Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お菓子が戦地にやってきた~海軍のアイドル・給糧艦「間宮」~(+【訃報】野坂昭如氏 死去)

先週、歴史秘話ヒストリアというNHKの番組で、第二次世界大戦中の海軍に所属した一般にはあまり知られていない一隻の船が紹介されました。
その船の名前は、給糧艦"間宮"と言います。

この歴史秘話ヒストリアという番組は、以前放映されていた"その時歴史は動いた"の後を引き継いだ番組で、歴史に詳しい方からは番組の内容が軽すぎると文句を言われることも時々あると聞きますが、自分のような、なんちゃって歴史好きの人間にとって、専門的で堅苦しいものでなく、わかりやすく興味を引くような紹介をしてくれるなかなかお気に入りの番組なのです。そして、この間宮紹介の回もとても興味深く見させてもらいました。。

今回、この番組で紹介された間宮を、実況風にUpしてみたいと思います。

まずは、番組冒頭で示される有名な戦艦大和建造中の写真。
間宮1
ではなくて...
間宮2
この船が今日の主人公
間宮3間宮4間宮5

間宮6間宮7間宮8
いきなり最初にフェイントをカマしてくるとは、なかなかやりますね。

間宮9間宮10間宮11間宮12

間宮13間宮14間宮15間宮16
この提言を受け入れて設置された菓子製造機
間宮17間宮18間宮19間宮20
そして、以下が間宮が作ったお菓子の数々
間宮21間宮22間宮23間宮24
これが伝説の間宮羊羹!

これらのお菓子を確実に入手するために、出来るだけ早く間宮を見つけて受け取りに行く競争が、各艦艇の間で繰り広げられたとのことです。
間宮25間宮26間宮27
早く間宮を見つけて首尾よくお菓子を入手できた監視員は、いつも厳しい先輩兵から褒美に羊羹1本をもらえることもあったそうです。夢に見た羊羹の1本食い!

大和の元信号兵の方も、、懐かしそうに手で”ヨウカンヲクレ”の手旗信号を披露してくれました。
間宮27_1間宮27_2

この人気者の間宮にはこんなエピソードもあったとのことです。
昭和18年10月、トラック諸島へ向かう途中、嵐に遭遇し間宮は仲間の艦隊とはぐれてしまいました。
仲間の船が間宮に集合地点を無電で教えましたが、それをアメリカ軍に傍受され、待ち伏せで雷撃を受けてしまいます。
間宮28間宮29
この間宮の危機を無線で知った軽巡洋艦大井。
間宮30
艦長は、すぐさま決断します。
間宮31
艦長の決断を聞いて驚く部下。
間宮32
それもそのはず、大井のいる場所から間宮まで全力で航行しても1週間はかかる距離で、到底間に合うはずがなかったのです。
間宮33間宮34
それでも、大井の艦長に救援する気持ちに駆り立たせてしまう、間宮という船は海軍の将兵にとってどのような存在だったのでしょうか。

番組のナレーターは、こう解説します。
”戦時中、日本国民に人気のあった船は戦艦陸奥でした。しかし、日本海軍の将兵に最も人気があった船…それは戦艦大和でも空母でも潜水艦でもなく“給糧鑑”の「間宮」でした。過酷な戦場に甘いお菓子を運んでくる間宮は、海軍のアイドル艦ともいえる的存在でした。”
間宮35
製造時期の古さ故、その足の遅さは兵士の中でも有名で、一緒に行動中の僚艦から、”貴艦は前進なりや後進なりやはたまた停止なりや”などと揶揄されてしまうほど。
そんな、戦闘艦としての能力は全く低いのだけれども、とびきり美味しいお菓子を運んできてくれるというキャラクターは、なんとも守ってあげたくなってしまう、正にアイドルと呼ぶのに相応しい艦だったのでしょうね。

しかし、戦況は刻一刻と厳しくなり、間宮も激戦地へ赴くようになっていきます
間宮36間宮37間宮38

そして、運命の日が間宮に訪れることになります。
間宮39間宮40間宮41

雷撃で轟沈してしまった間宮。幸いにも120~130名程の乗組員たちは味方の船に救助されることができました。
しかし、やっとのことで助け出された乗組員達に更なる悲劇が降りかかります。
間宮42間宮43
最終的に生き残った間宮の乗組員はたった6名だったとのことです。
その悲惨さに、ただ言葉を失うばかりです...

呉海軍基地にある間宮の慰霊碑。
間宮44間宮45間宮46間宮47間宮48
この番組を見ることによって、改めて先の大戦中を一生懸命に生きた日本人のご先祖の方々に思いを馳せることが出来ました。
そして、日本人として、この大戦中に起きたことを今後も絶対忘れてはならないのだと思います。

一般あまり知られていない間宮という艦の紹介を通じて、旧日本海軍の日常の姿も知ることができましたので、この回の歴史秘話ヒストリアは非常によかったと思います。そのように感じたのは、自分だけでないことを下のグラフは如実に表しています。
          間宮49_2
視聴率ではぶっちぎりの人気だったようです。
しかしながら、この人気は一般人の視聴だけではなく、どうやらネットゲーム艦これファンの視聴も大きく貢献していたようなのです。

今回の記事の写真は、いくつかのまとめサイトから転載させて頂きましたが、その殆どが艦これがらみのものでした。やはり、艦これのユーザーにとっても今回の番組には大きな反響があったようでした。そして、その艦これユーザーから以下のような意見も寄せられ、それに多くの賛同があったことは嬉しかったですね。
艦これ意見
当然のことなのですが、多くのゲームユーザーやアニメファンは、現実の世界と架空の世界を完全に分けて接しています。そんなことは当たり前のことです。それなのに、必ずと言っていいほど、こういう悲劇をゲームにしたりアニメ化するのは不謹慎だなどと言いがかりをつけてくる輩が出てくるので本当にうんざりします。そういうテンプレな発想で難癖を付けて賢ぶっている人たちには、是非上の意見を読んでもらいたいですね。

さて、自分は艦これをやらないのでよくわからないのですが、艦これ中の艦娘としての間宮はこんな風だそうです。
艦これ間宮1_2
自分としては、もっと年季の入った感のある女性の方が間宮っぽいと思うのですが、艦これの中ではこれでも年上なのでしょうね。
因みに、今回出てきた軽巡洋艦"大井"と駆逐艦"潮"の艦娘は以下だそうです。
艦これ大井2艦これ潮
実は、この大井が救い損傷した間宮を救いに行こうとしたくだりは、制作側が艦これを意識して挿入したエピソードとの指摘が艦これファンから随分ありました。まぁ、これだけブームになっている艦これですから、制作側も、艦これファンを取り込もうとしていたのかもしれませんね。
でも、考えてみれば、艦これの方が史実に基づいてゲームの設定や艦娘のキャラクターを作っているはずですから、このエピソードに関しては、実は、単に史実を語っただけで、逆に、艦これファンの方が史実をゲームと結びつけて考えたというのが本当なのかも。

実際、この艦これというゲームは、かなり史実を調べ上げて艦娘のキャラクター造形に加えているようで、例えば番組では触れていなかった間宮の別の顔も説明されていました。
艦これ間宮2

そして、この間宮は、この記事の中では、ずっとあまり一般に知られていない艦と言い続けてきまいたが、実は艦これファンの中ではかなり有名な艦らしく、何と期間限定で実際に甘味処の店も出店されていたこともあったようです。
艦これ間宮3_2艦これ間宮4_3
場所は秋葉原にあるグッドスマイル×アニメイトカフェ@秋葉原で、期間は2014年11月29日(土)~2015年2月22日(日)でした。
店の内部は、こんな感じだったようです。
艦これ間宮5_2
う~ん、これは自分では入れなかったかな...。自分にとっては、ちょっとディープ過ぎかも。
でも、これは欲しかったですね。この店舗で売られていたと言われている、間宮羊羹!でかい!
艦これ間宮6_2
もう、出店が終わってしまっているので、もはや、この間宮羊羹は入手不可能なのですが、ネットで検索したら以下の羊羹の通販を見つけました。
mamiyayoukan.jpgmamiyayoukan2.jpg
この間宮羊羹は、呉の地元の和菓子店"呉風月堂"で作られ、大和ミュージアムの中でも販売されているとのことで、『海軍主計兵調理術教科書』(昭和17年3月改正、昭和19年5月 海軍省教育局 発行)に基づいたレシピで当時の味を再現したものだそうです。
          tumblr_inline_niz2qwHoX21suqcnv_2.jpg
もちろん、速攻でポチってしまいましたので、届きましたら、その味をレポートしてみたいと思っています。


【訃報】野坂昭如氏 死去
アニメファンにとって、野坂昭如氏といえば、あの"火垂るの墓"原作者であるということでしょう。
c7de7fe1.jpg
その野坂昭如氏が、2015年12月9日、心不全のため死去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

実は、自分は、この"火垂るの墓"をまだ見たことがありません。なにしろ、主人公の節子がどうなってしまうのかを知ってしまっているだけに、あのあどけない顔を見るだけで胸が詰まってしまう始末で、まだ見る決心がついていない状態です。でも、日本人として、やはり見ておかなければいけない映画だと思っています。

ただ、もう既に故人となられている方に、こういうことを言うのも失礼になるとは思うのですが、正直に言えば、この火垂るの墓以外では、自分は、野坂氏に対してあまり芳しい印象を持っていません。一番の理由は、野坂氏が作家という職業を選んでいるにも関わらず、政治家を志したことです。自分は、政治家には、自分の理想を掲げる一方で周囲と調整を取るバランス感覚は絶対必要だと思っているので、作家のような自己主張を発表することが仕事であるような方には、公共性の高い政治というものに直接関わって欲しくないのです。もちろん、これは自分の個人的な考えというだけで、民主国家の日本では職業選択の自由が保証されているのですから、誰が選挙に出ようと問題はなく、不適格な候補者であれば、国民が選挙で落とせばいいだけの話なのですけれども。

あと、野坂氏についてのイメージといえば、やっぱり酒ですかね。とにかく、テレビに出るときはいつも酔っ払っていたという感じでした。でも、それは、作家という自由業を生業にされていた方らしく無頼に生きられたことの現れだったと自分は思っています。まぁ、自分と直接関わるのだったならば面倒くさいなぁと思いますが。その、自由人野坂氏で思い起こしてしまうのは、火垂るの墓の他には、やっぱりこれでしょう。

申し訳ないけれども、何度見ても見ても笑ってしまいますわw
ことの発端は、野坂氏が祝辞を依頼され張り切って詩まで作ったのに、当日手違いで一番最後に回されたことにキレてしまったからとのこと。本当に、しょーもないなぁ。

でも、こういう殴り合いは、如何にも昭和という感じがしてしまいます。昭和って、今よりも遥かに荒っぽかったのですが、その分わかりやすさというものもあったのですよね。この荒っぽいけれどもわかりやすいという雰囲気のせいなのかどうかわかりませんが、現在よりも活気があった感じがするのは確かですね。
個人的には、荒っぽい昭和より色々なことがスマートになった現在の方がずっと好きです。でも、このスマートさを実現するために、全てが複雑になってしまった(というより情報量が増えすぎた?)感じがして息が詰まることもしばしばです。でも、もう昔へ後戻りはできませんから、それは仕方のないことなのかも知えませんね。

先日の漫画家水木しげる先生やイラストレーター生頼範義氏の死去に続いて、昭和を代表するような自由人であった野坂昭如氏の死去は、いやがおうにも時代が変わっていってしまっているのを実感させてしまいます。改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。


PS.ガールズ&パンツァー劇場版 視聴2回目
ガールズ&パンツァー劇場版の2回目を見に、12/14(月)に映画館へ足を運んできました。何しろ1回の視聴では、情報量が多すぎて細部が思い出せないシーンが多々あったからです。まぁ、もちろん来場記念の生フィルムをGetしたいという下心もあったわけですが。

ところが、映画館へ付いてみると、なんと既に来場特典が品切れになっているのを知って愕然としてしまいました。何しろ、自分が行った日は、4週目の来場特典を配布し始めてまだ3日目のことであり、品切れになるなどということは全く想定もしておらず、映画館確認することもしていなかったのです。思わず、いつ品切れになったのかを聞いたところ、配布3日目の2回目の上映時点で無くなったとのこと。いや、いくらなんでも3日目品切れは早すぎるだろ...。

その後、上映が始まると、今度は前の座席に座っていた男性が、どういうわけかメトロノームのように首を左右に揺らし始めて(しかも、その後、上映時間中ずっとですよ!一体この癖?は何なんだ...)、その眼前でカクカク揺れ続けるメトロノーム頭で映画への集中力をそがれたりなど、何だか散々でした...

まぁ、映画の内容は相変わらず素晴らしかったので、それで良しとしようかと空元気を出していたところに朗報が!
何と、7週目の来場特典として「生コマフィルム」を増刷して再配布をするとの情報が公式サイトに載りました。
よぉぉぉぉし、こうなったら3回目行くぜ!

☆第7週目 来場者特典情報公開
         ガルパン生フィルム2
【週替わり特典】7週目【1月2日(土)~1月8日(金)】「生コマフィルム」

第4週目の来場者特典として好評のうちに配布が終了した「生コマフィルム」を、大ヒット御礼として、増刷の上、第7週目の来場者特典として配布することが決定しました!2016年も、劇場へパンツァー・フォー!

※生コマフィルムは公開4週目に配布したものと同仕様のものですが、「World of Tanks×ガールズ&パンツァー 特別コード付カード第3弾」は付属いたしません。
※生コマフィルムの絵柄はお選び頂けません。
※お一人様、1回のご鑑賞につき1枚のお渡しをお願いいたします。
※数量限定のため、無くなり次第終了となります。

改めまして、増刷する旨は決定しておりました「生コマフィルム」ですが、上映7週目となる、年明け1月2日より配布する事が決定いたしました!こちらも無くなり次第終了となりますので、宜しくお願い致します。
======================

いや、ちょっと待て。1月2日から?
まずい...、今年は1月4日まで九州へ旅行じゃねーか!最後のチャンスだというのに、また今度も生フィルムをGetすることはできないのかorz...

でもまぁ、今回の増刷は、前回3日目で品切れで非難殺到したことに対するお詫びのようなものとも思えるので、名古屋に帰ってくる4日の夜に見に行けば、まだ来場特典は残っているかも。何しろビミョーな前回と同じ配布開始3日目なので、品切れ確率はだいたい70%くらいというところかな?(希望的観測)
まぁ、宝くじを当てるような気持ちで、1月4日の夜に3回目の視聴に行ってみますか。内容が面白いことに間違いはないのですから。

Comment

[148]

こんにちは
広島アンテナショップ、電話繋がりません。
また明日やってみます。
凄く興味あります。ありがとうございました。

[149]

今晩は、hippoponさん。コメントありがとうございます!

もし、hippoponさんが広島アンテナショップというところへ電話をかけたのが、"間宮ようかん"のことなのであれば、一応自分が今回ネット購入したショップの名前もお伝えしておきます。

自分の購入先は、"制服のフジWEBショップ"という海上自衛隊制服・グッズを製作・販売しているお店です。

自分が購入したときは、十数本の”間宮ようかん”の在庫がありましたが、さっき見たら30本以上に増えていました。おそらく自分のように歴史秘話ヒストリアを見た方からの問い合わせが多くなり、仕入れ量を多くしたのかもしれませんね。

[150]

広島ショップにはおいてないそうです。
そこへ連絡します!

[151] こんばんは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。

[160]

あけましておめでとうございます。
私はお爺ちゃんになっちゃいましたが、2~3年後に孫と一緒アニメ観れるかな?、です。
今年もよろしくお願いします。

[161]

今晩は、中森ユウジさん。
あけましておめでとうございます!

一昨年は、色々とコメントを下さり大変ありがとうございました。
今年もよろしくお願い致します!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/210-4d52e5d9

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。