Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野古道巡り(+凪のあすから聖地巡礼)その2

熊野古道ウォークの2日目。大門坂から熊野那智大社への古道ウォークをメインに、いくつかの寺社巡りと温泉にも入りましたので、それらを以下に紹介します。

1.ホテル浦島温泉巡り(その1)
本当は、万清楼へ投宿した昨夜のうちにホテル浦島へ1回は行っておこうと思っていたのですが、夕食後部屋に戻った途端に爆睡してしまったようで、朝に目が覚めたときは寝過ごしてしまったのではないかと焦りました。でも、何とか6:00amちょっと過ぎくらいの時間でしたので、朝食前に1回くらいホテル浦島へ行けそうなことがわかり一安心。とにかく、急いで風呂へ入る準備をして、宿の外へ出ました。

宿の外には、すぐ桟橋があって、そこを渡ってホテル浦島へ行く連絡線に乗り込みます。ホテル浦島は、日本でも有数の巨大観光ホテルで、名物の温泉が館内に多数あるので、日帰り温泉客のために連絡線が運行しているのです。
DSC03952.jpg
連絡船乗り場からホテルを振り返ります。
DSC03951.jpg
ホテル浦島へ行く連絡船。この連絡船は、朝の6:00am頃から20分間隔くらいで運行を開始して、昼間はもっと運行間隔が短くなるのでホテル浦島へ行くには、この連絡線を利用するのが便利です。乗船時間は5分程度で、すぐにホテル浦島へ着くことができます。
また、ホテル浦島の風呂に入浴するには、宿泊客以外は1,000円の入浴料を支払わなければならないのですが、万清楼宿泊の目印である緑色のタオル入れ袋を持っていれば無料で入力することができます。ついでにこの連絡船の運賃もタダになります。

遠くに見えるホテル浦島。
DSC03955.jpg
実は自分にはホテル浦島に思い出があって、今から約20年以上前、自分がかつて結婚していたとき新婚旅行先として宿泊したのがこのホテル浦島なのですよね。うぅ、トラウマの逆流が...なんてことは全く無くて、何しろ20年以上も前のことですから、今となっては唯の思い出話です。しかし、懐かしいな。

5分の乗船時間の後、ホテル浦島へ到着しました。早朝なので、まだ人はまばらです。
ホテルのエントランスへ入ると、まずは、ホテルの館内案内板を見て、目指す温泉がどこにあるのかを確認します。ホテル浦島は巨大ですので、適当に館内をうろついて目的の温泉にたどり着くことはまず出来ませんので、館内マップのチェックは必須です。
しかし、ここへ到着してから知ったのですが、ホテル内にある全ての風呂へ夜は入れるのですが、朝から昼にかけて順次清掃をしているので、時間によってはお目当ての風呂に清掃で入れないこともあるので要注意です。今回お目当ての玄武洞は朝から入浴できそうなので助かりました。それでは、館内マップの案内に従って、玄武洞を目指します。
DSC03958.jpg
早朝なので、両側の商店はまだ閉じています。
DSC03961.jpgDSC03962.jpg
玄武洞の入口に到着しました。玄武洞は天然の洞窟の中に湧いた温泉をそのまま利用した忘帰洞と並ぶホテル浦島の看板温泉です。
img_gallery7.jpg
(上記写真はホテルのブログから転載させて頂きました。)

忘帰洞の外はすぐ海になっており、露天風呂も洞窟の出口近くにあるのですが、台風が近づいていて、海に近い露天風呂への入浴が禁止されていたのが残念でした。

DSC03964.jpg
朝湯に浸かった後は、朝食をとりに宿へ一旦戻ります。先ほど述べた、万清楼へ宿泊すると使用することができる、ホテル浦島無料パス替わりの緑色のタオル入れ袋は、後で返せばチェックアウト後も今日いっぱい使えるとのことなので、大門坂を登った後、再度ホテル浦島へ来る予定です。

2.熊野古道ウォーク3日目(大門坂~熊野那智大社・青岸渡寺~那智大滝)
宿へ帰ると、昨日の広間に朝食の準備が出来ていました。
DSC03971.jpg
那智港の近くなので、お魚中心の朝食です。さすが”料理旅館”の看板に偽らないおいしい朝食でした。

さて、朝食を食べて元気が出たあとは、大門坂を目指して出発です。今日の熊野古道ウォークの予定は、大門坂の駐車場まで車で行って、そこに車を置いた後、熊野古道を歩いて熊野那智大社・那智大滝へ行き、那智大滝からバスで大門坂の駐車場まで戻ってくるというコースです。その後、補陀洛山寺に寄ったあとホテル浦島の風呂で汗を流し、尾鷲に向かう前に熊野速玉大社へ寄るというのが本日のすべての予定です。
熊野古道ウォーク2日目

万清楼から大門坂前の駐車場まで車で30分程度で思ったより近かったです。
駐車場に車を停めると、駐車場の一角に、"2011年FIFA女子ワールドカップ優勝/ロンドンオリンピック女子サッカー準優勝"の記念碑が立っているのが見えましたが、この記念碑を見て初めて、自分は日本サッカー協会のエンブレムに描かれていた鳥が八咫烏であったことに気がつきました。Wikiで調べてみると、八咫烏は、日本神話の「東征」において、八咫烏は瀬戸内海から近畿に進もうとした神武天皇の道案内を務めたとされていて、よくボールをゴールに導くようにとの願いが込められて日本サッカー協会のシンボルマークに描かれたとのことです。
         DSC03973.jpg
記念碑の上のサッカーボールに足をかける八咫烏。

1)熊野古道ウォーク(大門坂)
さて、大門坂の駐車場を出て少し登っていくと、大門坂入口の石碑が見えてきました。
DSC03974.jpg
大門坂の石碑を脇に見ながら先に進むと、那智の聖域と俗界を分けると言われる振ヶ瀬橋に到着します。
DSC03977.jpg
この橋を渡ると、推定樹齢800年の"夫婦杉"に迎えられます。
          DSC03980.jpg
この"夫婦杉"を超えると、堂々たる石畳が続く大門坂が始まります。
DSC03988.jpg

古来、皇族から一般庶民まで幾多の参詣者が歩いた大門坂は全長約600m、標高差約100mの山道で、鬱蒼とした杉の大木の間をぬって参詣者を熊野那智大社まで導きます。
DSC03996.jpg
石畳の階段が続いていきます。
          DSC04002.jpg
更に登って行きます。
DSC03999.jpg

やっと、那智大社が近づいてきました。
DSC04003.jpgDSC04007.jpg
土産物屋の先に、那智大社の鳥居が見えます。

DSC04008.jpg
那智大社の一の鳥居。
DSC04012.jpg
この鳥居を超えても、更に階段が続きます。でも、上に見える2の鳥居を超えると熊野那智大社の境内に到着することができます。

2)熊野那智大社
社伝によると神武天皇が東征の際、那智の海岸から那智山に光が輝くのを見て、滝を探り当てて神として祀ったと伝えられていますが、実際は、那智の原始林の奥深くに存在する高さ133mの那智の滝の圧倒的な大瀑布に対する原始的な自然崇拝が、那智大社の発端と言われています。

仁徳天皇5年、熊野灘を望む現在地に、新しい社殿が建てられ以降、熊野三山の一つとして熊野行幸の皇族も参詣し、平重盛や豊臣秀吉、徳川吉宗などのときの実力者によって社殿の再興や改修が行われてきました。6棟からなる現在の朱塗りの本殿は幕末期の再建と言われ現在、国の重要文化財に指定されています。
主祭神は、第4殿に祀られる熊野夫須美大神(フスミノオオカミ)で、「結び」の神であり万物を生成発展させる神として崇められ続けています。熊野三山として、本宮、速玉大社と同じ12柱が祀られていますが、那智大社では加えて那智大滝を神格化した”飛瀧(ヒロウ)権現”を祀ることから、十三所権現と呼ばれることもあります。

さて、階段を上りきってニの鳥居を潜り、境内に足を踏み入れると、正面に熊野那智大社の拝殿を見ることができます。
DSC04017.jpg
正面の拝殿の左手にある建物は宝物殿で、昭和41年(1966年)に「熊野那智大社創建1650年祭」の記念事業として建てられたものです。内部には国指定や県指定の熊野信仰に係わる文化財が展示されています。
DSC04018.jpg
拝殿の後ろには、6棟の社殿が建てられ、中でも主祭神である熊野夫須美大神を祀る第四殿が一番大きな社殿となっています。

さて、拝殿を左手側に見ながら境内の奥へ進んでいくと、巨大な楠が目に入ります。
DSC04021.jpg
樹齢約850年、胴回り約8.5m、樹高27mにも達するこの楠は、「那智の大楠」と呼ばれ、平重盛が此処に参詣した折に御手植えした物とと伝えられています。実は、この大楠は裏側に回ると根元に人が通りぬけられる程の洞が有って、願掛けの護摩木と共にその洞をとおり抜けると願いが叶うと言われているのです。
DSC04029.jpg
護摩木は一本300円。う~む、どうしよう...。ちょっと考えましたが、せっかくここまで登ってきたので、ちょっと神様にお願い事をしてみることにしました。
DSC04028.jpg
上が、自分が書いたお願い事。ダ、ダサイ...

護摩木に自分の願いを書きながら思い出していたのが、”響け!ユーフォニアム”8話の以下の場面。
香織:オーディション、うまくいきますように。
あすか:そんなのお祈りしてもうまくはならないよ。
晴香:それはそうだけど・・。
5d2d1a45b4c95d538d7f742259855d1f.jpg
あすか:楽器も音楽も全部自分次第でどうにでもなるのに神様に頼むなんてもったいないよ。
香織:それもそうだね。
72b2291213d0a63ce750d016270fe033.jpg
...あすか先輩、全くもっておっしゃることはごもっとも。でも、まぁ何というか、こういうささやかなお願い事を神様にしてみることを、願い事が叶う叶わないは別にして、自分は何となく好きでやっているので、あすか先輩の言うことは気にしないようにします...

さて、護摩木に願い事を書き終えると、洞の中へ入ってみます。
DSC04034.jpgDSC04032.jpg
洞の中は思った以上に広くてちょっと驚きました。中に設けてある鉄製の階段を伝って外に出ます。
DSC04036.jpg
外に出ると護摩木を階段下にある奉納書へ納めます。あとは、このお願いが叶うかどうかは、あすか先輩の言うように自分の頑張り次第です。
DSC04039.jpg
(ちなみに、ユーフォニアムの最終話はまだ見れていません。何か、色々まずい...)

3)那智山青岸渡寺
大欅を過ぎると青岸渡寺の境内に入ります。
DSC04040.jpgDSC04044.jpg

青岸渡寺の縁起は、伝承によると仁徳天皇の時代、天竺(インド)から渡来した裸形上人が那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したのが始まりとされています。後に、役行者が行を修める修験の根本道場として隆盛し、平安時代中期から西国三十三箇所観音霊場の第一番札所として信仰を集めました。今でこそ那智大社とは塀で隔てられていますが、江戸時代までは那智大社と一心同体で、那智権現の”如意輪観音堂”でした。しかし、明治時代に神仏習合が廃されたとき、熊野三山の他の2つ、熊野本宮大社、熊野速玉大社では仏堂は全て廃されましたが、熊野那智大社では如意輪堂が破却を免れ、のちに信者の手で青岸渡寺として復興したとのことです。

青岸渡寺の境内から、遠くに那智大滝を眺めることができます。
DSC04047.jpg
ここで、この那智大滝をバックに、売店で買った那智黒ソフトクリームを撮ってみましたが、ソフトクリームにカメラの焦点があってしまい、バックの那智大滝がうまく撮れませんでした。(もっとカメラのことを勉強しないと)
          DSC04049.jpg

このまま、那智大滝の方へ進んでいくと、先ほど境内から見えた三重塔のところへたどり着きます。この塔は、天正9年(1581年)に豪族の対立により、焼失してしまいましたが、昭和47年、(1972年)400年ぶりに再建されたとのことです。この三重塔と那智大滝との調和が美しいので現在では有名なツ撮影スポットになっています。自分も、この有名な構図で一枚パチリ。
DSC04056.jpg

4)那智大滝と飛瀧神社
三重塔を過ぎると、那智大滝に向かって下に降りていく道が続きます。
DSC04061.jpgDSC04068.jpg
やがて、飛瀧神社の鳥居が見えてきました。
DSC04072.jpg
鳥居を潜って、進んでいくとやがて那智大滝の下へ辿り付きます。
DSC04073.jpg

以下は、飛瀧神社と那智大滝。
           DSC04077-2.jpg
この神社は、那智大滝そのものが御神体なので、社殿がありません。それにしても、那智大滝の大きさには圧倒されます。遠い日本の祖先たちがこの滝に神性を感じたのもよくわかる気がします。

ここが熊野那智大社の最深部になるので、このまま元来た道を戻り、飛瀧神社の鳥居の前からバスで大門坂駐車場まで戻りました。
熊野那智大社/那智大滝は有名な観光地であり世界遺産にも登録されているので、バスを待っている間たくさんの外国人客を見ましたが、昨日の熊野本宮大社でもそうでしたが、ヨーロッパ系の観光客の方が多く、アジア系の観光客が殆どいなかったのが印象的でした。でも、いつかは大阪のように中国人観光客にとって変わられてしまうのでしょうか。

3.補陀洛山寺
那智駅から熊野那智大社へ向かう熊野古道を数分歩いたところに補陀洛山寺はあります。
今回、時間短縮で補陀洛山寺を飛ばして先に大門坂から熊野那智大社まで歩きましたが、補陀落山寺はぜひ見たかったので、那智大社からの帰り道に車で寄ることにしました。

那智の浜の近く、那智駅から徒歩5分ほどのところに補陀洛山寺はあります。
そして、この補陀洛山寺は「補陀落渡海(ふだらくとかい)」の出発点だったことで知られています。
DSC04083.jpgDSC04084.jpg

「補陀落」とはサンスクリット語の「ポタラカ」の音訳で、南方の彼方にある観音菩薩の住まう浄土のことをいい、そこでの往生を願って、わずかな食料と水を積んだ小舟に閉じ込められて沖に向かったのが補陀落渡海です。自らの身を犠牲に人々の苦しみを救う捨身行で、実際には死出への旅でした。

渡海僧が乗りこんだ船を復元したものがお寺の境内にある建物のなかに展示されています。
DSC04087.jpg
奇妙な形をした小さな船で、船の上には屋形が作られています。それからその屋形の前後左右を4つの鳥居が囲んでいます。渡海船に立てられた4つの鳥居は、渡海船がそのまま葬送の場であることを表わしていると考えられています。展示されている船には帆は掛けられてはいませんが、船出の折には白帆があげられました。

渡海僧は、30日分の食料と灯火のための油を載せて、小さな屋形船に乗りこみます。渡海僧が船の屋形のなかに入りこむと、出て来られないように扉には外から釘が打ちつけられたそうです。渡海船は、白綱で繋がれた伴船とともに沖の綱切島あたりまで行くと、綱を切られ、あとは波間を漂い、風に流され、いずれ沈んでいったものと思われます。

この那智の浜からは25人の観音の信者が補陀落を目指して船出したと伝えられています。 境内にある石碑に、それらの人々の名が刻まれています
DSC04090.jpg
寺の裏には渡海した僧たちの墓が残されており、墓碑には「勅賜補陀落渡海○○上人」と記されています。『平家物語』では平重盛の嫡男 平維盛が補陀落渡海をしており、その供養塔もあります。
DSC04099.jpg

自分が、この補陀洛山寺に寄りたいと思ったのは、以前この補陀落渡海を題材にした小説を読んだことがあって、それが自分に強烈な印象を残したからです。その本は、坂東眞砂子さんの”桃色浄土”です。
              19405949.jpg
この本は、補陀落渡海をメインに描いた物語ではありませんが、小説の舞台に色濃く残る補陀落渡海の土俗的風習が、作品の中で展開する人間の欲や愛憎劇、そしておどろおどろしい海と死霊の禍々しさに重ね合わされて話しを盛り上げて行きます。興味のある方は、一読をお勧めします。

そして、この補陀落渡海はアニメの題材にもなっています。それは、ノイタミナで放映された深夜アニメ"モノノ怪"の中の一つのエピソード”海坊主”です。
331b35e38f47ac114d23.jpgc060677c2203043a69ea.jpg
このエピソードの中で、補陀落渡海はメインとして取り上げられています。上記の絵からも感じられると思いますが、アニメでは現しにくいと思われている人間の奥底の情念のような感情を、あえて生理的に嫌悪感を抱かせるようなキャラデを採用することによって巧みに表現しています。アニメの表現の可能性を追求した実にノイタミナらしい作品で、アニメ好きの方ならば是非一聴をお勧めします。

この補陀落渡海がいろいろな作品の題材に選ばれるのは、やはり捨身行という献身的で美しい行為の名の裏に見える人間のエゴの残酷さと、そのような行為を行わせてしまう現実の苦しさを感じさせるからだと思います。一人の人間の犠牲(特に僧侶は、その当時の最先端の学問を修めた最高の知識人)によって、状況が良いように変わるかも知れないと周りの人が期待することが補陀落渡海を行い続けさせたのですが、そうせずにはいられない苦しい生活が当時は現実にあり、生きるということが現代に比べて如何に過酷であったかということをこの補陀落渡海は実感させずにはいられません。

4.ホテル浦島温泉巡り(その2)と勝浦港周辺散策
補陀洛山寺を離れたあと、熊野古道ウォークでかいた汗を流す温泉に浸かるために、もう一度ホテル浦島をめざしました。今回目標とする温泉は、ホテルの名物風呂”忘帰洞”と山上からの眺めが楽しめる”遙峰の湯”です。

勝浦の公共有料駐車場に車を停めると、もう一度連絡船に乗ってホテル浦島へ到着しました。今回はもう昼を過ぎているので、ロビーにいるお客さんの数も朝と比べてだいぶ増えています。
DSC04119.jpg
館内を歩いて行き、忘帰洞前に到着。
DSC04104.jpgDSC04105.jpg
以下は、ホテルのHPから転載させて頂きました。ホテルの名物風呂だけあって雰囲気のある良いお湯でした。台風が来ていて洞の出口付近にある露天風呂に入れない残念さは相変わらずでしたが。
img_gallery3.jpg

忘帰洞の次は山上の建家の中にある”遙峰の湯”を目指します。
この山上の建家へ行く方法は、エレベーターとエスカレーターがあるのですが、今回はエスカレーターを利用してみました。このエスカレーターは別名”スカイウォーカー”と呼ばれていて、その長大さは中々圧巻です。
DSC04113.jpg
上の写真のような長いエスカレーターを三回乗ってやっと山上のホテルへ到達します。
 遙峰の湯
上は、ホテル浦島HPから転載させて頂いた遙峰の湯からの眺め。絶景でしたし、お湯も柔らかくて良いお湯でした。
ただ、このホテル浦島へ注文を付けるとしたら、露天風呂の少なさでしょう。少なくとも、この遙峰の湯は露天風呂を併設するべきでした。この遙峰の湯は、ガラス板を嵌め込んだ内湯のみでしたが、もし大きな露天風呂を併設したら、忘帰洞、玄武洞と並ぶ名物風呂になっていたことでしょう。是非、ご一考を願います。

汗を流してさっぱりしたので、今度こそホテル浦島にお別れです。
DSC04122.jpgDSC04128.jpg
個人的な思い出もあったホテルでしたが、まだ入っていない湯もあるので、また訪れてみたいですね。

連絡船の発着所に戻ったあと、まだ日が高かったので少し那智港周辺を散策してみました。すると、港の周辺のあちこちに足湯があり、いかにも温泉のある港街であることが実感できました。
DSC04133.jpgDSC04134.jpgDSC04141.jpg
魚市場もありましたが、もう昼過ぎなので当然閉まっていました。次は朝訪れたいですね。
DSC04140.jpg

最後に、駐車場へ戻ってみると、駐車像前の公共バス乗り場に、平安時代の旅の服装をした二人の女の子がいました。那智観光のPRで、写真撮影O.Kとのことでしたので一枚パチリ。
DSC04143.jpg

5.熊野速玉大社
本日の宿泊地である尾鷲に向かう前に、熊野三山の一つである熊野速玉大社に寄りました。やはり、ここまで来た以上、熊野三山全てに詣りたいですからね。

熊野速玉大社は熊野三山のひとつで、本宮から熊野川をずっと下った河口、千穂ヶ峰の北東麓に鎮座しています。もともとは、速玉大社から南へ1~2km行った千穂ヶ峰の東南端の神倉山に祀られていたのが、のちに現在地に遷され、そのため神倉山の古宮に対し、ここを新宮と呼ぶようになったということです。
DSC04155.jpg
新宮駅の方から歩いてくると、熊野速玉大社の鮮やかな朱塗りの鳥居のお出迎えがあります。
鳥居をくぐって参道を歩いていくと、左手側に梛(なぎ)の大樹が見えてきます。
この梛の大樹は、平安末期に熊野三山造営奉行を務めた平重盛(清盛の嫡男)の手植えと伝えられています。推定樹齢1000年で、梛としては日本最大。国の天然記念物に指定されています。
DSC04158.jpgDSC04146.jpg
参道をさらに進むと、正面に朱塗りの神門が現れ、そこを潜ると朱塗りの社殿が横に5棟並んでいるのを見ることができます。まだまだ真新しく見える社殿は昭和に再建されたものです。
DSC04148.jpgDSC04150.jpg
この熊野速玉大社は、先に詣でた熊野本宮大社、熊野那智大社に比べて少し普通過ぎる感じがしていたのですが、ここで痛恨の見落としが発覚。
実は、この熊野速玉大社の飛地境内摂社である神倉神社の御神体で、ゴトビキ岩と呼ばれる巨石の存在を後で知り、それに詣でてこなかったことをかなり後悔しました。でも、少しくらい思い残すことがあったほうが次回の旅にも繋がって良いのかもしれません。ですので、神倉神社へ詣でるのは、次回の旅までお預けです。

新宮を離れる前に、新宮の名物として香梅堂の鈴焼きがガイドブックに載っていましたので、そこへ寄ってみることにしました。
DSC04159.jpgDSC04181.jpg
縁日でよく売っている鈴カステラのようなものなのですが、これが中々甘さ控えめで美味しかったです。この香梅堂の鈴焼きはお勧めですよ。

6.尾鷲シーサイドビュー
本日の最後の参拝地である熊野速玉大社に詣でたので、あとは本日の宿泊先である尾鷲シーサイドビューを目指します。
DSC04246.jpg
暗くなる前に、何とか尾鷲シーサイドビューにたどり着く事ができました。
この宿はちょっと変わっていて、フロント、廊下や各部屋のドアが何となくビジネスホテル風(というより、ビジネスホテルそのもの)なのですよね。でも部屋の内部は畳敷きになっていて、ちょっと面白いです。
DSC04167.jpg
あっという間に暗くなってきましたが、取り敢えず、食事の前にお風呂です!
DSC04165.jpg

風呂から上がると、部屋に食事が運ばれてきました。この宿でも部屋食です(やっぱり贅沢!)
DSC04175.jpgDSC04179.jpg
食事は、海の幸を中心とする献立で美味しく頂きました。特にマンボウの唐揚げの甘酢あんかけは、ちょっと面白かったです。
ここは生ビールが無かったので、つい生地酒を頼んでしまい、小瓶一本空けたらあっという間に眠りに落ちてしまいました。昨日といい、今日といい、宿の雰囲気を楽しむ前に爆睡してしまい、ちょっともったいない気分です。まぁ、しょうがないか。

今日で、熊野古道ウォークは終了で、明日からは凪のあすからの聖地巡礼です。



(最初にUpした時に追加した仕事上の愚痴が生々し過ぎましたので、その部分を削除させて頂きました。
 ご不快に感じられた方へは、大変申し訳ございませんでした。 )

Comment

[128]

拍手コメントを送って頂いた方へ

心温かきコメントを頂き、とても嬉しかったです。
でも、まぁブログは基本的に他者様へ見てもらうのが前提の書き方をしているので、あまりネガティブな物言いは避けたほうがいいかな?などと思っています。結局程度の問題なのですけれども。
今回は、ブログへの訪問、コメントも残してもらいまして大変ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/198-d7e66266

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。