Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京-大洗旅行2-3日目(東京編②)【少し改訂】

東京での2日目は、宿泊地の中野で、中野ブロードウェイの有名な"まんだらけ"に寄って買い物することから開始するつもりでした。ところが中野ブロードウェイに10:00am過ぎくらい行ってみると、まだ殆どの店が閉まっており、開店時間を調べてみると、なんと殆んどの店が昼の12:00から開店とわかり驚いてしまいました(ちょっと怠けすぎなんじゃない?)。次の予定では、立川のシネマシティで1:40pmから"君の名は。"の極音上映の座席を予約してしまっているので、スケジュール変更も出来ず、さてどうするものかと思案しましたが良い案も浮かびませんでしたので、とりあえず早めの飯でも食って考えようと、自分の大好きな(というか日本一うまいと思っている)武蔵小金井にある"カレーのプーさん"へカレーを食べに行くことにしました。
DSC00351.jpg
カレーのプーさん。昔は小さかったけれどもオシャレな外観でしたが、今は広くなったけれどもそっけない外観に変わってしまいました。残念。

しかし、このお店に到着した時はちょうど満席で、カレーを食べて店を出るまで1時間半もかかってしまい(量販店じゃないので注文してから出てくるまでかなり時間がかかってしまいます)、立川のシネマシティへは、映画の始まるギリギリ少し前に到着となってしまいました。やれやれ。でもまぁ、今回もプーさんのカレーを食べられたので良しとしましょうか。

1.立川シネマシティ(a-studio)での"君の名は。"極音上映
立川駅に到着したのは1:20pm頃でしたので、上映に間に合うようにa-studioへ急ぎました。
IMG_2611.jpg君の名は極上音響jpg
写真左はシネマシティまでの街路灯にずらっと取り付けられていたガッチャマンCROWDSの登り。実は立川はガッチャマンCROWDSの舞台なのだけれども、全く知られていないのでしょうね。1期はすごく面白かったのですが、2期のガッチャマンCROWDS insiteがイマイチの評判で、そのまま空気となって消えてしまいました。惜しかったなぁ。
写真右は立川シネマシティa-studio前の"君の名は。"のポスター(ピンボケ写真しか撮れていなかったので、他者様ブログから転載させて頂きました)

さて、ガルパン劇場版の爆音上映ですっかり有名になってしまった立川シネマシティ。自分も、前回東京へ来た時、この爆音上映でガルパン劇場版を鑑賞しましたが、本当に凄いと思いました。何しろ、音が風として感じられるくらいでしたから兎に角凄い迫力でした。ただ、1点気になったところがあって、おそらく低音重視のセッティングになっていたからだと思いますが、スピーカーから出力された低音に遅れが生じて、Endingの曲では、曲の旋律とリズムにズレが感じられてしまっていたのです。この点が解決されるのかと心配していたのですが、この極音上映では、その心配は全く杞憂に終わりました。低音と高音はしっかりとバランス良く調整され、なお且つ、売りである低音の迫力はしっかりと残されて、抜群の臨場感を作り上げていました。特に、映画を見た人なら分かると思いますが、1か所ものすごくストーリー的にも感情的にも盛り上がった場面で轟音が響きわたるシーンがあって、極上音響上映では、その高まった感情を重低音で物理的にも盛り上げて自分の感覚と映画が一体となったような素晴らしい効果を生み出していました。

以下に、君の名は。のちょっとした感想を書いてみたいと思います。ネタばれに触れずに書きたいと思ったのですが無理でしたので、未聴の方は飛ばしちゃってください。

・”君の名は。”感想【少し改訂】
今回の新海監督の作品は、オタクだけではなく一般の人にも受け入れられた作品ですが、オタクの目から見ても十分満足のいく面白い作品となっていました。全体にSF的な設定になっているのがオタクである自分には受け入れやすかったところで、そのSFで本来禁じ手であるはずの過去改変が作品中で行われることについては、代々受け継がれてきた巫女が持つ入れ替わりの能力が、自然災厄を防ぐために過去改変を可能にしたとしたところが、本当にうまいと思ってしまいました。自然の災厄というのは、誰にも防げないものなのですが、それでも、もし事前にその災厄が分かっていたら被害を防ぐことが出来たのにと、多くの人は心の中にそんな願望を持っているのだと思います。この作品はその願望が実現する奇跡を実にロマンチックなストーリーと美麗な映像で目の前に見せてくれました。このような奇跡が実現する美しいファンタジーを見させてくれた新海監督とそのスタッフには感謝したいと思います

でも、瀧に入れ替わった三葉の奮闘で、過去が書き換わり糸守の人たちが救われた後、そこで話の進展が止まってしまったのがちょっとなぁ...。物凄い肩透かし感がありましたし、その後の三葉と瀧が再会する場面まで、凄く気持ちにもやもや感を抱えながら映画のスクリーンを眺めていました。また、この再会が偶然と言うのも、どうも個人的には今ひとつで、災厄を防ぐために入れ替わりの能力が代々伝えられてきたと言う、遙か遠い昔から人と人の関わりによって紡がれてきた物語なら、その長い物語の最後は偶然ではなく必然で終わって欲しいと感じてしまいました。まぁ、普通、東京で偶然再会することなど出来ませんから、この偶然に見える再会も必然の一つなのかもしれませんが、そうではなくてもっとこう劇的な...、例えば、瀧と三葉が必然で再会することによって、それまで説明されなかった瀧が入れ替わりに選ばれた理由も解り、そのことによって遠い昔から続いた長い物語の全てが腑に落ちる...といったような終わり方をしてくれたら最高なんだけれどもなぁなどと考えてしまいました。

まぁこれは、深夜アニメの超展開に慣れすぎたアニメ脳の単なる妄想で、物語の後半の展開には当然、新海監督の意図がある筈ですから、いつか新海監督のインタビュー記事も読んでみたいと思っています。

色々書いてしましたが、この”君の名は。”が面白かったことは間違いありませんし、ジブリアニメ以外で大ヒット作を製作して、アニメの力をオタク以外の普通の人たちにも知らしめてくれたことにも感謝したいと思っています。

IMG_2746.jpg
購入したパンフレット。

・須賀神社前の階段
映画を見た翌日に、"君の名は。"のキービジュアルで、かつ映画のクライマックス・シーンで使われた階段のある場所へ聖地巡礼に行ってきました。
290c88a7_2.jpg
この階段は、四ツ谷駅から歩いて15分程の距離にある須賀神社の前にあります。この階段に到着すると、既に2,3人の巡礼者が来ていて写真を撮っていました。
DSC00373.jpgDSC00392.jpg
実際と違って、キービジュアルの絵では、右手側が開けているのを除けば、ほぼ同じで凄い再現率ですね。
しかし、本当に良い雰囲気の場所で、スタッフはよくこう言う場所を見つけてくるものだと感心してしまいます。

2.中野ブロードウェイ訪問
立川シネマシティで"君の名は。"の極音上映を見た後は、午前中に行く予定だった中野ブロードウェイへ行ってきました。現在、場合によっては、秋葉原以上にオタク度が高いと言われることもある中野ブロードウェイを、是非この目で実際に見てみたかったからです。

中野ブロードウェイは、JR中野駅北口正面にある中野サンモールを抜けたところにあります。
DSC00341.jpg
中野サンモールの出口にある中野ブロードウェイ。
DSC00353.jpg

中野ブロードウェイの1階は通常店舗で、オタクグッズを扱う店は2階以上に店舗を構えています。
まず2階へ階段を使って上がると正面に見えるのが"まんだらけスペシャル館(古き良き超合金、ソフビ、ガレージキットなど)"です。
IMG_2617.jpg
"まんだらけ"は、この中野ブロードウェイの中で多数の店舗を出店しており、中野ブロードウェイの顔といっても良いほどの店となっています。また、その店舗はそれぞれの分野に特殊化した品ぞろえで分類されており、来店する側にとっては非常に効率がよいサービスになっています。例えば、同じ2階にあるまんだらけの別店舗"コスプレ館"に"まんだらけ DEEP館(男性向同人誌&関連グッズ,美少女ゲームなど)
IMG_2679.jpgIMG_2670.jpg
そのほか、2Fには以下のような店舗があります。
・まんだらけ カード館: 各種カード、トレカ、シールなど
・まんだらけ ミクロ館(別名“消しゴムの館”): キン肉まん消し&SDガンダムなどの各種消しゴム人形など
・まんだらけ ギャラクシー館: 中古ゲームソフト&ハード、攻略本、ゲーム雑誌など
・まんだらけ KAGUYA館: 様々なキャラクターのプラモデル専門店
・まんだらけ 大車輪館: 車関連の玩具、ミニカー、チョロQ、プラモデル、ラジコン、ミリタリーなど
・まんだらけ UFO館: アニメ&特撮関連のDVDやBlu-ray、アニメ&声優&ゲーム関連のCDなど 
・まんだらけ 活動写真館: 、日本映画のポスター、映画関連グッズ、野球関連グッズなど
その他、全13店舗

3Fには、このまんだらけの本店が出店しています。まんだらけは古本屋から出発した店なので、本店は当然古本屋さんです。
IMG_2639.jpg
3Fには、本店のほか、"まんだらけ インフィニティ館(男性アイドル専門店)"などが出店しています。

4Fには更にマニアックな店舗が集中しています。下は、その名の通り、"まんだらけ マニア館 (ビンテージ漫画&雑誌、漫画付録、ムック本、レコード、特撮台本、資料系同人誌など)"や"まんだらけ ぷらすちっく(DOLL、DOLLウィッグ、DOLL関連書籍、女性向のオモチャ&グッズなど)"などです。
IMG_2641.jpgIMG_2649.jpg
そのほか、4Fには以下のような店舗があります
・まんだらけ アニメ館 : セル画、アニメ台本、アニメ設定資料など
・まんだらけ 海馬 : 、アート系写真集、サブカル書籍、ジュブナイル小説など
・まんだらけ 変や: 企業ノベルティグッズ、昭和レトログッズ、アンティークグッズ、ヴィンテージTOYなど
・まんだらけ 流線型事件: 鉄道模型、Nゲージ、鉄道部品&グッズ、プラレールなど
その他、全7店舗

上記のまんだらけの他にも、多数の店が出店しています。大手では、2Fにあるアニメグッズ専門店である"らしんばん1号~3号店"やディズニーグッズ、サンリオグッズや、ペコちゃんグッズなど女性向けの商品を扱った"ヴァンヴェール"などがあります。また、アンティックドールを扱った"あじさい"なども出店しています。
IMG_2666.jpg

さて、中野ブロードウェイを一通り巡って感じたことは、兎に角、取り扱っている品物の種類の幅の広さです。どんな分類が難しそうに見える小物でも、きちんと仕分けされて各専門店に集められ、そしてそれらに対して丁寧に一個一個に値段が付けられ売られているという感じです。ですから、自分が唯のガラクタだと思っているものも、この中野ブロードウェイに持ってくればきちんと分類されて価値を見出され、値段が付けられる可能性があるのかもと思わせるような、期待感を持たせてくれるところがあります。しかし逆に、あまりに整然として分類されてしまっているので、何か突拍子もない掘り出し物に偶然出くわすかもといったようなワクワク感はあまり感じられないのかもしれません。その点では、色々なものが未分類で、全てがカオスな秋葉原の方が、何が起こるか分からない高揚感のようなものが感じられて、街全体としての活気は秋葉原の方が高いような気がしました。
でも、買いたいものがはっきりしているならば、中野ブロードウェイへ行った方が買いたいものを断然効率よく短時間で見つけられることは間違いありません。そこが、中野ブロードウェイの利点であり魅力なのでしょうね。

今回、折角、中野ブロードウェイへ行ったので以下の買い物をしました。
IMG_2741.jpg
ガルパン大洗の案内本2冊と、花輪和一氏の護法童子2巻の3冊。
護法童子は今から30年程前に出版された本で、実は既に持っているのですが、以前誤って表紙に醤油を垂らしてしまって絶望していたのですが、偶然まんだらけの本店で見つけたので購入してしまいました。ただ、この本は、別に入手困難な稀覯本などというものではなくヤフオクで1,000円程度で売っているものですが、折角来たので記念として買ってみました。
その他の2冊の大洗の案内本は、次の日に行く予定にしている大洗について何も知らなまま旅行に出てきてしまったので、到着前に、事前リサーチをしようと思って購入したものです。これらの本は、中古ではなくい新刊なので、まんだらけ本店の隣にある"明屋書店"さんで購入しました。この店の店員さんにガルパンに関する大洗の紹介本のことを尋ねたら、速攻で持ってきてもらえたところが実に気持よかったですね。こういう場所にある店では、こちらがオタクであることを隠さずにいられるのでとっても気が楽です♡。

これらの本を購入後、本日の宿泊地である秋葉原へ向かいました。

PS.中野ブロードウェイにあるデイリーチコという店で、巨大アイスクリームを食べるのを忘れてしまいました。不覚...

3.秋葉原訪問
秋葉原駅には、7:00pm少し前くらいに到着。秋葉原の夜は意外に早く、7:00pmはかなりの店が閉まる時間帯です。本当はもっと早く到着して、秋葉原をぶらぶらした後に宿へ投宿する予定でしたが、この時間だと秋葉原の散策はちょっと無理そうです。
IMG_2686.jpg
秋葉原駅前のAKB48 cafeとガンダムcafe。あたりはすっかり夕闇に包まれてしまいました。
IMG_2684.jpg
そのAKB48 cafeの前で行われていたアイドルのイベント?こういうところは、やっぱり秋葉原っぽいですね。
さて、折角、秋葉原までに来たのに、このまま何もせずに宿に向かうのももったいないと思いましたので、どこか秋葉原っぽい感じがする場所で食事をしようということで、結構本格的な食事を出すことが出来るとのNet情報をもとに"グランヴァニア"というメイド喫茶で食事をしてみることにしました。
IMG_2711.jpg

2回目ともなると、あまり緊張感も感じずにメイド喫茶へ入ると、早速ここの売りであるローストビーフを注文してみました。
IMG_2722.jpg
運ばれてきたローストビーフ。これをメイドさんが切り分けてくれます。相変わらず、メイドさんの撮影はNG.
切り分けてもらっている間、しばしメイドさんとのおしゃべり。
IMG_2730.jpg
皿に盛ってもらったローストビーフ。結構うまかったです。

でも、何だかなぁ...。今さら何だけれども、これをメイド喫茶で食べる意味はあったのだろうか(自分から店に入っておいて、こんなことを考えるのも何なんだけれども)...。
そもそも、一番最初にメイド喫茶に入りたいと思ったのは、アニメの定番設定として出てくるメイド喫茶を実際に体験してみたいというものだったのは間違いありません。ここでいうアニメの定番設定というのは、たいていの場合、主人公の同級生がバイトでメイドさんをやっているなどの初々しいシチュエーションなのだけれども、前回訪れたメイド喫茶でもそうだったのですが、いくら時間帯が遅いとはいえ自分を含めて客層は圧倒的なオッサン率で、それに対処するメイドさんも、そりゃ確かにバイトなのだろうけれども、半分プロ化した職業(ホステス)メイドさんばかりでアニメのシチュとは全然違うのですよね(自分がオッサンなので文句を言うのは筋違いだし、メイドさんのプロ化も経済活動なのだから当たり前なのですが)。ただ、ホステス・メイドさんの発生は仕方ないとして、分からないのは客である大勢のオッサン達の素性で、彼らがアニオタじゃないことは、彼らの雰囲気や会話からもはっきりと分かるので、まぁおそらくは、若い女の子とお話がしたいという普通のサラリーマンといったところなのでしょうか。みんな背広を着ているし。でも、それでは、サラリーマンの客に対して、それ接客するホステスという構図になるということだから、これって実に分かり易いキャバクラもしくはガールズバー状態のことで、要は秋葉原のメイド喫茶は、単なるメイド・コスプレのキャバクラっていうところになるのだろうなぁ...。
まぁ、アニメのシチュを実際のメイド喫茶に求めるのは勘違いも甚だしいというこいとを、2回のメイド喫茶訪問で再確認出来たという次第です。そういうわけで、今回が、秋葉原のメイド喫茶を訪れる最後になると思います。さようなら、秋葉原のリアル・メイド喫茶...。

PS1.秋葉原ファーストキャビン
本日の宿泊は、万世橋の東で秋葉原駅から徒歩10分程の距離にある"秋葉原ファーストキャビン FIRST CABIN"です。
IMG_2733.jpgIMG_2737.jpg
飛行機のファーストクラスををイメージした造りとのことで、フロアとキャビンの間はカーテンで仕切られていて、広めのカプセルホテルといった感じです。ファーストクラスとビジネスクラスがあり、自分はもちろん安い方を選びました。写真右上の部屋で4,100円ならば、23区内ならば抜群のコスパと言えるでしょう。前日のゲストハウスでは、2段ベッドの上だけのスペースで3,000円でしたから。
前回利用した、GRIDS HOSTELもしくは、このFIRST CABINは、秋葉原宿泊ではお勧めですよ!

PS2.神田明神のお守り・仕事のお守り
神田明神が発売する大国様の縁結びの御、IT情報安全守護、名刺入れの3点がセットになっている"仕事のお守り"を、神田明神へ立ち寄って買ってきました。
DSC00820.jpg
名刺入れの色は、茶・黒・赤の三種類ありますが、茶と黒は売り切れで、赤のみだったので悩みましたが、購入に踏み切りました。IT情報安全守護のお守りは、何だかちゃっちくて、シールみたいだなと思ったら本当にシールだった!本当に何でもアリっていう感じだな。
その他の神田明神が販売している絵馬にお守り。
DSC00408.jpgDSC00410.jpg
こち亀・ラブライブの絵馬にお守り。本当に売ってた!

実際に神田明神内に掛かっている痛絵馬。
DSC00415.jpgDSC00419.jpg
みんな絵がうまいなぁ。

PS3.東京四谷の総鎮守 須賀神社とたい焼きやさん
"君の名は。"のキービジュアルになっている階段は、この須賀神社前にあります。
DSC00376.jpg
上写真右手側が、すぐにあの階段になっています。
DSC00370.jpg

主祭神は須佐之男命(須賀大神)、宇迦能御魂命(稲荷大神)。
四谷十八ヵ町の総鎮守で、地元から厚く信仰を集めている神社で、毎年6月初旬に4日に渡って行われている例大祭では、多くの人でにぎわうのだそうです。
maxresdefault.jpg
上記写真は、他者様Siteから頂きました。

四ツ谷駅から須賀神社に向かう途中で見つけたたい焼き専門のお店"わかば"。
DSC00396.jpg
買って食べてみたら、外はパリッとして中はあんこがぎっしりでメッチャ美味かったです!
DSC00399.jpgDSC00400.jpg
"君の名は。"の聖地巡りをする際は、寄ってみては如何でしょうか。

PS4.武蔵小金井のカレーの"プーさん"
東京へ来る度に寄っている、武蔵小金井にあるカレーの"プーさん"。今回は、立川の極音上映を観る前に、ここへ寄ってカレーを食べてきました。本当にここのカレーはうまい!
IMG_2598.jpg

番外編:聲の形
封切初日の9/17(土)に、レイトショーで見てきました。初日なので、レイトショーでも満席でした。
IMG_2845.jpg
公開期間が"君の名は。"と重なるので、比べられはすると思いますが、内容が全く違うので、どちらかに観客が取られると言ったことは無いだろうし、アニメファンならば十分その辺は分かっていると思います。
DSC00821.jpg
話の設定は重いし、単純に感動すると言った内容でもないので、感想を言うのは難しいですね。もちろん、作品が素晴らしい出来であったことは間違いありませんが。
大垣が話の舞台で、小冊子と一緒に聖地巡礼の案内のようなものも映画館でもらいましたが、軽い気持ちで聖地巡礼をしたくなるような作品じゃなかったからなぁ...。でも、まぁ来週末あたり、天気が良ければ大垣にバイクで行ってみたいと思っています。

ちなみに、"聲の形"と同じ日に、前回の記事でも書いたジブリアニメ”レッドタートル”が封切られ、自分が見に行った名古屋109シネマズでも公開されていましたが、こちらは大ゴケだったようです。何しろ、ジブリ美術館へ直接行った自分でさえ、この”レッドタートル”の封切日を知らず(ジブリ美術館でも殆ど宣伝をしていなかった。確かに、あの美術館内はそういう宣伝をする場所ではないかもしれないけれども、帰りの客に宣伝ビラくらい渡しても良かったのではないかとと思います)、ブログ記事を書いている最中の調べて初めて知ったというくらいだから、まともな宣伝をしていなかったのは間違いありません。ジブリ関係者は作品の内容さえよければ売れるとでも思っているのでしょうか。宣伝担当は猛省すべきですね。

Comment

[224]

お散歩の近道、、この階段、ず==といってない、、
あ、、ブログどうにかしないと体も壊れそ、、

熱田神宮やっとかけて、、もう途中だけどいいや。
味仙もかきたいけど、、

次の旅行の時はブログ閉じて出かけようかと、、まいりました、

[225]

こんにちは、 hippoponさん、コメントありがとうございます!そして、お返事遅れてすいません。

hippoponさんは、この須賀神社の階段を上られたことがあるのですね。ここは狭い階段を降りた先にも、街中を貫く一本の道に繋がっているのを見渡せる、中々味わいのある階段ですよね。こんな場所を昔からご存知の hippoponさんがうらやましいです。

名古屋の熱田神宮にも寄られたのですね。hipoponさんの記事で地元に住んでいながら知らなかったこともたくさん知ることが出来ました。名古屋を取り上げて頂き感謝です。

[226] お疲れ様でした

偶然にも中野とアキバは私がお盆にどっちに行こうか迷った場所(^_^;)
中野のまんだらけも大分変わりましたね、というか
まんだらけだらけになったような・・・
地下のソフトクリームは食べましたでしょうか??

メイド喫茶は結局金額も高いから若い子達は
頻繁に行けませんよね・・・
昔はもうちょっとおしゃべりを楽しめる学園祭の喫茶店ノリが
有ったのですがいつのまにか半ふーぞくに・・・

立川は映画館の裏手を少し行った所に図書館があるのですが、
そこが地元よりも充実しているので子供達と立川へ出かけた時には
休憩がてらに寄ってますv

むさこのプーさんカレー、具だくさんですね!
一度は行ってみたいなと思います。
ジュウオウジャーのEDを歌っている大西さんも
ブログにプーさんへ寄って食べたと書いてあったので
どこかで行ってみたいです(*^-^*)

[227]

お早うございます、りえ太さん。コメントありがとうございます!そして、お返事遅れて、大変申し訳ありません。

中野のまんだらけは一度行ってみたいと思っていた場所でした。ただ、まんだらけは、もっと雑然としていて、雑貨屋のドンキホーテのようなイメージを自分は持っていたのですが、ものすごくすっきりと整理されてしまっていたのはちょっと意外でした。まぁ、便利で効率的なのは間違いないのですが...。ちなみに、アイスクリームは食べるのを忘れてしまいました。途中までは覚えていたのに!

メイド喫茶は、行った時間帯がいけなかったのか、客はオジサンばかりだったのですよね。メイドさんのタイプも時間帯によって変わるのかな?ただ、何をするにも別料金がかかってしまい、あそこまで商売に徹されてしまうと、もう自分がイメージしていたメイド喫茶からかけ離れてしまっていました。基本的に、さぶかるというのは、もっと緩くて遊びの延長にあるようなところが面白いと個人的には思うのですけれども。

"むさこ"という略し方が地元っぽくてカッコいいですね!それはともかく、プーさんのカレーは本当に美味いですよ!ただ、かなりクセのある味なので評価は人によって分かれるかもしれません。

(少し、内容を変更しています)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/251-c0aefa35

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。