Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆゆ式イベント参加と聖地巡礼(+100名城巡り及びお登りさんツアー)

先週末の日曜日は、やっと作業の代役を頼むことが出来て、東京の国際交流会館で行われたゆゆ式のイベントに何とか参加することが出来ました(Tさん、ありがとう!)。それと同時に、せっかく東京へ行くのだからということで、お登りさん気分でベタな観光地巡り(+100名城巡り)もしてきました。
ただ、何しろ、いろいろな仕事をやり残して東京へ行ったものですから、帰ってきてから残件の山で、今日までとてもブログ更新など出来る状態ではありませんでした。でも、今日やっと、なんとかある程度仕事を片付けることが出来ましたので、久しぶりにブログの更新をしてみたいと思います。

今日Upする記事では、ゆゆ式イベント+ゆゆ式聖地巡礼に加えて、今回のお登りさんツアーの内容を軽く触れたいと思います。出来れば、後でこのお登りさんツアーも独立した記事にしてみたいなどと考えているのですが、それはいつになることですやら。

1.ゆゆ式イベント(情報処理部入部説明会)
いろいろ手を尽くして今回、このイベントに参加できることになったのですが、苦労したにも関わらず、相も変わらない自分の悪い癖で、イベント開始時間ギリギリでの会場到着になってしまいました。それというのも、その日は午前中から、川越城を見に、埼玉県川越市まで遠征しており、思った以上に多くあった川越の史跡巡りに時間を費やしすぎて、ハッと気付いたときには、イベント開始に間に合う時間ギリギリになってしまっていたからです。慌てて、川越から東京へ引き返したのですが、更に自分の一人旅の悪い癖で、現地に行けば何とかなる風のテキトーな場所の確認しかしていなかったので、イベント会場に行く交通機関は新橋からの"ゆりかもめ"であるのを"東京モノレール"と勘違いをして浜松町で降りてしまい、使うべき交通機関を間違えたと切符を買うときになって初めて気がついたこの時点でイベント開始30分前を切っており、もはやイベント開始時間に間に合わない時間になっていました。ここで公共交通機関に見切りをつけ、ダメ元でタクシーに乗り込んで、出来るだけ急いで東京国際交流館へ行ってくださいと運転手さんへ言ったところ、運転手さんの方から”間違っていたら申し訳ありませんが、この時間に東京国際交流館へ行くということは、6時から何かイベントのようなものがあるのですか?”と尋ねてきてくれたので、こちらも勢い込んで”その通りです!6時から始まるイベントに、何としても間に合いたいので、高速道路でも何でも使って東京国際交流館へ連れて行って頂けますか?”とお願いしたところ、”わかりました、安全運転をもちろん心掛けますが、出来るだけ早く行ってみます”と答えてくれてからの運転が凄かった。魔法のようなハンドルさばきで、常に空いてる車線へクイクイ滑り込んで、ほとんど信号待ちなしで本当にイベント開始5分前の5:55pmに東京国際交流館前に到着することができてしまいした。浜松町駅前から僅か15分で到着のスゴ技でした。運転手さん、本当にありがとう!

             DSC07223.jpg
到着時間があまりにギリギリだったため、会場に向かって歩いている人も全くいませんでしたし、国際交流会館は大きな建家でしたので、どこを目指せばよいのかもわかりませんでしたが、時々展示してある上記ポスターを目印にダッシュして、何とか開演に間に合うことができたのでした。

今回のイベントは、何と言っても唯、縁、ゆずこの主役3人に加えて、準主役である相川、岡野、長谷川3人のキャストさんも勢ぞろいした出演陣の豪華さで、イベントの最初はこの6人によるアドリブてんこ盛りのショート朗読劇が行われ、あちこちから笑い声が上がる和やかな雰囲気で始まりました。

n1W5i79.jpg
上記は朗読劇が終わった後キャストさんたちのトークショーで書かれたゆゆ式相関図。(公式ツイッターからの転載です)

個人的に、すごくよかったのは、その後に登場したゆゆ式の監督かおりさんとシリーズ構成の高橋ナツコさんに対する質問コーナーで、このお二人が語られるゆゆ式制作話は、大変興味深いものがありました。曰く、
・ゆゆ式という世界は、ちょと言葉を間違うだけで、崩れてしまうところがある。なので、通常のアニメでは、シナリオの修正が4稿程度だが、ゆゆ式は平均10稿にもなってしまった。特に3話までは、何度も作り直した。
・そんな訳で、シナリオ作成は普通半年ほどで終わるのに、一年もかかってしまった。
・ゆゆ式原作を読み込みすぎて、原作のページ数を言うだけで内容を話し合うことができるようになってしまった。
など、作品を作り上げる熱意がビシビシと伝わってくる内容で、スタッフのこの熱意があって、ゆゆ式という世界が作り上げられたのだなぁと改めて実感することが出来ました。

また、キャラクターの造形に関しても、例えば、ぶっきら棒な話し方の岡野も悪い子に感じないように気を付けたというコメントには、キャラクターに対する愛情がすごく感じられて良かったです。

監督のかおりさんは女性でありながら、”2次元の女の子は何でこんなに可愛いんだろう”や、”女の子はただそこにいるだけで可愛い”などと言ってしまうくらい、ちょっとおっさん趣味が入っていて、監督のこの女性なのにおっさん目線を持っているいう独特の感性が、ちょっとエロいけれども下品じゃないというゆゆ式の魅力的なキャラクターを作り上げたのだなぁと感じてしまいました。
(実は自分は、かおりさんという監督がWikiにも載っていなかったので、実は実在せずに、複数の男性スタッフが共同で制作していたのでは?などと思っていたのです。しかし、かおりさんはちゃんと実在していて、しかも大変美しい女性でした。大変失礼を致しました。)

さて、このようなキャスト/スタッフ・トークももちろん楽しかったのですが、今回自分がこのイベントに是非参加したいと思ったのは、BD-Boxの発売や再放送開始などの情報から2期決定は間違い無いと確信していましたので、会場で発表されるであろう2期制作決定の報告をファンのみんなで喜びたいと思っていたからでした。

しかし、現実は中々厳しいもので、今回2期決定の報告は無く、その代わり新作エピソードの制作決定が発表に留まりました。う~む、これはやっぱりがっかりでした。
 スペシャルエピソード
でもまぁ、残念なことは確かですが、今回はこの新作OVA?の売上に貢献することで、次の2期制作へ望みを繋げることにしましょうか。

でも、2期製作の期待に対しては、ちょっと残念な結果になりましたが、間違いなく言えるのは、今回このイベントに参加できてよかったということです。小倉プロデューサーが、「3年前の作品に対して、今こうしてイベントをやれるのは凄いこと。これも全てファンの方々のおかげ」とおっしゃられていましたが、ファンだけでなく、スタッフやキャストの方々からも、この作品にかける熱意が、このイベントに参加したことで十分伝わってきましたから。今回のイベントを企画したスタッフの皆様、楽しいイベントを開催して頂き、ありがとうございました!

DSC07230.jpg
ゆゆ式イベント会場の外に飾られていた献花。

DSC07494.jpg
会場に入場する際、購入したBD-Boxを見せてとGetで出来た特典Tシャツ。こういう特典はありがたいのだけれども、次回に新作OVAを発売する際は、是非イベント応募券を同梱してもらいたいですね。

2.ゆゆ式聖地巡礼
東京を離れる前に、ゆゆ式の聖地巡礼に行ってきました。場所は京成電鉄国府台駅から徒歩数分のところにある江戸川河川敷です。
聖地の場所は、例によって先人たちが作成した聖地マップを参考にさせて頂きました。

【江戸川河川敷 国府台駅北側水門付近】
079f79fd.jpgDSC07492.jpg

98bd83ba.jpgDSC07462.jpg
19c5c815.jpg
ゆゆ式のこういう場面が、自分は本当に好きです。ゆゆ式は、台詞回しや仕草、そしてキャラデザ的にも、あからさまな萌えというのはほぼ無いのですが、とにかく見ていて心が和むのですよね。

57ef0e69.jpgDSC07464.jpg
ゆずこたちが座ったベンチのようなものは、実際は河川敷の散策マップでした。

ここの聖地は、パーツは一致するも全体的に改変されているので位置関係は一致しないと言われて来ましたが、実際には更なる変化が。何と、作品で描かれていた、石ベンチ付近に立っていた標識が無くなっていました。
DSC07463.jpg
よく見ると、標識を切り取った跡がありました。アニメのシーンとの一致度が落ちていくのがちょっと悲しいですね。

201305142120257b0.jpgDSC07466.jpg
上の水門が舞台特定の鍵となったとのことです。よくそういうのを見つけると感心してしまいます。

【江戸川河川敷 国府台駅南側 市川橋付近】
20130514212023109.jpgDSC07469.jpg

1efbddfe.jpgDSC07484.jpg

20130514211742cbc.jpgDSC07490.jpg
こちらも、河川敷工事が行われたらしく、ネットにUpされている写真と雰囲気が違ってきています。

自分は、河川敷をぶらぶら散歩するのが好きですので、いくつかあるゆゆ式の聖地の中でも、この場面が一番好きなのですが、たった3年前の作品なのに、すでに当時と変わってきてしまっていることに、ちょっと驚いてしまいました。
ですので、ゆゆ式の聖地巡礼を行いたい方は、後回しにしておくと、どんどん景色が変わっていってしまうので気を付けなければならないかもしれませんね。
でもまぁ、これは全ての聖地巡礼に関係することなのかもしれません。自分も、ハルヒとユーフォニアムの聖地巡礼を後回しにしてしまっていますが、急がないと開発が進んでどんどん風景が違ってきて、最悪の場合、その聖地ポイントそのものが無くなってしまい(特に店舗の場合)、後で後悔する羽目になるかもしれませんからね。


PS.その他の東京近郊巡り
東京近郊めぐりを簡単に紹介します。後で、もうちょっと詳しい記事をUpしたいと思っています。

1.100名城巡り(江戸城・川越城)
1)江戸城
DSC06987.jpg
訪問時に、丁度、皇居乾通り桜の通り抜け一般公開に重なってしまい、とにかく大勢の人と夥しい警官の警備で参ってしまいました。特に、あちらこちらにロープが張られて、写真撮影のための移動もままならかったので、残念ながら早めに退散することにしました。

2)川越城
DSC07149.jpg
川越城本丸御殿の他にも、喜多院や仙波東照宮など歴史的な見所がたくさんあって、ついつい長い時間を過ごしてしまいました。実は、自分は昔1年ほど川越に住んだことがあって、川越の町の変化に驚いてしまいました。特に駅前の変化は劇的で、昔は東武東上線川越駅前には、だだっ広くて土がむき出しの広場のようなものしかなかったのですが、今はその面影はまるでありませんでした。

2.浅草寺・東京スカイツリー
1)浅草寺
DSC07060.jpgDSC07350.jpg
雷門と仲見世通り。
とにかく、人が多かったのですが、半分は外国人だったことに驚いてしまいました。
ここは、有名な食事処が多く集まっている場所でもありますが、今回、以前自分が立ち寄ったレストランを再訪して、昔を懐かしんで見ました。

2)東京スカイツリー
DSC07068.jpg
浅草寺の直ぐ近くにある東京スカイツリー。東京の新名所といえる有名な写真スポットからの撮影。
DSC07347.jpg
実際にスカイツリーに登ったときは、残念なことに天気があまりよくなく、ちょっとがっかり。

3.大江戸温泉物語・築地市場
1)大江戸温泉物語
DSC07240.jpg
一度来て見たかった、健康ランド"大江戸温泉物語"。ゆゆ式イベント会場の東京国際交流会館から歩いていける距離の場所にあります。客の約半分が外国人でしたが、確かに外国人に絶対受けるような、時代劇のセットのような内装が施された施設でした。

2)築地市場
築地の競り見学の申し込みに失敗したので、急遽、場内の有名寿司店で朝食を取ろうとしたのですが、朝から大行列にビックリしてしまいました。自分が並んだ"大和寿司"には、朝の5時から50人ほど並んでいましたが、その横の"寿司大"には、恐らく200人くらい並んでいたと思います。朝の5時からですよ!。しかも、その80%くらいは外国人でしたので、それにも驚いてしまいました。
DSC07263.jpg
上は、自分が食べた大和寿司。5:00amから並んで1時間ほど待って店のカウンターに座れました。
DSC07266.jpg
大和寿司の2軒隣が、長蛇の列で有名な寿司大。ちょっとしか並んでいないように見えますが、少し離れた所に200人近く並んでいます。

4.靖国神社
DSC07424.jpg
いつかは、必ず訪れたいと思っていました。
ここは、国や家族を護ろうと命を賭して戦った方々が眠る場所です。この方々の犠牲の上に、今の日本の繁栄があります。
その方々へ、感謝の意を込めて手を合わせてきました。

この週末は、桜の花見の時期で出店も多く、靖国神社は多くの人で賑わっていました。
DSC07105.jpg
実は、自分は、ここへは軍服を着た人とか、いかつい顔をした人が肩を怒らせながら参拝しているのではないかと、変な想像をしていたのですが、それは偏ったメディアの宣伝に、間違ったイメージを植えつけられていただけでした。

ここに花見に来る人たちの殆どが、靖国神社がどんな神社であるかを知っていて花見を楽しんでいるのでしょう。そして、それでいいのです。今の日本の繁栄を見せることが、靖国に眠られている方々を安心させることになると自分は思いますので。

今回、実際に靖国神社へ訪れて、多くの普通の人たちが花見をし参拝しているのを知って良かったです。
今後、自分も靖国への参拝をもっと行っていこうと思っています。

Comment

[184]

今日は浅草で水上バスに乗りそこなって、
バンダイにいきました!秋葉は、ラブライバーが群がってましたよ。

[185]

今晩は、hippoponさん。コメントありがとうございます!
水上バス、いいですね!自分も乗ってみたかったのですが、今回はあちこち移動しましたので、その時間がありませんでした。実は来月もう一度東京へ行くかもしれませんので、その時時間があれば是非乗ってみたいです。また、その時には、秋葉原にも寄ってみるつもりです。



[186]

秋葉でお時間がありましたら、昌平黌に、、。歩けます。
何も無いのですが、、
守る人の気概を感じます。
社稷。
幕府の学問所の遺構です。

[187]

今晩は、hippoponさん。情報ありがとうございます!
昌平黌のことは知りませんでしたので(というか読めなかった)、調べて見ましたら、湯島聖堂のことだったのですね。ここへは、学生のときに何度か足を運んでいます。本を求めて神保町の三省堂や古本街をブラついた時に寄ったことは覚えていますが昔過ぎて詳しいことは忘れてしまいました。時間がありましたら、是非再訪してみたいですね。

[188]

東京の方だったんですね。
では、ご存知、、
神田明神の甘酒も、もう生でなくなったようで、
三越には無かったです。
院展眺めてきました。
桜、、葉桜もありました。


[189]

今晩は、hippoponさん。
自分は東京生まれなので、秋葉原も神保町も学生の頃、結構行きました。でも、自分は、今やすっかり名古屋人になってしまい、全く東京へ行かなくなってしまいましたので、この2つの街はすごく懐かしいです。もし時間があって、神保町へ行くことができたならば、湯島聖堂や神田明神はもちろん、よく行ったカレー屋に行ってみたいですね。神保町とカレー屋は自分の中ではペアになっていますから。

[191]

あmどこだかわかった、、
違う人とデート、あのかいわいだと、タンシチューと。
近頃は学士会館が便利でおいしく、、
あと、サボールね。ww
ロシア料理店もあったっけ、地下にはいる、

今はしるこサンドと味噌カツね♪
南山には留学生がわいてそうな、、英語胸借りれそうですね。

[195]

今晩は、hippoponさん。
う~ん、おそらくhippoponさんが想像しているお店と違っているような...。自分はそんなお洒落な人間ではありませんので(汗;)
そのお店は全くお洒落ではありませんでしたが、そこで出てくるカレーはクローブの香りが強烈な、自分が今までに食べたことの無い味の食べ物でした。その未体験の味に惹かれて、まるで包丁人味平に出てくるブラックカレーに引き寄せられる人のごとく、自分は通いつめたのでした(ちょっと大げさ過ぎ)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/226-878437e3

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。