着。晴天!
20161212_IMG_3404.jpg
成田空港における離陸前のBoeing 787の雄姿

この文章は飛行機の機内で書いています。機体は最新のBoeing787で、シートはプレミアムエコノミーという座席。足下も座席の幅も広くてとても快適でした。流石プレミアム!(でもエコノミーだけれども)。

以前は、出張中はUpdate出来そうも無いと書きましたが、写真メインな簡単な記事はUpするかもしれません(でも、打ちのめされていたら、やっぱりUp出来ないかもしれません...)。

【追伸】
アメリカへ来てから1週間経ちましたが、何とかやって来れました。それも、みんな周りの手助けがあったからこそで、自分は全方位に向かって感謝し続けている状況です。後一週間、何とか乗り切りたいと思っています。

とりあえず、最初の1週間を簡単に写真で紹介します。今回は2年前と違って、非常にシンプルで、食事も地味に、仕事一辺倒で過ごしている感じです。

初日は、日曜の午前中に付きましたから、チェックインする前に近くのアウトレット・モール街でお買いもの。何と、そこでアニメショップを発見!そこで、みんなとさりげなく別れて入店してみました。
20161212_IMG_3444.jpg
アウトレット入口。
20161212_IMG_3433.jpg20161212_IMG_3435.jpg20161212_IMG_3437.jpg
ここでは、数年前放映された"キルラキル"が結構扱われていました。確かに、あのノリは外国人好みだったかも(というか、自分もメッチャ好きでした。特に、あの着ている服交換対決にはヤラレれましたっけ)。
20161212_IMG_3438.jpg
やっぱり、外国のアニメショップではコスプレが外せないんだろうなぁ。結構大きなスペースをコスプレ衣装で取っていました。
20161212_IMG_3442.jpg
アニメショップの外観。

再度、みんなで落ち合って、フードコートでアメリカでの初めての食事。
20161212_IMG_3445.jpg20161212_IMG_3429.jpg
量はそこそこ多かったけれども、これで約$10くらいなので結構高い。というか、アメリカでの食事は、ちょっとまともな店に入れば$10以上するのは普通と言ったところで、日本より食事代が全体に高いかもしれません。実は、聞いたところでは、海外で食事が¥1,000以上するのは別に驚くことでもなく、日本の1コイン・ランチ(¥500)などは、ちょっと異常に安すぎるとのこと。つまり、日本は自分自身があまり気付かない内に相当デフレが進んでいて、思った以上に貧乏な国になっているらしいのです。アメリカのファースト・フードの値段の高さを実際に見てみると、どうも聞いた話が正しいような気がしました。ちなみに、アメリカのファーストフードの飲み物は値段云々とは関係なく超巨大です。

モール街を離れると、ホテルへチェックイン。
20161205_IMG_3451.jpg20161205_IMG_3454.jpg
相変わらずアメリカのホテルは室内が広いです。
20161205_IMG_3471.jpg20161205_IMG_3473.jpg20161205_IMG_3474.jpg

翌日の朝の食事。アメリカのホテルでは、朝はこのようなFree Chargeの朝食を用意してくれるところが多いです。
20161212_IMG_3504.jpg20161212_IMG_3505.jpg20161212_IMG_3507.jpg
今日の朝食は、チーズを挟んだオムレツに、カリカリのベーコン。そしてゆで卵とフルーツにシリアルを一皿。そしてオレンジジュース一杯。
20161212_IMG_3488.jpg

朝のホテル前。一面凍りついていてメッチャ寒い。
20161212_IMG_3490.jpg
ここから、車で15分程走ったところが仕事場です。朝からテストと会議の連続です。

メーカー側が用意してくれる昼食。Sub wayスタイルのサンドイッチ→ピザ→中華→メキシカンのローテーション。
下はピザとメキシカンの昼食。
20161212_IMG_3495.jpg
ピザは大陸的な大きさです。直径は日本のピザ屋が用意するレギュラーサイズの2周りは確実に大きいです。それでたった$5程度。ピザの価格に関しては間違いなくアメリカの方が安いです。というか日本の方が高過ぎ...
20161212_IMG_3513.jpg
これも大陸的なメキシカンLunch box。なにが凄いって、全然美味そうに見えないところがスゴイ...

夜は、ベトナム料理だったり、モンゴル料理だったり、アメリカン料理?(要はステーキです)だったりです。
20161212_IMG_3461.jpg
巨大生春巻き。これ1本でも腹いっぱいになりそう。
20161212_IMG_3478.jpg20161212_IMG_3481.jpg
何度も来ているモンゴル料理店。これが本当にモンゴル料理なのかは不明。
20161212_IMG_3517.jpg20161212_IMG_3522.jpg
久しぶりのアウトバック。アメリカでは有名なステーキのチェーン店。上の写真は、アウトバック名物の玉ねぎの丸ごと揚げ。しかし、はっきり言ってステーキは日本の方が美味い(というか、アメリカのステーキは日本人にとって硬過ぎ...)

食事の後は、近くのスーパーでお買いもの。他の人は、ペットボトルの水を大量に買い込んでいるけれども、自分は沸かせば対して味は変わらないと思うので買いません(自分は味オンチなのだろうか...)。
20161212_IMG_3446.jpg20161212_IMG_3447.jpg
大陸的な大きさハムと日本ではお目にかかれない七面鳥の肉の包み。
20161212_IMG_3485.jpg
アニメ"ポパイ"でしかお目にかかれなかった、缶詰のほうれん草発見!美味いのだろうか...

PS1.Yさんとの夕食と矢場とん
Yさんとは最後に酒でも飲みたかったのですが、出張の準備がまだ終わっていなかったので、残念ながらただの夕食に切り替えさせてもらいました。その夕食に選んだのは、名古屋では有名な、とんかつの”矢場とん”です。実は未だに食べたことが無かったのですよね。

名古屋の名鉄ビル9Fにある矢場とんへ行ってみると、既に長蛇の列で、何と20分待ち以上とのこと。とんかつを食べようとしてこんな行列に並んだことは未だかつてありません。うんざりしたのと同時に、かなり期待が膨らみました。Yさんには、ここは美味くて有名なのでこんなに人が行列を作っていると少しテンションを上げながら説明して待つこと30分。やっと店内に入ると自分は片側が普通のソースでもう片方がみそソースのハーフタイプのものを注文。
20161212_IMG_3394.jpg
さて、ではそのお味は...。まず、第一の印象としては、肉がとっても柔らかいということで、これは今までに食べたとんかつでは断トツの柔らかさでした。ただ、味そのものは旨いことは確かかもしれないけれど、まぁ普通といった感じだったかなぁ。う~ん...(矢場とん好きの方ゴメンンナサイ...)Yさんは、日本人はとんかつが好きだねと笑っていましたが、たぶん自分と同じことを考えていたように見えました。むぅ。
すまない、Yさん。次回は必ず酒を酌み交わしましょう。

PS2."君の名は。"2回目の視聴
2016112514324117as.jpg
787機内で"君の名は。"の再視聴。やっぱり、良いものは良い。ちなみに、"君の名は。"のアンチが"この世界の片隅に"を持ち上げまくっているらしい。自分は、両方の作品を良いと思うので、こういう自分の良いと思う作品を持ち上げるために、他作品をけなすという情けない行為は非常に迷惑なので止めて欲しいところです。

PS3.フビライ妃クリソツの日本JK
ネットでの拾い物です。

フビライ妃クリソツの日本JK?がこのツィートを呟く

中国で話題になりニュースになる
BIk67d8.jpgCzJqRakUoAQa81C.jpgCzJqRalUcAAHzzj.jpg
クソワロタw。

PS4.癒やしのカパピラ
ネットでの拾い物です。
カパピラ01カパピラ02
全てを受け入れるカパピラ。自分もカパピラのようになりたいなぁ。

「イエス ジャパン・ツアー2016」名古屋公演とイエスの音楽

しばらくUpdateしないと言いましたが、その前に久し振りにコンサートへ行ってきたのでそのReportを更新しておきます。

TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のEDに代表曲"ROUNDABOUT"が使用されて日本でも人気が上昇してきた(嘘)YESが来日したので11/25(金)の夜、コンサートへ行って来ました。場所は名古屋のZepp Nagoyaです。
Yesのコンサートへ行くのは、恐らく1995年頃の新譜「TALK」のワールドツアーで武道館へ行って以来だから約20年ぶりです。いやぁ懐かしいなぁ。
Yes-w690_20161127.jpg

Yesというバンドを若い人はもうご存じないでしょうが、昔、所謂プログレ四天王(King Crimson, EL&P, Pink Floyd, Yes)の一つにも数えられたその手の音楽が好きな人にとっては結構ビッグネームのバンドです。ただ、自分にとってのプログレの雄といえばキング・クリムゾンとEL&Pであり、これら両バンドの作品はかなり聞き込んだのですが、Yesに関しては、実は作品をそこまで熱心に聞き込むには至りませんでした。クリムゾンが作った作品群は、数あるロックミュージックの中でも唯一無二の輝きを放ち、正にプログレッシブに尖りまくった孤高の音楽と感じましたし、EL&Pの作った作品も、輝いた期間は短かったですが、新しいことをやろうとした若さと才能の迸りを十分に感じることが出来ました。これらのに対してYesが作る音楽は、各メンバーのテクニックは素晴らしく楽曲のメロディラインが美しいと感じる作品は多々ありましたが、自分の感性に訴えかけるものが今ひとつ足りていなかったのかもしれません。

では、そのYesの作品の特徴とはどのようなものかというと、これが説明するのが中々難しくて、何しろ活動期間が極めて長いうえにメンバーの入れ替わりが激しく、かつそのメンバー入れ替わりの度に作品の雰囲気がガラッと変わると言うことを繰り返してきたからです。ただ、Yesの代表作と言われる"fragile(こわれもの)","close to the edge(危機)"に関して言えば、Yesの音楽と言うのは、クラシックからジャズに至るまで幅広いジャンルの音楽要素を取り入れながら幾重にも絡み合う複雑精巧なアンサンブルを作り上げ、それを圧倒的なコーラスワークで謳い上げるというのがそのが特徴で、特にバンドのリーダーであるジョン・アンダーソンの独特の透明感が有るボーカルは、Yesサウンドが描く音楽世界の魅力を更に高め、バンドの圧倒的な演奏テクニックとの相乗効果でYesの人気を不動のものとさせました。
ただ、Yesの音楽は計算されて絵画のように美しいと感じることがありましたが、もっとロックらしい聴いている人の魂を揺さぶるような熱さや力強さを感じることが無かったところが、自分にとって今ひとつと感じたところなのかもしれません。しかし、この辺のところは個人の嗜好の範疇だと思います。

さて、今回来日したYesは、以前バンドのリーダーで顔でもあったヴォーカルのジョン・アンダーソンが脱退した後で、その代わりにジョン・デイヴィソンがVoとして加わり、昨年他界したクリス・スクワイア(合掌...)の代わりにベースとしてビリー・シャーウッドが加わるという布陣で行われました。メンバーは以下の通り。

スティーヴ・ハウ(G)
アラン・ホワイト(Dr)
ジェフ・ダウンズ(Key)
ジョン・デイヴィソン(Vo)
ビリー・シャーウッド(B)

ほぼ7:00pmぴったりに会場の照明が落ちると、最初に、ステージ上のスクリーンに昨年他界したベーシスト、クリス・スクワイアの写真がYesの楽曲をバックに次々に映し出される追悼がありました。追悼写真が流れる間、ステージの上に置かれたクリスのベースにも照明が当たります。写真の投影が終わると、観客席からは自然に拍手が沸き起こりました。

その後メンバーがステージ上に上がると、最初の1曲目はアルバム「DRAMA」の冒頭を飾っていた曲である"Machine Messiah"。今回、Voはジョン・アンダーソンではありませんでしたので個人的には少しがっかりなのですが、しかし、もし彼がVoとして参加していたら、この曲は演奏されなかった曲でしたので、そのがっかり感は相殺された上におつりが来るくらいでした。実は、この曲が含まれるアルバム「DRAMA」はジョンがYesを脱退していた時に作られたアルバムであり、実際にジョンがVoを取っていたコンサートでは今まで演奏されたことは無かったので、Yesのファンの間ではコンサートでは演奏されない幻の曲とされていたのです。その曲を今回聞けたわけですから、結構感激しました。新ボーカルのジョン・デイヴィソンも声質がジョンと似ており、聴いていくうちに段々違和感がなくなってきました(見た目は、若作りしたヒッピー風の変なおじさんでしたが。でも、まぁ、それってジョン・アンダーソンのスタイルそのままなのですけれどもね)。
2016 YES-LIVE1_20161127
(上は、同ツアーの東京公演での写真をNetから転載させて頂きました)

また、名古屋公演での演奏Listは以下になります。

第一部
1.Machine Messiah
2.White Car
3.Tempus Fugit
———以上、アルバム『DRAMA(ドラマ)』より選曲
4.Your Move/I’ve Seen All Good People
5.Perpetual Change
6.And You And I ~同志
7.Heart Of Sunrise ~燃える朝焼け
———以上、ライヴ盤『YesSongs(イエスソングス)』より選曲

第二部
8.The Revealing Science of God ~神の啓示
9.Leaves Of Green ※スティーヴ・ハウ ギターソロ
10.Ritual ~儀式
———以上、アルバム『Tales from Topographic Oceans(海洋地形学の物語)』より選曲

アンコール
11.Roundabout
12.Starship Trooper

このコンサートは途中に20分ほど休憩を入れましたが、全部で2時間以上の演奏があり、凄く満足できた公演でした。特に、スティーブ・ハウの歳にもかかわらずの元気一杯の演奏には非常に感激しました。(以下の写真も、同ツアーの東京公演での写真をNetから転載させて頂きました)
2016 YES-LIVE3_20161127
(スティーブが数年前のAsiaのNew Album「phoenix」で来日したときは、さながら"ギターを抱いた死神博士"といってもいいほどの痩せさらばえた姿に一瞬ビビッたくらいでしたが、今回は、確かに同じくらい痩せていたのだけれども、楽しそうに演奏している姿を見て、本当に嬉しかったです。「phoenix」ツアーのときは、ジョン・ウェットンとあまりうまく行っていないのが客席から見ても分かったから、見ているのが結構辛かった...。)
また、今回のツアーの目玉は、ツアーのタイトルにもなった『Tales from Topographic Oceans(海洋地形学の物語)』からの選曲の完全演奏でしたが、その"Ritual~儀式"という曲でのスティーブのギターとビリー・シャーウッドのベースの白熱の掛け合いが、今回のツアーでの白眉であったのは間違いありません。特に、ビリーのゴリゴリ弾きまくるベースはクリスのベースが乗り移ったかのような熱演で素晴らしかったです!そして、あのジェフ・ダウンズのキーボード演奏も見ることが出来たことも良かったです。バングルスで"ラジオスターの悲劇"という世界的なヒット曲を出した後、Yes, Asiaなどのバンドに参加して多くの楽曲を提供してきた才能は折り紙つきであるにも関わらず、縁の下の力持ちに徹するような穏やかな性格であることが有名で(Asiaでもジョンとスティーブの仲を取り持っていたとのこと)、今回のツアーでもソロパートを弾くこともなくにバックの演奏に徹していました(なんて、奥ゆかしいんだ...)。是非、これからも末永く音楽活動を続けて欲しいと思っています。そして最後に、今年腰部の手術を受けたドラムのアラン・ホワイトがコンサートの第2部目から参加して(第一部は、北米ツアーでも代役を務めたジェイ・シェレンがドラムを叩いていた)、客席から”アラン!”の掛け声がかかるのも、聞いていて実に心地よかったです。今回のコンサートは、素晴らしいと同時に、何か全体に凄く優しい気持ちになれた良いコンサートでした(まぁ、これは自分より年齢の上の人が頑張っているのを見て感激したと言う個人の主観が激しく入った感想であることは間違いありませんけれども)。

以下は、今回のコンサート会場と入手したコンサートグッズの品々。
IMG_3333_20161127.jpg
Zepp Nagoyaの外観。まさかコンサート会場の外に一枚もポスターが貼ってないとは、思ってもみませんでした。
IMG_3352_20161127.jpg
コンサート会場の入り口。基本的にスタンディングのホールらしく、中には据付でなく持ち込みの椅子が並べられていました。今回は何と前から8列目のほぼ中央の位置で、メンバーたちの動きが良く見えました。
IMG_3348_20161127.jpg
グッズ売り場の風景。写真億の""fragile"のジャケットをプリントしたハンカチが2,000円というのも凄いけれども、それが即完売というのもスゴイ。というか、これが欲しかった...。
IMG_3355_20161127.jpg
結局、パンフレットと"YesSongs"のTシャツを購入。また普段着もしないTシャツが増えてしまった...。中央のクリアファイルは、無料で配られたもの。

以下に簡単にYesの自分のお気に入りアルバムを紹介して見ます。
1)THE YES ALBUM/サード・アルバム(1971年)
61GMTxfyl6L__SL1050_.jpg
Yesの3rdアルバムで、このアルバムからスティーブ・ハウがYesに参加しました。実質、ここからイエスの黄金期が始まったと言える記念すべきアルバム。メロディラインやリズムの組み立ては、非常に複雑かつ独創的なものを持っていますが、まだプログレ色は薄く、どちらかというと軽快なノリを持ったロックンロール的な曲が多いと言えます。しかし、これらの曲はライブでも頻繁に演奏されるイエスの代表曲といってよいほどの完成度を既に持っており、ベースの、クリスは今でもこのアルバムが最もお気に入りだと公言している程です。
唯一つ気になる点は、CDのジャケットが、何かのホラー映画のような陰鬱な雰囲気を漂よわせており、実際のアルバムが持っている明るく力強い内容とは雰囲気がかけ離れているので、もっとアルバムの内容にあった写真を使って欲しかったところです。

2)FRAGILE/こわれもの(1972年)
51nKLGzvy8L.jpg
本作から、キーボードのトニー・ケイに代わり、元ストローブスのリック・ウェイクマンが加入して、ついに黄金期メンバーが顔を揃えることになりました。前作で用意万端整っていた状態に、リック・エウィクマンが加入することによってキーボードとシンセサイザーによる表現の幅が広がり、プログレの名曲を作り出すバンドとして大きく花開いた感じです。1曲目の「ラウンドアバウト」やアルバム最後の「燃える朝焼け」はリック・ウェイクマン加入したからこそ作り上げることが出来たイエスの名曲と言えるでしょう。

メンバー:
ジョン・アンダーソン(vo)、クリス・スクワイア(b)、ビル・ブラッフォード(ds)、リック・ウェイクマン(key)、スティーヴ・ハウ(g)

3)CLOSE TO THE EDGE/危機(1972年)
51IRx0LCLrL.jpg
Yesの最高傑作として名高いのが、本アルバムです。曲構成はLP時代ではA面1曲、B面2曲という大作で、これら3曲が全てYesの代表曲であり、特に1曲目の "Close To The Edge"は、本アルバムのタイトルにもなった複雑かつ幽玄で奥深い世界を表現した18分を超える楽曲で、 この曲によりYesのシンフォニックロックと言われる曲のスタイルが確立したと言えます。しかし、本アルバムを最後にドラムのビル・ブラッフォードがKing Crimsonへ参加するためにYesを離れてしまいます。

4)RELAYER/リレイヤー(1974年)
A1aygpMF_NL__SL1500_.jpg
"CLOSE TO THE EDGE"の後、Yesはシンフォニックロックの更なる発展を試みた"TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS/海洋地形学の物語(1974年)"を作り上げました。この作品はLPで2枚組のA面/B面を合わせて4曲、つまりLP片面に1曲づつ合計4曲という超大作でしたが、あまりに長尺過ぎて、緊張感に欠けるところがあり、ファンからもあまり評価されませんでした。それどころか、メンバーであるリック・ウェイクマンすらこの曲をライブで演奏することを嫌がり、バンドを離れると言う事態まで起こるようになってしまいました。そこで、リック・ウェイクマンの代わりにパトリック・モラーツを新たにキーボードとして迎え初心(というか"CLOSE TO THE EDGE"と同じスタイル)に帰って本作を作り上げました。しかし、曲構成こそ確かに"CLOSE TO THE EDGE"と同じでしたが、楽曲の雰囲気はまるで違うもので、曲構成の複雑はそのままに、更に躍動感が加えられ、緊張感と開放感の明確な対比から来るダイナミズムが、曲に奥深さを加えていました。"CLOSE TO THE EDGE"と"RELAYER"は雰囲気がなるで違う作品のため比べることは出来ませんが、どちらもYesサウンドの到達点を示す名盤と言えるでしょう。

5)DRAMA/ドラマ(1980年)
71RKU_ZqzwL__SL1122_.jpg
Yesサウンドに一種の化学変化を起こさせたパトリック・モラーツは、残念なことにRELAYERの1作で脱退してしまいます。その後、リック・ウェイクマンが再加入して、新たな新境地で"GOING FOR THE ONE/究極 (1977年)"と"TORMATO/トーマト(1978年)"という今までと違ったPOPさを前面に押し出した作品が作られましたが(個人的にこの両作は何だか酔っ払ったロックンロールのように聞こえてしまいイマイチ...)、メンバー間の音楽観の違いから、Voのジョン・アンダーソンとkeyのリック・ウェイクマンが同時にバンドから離脱してしまいます。この危機を埋めるために、トレヴァー・ホーンとジェフ・ダウンズのバグルスの2人が加わって発表されたのが本アルバムです。
VoとKeyというバンドの2枚看板が同時にいなくなってしまったため作品の出来が心配された本作ですが、パトリック・モラーツが加わったときと同じく、新メンバーの加入がバンド内に化学変化をもたらし、今までのYes作品とは違うけれども、ロックらしい激しさと疾走感を持った素晴らしい楽曲が作られたのでした。ただ、この作品は、Voでありバンドのリーダーであったジョン・アンダーソンがいないと言うことで差別的な扱いを受け、CD発売などは国内版を発売していたワーナーパイオニアからは最後まで行われず、別会社から行われたほどです。最近やっと再評価され、今回Liveでも聴けて嬉しい限りです。

6)90125/ロンリー・ハート(1983年)
31dtCzmBv3L.jpg
「DRAMA]版Yesからトレヴァー・ホーンとジェフ・ダウンズが抜けて空中分解状態となったYesでしたが、クリス・スクワイア(b)とアラン・ホワイト(ds)、それに全く若いトレヴァー・ラビン(g)を加えて、「シネマ」というバンドを作ろうとしているところに、ジョン・アンダーソン(vo)が入り、最初は元U.K.のエディ・ジョブソンが加入する予定であったのを、レコード会社の方針で元Yesのトニー・ケイを入れさせてYes復活とぶち上げたレコード会社の宣伝戦略に沿って出来上がった新生"Yes"。プロデューサーは、元「DRAMA]版Yesというよりバングルスのトレヴァー・ホーンで、作品内容はトレヴァー・ラビンの楽曲にトレヴァー・ホーンが、バングルス風の味付けを施した、昔のYesとは全く異なる作品(というよりラビンの作品と言ったほうが良いくらい)です。しかし、そこからシングルカットされた「ロンリー・ハート」はイエス史上最大のヒット曲がとなり、これがYesサウンドとして一般の音楽ファンにも広く知られてるようになってしまいましたから、Yesサウンドとの正統性云々を昔からのファンが言っても、もはや手遅れといった感じだったのかもしれません。そして、実際にトレヴァー・ラビンは凄い才能の持ち主で、「ロンリー・ハート」以外に次々とヒット曲を生み出し、Yesを再度音楽シーンの最前線へ返り咲きさせたのでした。

7)TALK/トーク(1994年)
61plSzRAkHL__SL1500_.jpg
90125以降、"BIG GENERATOR/ビッグ・ジェネレーター(1987年)", "UNION/結晶(1991年)"とアルバムを出した新生Yes(90125Yes)でしたが、本作はその4枚目に当たります。この頃は、ジョン・アンダーソンが、この90125Yesから離れて、"ANDERSON,BRUFORD,WAKEMAN,HOWE/閃光(1989年)"を作ったと思ったら、"UNION"で再び合体したりなどもう何が何だかわからない状況になっていました。そんな中でひっそりとリリースされた"TALK"ですが、アコースティックとデジタル音楽が融合したような音造りで、曲調もゆったりしたものが多く個人的には好きなアルバムです。まぁ、ひっそりとは言い過ぎですが、しかし、今までのアルバムに比べると地味な感じのするアルバムだったため話題には全くなりませんでした。というよりも、この9015Yesは結成の経緯が無理やりだったからかもしれませんが、メンバーの入れ替わりが激しすぎてファンとしてもバンドに思い入れが出来ず、このアルバムも正当な評価を得られないまま今に至っているというような気がします。

トランプ大統領の爆誕!

12月初頭に予定されていた米国出張は、一時期赤信号が点灯し、今回は無理かと思っていたのですが、自分が出張中の装置の保守について人員の配置が可能になったため、急遽行けるようになりました。恐らく、今度の米国出張は、自分にとって最後の海外出張になると思うので頑張りたいと思っています。
ただ、今回の出張では、海外支店からのHelp無しで、自分ともう一人の営業担当との2人で海外メーカーでの2週間に渡る会議を乗り切らねばならなくなってしまい、コミュニケーションに関してかなりヤバイ状況になってしまいました。自分の会社は貿易商社なので英語が堪能な人間はゴロゴロいるのですが、自分と今回の営業担当は語学に関して自社内においては完全に劣等生なので。

ただ、それを嘆いてもいられませんので米国に向かって出発するまで英語の勉強を集中して行うことにしました。ですので、出張から戻る12月中ごろまでブログの更新は難しそうです(今までも、更新は1~2週間程度だったので、改めて断りを入れるほどでは無いのですけれども)。ですので、ブログ更新が滞る前に、今回米国に出張と言うこともありますので、ちょっと古くなりますが、この前行われた大統領選について記事を書いてみます。(といっても、詳しくわからないのでもやもや~としたことしか書けません...)

大統領選前のTVやNetニュースなどの下馬評を覆してトランプ氏が当選したのには殆どの人が驚いたと思います。自分も驚きましたが、どちらかと言うとトランプ氏の圧倒的な勝ちっぷりに驚いたという感じでした。確かに、あの過半数を制した側がその州の選挙人を総取りするという独特の方式は、つば競り合いにはなりにくいのかもしれませんが(実際、総得票数ではヒラリー氏の方が多かったの報道もありました)、それでも、事前でのヒラリー氏有利の予測とはかけ離れていたものと思います。(まぁ、圧倒的は言いすぎかもしれませんが、自分が仕事の合間にちらちら見ていた選挙速報では、常にトランプ氏がリードしていてつばぜり合いとはとても言えなかったと思います。)
大統領選結果01

この結果を見て自分が最初に感じたのは、アメリカのメディアも、日本に負けず劣らず所謂リベラルの偏向報道が多いのだなぁというものでした。実際、大統領選前のアメリカから入ってくる大半の情報では、トランプ氏を支持する層は”低収入低学歴のプアホワイト”と呼ばれる負け組の人たちで、ただトランプ氏の差別的かつ扇情的な発言に何も考えず感情的に踊らされているだけの少数派のような扱いだったと思います。このステレオタイプ的な扱いは、日本のネット上の保守の人の扱いとほぼ同じで、所謂リベラル派マスコミ曰く”ネット上で特定の国を排斥するような攻撃的な発言を繰り返す”ネトウヨ”と呼ばれる人たちの殆どは低学歴低所得層の人々であり、彼らの劣等感のはけ口が弱者である他国者への差別発言につながっている。また、彼らの多くは他者とのコミュニティ力が低く一般社会との関わりに問題を持っており、アニメやゲームに耽溺しているキモオタが多い”などという自称リベラルの人が普段ポリシーとして掲げている平等主義とおよそ反する差別的な表現に満ち満ちた酷い物言いで、彼らの自分の考えが絶対的な正義で、そこから外れた者は、自分が掲げる”正義”の名の元にいくらでも侮辱しても構わないし、また現実の事象が、自分にとっての”正義”に都合が悪いのなら、いくら歪曲報道してもかまわないという所などは、欧米のリベラル派の報道と本当にソックリです。(まぁ、低学歴低所得などという物言いは、どうぞお好きに言ってくれという感じですが、アニメ好きのキモオタというのは、自分にかなり当て嵌まって正確な表現であるのがちょっと悔しい...)

しかし、実際のトランプ氏支持層の調査結果では、米マスコミが流した”低収入低学歴”というのは全くの嘘で、下記の表から色々な年収層の人たちから幅広く支持を集めたというのが本当のところのようです。
トランプの支持層年収

では、何故、あれだけリベラル派が嘘の情報を流し、そして一般的には暴言王と見えたトランプ氏が勝利したのでしょうか。ざっくりとなのですけれども、ネット記事を読んでいくと1)米国内の格差の拡大の問題 2)行き過ぎたグローバル主義による疲弊という2つの事柄がトランプ氏を次期大統領選ばせたように感じました。

1)米国内の格差の拡大の問題
米国には、広大な屋敷に住んで自家用Jetをバンバン乗り回すようなスーパーリッチと呼ばれる、日本ではちょっと考えられないようなスケールを持ったお金持の人たちが数多く存在していますが、元々米国にはそういう特別な人に富が集まることを容認する土壌があると言えるのかもしれません。わかりやすい例では、例えばメジャーリーグでの有名選手の年棒などは日本のスタープレーヤーの数倍にも達してしまうぐらいの巨額ですが、こういうところは、他人より少しでも秀でるところがあれば、そこに凄い価値を認めるという、如何にもNo1好きなアメリカ的な考え方が良く現れていると思います。所謂アメリカン・ドリームというヤツです。

逆に日本の場合はアメリカンドリームが無い分、富の分配がある程度公平に行われている国と言えるでしょう。更に言えば、ヨーロッパのように階級社会が厳然と残りコネクションが幅を利かす社会とは違い、日本は、努力がある程度公平に認められる社会であり、ある意味、世界で1番チャンスがある社会だと言ってもよいかもしれません。例えば、学歴の点から見ても、大学を卒業せずとも、起業して億の金を稼ぐことは十分可能な社会であり、この公平さが、日本の経済の強みのような気がします。

更に、司法問題についても非常に公平で、アメリカの場合、訴訟大国のせいかもしれませんが、高額でいい弁護士を雇えるかどうかが裁判の行方を左右することは珍しくなく、また人種問題までも複雑にからんでくる裁判事案も多々有り、公平さを保つのは日本に比べて非常に難しいと言えるでしょう。債務処理や自己破産手続きなどの小額訴訟でも、アメリカではかなりの費用と時間がかかるのに対し、日本では、街角法律相談所のような簡単なサイトですぐに解決することが可能であり、司法環境においても、もはや、日本は世界でもかなり生活がしやすい国と言えるようです。

日本は欧米や東南アジアの国々に比べると中流階級層が厚い国と言われ、スーパーリッチ層は少なく、最下層の人々も生活保護などで手厚く保護されており、格他国に比べると差は少なく見えます。事実、日本社会では「お金が無い…」などと言いながらも、住む家もあり、食べるには困らず、携帯電話やパソコンを持ち、車を持っている人も多いのです。それでも、実は日本は『世界で一番冷たい』格差社会であり、アメリカ、ヨーロッパに比べても日本の格差社会の問題は大きいと言う見方の人もいます。この見方をする人は、アメリカの格差社会の特徴を以下のように述べています。

『アメリカは確かに国家の福祉機能が小さく、利潤追求と競争の市場原理を重視しているが、それが全てという訳ではない。

市場原理にまったく従わない民間非営利セクターが大きな力を持ち、福祉機能、すなわち社会を維持する役割を担っている。貧困者や市場で失敗した人たちの救済活動はその分かりやすい例だろう。

非営利団体はホームレスの シェルター(無料宿泊所)を運営したり、食事や古着を提供したりしている。ハーバード大学の学生も忙しい勉強の合間にボランティアで恵まれない子供に勉強を教えたり、或はシリコンバレーで成功した人が社会貢献活動をするのが ブームになったりしている。

このようにアメリカには、政治に対する意識とは別に社会に何を還元できるのかを考える人が多いのである』

...

欧米は格差社会の歴史が長く、何だかんだ言いながら持つ者も持たざる者もその対応に順応しています。
しかし、伝統的に格差の少なかった日本がいきなり二極化社会に進んでしまえば、政府も市民もその対応ができず混乱してしまうでしょう。そう言う意味では日本と欧米の格差社会はまるで違うもののように見えます。

先ほどの方の意見は さらにこう続きます。

『日本はアメリカと似て国家の福祉機能が小さく、また、「自助努力が大切だ」と考える人が多い。しかし、企業や社会にはじき出された人を守るシステムが弱く、家族に頼らなければならない。

意外に聞こえるだろうが、生活保護の受給条件は実は日本の方が厳しい。アメリカでは個人に受給資格があればよいが、日本では家族の所得も事実上調査される。大学教授だった私の知人は裕福だが、息子は生活保護を受けている。日本だったら、まず あり得ない話しだろう。日本の役所は生活保護の申請書をくれなかったりするが、他に助けてくれる所がないから行政に行っているのになかなか助けてくれない。

ちなみに、アメリカ型の市場原理に対する批判はヨーロッパでもある。ただ、欧州先進国の多くは国家の福祉機能が大きく、「市場で失敗するのは個人だけの責任ではないので、国家が助けるのは当然だ」と考える人が多い。

こうしてアメリカと ヨーロッパ、日本を比べてみると、日本が一番冷たい社会のように思える』

上記のような意見を聞いてみると、格差の問題は国ごとの事情によって異なり、一概に言えないようです。アメリカは、確かに個人主義ではありますが、実際には社会全体の意識として弱者に対しての配慮があり、それに、アメリカ人は日本人より楽観的という気質もあって、格差はあるけれども暮らしやすいと言えるのかもしれません。

では、このように伝統的に格差が存在し、それに対処してきたアメリカ人が問題にする”格差の拡大”とはどのようなものなのでしょうか。

その格差の拡大の一つは教育の問題に端的に表れているようです。
日本ではこの頃、奨学金の返済が問題になってきていますが、アメリカの奨学金問題は日本のよりもはるかに問題になっています。

現在、アメリカでは一般に大学を4年卒業させるのに、1000万円ものお金がかかってしまうと言われています。それに高校を卒業させるまでに2000万円ものお金が必要だという、信じられないことがアメリカでは起こってきています。これでは、男女共働きでも、大学を出すのはかなり難しくなってしまいます。
更に極端な例では、ハーバード大学の1年の授業料は7万ドルで約800万円もかかりロースクールまで最低6年かかるとすると、授業料だけで4800万円という巨額な費用がかかることになります。これでは、超富裕層の子どもしか名門大学へ入れません。

こんな社会になってしまうと、大学を卒業できるのは1部の金持ちしかいなくなってしまい、アメリカは日本以上の学歴社会ですので、大企業の重役は、すべて金持ちの息子や娘が独占することになってしまいます。これでは、まるでヨーロッパの格差階級で、格差が絶対に追いつかないところまで拡がってしまってきている不満が大きく膨れ上がってきているようです。

更には、ウォール街の金融に代表されるような情報を扱う特定の業種に富が集中してしまう問題で、このようなグローバルで高度にシステム化された世界の上でのみ行われる経済活動には、アメリカの伝統的な個人の才覚と能力で一発逆転をするというアナログチックなアメリカン・ドリームは実現しにくく、夢が無くなってきているという感覚的な虚しさも格差の問題に拍車をかけているようです。

2)行き過ぎたグローバル主義による疲弊
トランプ氏が言ってきたことは、一言でいえば、一国繁栄主義で、”いいじゃないか、アメリカだけが栄えたらいいんだ、なんで東洋の日本に軍隊を集中して派遣しなければいけないんだ。なぜ、朝鮮半島の平和のために、米軍が駐留しなければいけないのか。なぜグアムにあれだけの大軍を置かなければいけないのか。第七艦隊という金食い虫である艦隊は、アジアの平和のために存在しているといっても過言ではない。そんなバカなことはしないでアメリカ人の福祉にもっと役立てたらいいじゃないか。

移民? とんでもない話だ、メキシコからの移民が低賃金で働くから、アメリカ人労働者が割を食う。メキシコの国境には壁を立てよ。その壁を立てるのは、メキシコが建てるべき、金もメキシコが出すべきだ!”と、トランプ氏は言い続け、アメリカの多くの人も、それに対して危ないなと思いながらも、「そうだ!」と支持してトランプ氏が当選した訳です。

この現象は、今年の6月のイギリスのEU離脱の国民投票の結果とほぼ同じことなのかもしれません。6月のあの投票の日まで、自分を含めて世界中の多くの人たちは、そして多くのイギリス国民でさえ、離脱するとは露ほども思っていなかったと思います。だから、国民投票の結果を伝えるニュースを見て、世界中がびっくり仰天してしまいました。

このEU離脱には移民問題が大きな影響を持ったと言われています。現在、ヨーロッパの国々の多くが、混迷と困窮と不安の中にいるという現実の中で、特に大英帝国の興亡を知っている年代のお年寄りたちは、”なんでEUなんかに入ってほかの国の面倒を見たり移民の受け入れなど考えなければならないのか。イギリスだけが繁栄したらいいじゃないか”と考えて、EU離脱に投票しました。つまり、トランプ氏の支持者とまったく同じ理由からイギリスはEUを離脱したのです。

2つも同じ事象が連続したからには、これはもはや偶然ではありません。この2つの事象に共に関係のある移民の問題が、今までの考え方を変えようとしているのです。移民については、米国がそもそも移民によって作り上げられた国であるし、EUは加盟国の間の人の流れを自由にしており、この両先進国が移民に対して取る寛容な姿勢はグローバリズムの象徴として、世界の中で受け入れられてきました。しかし、経済的なものと別の、移民が引き起こす問題は、長い年月が経っても解決されずに残り続け、それが”グローバリズムの限界”を示すものとして、英国のEU離脱、トランプ大統領の誕生と言う現象となってあらわれることになってしまいました。

以下に、Netで見つけた記事を転載させて頂きます。

・「メリー・クリスマス!」が言えなくなったアメリカ社会

===================
トランプ氏が大統領になるかもしれないと昨年の今頃言っていれば、「あいつはバカだね」と言われたかもしれない。「あれは泡沫候補だよ」と言われたかもしれない。しかし、実は昨年の時点で、トランプ氏への追い風が吹き始めていた。

私も昨年12月、ニューヨークにいたのだが、五番街の喧騒の中を歩いていて、強い違和感に襲われたことを覚えている。世界一のブランドショップ街に、「メリー・クリスマス!」の文字がほとんど見当たらなかったのだ。一年を通じて最大の商戦であるクリスマス商戦の真っ只中にもかかわらず、五番街にはメリー・クリスマスに代わって、「ハッピー・ホリディズ!」の文字が溢れていた。

このような変化はここ3~4年、徐々に進んできた。それは、異教徒に対する“配慮”からだと聞いた。ニューヨーク在住歴25年の日本人女性は、事もなげに私にこう言った。

「友人にも、ハッピー・ホリディズですね。どんな宗教を信じているかわからないし……」

ご存知の通り、アメリカ社会は人種・宗教のるつぼであって、既に非英語人口は約20%に及ぶと言われている。WASP(白人・アングロサクソン・プロテスタント)が社会の基盤にあった時代は、遥か遠い過去である。

「どうしてキリスト教のお祭りなのに、ユダヤ教の人もイスラム教の人も仏教の人もメリー・クリスマスと言わなくてはいけないんだ? それはキリスト教の驕りではないのか? 宗教の押し付けは止めてくれ」

このような動きが現在のアメリカ社会に、強いうねりとしてある。

もちろん、アメリカの新聞の中にも、「ハッピー・ホリディズ」なんて言わないで、「メリー・クリスマス」という言葉をそれぞれの宗教の人々が微笑で迎えるような多様性や寛容性があってもいいんではないか、という論調もあるが、それは少数意見である。

クリスマスツリーを飾るのも、「果たしてこのアパートメントでは、いいんだろうか? ここにはイスラム教の人もいるんじゃないか? それは宗教の押し付けになるんじゃないか?」と気兼ねする不思議な風潮。

「この国には公正で中立的なバカが多すぎる」

トランプ氏は、以前ツイッターで「この国には公正で中立的なバカが多すぎる」とつぶやいた。 「メキシコ国境に壁を造れ」「イスラム教徒の入国は禁止せよ」など、トランプ氏の主張には呆気に取られるものが数多い。しかし、「この国には公正で中立的なバカが多すぎる」という彼のこの言葉だけは、なぜか私の頭に引っかかった。

アメリカ社会では、今まで無邪気に謳歌してきた楽しい行事が、「多様な」という価値観にがんじがらめに覆われてしまっていたのである。

多様な価値観を認めようとするあまり、大切な価値観にふたをしてしまう、あるいは元々ある伝統的な価値観は古いと葬ってしまう社会の動きに潜む「非寛容さ」。これこそが、今のアメリカ社会を窮屈にしているのではないだろうか。

「多様な価値観を認めよう」という考え方そのものが、実は多様な宗教観や価値観、多様な楽しみ、生き方、そういうものを逆に縛る一神教的な教義となってしまっているのだ。このような現象は今の日本でも同じように見られることである。

少数意見は尊重されなければならない。それは、成熟した社会の一つのベクトルだろう。しかし、一方で多数意見や曲げるべきではない常識、伝統も尊重されるべきものではないだろうか。

「メリー・クリスマス!」と幸せそうに声を掛け合った街角の風景は、進行する多様性に満ちた社会では、すでに懐かしい幻となりつつあるのかもしれない。

だからこそ、このような風潮が昔の無邪気でそれでいて強かったアメリカに対する、国民のノスタルジーを呼び起こし、トランプ大統領誕生への追い風となったのではないだろうか。
==============================

アメリカは、移民によって作られた人種のるつぼの国であるため、一定の人種や考え方に偏よることを防ぎ、公平さを保つように民主主義を発達させてきた国です。しかし、人種のるつぼと言いながら、実は国民の80%近くがキリスト教(色々な宗派を含む)を信じる”キリスト教国家”でもあるのです。
アメリカ大統領の就任式では、聖書に左手を置き、右手を掲げて宣誓することになりますが、明文上の規定はないものの、宣誓の最後に「So help me God.」と付け加えるのが慣例となっており、次期大統領のトランプ氏も、今までの大統領と同じようにそうするでしょう。大統領だけでなく、アメリカに移住してきてアメリカ国籍を取る全ての人は「アメリカ国民になる宣誓」を行うのですが、その宣誓の中で、これまで所属していた国への忠誠を放棄しアメリカ国民としての義務と責任を誓い、その最後の文章で「私に神の御加護のあらんことを」を言うことになります。このように、あらゆる場所で聖書が顔を出し神の名前が称えられる”宗教国家”アメリカでは、人種のるつぼと言いながら、キリスト教を信じるという1つの価値観の上に成り立っていたため、人種の違いを超えて、今まで国としてまとまって来たと言えます。

しかし、あまりの急激なグローバル化の進展で、キリスト教以外の移民が増えキリスト教をベースとした価値観が揺らいできてしまっているのです(前述の移民の際の宣誓文は、キリスト教を信じていることを前提で書かれていますが、別にキリスト教を信じることを強制はしていません)。また、そもそも同じキリスト教信者ということで今まで民族間の壁を取り除けていたのかというと決してそんなことは無く、例えば、黒人への人種差別問題などは、絶えずくすぶり続けてきましたが、移民の増大にる軋轢が発生する中で、最近ことさら炙り出されて来ているようにも見えます。

話がいきなり変わってしまうのですけれども、自分は20年ほど前、TVで"生命40億年はるかな旅"というNHKの番組を見て以来、何故世の中に色々な人種が存在するのかを知って、感銘を受けたことがあります。
この番組は、全12話構成でCGを使って生命の進化の道筋をたどるというサイエンス・ドキュメンタリーでしたが、この第6話で「奇跡のシステム "性"」というタイトルの回で、生物の繁殖について以下のように説明していたのです。

-”太古の海に発生した単性生物は単に自分をコピーして増殖するだけだったが、地球環境の大変化が起きた時、その多くが絶滅してしまった。このような環境変化で一気に全滅してしまうのを防ぐために、生物は、親となる2つの性質の異なる生物が協力して親と違った個性を持つ新しい子孫を作る”性”というシステムを作り上げた。新しい子孫が親と異なる個性を持つことで、生物として生き残る可能性が多くなる。つまり、生物は生存の可能性を増やすために、"性"のシステムを使ってわざと違いを作りだそうとしている-"

雄雌や男女の存在は、子孫を作りだすだけでなく、生物として生存の可能性を増やすために、わざと違いを作りだそうとしているという説明は、それまで考えもしてきませんでしたので目からウロコでした。しかし、生物としての生存の可能性を増やすために多様な人種が存在すると考えると、人種の間に違いが有ることをに納得できる部分は多々あります。今後地球環境に大きな変化が出たときに、各人種が違いをもっていれば、その変化に一部の人種だけ対応できて人類が生き残るかもしれないからです。

このように生物としての生存ということを考えると、色々な人種の間に違いがあるのは当然ということになりそうです。なので、現在の自称リベラルの人が、"違い"に無理やり目をつぶって全てを"同じ"として見るというのは、そもそも無理があるように見えます(当然、全ての人に平等に生きる権利はあります。ここで言っているのは、各人種や民族固有の文化や気質のことを言っています)。ですから、一番良さそうなのは、お互いにその違いを認め尊重し合って共存していくことだとは思うのですが難しいのでしょうね。だから、今回トランプ氏のような偏った人が大統領に選ばれたと思うのですが、でもアメリカがこのまま自国第一主義で閉じこもるなどとは思えないのですよね。何というか、自分はこんなことでは終わらないアメリカの底力のようなものを基本的に信じているようなところがあるのです。

自分にとってアメリカと言う国は嫌い(というか反発する)なのと同時にものすごく好き(というか憧れる)という不思議な国です。
英語がほぼ世界の公用語であるのに、ビックリするほど自国の外へ出て行こうとせず自国以外の他国に関心を持たない人が多いアメリカ。そんな他国のことを知ろうともしないのに、中東をアメリカ的な民主国に出来ると信じて戦争をはじめ、そんなアメリカを憎む人もいるのに、なぜ憎まれるのかをちっとも理解しないし理解しようともしないアメリカ人。そして、アメリカはこのような戦争を起こすことが出来る巨大な軍事力を持った現代の帝国ともいえるのに、民主主義国家でもあるというとんでもない矛盾。
国内に目を向ければ、健康問題には煩く、公共の場で喫煙すらできなくなっているのに、銃の規制は殆ど無く毎年大勢の人が銃で犠牲になるというおかしな国。
アメリカの矛盾を挙げればきりがありませんが、それでもアメリカから感じるあの自由で活発な雰囲気には強く憧れずにはいられません。

アメリカのジャーナリストのマーク・ハーツガード氏は自著の中の”だからアメリカは嫌われる”の中で外国人がアメリカに対して持っているイメージを以下のように書いているとのことです。

1.アメリカは偏狭で自己中心的だ。
2.アメリカは豊かで刺激的だ。
3.アメリカは自由な国だ。
4.アメリカは偽善的で圧倒的な帝国だ。
5.アメリカ人は世間知らずだ。
6.アメリカ人は俗物だ。
7.アメリカは機会均等な国だ。
8.アメリカの民主主義は独りよがりだ。
9.アメリカは将来の世界の姿だ。
10.アメリカは自国の利益しか眼中にない。

まぁ、自分にとって9を除く殆どの項に納得がいく感じですね。本当にアメリカって憧れと反発を同時に感じてしまう不思議な国です。
また、アメリカを自由に感じる理由としてクライド・ブレストウィッツ氏は、日本とアメリカを比較して自著”ならずもの国家アメリカ”の中で「日本では、特別に許可されない限り全てが禁じられており、それに対してアメリカでは特に禁止されない限り全てが許される」と述べているそうで、なるほど、確かにそうかもなと感じてしまいました。

上の文章で述べられている、殆どのことが許される自由なアメリカである限り、一旦内向きに大きく振れた振り子も、みんなが等しく自由に振舞えるように徐々にですけれども着実に改善していくような気がします。なんだかんだ言っても現在、世界で一番多様性を認めている国はアメリカであり、その多様性の軋轢の中から何かが生まれてくると自分は信じているのです。

・TPP(環太平洋パートナーシップ)について
アメリカのことばかり言っていないで、では日本では人種や移民の問題はどうなのかと言えば、基本的に日本は移民政策を取っていないので、アメリカのような移民による軋轢は無い状態なので何ともいえません(某C国とK国が時々騒ぎますが、殆ど政治的プロパガンダなので無視していいと思います)。ただ、日本の少子高齢化は深刻であることは間違いなく、時代の流れから行っても、今後自国1国だけで経済活動を行っていくのは困難となって行くことは間違いないとおもっていますので、個人的にはTPPを進めて、ルールを決めた枠組みの中で他国の人との付き合いに慣れていくのがいいのではないかと思っています。そういうわけで個人的にはTPP推進に賛成する立場です。実は自分は殆どTPPの取り決め内容を知らず、またTPPに反対する人の意見や、それを説明する理論ももっともだとは思っています。それでも、長い目で見れば、将来、世界中の多くの国も関税を無くすような枠組みの上に乗って物流が進められる世の中に成っていくと自分は思っています。こういうグローバル化の流れは最早止められないのだと思うのです。であれば、現在の安倍政権のような安定した政権が続いているうちに、何とか混乱を最小限に抑える舵取りを政府に任せて、今のうちに市場のグローバル化に慣れていくほうが良いと思っているのです(逆に、今より人口が減って国の体力が落ちたときにグローバル化を受け入れるととんでもないことになりかねません)。
現在、トランプ次期大統領は、TPPからの離脱に言及していますが、まだ正式な就任までに時間がありますので、何とか翻意させるよう日本側の努力に期待します。

(上の文章は、Netニュース及び池上彰氏の著書から多くを引用させてもらいました。書いていくうちに、相変わらずメチャクチャ長くなってしまい、言っている事も辻褄が合わない箇所が多々出てきてしまったので、後で修正もしくは削除することもあると思います。)

«  | HOME |  »

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (9)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (5)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR