Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近気になったアニメ雑記(フルメタ4期/ユーフォ2期/生頼氏の訃報)

第5回ぼんぼり祭りの番外編である西岸駅訪問と、南砺市で行われているP.A.worksが作成した"恋旅"という企画の参加レポートをUpしようと思ったのですが、今週は2日の工場泊まり込み+2回の深夜呼び出しという大ハマリを食らってしまい、また本日土曜日も昼過ぎまで出勤という事態になってしまい、とても旅行記をUpする時間が取れませんでした。おそらく、明日の日曜日は、用があるのでブログUpどころではなくなりそうで、それではあまりに更新が滞ってしまうことになってしまいますから、本日は無理矢理に、最近の話題で自分の中で気になった事柄を3つ程PickUpしてお手軽更新しておくことにします。
(以下の記事中のフルメタTRSに関する記述は、以前書いたフルメタ感想のほぼ焼き直しです。スミマセン...)

1.祝!フルメタル・パニック 4期決定!
アニメ化作戦
自分は、以前からフルメタの続編アニメ化を希望し続けてきましたが、先日ついに4期の決定が告知され、嬉しい気持ちでいっぱいです。
特に、原作の賀東先生自身が今回のアニメ化作戦は“中途半端なやつではない、ファンの期待通り”と言っていくらいですから、もちろん期待せずにはいられません。但し、気になる箇所も。どうも、この発表会では、アニメ制作会社の発表はなかったようで、その代わりに"メインスタッフは都内にいる人でフルメタに詳しい人。都内で作ってる"との発言があったようです。

う~ん、この都内で作っているということから、どうも制作は京都アニメーションではないような気がします。だとすれば、自分にとってそれはちょっと残念かも。
自分にとってフルメタといえば、GONZO制作の無印の方ではなく京アニ制作のTSRの方を間違いなく頭に思い浮かべますし、印象に残っているシーンは、ほぼ全てTSRの方だからです。

それは例えば、かなめによる宗介の散髪のシーン。
フルメタ散髪No2宗介散髪2No2
宗介の髪を撫ぜるかなめの柔らかい指の動きと、時折聞こえる髪を切る音だけがBGMの静かな空間。そして、心を許した者同士だけが出来る多くを語らない優しい会話の最中にうたた寝を始める宗介。信頼し合う二人の姿を描いた名場面でした。

そして、勿論、最終話での宗介の復活と敵を瞬殺する激熱シーン。
かなめ飛び蹴り1No2宗介復活2No2宗介復活の瞬間No2
かなめの飛び蹴りで、欝モードから目覚める宗介。
ベノム瞬殺2No2ベノム瞬殺3No2ベノム瞬殺5No2ベノム瞬殺6
完全復活した宗介。「俺のことを知りたいのなら教えてやろう。ミスリルなんざどうでもいい。俺は東京都立神代高校2年4組出席番号41番ゴミ係兼傘係の相良宗介だ!」適役ゲイツを粉砕する激熱シーン。

"女の子のひと蹴りが膠着状況をぶっ飛ばし世界を救う"。こういう何ともアニメチックな展開は、ともすればご都合主義で安易なものになりがちですが、精緻な描写と素晴らしい演出によって、アニメでしか描けない実に痛快な展開となりました。
これはひとえに京アニの画力と武本康弘監督の演出のタッグだからこそ実現できたものだと自分は思っているのですが、制作会社が京アニ以外になった場合、果たしてTSRに匹敵もしくは上回る作品を制作することはできるのでしょうか。でも、まだ何も正確なことは発表されていないので、まずは続報を待つしかありませんね。

2.祝!響け!ユーフォニアム 2期決定!
ユーフォ00
今回、響け!ユーフォニアムの劇場版(どうも総集編らしいので、これはイマイチ)とTV版の2期が決定したということで、これは素直に嬉しいです。

自分は、ハルヒ、らきすた、フルメタTSRと観て京アニ信者になった口で、これらの作品を作り上げてきた京アニの作画力は人を感動させる力を持っていると確信していました。しかし、特にけいおん!以降、京アニがカワイイ路線の作品を多く製作し、その画力が人を感動させる以外の、割とどうでも良いギミックのようなものに多く使われてしまっていることを非常に残念に思っていました(これは、あくまで自分個人の感想で、このへんの感覚は人それぞれだと思います)。

しかし、一昨年あたりからの、劇場版の"たまこラブストーリー"や、"甘城ブリリアントパーク"(これは、自分が武本康弘監督のファンなのでかなり甘い思い入れがあるかも)と、今までのカワイイ作品路線から徐々に変わってきて、この"響け!ユーフォニアム"でついに京アニは、その持っている作画力を作品の内容に存分に活かせる作品を手がけることができたのではないかと感じました。

この作品は、ストーリー的にはさして目立つような内容を持っていません。何しろ主人公の黄前久美子は、最近のラノベ主人公のような無双ぶりはまるで発揮せず、それこそただの平凡な女子高生なのですから。しかし、それだからこそ、才能あるものにあこがれ悩むのことになるのですが、その心情を京アニは言葉で表現せずに作画で描ききりました。
ユーフォ1ユーフォ2ユーフォ3ユーフォ4
作画では、今までの京アニに見られなかった濃い陰影を付けた表情が印象的でした。また、その陰影だけでなく、表情の中の瞳のゆらめきや僅かな仕草なども丁寧に描かれ、登場人物たちの心情を巧みに表現していました。そして、その悩みやあこがれが普遍的なものであったからこそ、この作品が見ている側を惹きつける魅力を持っていたのだと思いました。また、主人公の久美子の声が、少し低くてぶっきらぼうな感じの話し方であったことも、いい感じにリアル感を出していて好感が持てました。

と、ここまで言っていて何なのですが、実は、自分はこの作品の最終話をまだ見ていないのですよね(え...
最終話は、心を落ち着けて味わいながら見ようとしていたら、仕事でどハマリをくらいそのまま見過ごしてしまっていたのです。でも、今回、2期が決まったので、仕事が落ち着いたら今度こそ最終話を味わいながら見たいと思います。感想もちゃんとUpしたいですしね。

今回、この作品で内容以外に注目したのは、シリーズ演出に山田尚子さんが起用されていたことです。山田尚子さんといえば"けいおん!"の監督をやられた方として有名ですが、自分にとっては京アニをカワイイ路線へ引っ張っていってしまった人というイメージがあって、実はあまり芳しいものを感じていませんでした。
でも、一昨年山田さんが監督された劇場版"たまこラブストーリー"を観て、大分認識が変わりました。
31189983.jpg
"たまこラブストーリー"も、響け!ユーフォニアムのように、特別、波乱のあるストーリー展開があるわけではありませんが、たまこともち蔵の間の淡い恋愛感情を京アニの流麗な作画を用いて丁寧に描いた青春物語で非常に好感が持てました。

その山田尚子さんが、次回"聲の形"で監督をすることが発表になったようです。
           news_xlarge_koenokatachi7.jpg
聲の形は、耳の聞こえない障害を持った少女がヒロインということで、重い話なのかもしれませんが、たまこラブストーリーや響け!ユーフォニアムで見せてくれた山田さんの力量ならば、かなり期待できるような気がします。山田さんの解釈でどのような聲の形を見せてくれるの本当に楽しみです。今後の京都アニメーションからもやっぱり目を離せそうにありません。

3.【訃報】イラストレーター生頼範義さん死去
アニメネタではありませんが、このニュースを知ってちょっとショックでしたので取り上げてみました。

自分にとって生頼範義さんは、学生時代に読んでいたSF本(特に小松左京氏)の表紙を描いていたイラストレーターというイメージが強い方なのですが、先月の10/27に79歳でお亡くなりになったことをネットニュースで知りました。
残念であるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

生頼範義さんは、一般には、スターウォーズ帝国の逆襲のポスターを書いたイラストレーターとして有名な方です。
左が帝国の逆襲のイラスト。中央にレイア姫とハン・ソロが描かれているのが印象深いですね。このイラストは、リアルな描写の中にも夢がいっぱい詰まっているような感じがして自分も大好きです。
生頼範義1ミレニアムファルコン
右はミレニアム・ファルコンが主役で描かれているイラスト。これも大変素晴らしいですね。

また、日本では、KOEIのシュミレーションゲームのパッケージイラストが有名です。
中でも有名なのが信長の野望シリーズですが、その中で一番好きなイラストが左下の"信長の野望・天翔記"のイラストです。
生頼範義2大航海時代
KOEIはいろいろな種類のシュミレーションゲームを出していて、その殆どに生頼範義氏のイラストが採用されています。そのどのイラストも素晴らしいのですが、今までの戦争シュミレーションのイラストと雰囲気の違うイラストで、初めて見たときは思わず目を引き寄せられてしまったのが右上の”大航海時代”のイラストです。

生頼さんの描くイラストのスタイルでたくさんの人が中央に重ねて描かれているものがありますが、いろいろな人の関わりからドラマが生まれていくことが一枚の絵で描かれているのが良いですよね。

その一方で、単独の人物を描いているイラストも素晴らしい作品があります。例えば、生頼さんが描いた宮本武蔵。
           生頼範義3
また、生頼範義氏は第二次世界大戦を扱った本の表紙やゲームのイラストも多数手がけています。左下はは新潮文庫の佐々木譲氏による"ベルリン飛行指令"の表紙イラスト。佐々木譲氏の第二次世界大戦三部作(ベルリン飛行指令/エトロフ発緊急電/ストックホルムの密使)の中では、この作品が一番好きです。
ベルリン飛行指令1017573_490194297723638_219731072_n-e1374228048445.jpg
右上は、KOEIの”ヨーロッパ戦線”のイラスト。これも本当に素晴らしいですね。

そして、生頼さんが描いたSF作品のイラストで一番好きな作品がこれ。小松左京氏の復活の日のイラスト。
復活の日
映画はイマイチでしたが、原作の復活の日は素晴らしいSF作品です。SF好きの方は是非一読をお勧めいたします。


Comment

[138]

[輝け!ユーホニアム]の2期、やるんでかぁ~?あれ・・・。

自由曲となった[三日月の舞]を全曲通しで聞きましたが(アニメでは簡略化)、中学の部ならともかく、高校の部では曲自体が簡素すぎて(深さが足りない)どんなに上手くても全国は無理でしょう。
よは、フィギアスケートで言えばトリプルアクセルもなければトリプル&ダブルのコンビもない(D難度以上がない)演技、みたいな曲。

って、そういう問題じゃないか。

でも、始まったら見ようかな。

ちなみに2015秋アニメの[ワンパンマン]、タイトル以上に笑えて面白いです。

[139]

今晩は、中森 ユウジさん。コメントありがとうございます!

何しろ自分はまだ最終話を見ていないので、三日月の舞という曲は知らないのですよね。でもまぁ、中森さんも言うように、おそらくどの曲が演奏されたかということは、この作品の内容にとって特に意味はないように思えます。中森さんが指摘されたように、作品中で、この曲の演奏が簡略化されているとしたら、その演出は自分にとっては正解です。最終話で自分が見たいのは、この曲の演奏そのものではないのですから。この簡略化が制作側の意図的なものなのかどうかは、自分が最終話を見てから感じ取ってみたいと思います。

ワンパンマンは自分も見たいと思っているのですが、未だに今期の新作はひとつも見ていないのですよね。たぶん12月に入ってから、一気にスパートをかけて見ることになると思います。ワンパンマンはかなり見るのを楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/203-38ec6d8c

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。