Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタ・きんいろモザイクのアリスの簪(のようなもの+"あの花ガンダム"キタ!...のか?)

ネットを見ていたら、レジンとワイヤーで美しい簪(かんざし)を作る簪作家・榮さんの作品の紹介記事を見つけました。すごく綺麗なものでしたので、そのまま紹介しようと思ったのですが、そのままだと自分のブログのどのカテゴリに入れたらよいかわからなくなってしまったので、強引にきんいろモザイクのアリスの簪に結びつけてアニメネタとしてUPすることにしてしまいました。タイトル詐欺のようになってしまい申し訳ありません。m(_ _;)m
アリスかんざし
でも、まぁ、この簪の美しさに免じてアリスも許してくれることでしょう!

それでは、簪作家・榮さんの透明感のある簪を以下に紹介します。
148b8753.jpg4008a626.jpge8caa9a2.jpgf9d588a5.jpg68efd878.jpg151cfd86.jpg
本当に綺麗ですね。製品はものによっては数十万円の値段が付く事もあるとのことです。これだけ美しいと、身につけなくてもオブジェとして飾っておいても十分楽しめるかもしれませんね。

PS:小ネタの小ネタ "あの花ガンダム"キタ!...のか?
あの花ガンダム
今年の秋アニメの新作ガンダム"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"は、なんと、監督:長井龍雪×構成:岡田麿里という、まさに"あの花"コンビで制作されるとのことです。う~ん、"あの花"コンビのガンダムか、見てみたいような見たくないような...。

個人的に、昔からロボものはちょっと苦手で、特にガンダムは、初代を高校生の時に再放送で見て以来、一度も見たことがないくらいあまり興味がないのですよね。でも"あの花"コンビが作るガンダムは、何かすごい化学反応を起こしてこちらの予想を上回る面白いものができるような気もします。さて、本当にどうしようか。

この新作ガンダムは、サンライズがサプライズとしてスタッフの名前を直前まで伏せていたようなのですが、多くのガンダムファンは期待を込めて、脚本:虚淵玄を予想していたようです。でも、そうではなくて岡田マリー氏であることがわかったとたん、もうみんな叩くこと叩くこと...。おまいら、相変わらず容赦ないな。確かに岡田麿里さんは非常に多作な方なので、作品の出来不出来に差があると言われていますか、岡田さん自身の嗜好と作品の内容が上手くマッチした時の岡田脚本の熱さは、自分は非常に好きなのですよね(true tears/とらドラ!/花咲くいろは/凪のあすから などなど。こうやってみるとP.A作品が多いなぁ)。

一方の、長井龍雪監督は、"ハチミツとクローバーII","とらドラ!","とある科学の超電磁砲"などの作品でその実力を知らしめた次世代を担う新進気鋭の監督ですが、"あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。"以降、"あの夏で待ってる","とある科学の超電磁砲S"と今ひとつ低調な作品作りに終始してしまっているのが残念なところです。

実は、先程から"あの花ガンダム"を連呼しているのですけれども、自分にとって"あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。"は、上にも書いたように、ちょっとイマイチなのですよね(え...

どうも、自分は同性のヘタレ主人公には厳しい見方をしてしまうらしく、あの花の主人公"じんたん"には全然魅力を感じなかったのですよね(ちなみに、ヘタレと豆腐メンタルは微妙に違っていて、後者はキャラによっては逆に好きだったりします)。主人公が、こういう状態でしたので、作品そのものも奥歯にものが挟まったような鬱屈した展開で、どうもいけませんでしたね。まぁ、そういった内容の作品なのだから仕方がないのでしょうけれども。
あの花

でも、考えてみれば、長井龍雪×岡田麿里のコンビ作品は、なにも"あの花"だけではなく、"とらドラ!"もあることも思い出しました。"とらドラ!"は熱かったですね!。
とらドラ1

どうも、この頃の長井龍雪監督は、思い切りが足りなくてこじんまりとした作品を作ってしまっているように個人的に思えるので、是非"とらドラ!"を作った頃のように熱い思いを炸裂させる作品を、"ガンダム"という別ジャンルの作品で炸裂させて欲しいですね。自分は、この作品を楽しみにしています!

でも、ここまで言っていて何なんですが、正直に言えば、この二人のコンビは、ロボ物に向いていないと思います(震え声)...(ええっ

Comment

[120]

写真が素晴らしいなぁ~・・・、特に黒バック(背景を黒く潰す撮影方法)は私も好きでよく使います。

あの花・・・は、以前同僚のアニメオタク(私も同類?)に勧められて観ましたよ、それと化物語と。

最後は泣けたねぇ~。
でも途中が・・・
またあんな根性のないヤツが主人公というもの・・・。

化物語は面白かったですけどね。

[121]

中森 ユウジさん、コメントありがとうございます!

確かに、簪を写した写真は素晴らしいですね!この写真がなかったら、この簪の魅力もあまり伝わらなかったかもしれませんね。

あの花は、良いところもたくさんあったのですが、先に挙げたように主人公の造形が自分の好みではなかった(逆に、サブキャラのゆきあつの鋼メンタルは素晴らしいと思いました。でも彼のキャラでは物語が成立しにくいのもまちがいなさそうです)こともあるのですが、めんまの母親が、めんまが死んで以来おかしくなってしまっているのを、めんまが知っていたにも関わらずスルーしたのがどうにも納得できなかったということが、今ひとつ入れ込んで見ることができなかった理由かもしれません。

化物語は、原作の西尾維新さんの言葉のセンスが、新房監督の演出のキレとばっちり合って良い作品になりましたよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/191-d2aa0ce9

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。