Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト「500 TYPE EVA 」搭乗(+水没したiphoneとiphone6sの「高額ガチャ」and etc.)

年末から年始にかけて行ってきた九州旅行について最初の更新です。
この旅行は基本的に100名城巡りでしたので、それにあまり関係のなかったことについて最初にまとめて更新しておきます。

1.JR西日本「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」
九州旅行の初日は、このプロジェクトの「500 TYPE EVA 」新幹線に乗って九州へ行ってきました。
15180_main.jpg
エヴァンゲリオン プロジェクトは、今年で開業40周年を迎える山陽新幹線と、放映20周年の「新世紀エヴァンゲリオン」がコラボをして、500系新幹線の外装へ初号機をイメージした塗装(ラッピングではない)を施し、8両編成の車内で、1号車にエヴァンゲリオンの世界観が楽しめる「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」、2号車に「500 TYPE EVA 特別内装車」を設けるというものです。
実施されるのは今年の秋から平成29年の3月までが予定され、運転時刻が博多6:36発→新大阪11:14着のこだま730号と、新大阪11:32発→博多16:07着のこだま741号の1日2本が運行されます。

この特別車両「500 TYPE EVA」の2号車両は、自由席なので、新幹線の乗車券を持っていれば誰でも入室可能なのですが、1号車両に設けられている「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」への入室と実物大コックピット体験乗車には、「特設サイトによる予約(抽選)」もしくは、「旅行会社の専用商品」を購入する必要があります。更に旅行会社の専用商品は、「1号車への入室&コックピット搭乗体験+500Type EVAオリジナルバスタオル」と「1号車への入室+500Type EVAオリジナルNゲージ」の2種類があり、自分はオリジナルNゲージをGetするプランを選びました。

この旅行会社の専用商品とは、新大阪⇔福岡間の新幹線による往復(往路もしくは復路のどちらかが「500 TYPE EVA」)&福岡での観光ホテルでの1泊となり、福岡での観光を兼ねて「500 TYPE EVA」へ搭乗したいと考える方にとって、それほど割高なものではありません(観光ホテルもまずまずのものであり、1号車への入室+500Type EVAオリジナルグッズのGetを考えるとむしろ安いくらい?)。ですので、500Type EVAに搭乗したいという方へは、自分としては旅行会社の専用商品をお勧めしますが、もし福岡での1泊が必要ないならば、「特設サイトによる予約(抽選)」も1ヶ月先の予約ならば結構な確率で取れるとのことなのでチャレンジされるのも十分有りだと思います。

さて、それでは以下が自分の500Type EVA搭乗体験です。
旅行会社が手配した新幹線切符は、往路が新大阪~広島~博多までの2枚であり、その内広島~博多区間が「500 TYPE EVA」の車両となっています。ですので、まずは新幹線を乗り継いで広島まで行くことになります。
広島に到着し、しばし待つと、大阪方向から「500 TYPE EVA」の車両がやってきました。もちろん、あっという間に人だかりです。
その中で写真をパチリ。うん、やっぱりこの「500 TYPE EVA」車両はカッコイイ。
DSC05097.jpgDSC05089.jpg
写真を撮ったあとは、駅でおいてけぼりにされないように急いで車両に乗り込みました。

先ほど書いたように、この「500 TYPE EVA」車両は、1号車に「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」が設置されていますが、実はそこへ直ぐに入室出来るわけではありません。抽選、もしくは旅行会社の手配で、それぞれの人に、1号車へ入試室できる駅の区間が割り当てられていて、それ以外の区間では入室出来ないようになっているのです。自分の場合は、厚挟駅~小倉駅の間が1号車入室許可区間でした。各駅の到着時間から算出すると約15分程になりそうで、意外と短いので気合を入れて見るように気を引き締めます。

厚挟駅に近づいてきたので前もって2号車両に移動しました。2号車両は「500 TYPE EVA 特別内装車」で、シートや日よけのブラインドも以下の写真のようにエヴァンゲリオン仕様になっています。また2号車両前部の2列シートまでは1号車両へ入室する人の待機シートになっています。
DSC05084.jpg

係りの方から入室許可証をGetすると、このシートに腰をかけて厚狭駅に到着するのを待ちます。下は、その入室許可証です。この許可証を首から下げて1号車に入室することになります。
DSC05040.jpg

さて、厚挟駅到着すると、係りの人に先導されていよいよ1号室に入室です。いやがおうにも胸が高鳴ります!

ドキドキしながら1号車へ足を一歩踏み入れると...アレ?何というか想像以上に部屋が狭いという感じでした。入室してまず最初に目に入るのが、入口近くにある、エヴァンゲリオンの2台のジオラマ模型。
DSC05058.jpgDSC05062.jpg

そこから、奥に目を転じると、綾波レイの撮影用?等身大ポップとその奥に仕切りカーテンが見えました。このカーテンの向こう側に、実物大コックピットが置いてあるようです。
DSC05067.jpg

このコックピットに搭乗できる人は、公式のホームページ上での抽選で当たるかもしくは旅行会社の専用商品「1号車への入室&コックピット搭乗体験+500Type EVAオリジナルバスタオル」を購入した人だけになります。自分はこのコックピットに搭乗できないので、後は壁に貼られているパネルを見て廻りました。パネルは全部で10枚ほどあり、パネルの内容は以下のようなものです。
DSC05049.jpgDSC05048.jpg

ただ、ぶっちゃけて言ってしまうと、ジオラマ模型及び展示パネルを見て廻るのは十分程で終わってしまい後は見るものが無くなってしまうので、自然とカーテンの仕切りの向こうが気になってきます。なにしろ、コックピット搭乗者に見せられているであろうビデオの音声がカーテン越しに結構大きな音で聞こえてくるものですから。結局、入室許可時間の終わりころに、コックピットには座らないことを条件に、カーテンの向こうに入らせてもらうことが出来ました。以下はその時撮影したコックピット写真です。
DSC05076.jpgDSC05079.jpg

以上が自分の「500 TYPE EVA」の乗車体験記となります。このプロジェクトは、基本的に公式ホームページ上の抽選に当選すれば、通常の乗車券が必要なだけの無料展示のようなものですから、正直、展示品だけを見るとそれほどすごいものではありません。ですが、この「500 TYPE EVA」の外側の塗装はもちろん、車両内部のシートや窓のブラインド、そしてドアまでもエヴァンゲリオン仕様が施されていましたから、その特別感は凄かったですね。この特別仕様車に搭乗できたという満足感を味わうだけでも、この「500 TYPE EVA」車両に乗る意味は合ったと思います。

最後に、博多で降りると、博多駅構内の「500 TYPE EVA SHOP」で「500Type EVAオリジナルNゲージ」を受け取りました。
DSC05105.jpg
おぉ、これはなかなかカッコイイじゃありませんか!
DSC06303.jpgDSC06305.jpg
特に外装の透明ケースがカッコイイのですよね。これはこのケースに入れた状態で飾っておくことになりそうです。

また、博多駅構内には「500 TYPE EVA Cafe」というのもありました。
DSC06291.jpgDSC06294.jpg
「500 TYPE EVA Cafe」の前には、シューケースに入った500 TYPE EVAのNゲージモデルの展示もありました。
DSC06292.jpg

この「500Type EVAオリジナルNゲージ」の入手も含め、自分にとって「500 TYPE EVA 」新幹線の搭乗体験はなかなかよかったです。前にも書きましたが、博多で一泊の観光を含めた場合、旅行会社が企画した「500 TYPE EVA 」新幹線搭乗の商品は決して高額なものではないと思いますので、もし「500 TYPE EVA 」に搭乗したいと考えられる方がいましたら、自分としてはこの商品をお勧めします。

最後に、「500 TYPE EVA 」車両の公式写真を以下に貼っておきます。やっぱりカッコイイですよね。このエヴァンゲリオンと500系新幹線のコラボを考えた方はやはり凄いと思います。
博多総合車両所で公開された500 TYPE EVA

2.水没したiphoneとiphone6sの「高額ガチャ」
自分は、九州にある原城へ行ったとき、そこの公衆トイレで自分のiphone6を便器の中に水没させてしまいました。用を足そうと思ってズボンを下ろそうとしたところ、ポケットからポロリと落ちたiphoneはストライクコースで和式便器の中に吸い込まれていってしまったのです。iphoneをトイレに落とす話を、時々は聞いていましたが、半分ネタだと思っていたので、まさかそれが自分の身に実際に起こるとは思ってもいませんでした。でも自分で経験して分かったのですが、和式便器ならば洋式に比べれば遥かにiphoneを便器の中に落としてしまう可能性が高いということです。自分の場合はポケットから落ちたiphoneは、床を滑って便器の中に落ちましたから。

まぁ、それはともかくとして、急いで便器からiphoneを拾い上げた自分は、この場合一番やってはいけないことをやってしまいました。それは、iphoneの電源を入れるということです。少し冷静になって考えて見れば、水に濡れた電気機器の電源を入れるなどということが如何に危険かということは誰にでも分かることなのですが、やっぱりこの時はテンパッていたのだと思います。

便器から拾い上げて、電源を投入した直後のiphoneは直ぐに起動したので、ちょっと安心したのですが、その後直ぐに画面が真っ赤になって電源が落ちるという分かりやすい壊れ方を示してくれました。この症状にさらにあせって電源再投入を繰り返し(うわぁ...)、最後にはまったく画面が起動しなくなってしまうまでになってしまいました。本当に馬鹿でした...

それでは、ネット上に載っていたiphoneを水没させた際の応急処置/応急処置の際やってはいけないこと/応急復活方法について以下に書いておこうと思います。

1.iphoneが水没した時の応急処置
1)絶対に電源を入れない
  スリープボタン長押し→スライドでとにかく電源を直ぐ切ること!

2)カバー類はすぐはずして水分をふき取る
  カバー等を付けていると、隙間に入り込んだ水を拭き取れないので、すべて外しiPhone表面の水分を拭き取ります。

3)すぐにSIMを抜いて水分をふきとりティッシュにくるんで大事に保管
  iPhoneを電話として使うためにSIMカードは必要なので、クリップ等を変形させた細い棒でSIMカードを抜きとります。
dd889e5dc5b9e1d12abe6dc8f0afc38e.jpg

4)ヘッドフォン端子、Dockコネクタの水分をティッシュをコヨリにして吸い取る
P3230400.jpg

2.応急処置の際絶対にやってはいけないこと
1)iPhoneの電源を入れたり、充電するのはNG
  iPhone内部が濡れた状態で電源を入れると、ショートしてしまい修理不可になるほどの故障の原因になったり、腐食してしまう可能性があります。

2)iPhoneを振るのはNG
  まだ水が入っていない部分にまで”水が移動してしまう”可能性があります。

3)iPhoneをドライヤーで乾かすのはNG
  そもそも熱風は電気機器に良くないですし、急速に水分を飛ばすことによりiPhone内部のサビや腐食を進めてしまう可能性があります。

4)電子レンジで乾かすのはNG
  まぁ、当たり前ですね。

5)1日で電源を付けるのはNG
  目では見えない内部に残った水分で、電源を付けた瞬間にショートする可能性があります。ここは、じっくり我慢です。

3.水没したiphoneの応急復活方法
1)iPhoneをティッシュで包む
P3230404.jpg

2)ジップロックにiPhoneと乾燥剤を入れる
P3230406.jpg

3)ほんのり暖かいところに放置
あとはほんのり暖かい場所に4日?5日放置します。直射日光は避け、PCの上などがオススメです。
P3230414.jpg

上記応急復活方法は一例で、ほかに米の入った袋に入れる等の方法もあるようです。


さて自分の場合のその後なのですが、名古屋へ帰った後、約3日ぶりにiphoneの電源を入れたところちゃんと立ち上がったのです。ただ、ちょっと本体を動かすと直ぐに電源が落ちるなど怪しい動きも見せていたので、とりあえず直ぐにバックアップをi-cloudへ取りました。近くに自分のPCがあればそちらへバックアップを取るのも良いと思います。

起動するようになったとはいえ、動作はやっぱり怪しかったので、iphoneの正規修理店へ持ち込み、修理をしてもらいました。水没の際は修理ではなく本体交換となってしまい、約38,000円かかりましたが、自分の場合はキャリアであるSoftbankと契約する際に安心パックというものに入っていて、修理費の80%もしくは上限で33,000円は払ってもらえそうなので自己負担は5,000円くらいになりそうです。いや~、保険に入っていて良かった。とにかく次からは、iphoneをポケットに入れているときは落下させぬよう十分注意しなければ。

【番外編】iphone6sの「高額ガチャ」
水没したiphone6を修理に出す前、実はiphone6s plusに買い換えることも考えていました。iphone6だと出先でiphoneで文章を打ち込もうとするとやはりもう少し画面が広いといいなと思うことが多々あったからです。しかし、ネットでiphone6sを調べていくうちに、高額ガチャという言葉を頻繁に目にするようになりました。どういう意味かと調べて見ると以下のことがわかりました。

iPhone6s/6s PlusのA9プロセッサに搭載されているチップは、実は2種類あり、1つは台湾のTSMC製で、もうひとつは韓国のサムスン製となっています。こういったiPhoneのチップを複数社が製造することは従来からあったのですが、今回問題になったのが、TSMC製とサムスン製で性能差(バッテリーの持ち)があるではないかという点です。

以下は、TSMC製とサムスン製のA9チップの写真です。TSMC製(APL1022)は16nmプロセスで作られ、ダイサイズが104.5平方ミリメートル。一方サムスン製(APL0898)は14nmプロセスで作られ、96平方ミリメートルと、サイズが若干小さいという違いがあります。
apple-ios9-a9-tsmc-samsung-1.jpg

最初は、同じ性能なのに小型化されているサムスン製チップ搭載のiPhone 6s / 6s Plusの方が性能が良いなどと言われていましたが、ユーザーの検証が進んでいくと、なんと当初とは逆に、サムスン製A9よりもTSMC製A9の方が発熱が少なく、バッテリーの持ちが約2時間ほど優れているかもしれない、という情報が出てきました。
96d728d4.jpg
(Redditでは「Geekbench 3」でのバッテリーベンチマークの結果が投稿されており、TSMC製のA9の方がSamsung製のA9よりも長くバッテリー駆動した、という結果が残されています。)

これについて、ついにAppleもバッテリー性能に2~3%の差があることを認めました。

With the Apple-designed A9 chip in your iPhone 6s or iPhone 6s Plus, you are getting the most advanced smartphone chip in the world. Every chip we ship meets Apple’s highest standards for providing incredible performance and deliver great battery life, regardless of iPhone 6s capacity, color, or model.
Certain manufactured lab tests which run the processors with a continuous heavy workload until the battery depletes are not representative of real-world usage, since they spend an unrealistic amount of time at the highest CPU performance state. It’s a misleading way to measure real-world battery life. Our testing and customer data show the actual battery life of the iPhone 6s and iPhone 6s Plus, even taking into account variable component differences, vary within just 2-3% of each other.
ソース:TechCrunch

ここで騒ぎが大きくなり、サムスン製A9チップを搭載したiphone6sは"ハズレ"であるという話がネット上に広がりました。そして、iphone6sがどちらのチップを搭載しているかは購入時に判別する方法が無かったので、iphone6sの価格が10万円くらいだったところから、10万円ガチャとか高額ガチャなどというネット用語のようなものが出来たみたいです(みんな、よくこういう言葉を考えつくなぁ)。

どちらのチップが搭載されているのかを調べるには、「Lirum Device Info Lite – System Monitor」というアプリを使用すれば分かるらしいです。
以下は、「Lirum Device Info Lite – System Monitor」使用時の解析画面です。
          iphone-6s-plus-a9-tsmc-samsung-2.jpg

iPhone 6s:
・N71mAP:TSMC製
・N71AP:サムスン製

iPhone 6s Plus:
・N66mAP:TSMC製
・N66AP:サムスン製

しかし、バッテリーの消耗時間などは使用条件などでかなり変わるもので、現在はいろいろな条件でのテストの結果、性能はほぼ同じというところに落ち着いているようです。

(iPhone 6sのチップ製造メーカーの違いはバッテリー持ちにほとんど影響しないことが実使用に近い環境下でのテストで判明|GIGAZINE http://gigazine.net/news/20151020-iphone-6s-battery-problem/)

いったいこの騒ぎは何だったのかという気もしますが、これに関してはみんなソースが付いている記事を元に発言しているのでデマというものではなく、話の推移が面白いなぁと思ったので載せてみました。

PS1.劇場版ガルパン視聴3回目!
1/4の名古屋へ戻ってきたときのレイトショーを見に行ってきました。一応出かける前に、劇場へ電話して来場特典がまだ残っていることを確認後に出かけましたので、念願の生フィルムがGetできました。(しかし、この来場特典も次の日にはなくなるところでしたのでギリギリのタイミングでした)
Get出来たフィルムには、みほを振り返るあんこうチームの面々が写ったもので、なかなか満足しています。
ガルパン生フィルム
(今まで、自分が購入したエヴァンゲリオンなどのBlu-rayなどに同梱されていた生フィルムには、ビルなどの建物しか写っていないものばかりでしたので、今回もそのパターンかとヒヤヒヤしていましたがメインメンバーが写っているフィルムだったので良かったです。)

自分は今まで3回目はおろか2回同じ映画を見に行ったことなど無かったのですが、この3回目の視聴でさえ面白く感じたところがこの映画の凄いところだと思いました。画面の中の情報がものすごく多いので、1回では全てを見切れないからというのもあるかもしれませんが、やはり物語の作り方が非常にうまいからなのだと思います。基本は、みんなで力を合わせて勝ちを取りにいくスポ根風の物語なのだけれども、そちらにばかり振らずにオタク心をくすぐるウンチクがたくさん詰まっていて、でもそれだけではなくてカチューシャとノンナ/クラーラとの別れのシーンや西往姉妹の絆を描いた情緒的な回想シーンなどがうまく挿入されて、でも戦いは凄く熱い!というバランスのよさというか、とにかく見ていて飽きが来ないのですよね。でもやっぱり一番は本気の戦車同士の打ち合いが見れるということかなぁ。この絶対に死なないという設定は本当に凄いと思いますよ。戦車道とか学園艦などその他のありえない設定に混ぜてこの絶対に死なない設定を成り立たせているのだけれども、この設定が無くてペイント弾などの撃ち合いだけだったら、やっぱり緊張感が無くなってしまい、これだけ気持ちが盛り上がるということは無かったと思います。(でも、いくら内部が特殊コーティングされているといっても、さすがにあのカール自走臼砲の大口径弾なんか当たったらいくらなんでも死んじゃうような気がするよなぁ...)

【子ネタの子ネタ】ガルパン効果? 茨城県大洗町で「ふるさと納税」急増。12月だけで1億6000万円
茨城県大洗町で、ふるさと納税制度による寄付金が急増している。2014年度は約763万円だったのに対して、2015年12月の1カ月間だけで1億6000万円を超える申し込みがあった。2015年12月1日に、同町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(ガルパン)のグッズなど230品目を返礼品に加えたところ、申し込みが急増したという。地元紙の茨城新聞が1月8日に報じた。

大洗町の昨年度のふるさと納税の寄付金は約763万円→返礼品に「ガルパン」のグッズを加える→申し込み急増→1ヶ月だけで1億6000万円を超える寄付金が集まるという流れがスゴイw
ちなみにガルパングッズとは以下のようなものらしい。
1_20160108135009ad4.jpg
なにこの、ガルパンウォーター24本で1万円ってww
いや~、みんな惚れ惚れするお金の使いっぷりだね!何しろ1ヶ月で1億6000万円だからなー。でもいいよいいよ、そういうの!みんな、もっとどんどんアニメにお金を使おう!!

PS2.年末恒例のアニソンカラオケ
自分の数少ないオタ仲間と、年末恒例のアニソンカラオケを昨年の12/27に行いました。

以下が、自分が歌ったアニソンリストです。昨年は忙しくてあまりアニメを見ることが出来なかったので新しい歌を殆ど歌えませんでした。いつもは30曲は歌うのだけれども。(ちなみに自分はとってもカラオケが下手です。)

1. COLORFUL BOX(SHIROBAKO前期OP)
2. プラチナジェット(SHIROBAKO後期ED)
3. DREAM SOLISTER(響け!ユーフォニアムOP)
4. Philosophy of Dear World(純潔のマリアOP)
5. 光るなら(四月は君の嘘OP)
6. 吹雪(艦これED)
7. 星屑のインターリュード(天体のメソッドED)
8. 熱情のスペクトラム(七つの大罪OP)
9. Rhodanthex , 夢色パレード(金色モザイクOP)
10.FLYING FAFNIR(銃皇無尽のファフニールOP)
11.花ハ踊レヤいろはにほ(ハナヤマタOP)
12.アクアテラリウム(凪のあすから前期ED)
13.ケセラセラ(有頂天家族ED)
14.回れ!雪月花(機巧少女は傷つかないED)
15.境界の彼方(境界の彼方OP)
16.桜のあと(all quartets lead to the )(夜桜四重奏ハナノウタOP)
17.割れたリンゴ(新世界より前期ED)
18.せーのっ(ゆゆ式OP)
19.NO, Thank You! (けいおん!!ED)
20.ブルーバード(NARUTO-ナルト- 疾風伝OP)
21.Above your Hand(さんかれあED)

カラオケで歌う歌は、自分が好きなだけでなく自分で歌える歌を歌わなければならないので、結構選曲が難しいですよね。
そんな中で、自分にとっての今年のカラオケNo1曲は、吹雪(艦これED)でした。以下に動画を貼ってみます。

演歌みたいでかつノリも良くて盛り上がるのですよね。早口の部分は意外と歌えました。

さて、来年はどんな歌が歌えるでしょうか。
(今まで一緒にカラオケを歌ってきたオタ仲間が、今年リア充の世界へ行ってしまったので来年も一緒に歌ってくれるかどうか難しそうです。新しいオタ仲間を見つけないといけないかもなぁ...)

Comment

[166]

500 TYPE EVA かっこいい!!!

凄く乗りたい!
Nゲージあるんだろうか??
いそいそざわざわしちゃった。
渋谷パルコのはみにいったのよ。
これは展覧会も感動しそう、、よかったですねぇ~~・
この色のお財布持ってたことがあるの。
この色はお金は貯まらないみたいww
でも、、ねえ。

[167]

こんにちは、hippoponさん、コメントありがとうございます!
渋谷での「エヴァンゲリオンの始点」展覧会は自分も言って見たかったのですが、名古屋からは遠すぎました...
「500 TYPE EVA」Nゲージは、旅行代理店での福岡(or広島)一泊+「500 TYPE EVA」乗車サービス商品の非売品グッズで、基本的には販売されていません(将来的には分からないのですが...)。この旅行商品は、まだ販売されていると思いますので、もしNゲージ入手をご希望ならば、この旅行商品を購入することをお勧めします。

[168] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/213-5cf01a12

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。