Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズ&パンツァー劇場版感想(+ゆゆ式Blu-ray Box, 艦これ and etc)

ガールズ&パンツァー劇場版を見てきましたのでその感想をUPしてみたいと思います。
(かなりのネタバレを含みますので注意です!)
      ガルパン劇場版

初日は会社出勤があって断念しましたが、公開2日目のレイトショーにネットで座席を予約して見に行ってきました。
場所は、名古屋駅前の名古屋109CINEMASです。

正面エスカレーターを上るとガルパン主要メンバーたちの等身大POPのお出迎え。正面のダー様は、普段見せないようなフレンドリーなWelcomeポーズがなかなかGood!でした。
ガルパン等身大POP

ロビーへ足を踏み入れると、まず映画館の端末でチケットを発券しました。無事席を確保して、これで一安心。その後、上映が始まるまでしばらくロビーをブラブラしましたが、こんなものも展示してありました。
      ガルパン劇場版サイン

ロビーには自分の他にも、最終上映待ちの客が大勢いましたが、実は自分が予想した人数よりは少なかったかも。TV版ではあれだけ圧倒的な人気を誇った作品の満を持しての劇場版公開の2日目だからもっと多いのだと思っていました。まぁ、コアな視聴者層しか持っていない深夜アニメで、”あの花”のような一般人(特に女子)へのアピール力がある作品ではないので、かなり偏った観客傾向(圧倒的な男率!)はしょうがないか。
その後、ひとつ前の上映が終わると、シアター室に入ってシートに座りました。通路に面した中央に近い席で、なかなかよかったです。でも、シアター室全体を見渡すとやはりチラホラと空席がありちょっと寂しかったかな。

本編開始前に、TV版のおさらいをしてくれるミニムービー上映のおまけ付き。うん、なかなか親切だ。というより、解説してくれる2頭身キャラのあんこうチームがとてもかわいい。

さて、本編が始まると、まずその音響効果に驚かされました。最初に着弾音を聞いたときは、ちょっとビビったくらい。この音響効果を体験できただけでも、映画館へわざわざ足を運んだ甲斐があったというものです。
そして、この音響効果を生かすべく、TV版をよりスケールアップした大規模で目まぐるしい戦車戦が映画のほぼ全編に渡って展開されます。実は自分は、この映画を実際に見るまでは、映画のキャッチコピーから、TV版とは違ったドラマ重視の変化球で来ることを想像していたのですが、実際は正攻法な王道展開でした。そして、映画版の更に磨きのかかった速さと動きを持った戦車アクションを活かせるこの展開こそ、ほとんどのガルパンファンが望んでいたものなのだなと納得しながら画面に見入っていました。

物語は中盤から、大学選抜チームと圧倒的に不利な戦いを強いられる大洗女子学園チームを助けるために、かつて戦ったライバル校達のチームが参戦してオールスター揃い踏みとなる胸熱な展開で畳みかけてきます。このかつてのライバル校が駆けつけるシーンは、お約束とは言え熱かったですね!しかも、全員が大洗女子学園の制服を着て参戦という演出がニクイ。そして、更に上手いと思ったのは、この大学選抜チームとの戦いが、フラッグ車のみを叩くルールから殲滅戦(全車行動不能にしたほうが勝ち)に変更したため、それぞれの戦いで各参戦校のメインキャラにも見せ場が作れたことです。これだけ、登場キャラが多い作品で、おのおのが薄くならないという塩梅の良さは、流石水島監督の采配ですね。また、この濃いメンバーによって行われた船頭の頭数がめっちゃ多い作戦会議で、きっちりみほが仕切って、チームが一つにまとまったことを示すシーンを入れたことも、雑さを感じさせない丁寧な演出で、流石と思いました。

この大学選抜チームとの戦いは、最後に西住姉妹と敵の大将との一騎打ちとなりますが、この大将戦で見せたみほとまほの阿吽の呼吸の攻撃は姉妹の絆の強さを感じさせて、この一騎打ちのシーンをより盛り上げていました。途中に差し込まれていたみほとまほ姉妹の幼い頃のエピソードが、この姉妹の絆の強さを理解するのに効果的に使われているのも非常に上手かったですね。そしてもちろん、この一騎打ちのシーンの戦車アクションの速さと動きは、全く画面から眼を離すことが出来ないくらい気合の入った作画で、手に汗握って画面に見入っていました。いやぁ、本当に面白かったです!

ただ、一つ願いを言わせて頂ければ、個人的には、エンドロールが終わったあとに、もう少し余韻を残すような後日談を入れて欲しかったです(まぁ、エンドロールのバックがそのまま後日談なのですが、さらにもうひと押し欲しかった)。
しかし、パンフレットに書かれた水島監督の言葉では、最初が80分の予定だったのを120分まで延長して、もうこれ以上1カットも削れなかったと言われていたので、これは以上の延長は無理だったのでしょうね。

更に、もう一つ無い物ねだりを言えば、まぁこれだけオールスターが集まってしまえば、各キャラに割く時間が少なくなってしまうのは、仕方がないことに間違いないのですが、できればもうちょっと、あんこうチームの活躍を見たかったなぁということです。

でもこれは、例えば、もう一本、世界大会戦の映画を作れば、あんこうチームの活躍を見せるのは可能なのでは?
今回の映画は、オールスター勢揃いを見せるお祭りのような映画でしたが、次回作で、絶体絶命の危機を大洗女子学園の力だけで乗り切るという世界大会戦を描いてみるというのは企画としてアリのような気がするのですが、どうでしょう?(でも、やっぱり無理か...水島監督は忙しいからなぁ...)

PS1.今回、劇場来場者にランダム配布されたミニ色紙で、自分がGetしたのは、西住姉妹のものでした。
DSC05020.jpg
最初は、ダー様&ケイ姉さんの色紙が欲しかったのですが、劇場版を見た後では、この色紙で良かったと思うようになっています。

PS2.アンチョビとその仲間との"そのウィッグ取ればいいじゃないですか"" "それって、地毛だったんですか"という会話がリアル女子トークっぽくて、個人的にツボでした。


以下は、ネット上で見つけた小ネタを集めてみました。

【小ネタ1】ゆゆ式 Blu-ray Box
あまり一般的に評価の高くなかったゆゆ式でBlu-ray Boxが発売されたのには驚きましたが、Amazonの評価がほぼ絶賛状態になっていることに更にビックリしています(しかも、一時的に品薄状態になっているらしい)。
CUPm5RgVAAAXkJo.jpg
このゆゆ式は、個人的に日常系の中で一番好きな作品ですね。おそらく全編通して30回以上見ていると思います。見ているというよりも、BGM替わりに流しっぱなし(特に北米版はBlu-ray1枚に全話入っているのでPS3に入れっぱなしでリピートしている状態)で見ているという感じです。とにかく、ゆずこと唯と縁の会話が耳に心地よくて癒されるのですよね。

1話を視聴したときは何となく面白いな程度でしたが、2話のこのシーンに心を鷲掴みされて以降、ゆゆ式の世界にどっぷりとハマってしまいました。
  なんつってつっちゃった
この「なんつってつっちゃった」のどこが面白いのかと言われても説明付きません。でも、ツボだったんですよね。

ゆゆ式をリピートし始める前は、らきすたをよくリピートしていました。4コマ原作らしくストーリー展開がない分、交わされる何気ない会話を何度聞いても飽きがこなかったし、文化祭などのイベント回は京アニの伝統らしく実に楽しそうな演出で、流し見しながらも心が明るくなったりしていたのです。
ところが、このゆゆ式はその更に上を行っていて、イベントなどに頼らなくても、ただ普通に会話しているだけでも楽しいというノリで(文化祭などのイベントは思い出話の中で文化祭は楽しかったねの一言で終わらせてしまうくらい)、最終回のタイトルである"ノーイベント・グッドライフ"には、本当にやられたという感じでした。ゆゆ式の世界は、まさにこの最終回のタイトルに示されている通りのもので、これは自分にとっても究極の理想なのです。

この、ゆゆ式 Blu-ray Boxの人気は、どうも以下のファンイベントに関係あるらしく、Blu-ray Boxを購入した人には何かしらの特典が用意されるみたいなのです。
ゆゆ式イベント2
更に、ファンの間ではこのイベントで、Blu-ray Boxの売上によっては2期の制作が発表されるのではないかと期待が盛り上がっているようなのです。

う~ん、もちろん2期が制作されればこの上ない幸せなのですが、それがBlu-ray Boxの売上にかかっていそうだというのがどうもなぁ...
この一部のファンのみが購入するBlu-rayの売上がアニメ業界を支えているという構図が、どうにもいびつで好きになれないのですよね(本当に購入したいと思っている層である学生さんには高額すぎて手が出せず、一部の熱烈な社会人のファンだけが高額なBlu-rayを購入して制作費を支えるというのは、健全なビジネスモデルとはとても思えません)。ただ、このことについては、今すぐ言ってどうなるものでもないし、このBlu-ray Boxを買って、本当に2期が制作されるのなら購入するべきなのかなぁ...

っていうか、そもそも自分は全6巻の単巻購入マラソンをした上に北米版Blu-rayをリピート用として既に購入済みなんですよね。更にその上に日本版Blu-ray Boxを購入とかになると、もうどこかの新興宗教のお布施みたいだよなぁ。ここまでしないと、ゆゆ式教への2期制作という願掛けが成就することは無いのだろうか...。う~ん、Box購入についてはもうちょっと思案してみます...

【小ネタ2】小池一夫センセイが壊れた...
小池一夫1_2雷画像小池一夫2_2小池一夫3_2

あの、ハードボイルドな小池先生をここまで篭絡するとは、艦コレ恐るべし...

【小ネタ3】
タイトルなし。面白かったので貼ってみました。
リア充1_2


CUoqKl9W4AA2Fzp.jpgリア充2_2

うむ、GJだw

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/208-64999cf1

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。