Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山の街の散策と"氷菓"聖地巡礼(2日目) (能登・金沢/高山旅行-その④-)

高山の街の散策及びアニメ"氷菓"の聖地巡礼2日目。

"氷菓"の聖地として高山では、喫茶店"バグパイプ"が有名ですが、それ以外の場所については、実は最終話での"臥龍桜"しか知りませんでした。ですのでその他の巡礼場所を調べたところ、Netに高山市商工観光部様が作製した聖地散策マップがUpされていて、そこにめぼしい場所が掲載されていたので、そのMapに従って、以下の聖地を廻ってみることにしました。

氷菓聖地マップ_01
http://ikibinatest.web.fc2.com/ikibina2014/images/map/hyouka_map_a1.jpg
氷菓聖地マップ_02
http://ikibinatest.web.fc2.com/ikibina2014/images/map/hyouka_map_b1.jpg

・宮川朝市通り
・平湯温泉
・飛騨一ノ宮水無神社
・臥龍桜

その他には、上記に挙げた巡礼地訪問の合間を縫って、高山の街の散策を行うことにしました。

1.宮川朝市通り
2017_04_23-DSC01577.jpg20130224212056507.jpg
氷菓のOPの背景に使われた場所です。実際に朝市が開かれるとのことでしたので、朝ゲストハウスをチェックアウトすると宮川朝市に出かけてみました。
2017_04_23-DSC01608.jpg
宮川にかかる鍛冶橋から見た宮川朝市。ここは前日屋台が出ていた場所です。
2017_04_23-DSC01576.jpg
宮川朝市の様子。近所で採れた野菜や山菜を売っている店が多く出ています。そこで、なつめを売っている店を発見。名前としては知っていたのだけれども、今まで見たことが無くて形を知りませんでした。こんな形をしていたのか。食べてみるとリンゴのような味がしておやつとしては丁度いい感じです。とりあえず1カップ購入。
2017_04_23-DSC01582.jpg
しばらく行くと、むかごも店先に並んでいるのを見つけました。これも本で読んだことはあるのだけれども、形を知りませんでした。味見をさせてもらうと、なんとなく長いもに似た食感で、酒のつまみに合いそうでしたがおやつとしてもいける感じでしたので、これも1パック購入。
2017_04_23-DSC01585.jpg
もう一件のお店では、プチトマトの量り売りをやっていました。食べてみるととても甘かったので3種類のプチトマトを取り混ぜて200g購入。
2017_04_23-DSC01587.jpg
朝市での購入品。今日の聖地巡りは車の中でこれらをお菓子代わりに食べながら行うつもりです。プチトマトは想像以上に美味しかったのでもっと沢山買っておけば良かったと後悔しきりでした。
2017_04_23-DSC01591.jpg
他にも、蜂蜜を売っているお店とか、置物を売っているお店など観光客用のお店もあって見ていて飽きが来ません。この宮川朝市はお勧めですよ。

2.アンテナショップ"まるっとプラザ"
宮川朝市を離れると、市街にあるアンテナショップ"まるっとプラザ"を目指します。ここで"氷菓"グッズや情報を扱っているとNetに紹介してあったからです。まるっとプラザに向かって歩いていると、氷菓のOPにも出てきた猫の像を発見。
2017_04_23-DSC01594.jpg2014110501253754c.jpg
高山の歩道にはこのような像がいくつもあります。この猫の像の直ぐ近くに、目指す"まるっとプラザ"がありました。
2017_04_23-DSC01606.jpg
中に入ってみると、"氷菓"コーナーが設けてあって、巡礼ノートが積んでありました。
2017_04_23-DSC01601.jpg
壁にも氷菓のポスターがいっぱい。よく見ると"君の名は。"のグッズも扱っていました。"君の名は。"の聖地は飛騨ですが、高山はそのお隣と近いですから、今後は"君の名は。"関連のグッズがこの店で増えていくかもしれませんね。
2017_04_23-DSC01597.jpg
"氷菓"のグッズ類。会社の同僚へのお土産として、えるたその絵が入った"さくらクッキー"とそのとなりの"氷菓饅頭"のどちらを買うか迷いましたが、やっぱり最後に日和って"氷菓饅頭"にしました。これは、まぁ仕方がありません...
2017_04_23-DSC01605.jpg
"氷菓饅頭"の横にあるのが最初に紹介した氷菓の聖地散策マップです。無料ですのでここで入手することをお勧め致します。

臥龍桜と、平湯温泉までの移動時間を店員の方に確認して店を出ました。

3.高山の街の散策(Part2)
まるっとプラザを離れると、昨日廻れなかった高山の街を散策してみました。
1)山桜神社
2017_04_23-DSC01612.jpg
まるっとプラザから数分歩いたところにある商店街の中にある小さな神社です。神社の名になっている"山桜"とは江戸時代初期に実在した馬の名前で、高山城城主金森頼直の愛馬でしたが、江戸で明暦の大火が起きたとき、江戸城内の屋敷から頼直を乗せたまま江戸城の百間堀を飛び越えて、頼直を救ったとのことです。その功績により、山桜の死後、その厩舎のあった場所に神社が建てられたのが山桜神社の由来で、祭神は"山桜"、地元では"馬頭様"と呼ばれています。
2017_04_23-DSC01613.jpg
境内の赤提灯は、神社建立後に創設された火消しの「馬頭組」のもので、鳥居の横には「馬頭組」の像があります。
2017_04_23-DSC01617.jpg2017_04_23-DSC01610.jpg
鎮火、火の用心、家内安全、無謀息災、商売繁盛、交通安全にご利益があるとして、毎年8月1~15日に、山桜神社では絵馬市も開催されて、地元では篤く信仰を集めているとのこと。こういう普通の馬が神様となって長く信仰されているのは、すごくいい感じです。

2)高山市街の酒蔵や色々なお店
今日は平日なので、昨日よりかなり人が減っていて落ち着いて散策できます。
2017_04_23-DSC01625.jpg
飲食店の店構えもとてもいい感じです。
2017_04_23-DSC01626.jpg
左手に見える呉服店"小鳥屋"さんはコミック版氷菓の第7巻目に出ているとのこと。
2017_04_23-DSC01679.jpg2017_04_23-DSC01673.jpg

高山には古い街らしく数店の味噌蔵や酒蔵がありました。
深山菊の松阪酒造店さん。
2017_04_23-DSC01631.jpg
味噌醤油の醸造元、角一さん。
2017_04_23-DSC01636.jpg
今回は、蔵元の山車さんで地酒を購入することにしました。
2017_04_23-DSC01629.jpg2017_04_23-DSC01668.jpg2017_04_23-DSC01680.jpg
選んだのは純米吟醸酒です。
2017_04_23-DSC01671.jpg

その他、木工製品の店にふらっと入ってみました。
2017_04_23-DSC01696.jpg2017_04_23-DSC01698.jpg
このお店は色とりどりの革製カバンも扱っていて、その配色がとてもキレイでした。
2017_04_23-DSC01697.jpg
その配色が気に入って、何を血迷ったか買ってしまったのが以下のカバン。
2017_04_23-DSC03676.jpg
家で肩にかけてみたら絶望的に似合っていなかった...。そりゃ普通オッサンはこんなカバンを使わないなーと今更ながら気がつきました。まぁ仕方が無いので部屋のオブジェにでもしましょうか。色合いが綺麗なのは間違いないし。でも、こんな普段絶対買いそうも無いカバンを買わせてしまう高山という街は、何とも凄い街だなぁと改めて感じました。

4.CENTER4 HAMBURGERS/こって牛
2017_04_23-DSC01642.jpg
昨日予約したハンバーガーの店"CENTER4 HAMBURGERS"へ行って数量限定の"飛騨牛バーガー"を食べてきました。
扉を開けると雑貨屋さんのような店があって、その奥にもう一つ小さな扉があります。
2017_04_23-DSC01653.jpg その扉の向こうが、CENTER4 HAMBURGERSさんです。
2017_04_23-DSC01644.jpg
以下が、予約をしないと食べられない数量限定の"飛騨牛バーガー"です。この店は店内撮影禁止ですが、自分の周りだけということで撮影を許可してもらいました。
2017_04_23-DSC01648.jpg
確かに美味しかったですが、実は普通のハンバーガーの方がトッピングも豊富で美味しそうに見えました。お店の方も、"飛騨牛バーガー"を店の売りにしていましたが、普通のハンバーガーの方に実は自信を持っているようですので、次回は別のハンバーガーを食べてみようと思いました。飛騨牛バーガー以外は、席さえ空いていれば予約なしで入れるとのこと。
2017_04_23-DSC01645.jpg

店から出ると、今度は飛騨牛にぎりの店として有名な"こって牛"へ行ってみました。
2017_04_23-DSC01656.jpg2017_04_23-DSC01658.jpg
にぎり二貫だけなので、ハンバーガーを食べた後も余裕です。
2017_04_23-DSC01659.jpg
平日なのに凄い行列でしたが、待った甲斐があってとても美味しかったです。でも2貫だけでは物足りなかったかも。
とりあえず、もう時間が無いので"氷菓"の聖地巡礼にGO!!です。

5.平湯温泉
平湯温泉は、高山の街から東へ約1時間半ほどかかる北アルプスの麓にある温泉です。この温泉郷にある平湯民俗館併設の公衆露天風呂「平湯の湯」が氷菓の第7話「正体見たり」の背景として登場しました。

アルプス街道平湯のバスターミナル
2017_04_23-DSC01770.jpghyo090.jpg

バスターミナルを過ぎて数分車で走ったところに平湯民俗館に到着します。
2017_04_23-DSC01740.jpghyo103.jpg

旧豊坂家住宅の横を通り過ぎ、合掌造りの民族館を回り込むと公衆露天風呂「平湯の湯」が見えてきます。
2017_04_23-DSC01741.jpg2017_04_23-DSC01744.jpg2017_04_23-DSC01745.jpghyo108.jpg
作品中は若干のアレンジを加えているようです。

ここの露天風呂は入場料を払う番台のような場所が無く、その代わりに下のような"寸志箱"があるだけです。目安として300円程度と書いてありますので、それ以上の金額を必ず払うように致しましょう。ちなみに、自分は300円払いました...
2017_04_23-DSC01747.jpg

ここが奉太郎達が入った男湯です。
2017_04_23-DSC01749.jpg

あまり広い温泉ではありませんがとても良いお湯でした。(写真はNet上から拝借致しました)
2017_04_23-DSC01762.jpg20130202142542.jpg
もっとゆっくりしたかったのですが、時間が無いので平湯温泉を後にしました。

6.飛騨一ノ宮水無神社/臥龍桜
最終話「遠回りする雛」の背景として使われた飛騨一ノ宮水無神社及び臥龍桜へ行ってきました。

1)飛騨一ノ宮水無神社
飛騨一宮と呼ばれ、飛騨で最も社格が高い神社です。稲喰(いなはみ)の馬という作者不詳の木造の神馬2頭が神馬舎に安置されていますが、左甚五郎作との言い伝えがあります。
2017_04_23-DSC01729.jpg20130202200829.jpg

手水場の前の生き雛
2017_04_23-DSC01731.jpg2017_04_23-DSC01733.jpg20130202200952.jpg
生きびな祭は、戦後にはじめた祭礼で、一宮水無神社を舞台に、高山市を始めとした1市3都から推薦された、19歳から26歳くらいまでの未婚女性9人が生きびな様として、女性の幸せと豊作を願い、神前奉仕と行列を行うものです。氷菓の中ではヒロインの千反田えるの生き雛を見た奉太郎が見とれるシーンがあります。
d23f947f.jpg04b58b0b.jpgf4406ec8.jpg

2)臥龍桜
2017_04_23-DSC01723.jpg
樹齢1100年を超えるエドヒガンザクラの大樹。龍が地に臥しているように見えることからその名が付きましたが、伊勢湾台風によって龍の胴体部分にあたる部分が枯死し、現在は2本の桜からなっています。1973年(昭和48年)に国の天然記念物に指定されました。
2017_04_23-DSC01707.jpg2017_04_23-DSC01715.jpg2017_04_23-DSC01721.jpg
台風によって甚大な被害を受けた臥龍桜は、20年に渡って樹勢回復、樹根復活の手入れを受け、現在の姿に復活したとのことです。

氷菓では最終話の最後の部分で、ヒロインの千反田えるが自分の将来を語るシーンに臥龍桜が幻想的に使われています。
b6f81034.jpgb8579fab.jpg06127ec2.jpg1347809208716.jpg
二人で並んで歩く奉太郎とえる。二人の背後の夕闇と前方の薄明かりの丁度中間で狂い咲く臥龍桜の前で自分の将来について真面目に語るえる。
a58d5ef6.jpgd34952f6.jpg
えるが語る将来について、妄想の中で手助けすることを伝える奉太郎。ちゃんと言葉に出さないところがもどかしい感じがしますが、そこがこの主人公っぽい気がしますし、彼の性格から彼が心の中で思ったことはきっと必ず実行するだろうと観ている側も感じますから、これはこれで良いのかもしれません。ここぞという時にスマートに決められない登場人物達の青っぽさにもどかしさを感じて身もだえするのも青春小説の楽しみなのかもしれませんね。
1347809223094.jpg1347809222048.jpg
この作品は、登場人物達が語る将来に対する不安と夢を、素晴らしい作画で描いて最後を締めくくってくれました。流石京アニですね。自分の中で氷菓という作品が1ランクUPしたと感じさせる本当に良い最終話でした。この氷菓は、2期があれば是非観てみたいですね。

PS.高山ラーメン
2017_04_23-DSC01771.jpg
高山を離れる前に、高山ラーメンを食べてみました。お店は老舗の桔梗屋さんです。
2017_04_23-IMG_3094.jpg
通常のラーメンはスープ(出汁)とタレ(かえし)を別々に作るのに対し、高山ラーメンは、スープとタレを一緒に混ぜて煮込むのが特徴的とのこと。
今時のシャープな感じのするラーメンでは無く、昔ながらの優しい味のラーメンという感じでした。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/274-688fae52

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。