Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

金沢訪問("花咲くいろは"聖地巡礼風?)

先週金沢へ友人に会いに行き、その際、"花咲くいろは"に縁のある場所のいくつかを巡ったのでそれをUPしたいと思います。
今回の訪問先は、1日目(土曜日)に、西岸駅とP.A works本社、2日目(日曜日)に湯涌温泉です。

1.西岸駅訪問(石川県七尾市中島町)
西岸駅は、"花咲くいろは"の中に出てくる"湯の鷺"駅のモデルになった駅で、石川県七尾市にある"のと鉄道"の駅です。
この駅は、前から訪問したいと思っていたのですが、いろはのモデルになった湯涌温泉からは結構遠く、なかなか訪れる機会が今までありませんでした。

今回の計画では、時間的に余裕を持って到着するために早く家を出るはずだったのですが、11:00amくらいまでずれ込んでしまった為(アホみたいに出発直前まで前期冬アニメの感想を書いてブログにUPしていた為)、西岸駅到着が4:00pmを過ぎてしまいました。
西岸駅_small

駅舎の左側には、アニメに登場したのと同じ建家があり(看板は湯の鷺に変わっていたと思う)、駅舎の外から桜の木が見えました。桜は丁度満開でこれはいい写真が撮れそうな感じです。
西岸駅2-1_small西岸駅2-2_small

駅舎へ入ってみると、壁にはいろはのポスターがたくさん貼ってありました。そして、一角には駅ノートの棚があり、その上にはアニメグッズがいっぱい。
西岸駅3-1_small西岸駅3-2_small西岸駅3-3_small西岸駅3-4_small

ホームへ出てみると、先ほど駅舎の外から見えた桜の木が目に入りました。その下には駅名標がありましたが、アレッ?ひょっとして...
西岸駅4-1_small
近づいていってみると、おおー、"湯の鷺"駅になっているじゃありませんか!
          西岸駅4-2_small
反対側のホームの駅名標も"湯の鷺"駅でした。
西岸駅4-3_small

今度は、反対側のホームへ行ってみよう。
西岸駅5-1_small西岸駅5-2_small
先ほどの駅名標を反対側のホームから撮ってみます。"湯の鷺"の駅名標が満開の桜に良く映えて本当にアニメの1シーンを見るようです。
西岸駅5-3_small

そこへ、列車到着のアナウンスが。列車は1時間に1本しかないと聞いており時刻表も調べずに来たので、列車の写真を撮ることはできないと思っていたのでラッキー!
と思っているうちに列車が近づいてきました。...ん?あれは...
西岸駅6-1_small
おぉー、ラッピング電車じゃないか!いかん。心の準備が全く出来ていなかった。慌てて写真を撮るも、ヤバイ、フレームに列車が全部入りきらない!
西岸駅6-2_small
慌てて列車の後方側にホームを走り、振り向いてもう一度パチリ。イカン、車体が日光に反射して絵がよく見えねー!どうする?今度は列車の前方に向かってホームを走り、そちら側から撮るか?でも、そんなに長く列車は停車しているのか?
西岸駅6-3_small
と思っていたら、ラッピング電車は出発していってしまいました。あぁー...
西岸駅6-4_small

さて、どうしよう。今撮った写真の出来は全く不本意だ。では、再度列車が来るのを待つことにするか?
でも、今回西岸駅の次はP.A works本社へ行く予定にしていたはずだ。ここで、次着の電車を待っていたら、写真を撮れるほど明るいうちにP.A worksへは到着できなくなってしまう。おまえは、P.A works本社へ向かって、いい作品を作ってくれてありがとう!と(心の中で)叫ぶ予定ではなかったのか?う~ん...

よし、ここはやっぱり当初の予定通りP.A worksへ向かうとしよう。そもそも何の事前チェックも無しにここに来たにも関わらず、幸運にも"湯の鷺"駅名標とラッピング電車が見られたので、今回はそれで良しとしよう。そして、今年も4回目のぼんぼり祭りが開催されることが既に決まっていて、その際はまたラッピング電車が走ると思うので、今度こそ事前に情報をしっかり集めて、もう一度ここを訪れることにしよう。

さて、西岸駅を離れる前に、もうちょっと西岸駅を散策してみよう。正しい"西岸"駅名標発見。当たり前か。そして、プラットフォームから降りる階段はどこかで見たと思ったら、いろはの2期OPで緒花と菜子が駆け下りる階段だ。本当にアニメに出てくる階段そのまんまだ。
西岸駅7-1_small西岸駅7-2_small

帰り際に、駅ノートを見てみました。
この手の駅ノートは、場所によっては落書き帳になってしまっているのもあるのに、西岸駅の駅ノートは実に綺麗でまじめに書き込まれているのがうれしかった。自分も再度ここを訪れたい旨のコメントを残して、西岸駅を後にしました。
西岸駅8_small

最後に、作品中では、"湯の鷺"駅は山あいの駅のような描写でしたが、実際の西岸駅は、本当に海の近くにある駅で、周りには牡蠣の直販場がたくさんありました。記念に牡蠣を食べてみたいと思ったのですが、どこも閉まっていました。シーズンが終わっていたのかそれとも時間が遅かったからなのかなぁ。
西岸駅9-1_small西岸駅9-2_small


2.P.A works訪問(富山県南砺市城端)
西岸駅から、のと里山街道、北陸自動車道、東海北陸自動車道と乗り継ぎ福光ICで高速を降りると約10分ほどで城端駅へ到着。西岸駅から約1時間20分程かかりましたが、なんとか日が完全に落ちる前にたどり着くことができました。P.A works本社は、この城端駅から車で5分ほどの場所にあるビルの1角に入っています。
PAWORKS_small.jpgPAWORKS1-2_small.jpg

このビルにはP.A worksのshow roomなどは併設されておらずOfficeだけが入っているので、入館は出来ず外から見るだけです。見あげてみると土曜日の7:00頃だというのに明かりがついている窓が見えました。あそこにP.A worksが入っているのでしょうか。

それでは、改めて。P.A works様、今まで、素晴らしいアニメを作ってきてくれて本当にありがとう!これからも、オリジナルのご当地アニメが作られるのを楽しみにしています!

次作として、2014年7月から福井を舞台にしたオリジナルアニメ『グラスリップ』が始まるようです。これもまた楽しみですね。以下は、その宣伝からの抜粋です。

TVアニメ『グラスリップ』の監督を務めるのは、『true tears』以来、6年ぶりにP.A.WORKSとTVシリーズ作品を手がける西村純二。 副監督に、『花咲くいろは』『TARI TARI』で演出を務めた安斎剛文。
シリーズ構成・脚本には、『TARI TARI』の脚本で鮮烈なデビューを飾った佐藤梨香が参加。
キャラクターデザインは、『凪のあすから』でサブキャラクターデザインを務めた竹下美紀、美術監督に『凪のあすから』美術監督補佐の本田敏恵、
音楽に『恋旅~True Tours Nanto』の松田彬人を迎え、瑞々しい青春の1ページを新たなスタッフ陣で描きだす。

スタッフの顔ぶれを見ると本当に期待度大ですね!

P.A works本社には、Show roomはありませんが、その対面にある舞台施設"じょうはな座"の一角にP.A worksのコーナーがあると伺っていたのですが、遅い時間になってしまったので、当然閉館でした。
仕方がないので城端駅の方へ戻り、駅舎構内の一角にあるTrueTearsコーナーを見てみようと思ったのですが、どうやら駅舎構内の観光案内コーナーは、駅対面の観光案内所に移ってしまったらしく、構内には何もありませんでした。
PA works2-1_smallPA works2-2_smallPA works2-3_smallPA works2-4_small

今回のP.A works訪問(及び城端訪問)は、時間も遅くなってしまったのでこれにて終了としました。
多分、9月の"むぎや祭り"には、もう一度城端を訪れるつもりです。その際は、もっと情報を事前に調べてじっくりと見て回ろうと思っています。


その後、金沢へ戻り、友人と金沢の健康ランド"テルメ金沢"で落ち合い、そこで一泊しました。


3.金沢湯涌温泉訪問(石川県金沢市湯涌町)
"花咲くいろは"のモデルになった温泉街で、アニメファンの間では結構有名になってしまったかもしれませんね。
湯涌温泉1_small

自分は第三回ぼんぼり祭りにも参加しましたので、この温泉街を訪れるのは初めてではありません。ですので、今回は趣向を変えて、温泉宿のランチを予約して行くことにしてみました。
ランチの予約をしたのは、"ふくや"のモデルになった秀峰閣の対面にある"あたらしや"で、1,500円でランチ+入浴付きの中々お得なコースです。
湯涌温泉2-1_small湯涌温泉2-2_small

11:30am予約のランチより早く到着してしまったので、それまで湯涌温泉街の散策です。
"あたらしや"の駐車場に車を駐めて少し歩くと、湯涌温泉の入口に到着しました。温泉街入口の案内看板は"いろは"の中によく出てきましたね。
湯涌温泉3-1_small湯涌温泉3-2_small

温泉街入口脇の坂を上っていくと、喜翠荘のモデルになった"白雲楼ホテル"の跡地に出ます。今はその跡地に原っぱがが広がり、東屋がポツンと立っているだけです。
湯涌温泉4-1_small
その東屋の屋根の内側に、在りし日の白雲楼ホテルの写真が飾られています。この写真を見ると、確かに喜翠荘の和洋折衷でモダンな感じは、このホテルを参考にしたのだということがわかります。
湯涌温泉4-4_small

白雲楼ホテル跡地の裏手に、下へ降りる小径が有り、それを下っていくと玉泉湖に出ました。この湖は、ぼんぼり祭りの最後にお焚き上げが行われる場所です。
湯涌温泉5-1_small湯涌温泉5-2_small湯涌温泉5-3_small湯涌温泉5-4_small

玉泉湖から再び温泉街に入ると、広場があり、共同浴場の"総湯 白鷺の湯"横の広い階段は、稲荷神社に続いています。ぼんぼり祭りの際は、この階段を女の子の神様が降りてきます。
湯涌温泉6-1_small湯涌温泉6-2_small湯涌温泉6-3_small湯涌温泉6-4_small

この階段を上って稲荷神社へ行ってみました。お社そのものは、非常に小さなお稲荷様です。
湯涌温泉7-1_small
お社脇には、絵馬ならぬ"のぞみ札"が掛けられていました。やはり"いろは"の絵が書いてある"のぞみ札"も結構ありました。みんな、うまいなぁ。中には、立体的な彫りを施した、すごく凝ったのぞみ札もありました
湯涌温泉7-2_small湯涌温泉7-3_small

稲荷神社の階段を下り(作品と異なり、稲荷神社からは湯涌温泉街を見渡せません)、広場に戻ると温泉街の中央通りを温泉街入口の方向に向かって戻って行きました。
最後に、振り返ってもう一度温泉街の通りをパチリ。この風景は、作品の中でもよく出てきた光景ですね。
湯涌温泉8-7_small

あたらしやへ戻ると丁度11:30でしたので、中へ入って待っていると、ランチが運ばれてきました。
湯涌温泉9-1_small
ランチは、デザートを含めて以下の3品。凄く美味しかったです。この内容で、お風呂付き1,500円はかなりお得な感じがしました。
湯涌温泉9-3_small湯涌温泉9-4_small湯涌温泉9-5_small湯涌温泉9-6_small

食事のあとは、湯涌温泉街入口の近くにあるお土産屋さんでお土産探し。
湯涌温泉10-1_small
店内は、いろはグッズでいっぱい。結局、取引先のお客様(もちろんアニオタです)へのお土産として、柚乙女を買いました。これは湯涌温泉の柚味ご当地サイダーで、結構美味です。
                 湯涌温泉10-4-2_small

お土産を買った後は、湯涌温泉の外れにある"いろは館"へ。
湯涌温泉11-1_small
この"いろは館"は湯涌観光協会の建家横に併設されているのですが、実はずっとこのいろは館の存在を自分は知らず、ぼんぼり祭りの時もここへは来たことがありませんでした。内部はこんな感じ。
湯涌温泉11-6_small

いろは館の横には、湯涌温泉観光協会が有り、建家の上に大きく喜翠荘の絵が飾られていました。入口にもポスターがいっぱい。
湯涌温泉12-3_small
中へ入ってみると、いろはの人形(フィギュアではなく、リカちゃん人形のようなもの?)が飾ってありました。
湯涌温泉12-4_small

さて、これにて、湯涌探訪は終了です。もちろんここへは第4回ぼんぼり祭りに参加するために再度来ることになると思います。実は第4回ぼんぼり祭りの際に秀峰館への宿泊予約を試みたのですが、湯涌温泉観光協会から4/12(土)にぼんぼり祭りの開催日の正式発表があった瞬間に全て埋まってしまったとのことでした。(湯涌温泉では、観光協会からの正式発表があるまでは、この期間の予約を止めていました。)まぁ、自分もぼんぼり祭り期間中に、湯涌温泉街のホテルに泊まれるとは思っていなかったので、仕方ありませんね。結局、第4回のぼんぼり祭りも、前回と同じく金沢テルメ健康ランドに宿泊かな。でも、ぼんぼり祭り以外の時で構わないので、一度は秀峰閣に宿泊してみたいですね。


4.番外編 ラーメン ふくひさ(石川県金沢市福久)
北陸自動車道を金沢東ICで降り、国道8号線を北東に5分程進むとその店はあります。
見る人が見れば、看板からして伝わって来るものがあるハズです。
ふくひさ1-1_small
それを、裏付けるように店の前には、地元仕様の痛車が...(民子仕様とはシブイ)。
ふくひさ2-8_small

店内に入ってみると壮観の一言!思わず、おーっと声が出てしまいました。
実は、この店をネットで知って以来、金沢を訪れた際はぜひ寄ってみたいと思っていたのです。
ふくひさ2-10_small

メニューを見ると、色々なラーメンがありましたが、自分はしょうゆラーメンを選んでみました。富山ブラック系の濃い味で、しょっぱい味が好きな自分にはとてもよく合った味でした。(薄い味にもできるようです。)チャーシューは分厚くて柔らかくとても美味かったです。
ふくひさ2-7_small

主人に、自分もアニメが大好きであり店内のポスターを撮らせて欲しいと頼んだら快く承知してくれました。そして、これからP.A worksへ寄った後、西岸駅へ行くつもりなのだがどのように行けば良いのかを尋ねたところ、明るいうちに先に西岸駅へ行ったほうが良いとアドバイスをくれました。実際に、ふくひさの主人のアドバイスがなかったら、今回の西岸駅での写真は取れなかったでしょう。ありがとう、ふくひさのご主人!金沢へ行った際は、また寄らせていただきます!
ふくひさ2-4_smallふくひさ2-3_smallふくひさ2-5_smallふくひさ2-6_smallふくひさ2-2_smallふくひさ2-9_small

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/92-9e718a42

ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/20 09:16)

南砺市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/20 09:18)

七尾市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR