Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある韓国人との思い出

多くの人にとって、他国のことなど普通は大して興味が無いことだと思います。もちろん、自分もそうです。しかしながら、その他国の人が、悪意をもって人の足を引っ張ろうとし、あまつさえ、全世界に対して悪意に満ち満ちた誹謗中傷を喧伝しているとしたら、それは話しが違ってきます。つまり、現在、韓国人のやっていることは、まさにそういうことなのです。

自分は以前、ネットで、アメリカに留学した日本の学生が、アメリカの学校にて、みんなの前で、韓国留学生から”あなたとの関係は、まずあなたの謝罪から始めましょう”と宣言されたという記事を読んだことがあります。こんなことを、初対面の人から英語で言われたとき、どのように対応すれば良いのでしょうか。
相手は、学校の歴史の授業では、その2/3が日本の併合時代を学んでいる(しかも、ほぼ全てが捏造の歴史)韓国人で、一方の日本人は、学校ではほとんど近代史を勉強せず、自ら望んで近代史を勉強したとしても、せいぜい韓国を併合して、韓国の近代化を促した程度の知識しか得られない状況では、日本人に、韓国人に対して勝ち目はないでしょう。先の記事の留学生は、その後のことを詳しく書いていませんでしたが、良い留学生活を送れなかったのは確かなようです。きっと、その韓国人に学校であっても、目を逸らしながら小さくなってうつむきながらその韓国人の横を通り過ぎるしかなかったのかもしれません。そのような状況を想像するだけで、自分の胸は痛みます。しかし、これは全く他人事ではないのです。アメリカ社会において、その移民の数からして日本人を圧倒するほど多いので、韓国人達の力は日本人が想像する以上に強いのです。そして、このような状況から、あのめちゃくちゃなグレンデール市の慰安婦像設置の件が持ち上がったのです。もし、韓国人についての話が、人権侵害であるとか、みんな仲良くできるはずなのでまずお互いに話し合いをしましょうなどと考える人は、実際にグレンデール市を訪れて、韓国人と話し合ってみれば良いのです。その時、初めて自分のお花畑ぶりがわかるでしょうから。

ただ、何も自分は韓国人の全てが、反日に凝り固まっていると思っているわけではありません。実は、自分はアメリカで一人の韓国人に出会って、日本では彼とあちこち旅行して、一緒に富士山の頂上へ登ったこともあるくらい非常に仲良くなったのです。その時のことを、今回はちょっと書いてみようと思います。

今から約10年前、現在の会社へ入社してまだ半年の頃、自分はケンタッキー州とオハイオ州の間にある小さな街へ、ある装置の出荷前検査で出張しました。今も自分の英語はダメダメなのですが、10年前はもっとダメで、初めてのアメリカに圧倒されてしまい、ほとんど何もできない状態でした。でも、そのアメリカの会社の中で、白人たちに混じって一人の東洋人がいるのを自分は見つけたのです。その人は、韓国から20年前に渡米して今はアメリカ人としてそのお会社で働いているとのことでした。とりあえず、ここでは、その人をYさんと呼ぶことにします。その出張は、自分にとっても最長のもので、約2ヶ月ほど滞在することになってしまいました(装置の完成が遅れたので、監視役として滞在することを命じられてしまったため)。でも、その2ヶ月の間、Yさんは自分に非常に良くしてくれました。頻繁に声をかけてくれ、Thanksgiving Day(感謝祭)には自宅へ招待もしてくれました。彼の奥さんは非常に料理が上手で、出てくる食事はみんな美味しく(自分はその時初めて七面鳥の肉を食べました)、非常に楽しく時を過ごしたことを覚えています。

さて、その後、日本に帰国して3ヶ月ほど経った後、日本で装置の据付がはじまりました。Yさんも据付メンバーとして来日が決定しており、自分は彼に会うのを非常に楽しみにしていました。ところが、日本で彼に再会してみると彼の様子はアメリカでの彼と一変していました。とにかく、いつも不機嫌そうな様子でこちらとまともに会話しようともしないのです。どうも解せず、他のメンバーになぜ彼が不機嫌そうにしているのかを聞いたところ、なんと今回の据付メンバーのリーダーに選ばれなかったことに拗ねているとのことでした。確かに彼はその当時50代半ばで、リーダーに選ばれても良い年齢でしたが、そんな程度のことで拗ねている段階で既にリーダーとしての素質があるとは言えず、そもそもあまりにくだらなすぎて呆れてしまいました。それでも、そのことについて傷心していると言うならば、少しは勞ってやろうと思っていたのですが、そのうちわざと、工事の足を引っ張るようなことまでやり始め、その時にはこちらもぶち切れて、盛大に口論をしてしまいました。後にも先にも、外国人とあそこまで大声で口喧嘩をすることは今後無いでしょう。その後、全く口をきいてくれなくなりましたが、ちょっとしたことをお互い助け合った後、急速に仲が良くなってきました。そして、先述したように休日には京都や奈良の観光地や、岐阜の温泉巡りに連れて行きましたし、彼の帰国直前には1泊して富士山の頂上へも一緒に行くまでになっていました。今まで、外国人との付き合いの中で彼ほど仲良くなった外国人はいないと思います。とにかく彼は、感情に素直でわがままでしたね。彼とは一度大喧嘩をした後、仲が良くなりましたが、そのあとも結構どうでもいいことでよく口喧嘩をしました。日本人相手だと、自分は結構我慢をしてしまう方ですが、彼との場合は我慢することなく喧嘩していました。でも、それは面倒くさいけれども、何か気持ちよかったのも確かだったのですよね。あのストレートに自分の気持ちを伝えるということは、日本人相手ではできなかったと思います。ですので、韓国人と仲良くなる日本人の気持ちを自分はわかるような気がします。何しろ、自分がそのようになったのですから。

ただ、今考えてみると、韓国という国は、このYさんの性格に実に良く似ているなと感じます。気に入らないとこちらの足を引っ張ろうとするところなどソックリです。だとすれば、韓国という国とうまくやっていこうとするならば、自分とYさんの間柄のように、何も包み隠さず全てをオープンにする外交をすればそれが可能かもしれませんがが、あたり前ですが、そんな外交を出来るはずありません。だから、個人のレベルで韓国人とは仲良くなれるかもしれませんが、国レベルでは絶対に無理だと思うのです。

あの子供っぽくわがままなYさんのような人の集合体が韓国という国ならば、こちらが途中でどのように理性的なことを言っても無駄でしょうね。それでも、まだ、韓国の反日は昔はここまでひどくはなかったと思います。自分が初めて、所謂”嫌韓”と呼ばれるWebサイトを読み始めてから7~8年は経ちますが、昔はここまで韓国がめちゃくちゃなことをし始めるとは思っていませんでした。韓国がおかしくなりだしたのは民主党の時代になって、日本が民主党の経済無策で超円高になり(何しろ1ドル70円台とかありえないところまで放置していたのですから)、日本の国力が衰え、逆にサムスンなどの勢いが増し、日本のマスコミが韓国に学べなどと言い始めた頃からで、特に野田政権時の李明博の竹島上陸、天皇謝罪要求、朝鮮王室儀軌の返還、親書の突き返しなどやりたい放題をエスカレートさせ現在に至ってしまっています。衝撃だったのは、中央日報の日本語版に、原爆は神の懲罰であるなどという記事を日本語版に載ったことで、この記事を日本語に翻訳して日本人に見せても構わないと思った韓国人の奢りには、本当に驚愕しました。これらからもわかるように、民主党のように韓国の言い分を認めることが、両国の関係をよくすることは絶対ないと、自分は言い切ることができると思います。

おそらく、多くの意韓国人は、昔、Yさんが見せた拗ねて仕事の邪魔をしたのと同じレベルで、あまり真実がどうかなどは関係なく反日を叫ぶと気持ちいい程度の考えで反日を行っているのです。そこには、真実ではないことを言われる側が迷惑を受けるなどということは、韓国人にとって眼中にないのです。

(Youtubeで以下の動画を見つけました。おそらく、こんな感じで反日を適当に叫んでいるのです。)


個人のレベルならば、昔、自分とYさんの間の喧嘩のように、思い切り罵り合えば良いと思うのですが、国同士ではそうも行きません。ですから、気が滅入るのですが、韓国人のめちゃくちゃないいががりを一つ一つ潰して、日本が絶対引かないことを韓国に身をもって分からせるしかないのです。

ちなみに、この戦いに外国人は全くあてになりません。基本的に、白人は日本が嫌いなんですよ。もし、世界に日本が無かったら、未だにアジアには白人が支配していますからね。特にアメリカなどは、現在では、中国に対する対抗として日本が必要ですが、第二次世界大戦中の日本は悪だったという考えは、アメリカにとって好都合なんですよ。日本に原爆を投下して、非戦闘の市民20万人を虐殺したことも、第二次世界大戦中の日本を悪にすれば隠蔽できますからね(何がリメンバー・パールハーバーだよ。あれは軍事施設じゃないか。それが東京大空襲や原爆投下と釣り合うとでも?というか、人権を騒ぐアメリカ市民の半分以上は原爆投下に賛成していますよ。こんなものですよ、白人の人権意識とやらは。もう一つ、ついでにアメリカは原爆ドームの世界遺産登録に反対しましたよ。全く笑わせる。なにが世界の警察だよ)。だから、第二次世界大戦中のことで韓国が日本に噛み付くことを都合が良いと思う白人はたくさんいますよ。
また、西洋人は人権とやらにやたらと弱いですから、被害者マンセーの韓国人とはとても相性が良いのですよ。何しろ、被害者に同情するだけで、自分が善の立場に立てるのだから楽なものです。韓国人は、弱者の心で、被害者アピールを受け入れてくれるところを、巧みに嗅ぎつけます。それゆえ、日本は世界で、韓国人とのロビー戦に負け続けています。ただ、ここへ来て韓国が調子に乗ってやりすぎて来ているので、もしかすると逆転のきっかけを掴めるかもしれません。まだまだ、戦いはこからなのです。

(もう一つ、この世の左翼君達に一言。ちょっと上の文章で、自分はアメリカを非難しましたが、それと安全保障は全く別です。左翼くん達の自分たちが明らかに正義の側に立っているという上から目線の気持ち悪い戯言にはほとほと辟易するのですが、今問題になっているのは、中国の脅威で、その中国に一番近い場所に位置する日本は、アメリカに援助をお願いしているという立場なのですよ。だから、腹の中ではどう考えようが、アメリカにお願いするという姿勢を崩してはならないのです。もし、アメリカが引けば必ず中国は出てきますよ。当たり前のことです。そこで、ではどうすればよいのかと左翼君に聞くと必ず中国と対話をして分かり合うことだなどとのたまいます。これには中国人も大笑いするでしょう。左翼くんはお花畑の中で遊んでいるから何もわかっちゃいない(というより自分の正義の人の立場から他人に説教することが一番大切なのかな?うんざりするよ)。ここで、直接相手と話してもなんにもならない。ここでの戦いは、どこまで自分の主張にその他の国を引き入れて相手国に圧力を加えられるかということです。これが外交というものだと自分は思いますが、如何?その点、韓国は朝鮮の時代から、自分が力を持っていない分、他国に頼るためにロビーという見ようによっては情けない文化を民族としての性質になるまで育て上げてきました。一方の日本はなまじ実力がある分、自分でなんとかしようとして、近代の外交で失敗続きをしている。韓国という国は、確かに自分では何もできない情けない国です。しかし、その分日本より外交というものを知っている。確かに告げ口外交は情けなく見えるけれども、それが国際会議の場で威力を発揮したことを日本人は肝に銘じるべきです。何度も言います。韓国は自分では何もできない情けない国だけれども、舐めてかかるととんでもないしっぺ返しを喰らいます。相手は、本気で日本をつぶしにかかっています。これは政府レベルによる外交戦を間違いなく仕掛けているのです。ならば、こちらも正攻法など関係なく全力で相手を潰しにかかるべきです。)

PS. 最後にもう一つ、Yさんとの思い出について。
装置の据付が終わり、Yさんが帰国することになったので、自分はYさんの家族のお土産の買い物に付き合いました。その買い物で、名古屋の街を車で走って、ある交差点で信号待ちをしていたときのことです。急にYさんが”お前は、日本に生まれて幸せだ”と言ってきました。自分は、”別に、日本も韓国も変わらない。自分はどの国に生まれても構わない”と、これはリップサービスで言いました。その時、Yさんは、いつになく真剣な顔で”お前は日本に生まれてどのくらい幸せなのかを分かっていない”といいました。Yさんは、アメリカへ移民して20年になると言っていましたが、本来、移民することが幸せなはずがありません。だれでも自分の国でずっと過ごしたいと思うに決まっているのです。それを、移民せずにいられなかったということは、自分にとっては想像もつかないほどYさんは悩んだあげくの決断だったのであろうと思います。移民せにはいられなかったYさんにとって、日本は光り輝く国に見えたことでしょう。何しろ、日本人で移民したいなどと思う人はほとんどいないのですから。この会話は、Yさんとの会話の中でも、忘れられないものとして、今も自分の中に残っています。

最後に、鈴置高史氏の世界遺産登録時の韓国との攻防と今後についてのレポートを全文で掲載します。
鈴置氏は、現在最も韓国について詳しい論客だと思います。
興味があれば、どうぞ。

================================


【鈴置高史】「世界遺産で勝った」韓国が次に狙うのは……「日本も強制性を認めた」と世界に発信を開始


 韓国メディアはお祭り騒ぎだ。日本の世界遺産登録と引き換えに、新たな外交的武器を勝ち取ったからだ。

○初めて強制労働を認めた

 7月5日、明治日本の23の産業革命遺産がユネスコの世界遺産として登録されました。韓国紙は「日本に勝った」と大喜びしているそうですね。

鈴置:韓国政府は、うち7つの施設で朝鮮人労働者が強制労働させられていたと主張、登録に反対しました。
 結局、朝鮮人労働者に関し日本政府が言及することで両国は妥協、登録が実現したのです。

 韓国各紙が喜んでいるのは「日本の言及ぶり」です。ここで「朝鮮人労働者の強制連行を日本政府に初めて認めさせた」からです。中央日報の「日本『韓国人の意に反して強制的に働かせた事実ある』」(7月6日、日本語)は、以下のように韓国政府の成功をうたいました。

 ・尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は登録決定後に会見し「韓国側の正当な憂慮が忠実に反映された」と評価した。外交部の関係者は「事実上、初めて日本政府が国際社会に強制労役を公式的に認めたという点に 大きな意味がある」と述べた。
 ・外交部の当局者は「当初の目標は7カ所の施設を遺産登録から除外することで(これは果たせなかった)が、日本が強制徴用を認め、日帝強占期に対する国際社会の認識を高めることができた。この成果がより大きかった」と述べた。

 韓国外交部も同日、ホームページ(韓国語)で日本政府代表が世界遺産委員会での公式発言で「強制して労役」という言葉を使ったことを強調しました。


○「強制を意味しない」

岸田文雄外相や菅義偉官房長官は「日本政府代表の発言は強制労働を意味しない」と説明していますが。

鈴置:日韓の間で最後まで揉めたのは、まさにその「表現」でした。
 不法な強制労働だったと主張する韓国は「forced labour」(強制労働)という言葉を使うべきだとしました。

 一方、朝鮮人の労働は戦時徴用(requisition)という、法に則ったものだったと主張する日本は「forced to work」(働かされた)を使うべきとしました。

 最後は日本の主張する「forced to work」を使うことになりました。
そして「働かされた」という日本語訳を念頭に、岸田外相らは「強制労働を意味しない」と主張したのです。

 これに対し、韓国外交部は先ほど紹介したように「forced to work」を「強制して労役」と韓国語に訳し「強制労働だったことを日本に認めさせた」と言っているのです。 外交的にはよくある玉虫色の解決です。

 ただ、正本は英語。「forced to work」です。もろに「強制労働」を意味する「forced labour」ほどではないにしろ「強制労働」と受け止められる可能性が高い、と指摘する専門家が多いのです。

 ことに7月5日のユネスコの世界遺産委員会での演説で、日本政府代表の佐藤地(くに)ユネスコ政府代表部大使は「brought against their will and forced to work under harsh conditions」と語りました。

 交渉の過程で韓国側と折り合うために盛り込んだ発言と見られます。
これを日本政府は日本語では「その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の中で働かされた」と翻訳しています。



○第2の河野談話か

 しかし、福井県立大学の島田洋一教授は自身のブログ「第2の河野談話か、世界遺産『意思に反し労働強いる』」などで、以下のように懸念しました。

 ・「brought against their will…」との表現も強制連行を想起させる。だから、韓国外交部もメディアに対し、日本政府代表の発言としてここを強調している。 中央日報の「『強制労働でない』という日本に韓国政府『英語の原文を見るべき』一蹴」(7月7日、日本語版)を見るとよく分かる。

 ・日本政府代表は演説で『requisition(徴用)』という単語を使い、強制労働ではないことを主張した。
だが、英語を母国語とする人でもこの単語を聞いてすっと意味が分かる人は少ない。するとそれを説明する「brought against their will…」部分を見て「強制連行、強制労働」を思い浮かべることになる。

 実際、聯合ニュースは世界に向け英文でこの部分を配信しました。
「S. Korea, Japan stand apart over world heritage deal」(7月7日)です。

 この記事は岸田外相らの「強制労働を意味しない」との発言を、日本の食言として批判したものです。
「brought against their will…」は、日本政府がいったんは強制性を認めた証拠として引用されているのです。


○韓国の口約束を信頼

日本の各紙は「岸田外相は尹炳世外相から『日本がそうした発言をしたからといって国内の裁判で利用することはない』と言質をとった」と報じています。

鈴置:現在、戦時中の朝鮮人徴用工が補償を求め、日本企業を韓国の裁判所に訴えています。
日韓正常化の際の基本条約で「両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決が確認されている」のですが、日本企業の敗訴が続いています。

 日本政府は、こうした裁判への影響を恐れ尹炳世外相から『国内の裁判で利用することはない』との言質をとったのでしょう。

 しかし、それは口約束に過ぎません。韓国の都合によりいとも簡単に反故になるでしょう。
島田洋一教授は先のブログで「慰安婦」問題に直ちに影響を与えるだろうと予測しています。

 ・韓国人一般を強制動員・強制労働の対象とした日本が、慰安婦についてのみ強制を控えたと考えるのは非合理、と(韓国の)反日勢力は慰安婦問題でも攻勢を強めるだろう。

 神戸大学大学院の木村幹教授も「brought against their will…」に関し「今、元慰安婦も元徴用工も米国で、日本政府などを訴える準備を進めている。この日本政府代表の英語での発言を韓国は十二分に活用するだろう」と語っています。

 韓国は日本の世界遺産登録に難癖を付けることで、大きな外交的な武器を手にしたのです。
朴槿恵(パク・クンヘ)政権としては「日本にひと泡吹かせた」という国民の喝采も得られましたし。


○奇襲に狼狽した日本

-日本政府はなぜ、そんな言質を与えたのでしょうか。

鈴置:専門家の間でもそれは謎なのです。
世界遺産への登録に必死になるあまり「徴用工」や「慰安婦」への影響を考えるのがお留守になった、との見方もあります。

 ほぼ決まった、と安心しているところに韓国から突然に横やりが入ったので狼狽したのかもしれません。
日本の困惑ぶりが、4月10日の下村博文文部科学相の会見にのぞいています。以下です。

 ・山口、九州の近代産業遺産群は、いわゆる韓国の主張される1910年以前のお話で、そこに強制的に朝鮮の方の労働が行われたとかいうことではない、つまり時代が全然違う話なわけですね。
 ・ですから、韓国の主張、懸念は、この近代工業明治遺産については当たらないということを、詳しく丁寧に説明をしていきたいと思います。
 ・このことについては、韓国の文化大臣と2度ほどお会いしたことがありましたが、昨年、一昨年と、韓国側から懸念が出たときに、そういうことを申し上げました。それに対して、特に反論はありませんでした。

○「言いつけ」で墓穴

 下村文科相も指摘するように、昨年までに2度に渡って説明しても文句を言わなかった韓国政府が、世界遺産登録直前になって突然、大騒ぎしたのです
何と、大統領までがユネスコ高官に「言いつけた」のです。 あるいは日本政府は「慰安婦」と同様に「徴用工」の問題も、日韓基本条約ですべて解決済みと主張すればいいのだ、と判断したのかもしれません。

 ことに韓国が「慰安婦」で執拗な言いつけ外交を展開した結果、米国の韓国疲れを呼ぶなど自ら墓穴を掘ったことも、日本の強気材料になったのかもしれません (「朴槿恵外交に噴出する『無能』批判」参照)。

 しかし「慰安婦」では、日本が法的に正しかったから米国の支持を得たのではありません。韓国のやり方があまりに強引だったからです。
それを考えると、何も「徴用工」という新たな対日攻撃材料を韓国に与えることはないのです。

○逆転勝ちの韓国

-「日本をやっつけた韓国」は強気になりますか?

鈴置:4月以降「無能外交」「外交敗北」などの見出しが新聞に躍っていました。 米中を背景に日本を叩く、という戦略が破綻したからです。韓国全体がしょげ返っていました。

 それが一転、元気が出た感じです。「世界遺産」は世界中の国を味方に付け、日本叩きに成功したケースと韓国人が考えたからです。
他国の力を使って日本を叩く――という発想は間違っていなかったのだ、と自信を取り戻したのです。

 中央日報の「韓国、『逆転判定勝ち?』(6月6日、日本語)は、日本が5年間もかけて周到に準備した遺産への登録を
「逆転勝ち」できたのは国を挙げての国際社会への働きかけが奏功した、と書いています。以下です。

○延期は日本に打撃だった

 ・朴槿恵大統領は4月の中南米訪問で会員国のコロンビア・ペルーの大統領に会ったのに続き、5月には訪韓したインド首相に会い、
韓国側の立場を詳細に説明した。最近は19委員国すべてに親書を送った。
 ・尹長官は6月、世界遺産委員会議長国のドイツに行って外相会談を開き、マレーシア外相に会いに米ニューヨークへ行った。
政府当局者は委員国の関係者と接触する際、強制徴用関連の写真、証言録などを動員した。
当時、「こうした歴史的な事実があったことを全く知らなかった」という反応が多かったという。
 ・国会も動いた。鄭義和(チョン・ウィファ)国会議長は5月にインドを訪問し、訪韓したベトナムのホーチミン党書記と夕食会で文化遺産登録問題を議論した。羅卿?(ナ・ギョンウォン)国会外交統一委員長も4、5月、委員国の国会外交委員長あてに書簡を発送した。
 ・国際社会の圧力もあった。議長国ドイツのシュタインマイヤー外相は先月、尹炳世外相との会談で、「両国が合意できなければ、次の会期の来年にまた議論することも可能」という考えを明らかにしたという。来年また議論するという発言は日本には大きな負担だった。
韓国の委員国任期は2017年までだが、日本の任期は今年11月までだった。
 ・米国のマイク・ホンダ氏(民主)、クリス・ギブソン氏(共和)ら下院議員6人は3日(現地時間)、マリア・ベーマー世界遺産委員会議長に連名書簡を送り、「日本が自国の現代史を強調することには反対しないが、第2次世界大戦当時の連合国戦争捕虜の歴史が抜けたのは遺憾」と明らかにした。

○松下村塾も排撃する

 自信を取り戻した韓国では、今回登録が決まった松下村塾も排撃の対象にしようとの声が上がりました。聯合ニュースの「松下村塾の世界遺産登録 韓国政府『問題意識ある』」(7月7日、日本語版)は、以下のように報じています。

 ・7日の定例会見で記者の質問に答えた外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は「世界遺産委員会のレベルで(問題を)提起するのは効果的でない面がある」と述べ、今後、世界遺産を離れたほかの場でこの問題を検討する考えを示した。
 ・松下村塾は江戸時代末期に吉田松陰が主宰した私塾。吉田松陰は征韓論や大東亜共栄圏などを提唱し、朝鮮の植民地化を含めた日本の帝国主義政策に理論を提供した。安倍晋三首相が最も尊敬する人物とされている。

すっかり元気になりましたね。それにしても感情の起伏が本当に激しい……。

鈴置:それが韓国です。そんな、情緒的な外交を展開する自分の国を匿名で厳しく批判するヴァンダービルド氏が「世界遺産」に関し筆をとりました。ワールドカップの日韓共催になぞらえ、韓国人に「調子に乗るな」と警告を発しています。

 「ユネスコ事件は2002年ワールドカップの再現」(7月6日、韓国語)を要約します。

○慰安婦問題がもう1つ

 ・2002年のワールドカップ開催はまず日本が動いた。韓国は遅れた。そこで政治的なカードを使った。第3国は韓日の先鋭的な対立を懸念、共同開催案を提示した。拒否した側には賛成票を投じないと妥協を勧めた。結果、共同開催が決まった。
 ・世界遺産もまず、日本が関心を持ち、韓国が後から関心を持った。登録阻止が難しいと考えた韓国は強制労働も説明せよと政治カードを活用。第3国は韓日の先鋭的な対立を懸念、票対決で苦労をかけるなと妥協を勧めた。結果、強制労働を説明するとの条件付きで登録が決まった。
 ・今後の展望は以下だ。朝鮮人強制労働をついに日本が認めたと、韓国内の特殊な性向を持つ団体が今後、本格的に政治問題化するかもしれない。慰安婦が先例だ。慰安婦の強制性を匂わせた河野談話により問題が解決すると日本は考えたが、結果は反対になった。
 ・韓国政府が特殊な性向を持つ団体に引きずられがちであることを考えると、強制労働が問題化すれば、韓日関係が悪化し、第2の慰安婦問題と化す可能性がある。
 ・政府も国民も「韓日関係の悪化→韓米日協調に亀裂→韓米同盟の弱体化」を念頭に置き、特定勢力の反日扇動に流されないよう、慎重に処すことが大事だ。


○中国も韓国の味方だ

-ワールドカップで日韓関係が悪化し、それが韓米同盟にも打撃を与えた、ということですか?

鈴置:ヴァンダービルド氏は書いていませんが、日本が単独開催しそうになったところに韓国が割って入ったので日本から恨まれ、1997年の通貨危機につながった、と考える韓国人もいます。

-「徴用工」は「第2の慰安婦化」しますか?

鈴置:韓国人が冷静に国益を考えれば、当然、ヴァンダービルド氏の意見に従うでしょう。でも今、韓国人は「世界を味方に日本を叩けるようになった自分」をとても愛おしく思っているのです(「『目下の日本』からドルは借りない」参照)。そんな中、「極右のアベ政権の外相や官房長官が、徴用工の強制性を否認した」のです。新聞の社説も一斉に日本攻撃を始めています。

 世論の風向き次第では「徴用工の強制性」を認めなければ、日本との首脳会談は開くべきではない、といった声が出てくるでしょう。7月6日、中国外務省の華春瑩・副報道局長は世界遺産に関し「日本は第2次世界大戦中の強制労働政策について適切な措置を取ると約束した。実際の行動でアジアと国際社会の信頼を得るべきだ」と述べました。

「俺が付いているぞ。思う存分、日本と戦え」とのメッセージです。韓国にとっては百万の味方を得た思いでしょう。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/189-7c025756

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。