Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪訪問(その2)(+fhana live)

大阪訪問(その1)で追記として石田三成について書いてみましたが、真田幸村について書いた時もそうでしたが、人物について書くのは難しいですね。書く前にしらべてみると、いろいろな説があって、自分が今まで聞いていたことと違うことが書いてあったりして、どれが本当なのかわからなくなってしまい、書くのにものすごく時間がかかってしまいました。結局のところ、開き直って自分の好きな逸話を並べるだけになってしまったのですが...

その反動ではありませんが、その2では、大阪での飲食巡りを写真を貼りまくっただけのお手軽更新となっています。

1.難波周辺(なんば自由軒のカレー)
自分は20年近く前に神奈川県横浜市に住んでいたことがあります。その横浜市の新横浜駅近くにカレーミュージアムという期間限定の施設ができたので、自分は結構通ったことがあります。このカレーミュージアムは、日本各地の有名カレー店を集めて客にカレーを提供するスタイルのもので、当時はインターネットもなく、食べ物の情報などは雑誌等僅かなものしかありませんですから、ここで色々な店のカレーを食べられるのは非常にありがたかったですね。そのカレーミュージアムの中に、"なんば自由軒"のカレーがあったのです。
今回、大阪に来るのにあたって、自分にとって懐かしい思い出のある"なんば自由軒"のカレーをぜひもう一度食べてみたいと思っていたのです。

地下鉄の難波駅で降り、難波のアーケードを5分くらい歩くと目的の"なんば自由軒"が見えてきました。店の前に立つと怪しい等身大ポップが。
DSC03472.jpg
店の中に入ってみると、やっぱり等身大ポップのおばちゃんが店を切り盛りしていました。しかも、何となく実物のほうが派手目に見えるところがスゴイ。なんか、大阪へ来たという感じだなぁ~。
さて、それでは早速、なんば自由軒のカレーを頼んでみることにしました。さらに大阪といえばカツレツなので、牛カツレツも注文しました。いや~、豪勢な注文の仕方だな。まぁ、旅行中なのだから、変にケチくさくなるのは止めておこう。
DSC03476.jpg
上がなんば自由軒のカレーと牛カツレツ。カレーは、初めからご飯とカレーが混ぜてあり、食べる直前にスプーンで生卵を割ってカレーと混ぜて食べるという独特のスタイルです。さて、そのお味はというと、見た目と同じ庶民的な味というところです。カレーミュージアムで初めて食べた時の感動に、ちょっと思い出補正が入っていたかも。でも、このカレーは店内の雰囲気を含めて、ノスタルジーに浸りながら食べると一番美味しいのかもしれません。東京や名古屋では、このような雰囲気のお店はもう残っていませんから。下は、レジ周りの写真です。記念写真がいっぱい。
DSC03478.jpg
ちなみに、店内はほぼ満席状態でしたが、その1/3は中国人でした。(マジで)

食事後、ブラブラとアーケードを歩いてみます。名古屋では、大須を除いて、殆どのアーケードは壊滅状態ですが大阪では、まだまだアーケードが健在です。こういうところが大坂のすごいところですね。
DSC03488.jpg
蓬莱551の店発見。大坂のお土産は、定番だけどコレですね。
DSC03484.jpg

2.道頓堀
難波から心斎橋を経て道頓堀へ出ました。徒歩で約15分ほど。思ったより近い感じでした。
例のグリコの看板を見ると、如何にも大阪へ来たという感じですね。また、大阪は水の都と呼ばれるだけあって、遊覧船が多く行き交っていてそれもいい感じです。
DSC03495.jpg
楽団が同乗する遊覧船もあるみたいです。
DSC03492.jpg

橋を渡ってグリコビルの裏に回ってみると、更に大きな賑わいがありました。賑わっているというより、看板などがもうカオスな感じです。すごいなぁ。
DSC03656.jpgDSC03502.jpgDSC03505.jpg
食い倒れ人形発見。というより、食い倒れ人形ってこんな感じでしたっけ?もっと店先に出て人だかりしているものと思っていました。
DSC03503.jpg

この界隈は有名なたこ焼き店がたくさんあるのですが、今回は"くくる"というお店を選んでみました。
DSC03655.jpg
外では、列が出来てしまっていましたが、店内は逆にすいていたので店内で食べることにしました。今回は、スタンダードたこ焼きとネギと山芋の入ったオリジナルたこ焼きのセットを選んでみました。さすが有名店だけあって美味しかったですよ。
DSC03662.jpg

道頓堀には夜も訪れてみました。やはりグリコの看板が点灯するのを見たかったので。
DSC03534.jpg
おぉー、これです。映画ブラックレインの中でこの風景を見た時から、実際に見てみたかったのですよね。
DSC03540.jpgDSC03539.jpg
橋を渡って昼間訪れた飲食街へ行ってみたのですが、夜だというのに人の流れは絶えず、すごい熱気でした。
ちょっと小腹がすいたので、もう一度たこ焼きにチャレンジです。今度は、クレオールという店にしてみました。この店も結構有名なお店です。
DSC03541.jpgDSC03545.jpg
上は、クレオールの変わりたこ焼き。ネギだく温玉マヨネーズかけです。結構美味しかったですよ。追加で、ノーマルのたこ焼きも買いましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました。でも、個人の好みでいえば、くくるよりクレオールの方が自分の好みに合っていたかな?(くくるはかなり上品な感じがしましたが、クレオールには勢いがありましたね。そんなところも好きだったかも。)

最後に、少し離れた橋の上から見た、夕暮れの道頓堀。
DSC03665.jpg
写真では、道頓堀の喧騒を離れた静かな風景のように見えますが、実はこの写真を撮ったときは、橋の上に50名は軽く超える中国人観光客がひしめいていて、文字通り彼らをかき分けてこの写真を撮ったのでした。何で、この橋の上に中国人がたくさんいたのかというと、彼らのツアーバスの集合場所をこの橋のたもとにしてあったからのようでした。しかし、彼らが当たり前のように橋の歩道にたむろしているので、写真を撮るどころか、全く人が通れない状態で、自分の後ろに居た大阪のお水っぽいお姉さんが、"これじゃ通れない!(実際はもっとキツい言い回しで)"と本気で怒てっていました。もちろん、日本語がわからない中国人には、このお姉さんの怒鳴りは全く通用しませんでしたが...。

3.新世界
地下鉄御堂筋線を動物園前で下車し、徒歩10分のところに新世界と呼ばれる繁華街はあります。ここは、あの有名な通天閣や多くの串揚げ屋の店があることで有名です。
かつて、飛田遊郭やあいりん地区などでイメージが低下した際、客足が廃れ開発が進まなくなったとことで逆に昭和のレトロな雰囲気が保たれ、今はそれが人気となって再び人気の繁華街になったとのことです。確かに、この繁華街は、レトロな雰囲気だけではなく、ちょっと危ない感じがするのはかつての名残なのかもしれませんね。

以下は、通天閣前の通りに居並ぶ串揚げ屋さんの賑わいです。店構えは強烈の一言!
DSC03556.jpgDSC03552.jpgDSC03562.jpgDSC03553.jpgDSC03548.jpg
今回は、有名串揚げ店"だるま"へ行ってみました。有名店ですから当然列が出来ていました。
DSC03590.jpg
二階から顔をのぞかせる人形がトレードマークのようです。如何にも大阪っていう感じです。
だるま店内3だるま店内1
店の中のお品書き。でも何を頼んで良いのかよくわからないので、とりあえずセットを注文しました。串が揚がるたびに、目の前に並べられていきます。カウンターの下にあるのは、有名な"二度漬け厳禁"のソースだれです。
セットの他にお好みで数本頼んだあと、最後にトマトを注文してみました。これが甘くてなかなかデザート風で良かったですよ。

ここまで来たのだから通天閣にも登ってみました。
              DSC03564.jpg
実は、この通天閣は2代目で、初代はかつてルナパークと呼ばれる観光施設がこの界隈にあった頃にシンボルとして建てられたけれども戦時中に解体されたとのこと。

DSC03566.jpg
タワーへのエレベーターの乗り口は地下にあります。
DSC03575.jpgDSC03570.jpg
タワーの最上階。7福神と8番目の神様として黄金のビリケン様がいます。このビリケン様の足の裏を撫でると幸運が訪れるとのこと。自分もぜひ撫でたかったのだけれども、ビリケン様との写真撮影のためにみんな並んでおり、写真撮影しないとビリケン様の近くにさえいけない雰囲気があったのはちょっとなぁ...。結局自分は足の裏を撫でるどころか触ることすらできませんでした。

仕方ないので、最上階からの景色を楽しむことにしました。
DSC03578.jpg
下に見えるのは、たくさんの串揚げ屋があった通天閣正面の通りです。あの派手な通りも上から見ると妙にさっぱりして見えますね。この通天閣正面の通りをまっすぐ行った突き当たりにある建物が、世界のスパワールドで、自分は数回利用したことがあります。
DSC03579.jpg
右手に見えるのが、あべのハルカスです。
DSC03587.jpg
2階にはルナパークのジオラマもありました。初代通天閣はこんな形だったらしいです。

さて、新世界には夜にも訪れてみました。ネオンに彩られた通天閣をぜひ見たかったので。
DSC03513.jpg
夜の通天閣。やっぱりキレイですね。
DSC03524.jpgDSC03518.jpgDSC03516.jpg
昼間見た串揚げ屋さんも更にカオスな感じになっていました。

4.fhana live
昼に難波、道頓堀近辺を散策したあと、てくてく心斎橋まで歩いて戻り、OSAKA MUSEにておこなわれたfhanaのライブを見てきました。
fhana live
OSAKA MUSE前に着くともう人がいっぱい。当然若い人ばかり。やっぱり自分が最高齢っぽいなぁ...。まぁ仕方がありません。
befoe fhana live

さて、ライブの雰囲気ですが、よく言えばファンミーティングの延長のような感じで、こういうのは、如何にもアニソンをメインに作曲しているグループという感じで良かったと思います。
ライブ前に買ったCDの特典に付いていた映像では、オリジナルメンバーのキーボード、ギター、サンプラー(!)、ボーカルの他に、ゲストミュージシャンとしてベース、ドラムを入れているライブシーンが収められていましたが、今回のライブはオリジナルメンバーだけで行われたので、そのほうがfhanaっぽくて良いような気がしました。fhanaというグループは、何しろリズム系のドラムもベースもメンバーにいませんから、ライブのノリを重視するならば、ゲストとしてドラムとベースを入れたほうが音楽的に盛り上がると思いますが、それでは、やはりファンとの一体感が損なわれてしまうような気がします。ここは、サンプラーのケビン君に、打ち込みバリバリでもいいので、ぜひ頑張ってもらいたいところですね。そして、実際のところ、ケビン君はライブで弾けていましたね。メンバーで一番好きなのはケビン君になったくらいです。このノリで、今後もぜひ走り続けて欲しいと思っています。

以下は、liveで演奏されたfhanaの代表曲です。

fhanaのデビュー曲、"有頂天家族"ED曲"ケセラセラ"を最終回特別バージョンで。このデビュー曲は衝撃的でした。この曲がfhanaのデビュー曲でなかったらfhanaをここまで好きにならなかったかもしれません。


"ウィッチクラフトワークス"OP曲"divine intervention"と、"天体のメソッド"ED曲"星屑のインターリュード"。これらの曲はライブでも連続で演奏されてすごく盛り上がりました。

after fihana live
ライブが終わったあとのOSAKA MUSE。
最後に思ったことは、オールスタンディングじゃなくて座って見ていたかったなということです。やっぱり歳だなー。

PS.
DSC03669.jpg
大阪のお土産と言ったら、やっぱり蓬莱551でしょう。しかし、お土産の入れ物に保冷バッグもつくようになったとは、最近のお土産はすごいですね。


Comment

[94] 初コメです

私のつまらないブログへご訪問ありがとうございます。

いゃ~なかなか豪快なブログですねぇ~、読み応えがありますよ。

アニメも好きですが、そこで使われる音楽も私は好きですよ。
ただ最近はちょっと打ち込みが多くて、クラシックファンの私ではちょっとうるさ過ぎ・・・かな?。

アニメ系で使われる音楽では、菅野よう子や梶浦由記作品は好きですねぇ~。
特にボーカルユニットのKalafinaとか、昔、攻殻機動隊で有名になったロシア人のオリガとか。

あとフュージョンかな?。

これはゲーム音楽がきっかけで、声を入れず音だけで心を揺さぶる音楽も好きだったので。

また覗かせて下さい、コメントありがとうございました。


私のブログ、アニメは私の独断と偏見で書いていますので、そぉ~?っと言われるかもしれませんけどね。

[95]

中森ユウジさん、コメントありがとうございます!

自分も菅野よう子さんや梶浦由記さんの作品は大好きですよ!kalafinaさんも一度コンサートへ行ってみたいと思っているのですよね。今回のfhnanaみたいにコンサートの客は殆どがアニオタだったりするのかな?でも、kalafinaさんは、NHKの歴史秘話ヒストリア(自分はこれが大好きなのですよ)でもエンディング曲を歌っているのでもうちょっとファン層は広いかもしれませんね。あと、オリガさんは自分も好きなのですが、確か今年の初めにガンで亡くなられましたよね。まだ、お若かったのでショックでした。

昔は、聞いている音楽の幅が、ロックからクラシックまでかなり広かったのですが、この頃はアニソンばっかりをヘビーローテーションで聞くようになってしまいました。映画なんかも、昔は普通に話題作を見ていたのですが、この頃はアニメばかりで、自分の場合は年齢とともに趣味の幅が狭くなってきてしまっているようです。これは、あまりよくない傾向なのかもしれませんが、この歳になってまで好きではないことをやりたくないという気持ちが、趣味の幅を狭めてしまっているのかもしれません。だとすれば、しょうがないかな?

中森さんのブログ記事は、すごく幅が広くて読んでいて楽しいですね。自分ももう少し心の余裕が持てれば、もうちょっと記事の内容に幅が出るかもしれませんので、気長にお付き合いして頂ければ嬉しいです。

それでは、今後共、宜しくお願い致します。

[96]

こんにちは~^^
大阪に来られていたんですね!

大阪城や通天閣、新世界と観光されてるところがやはり大人だ~(*_*
難波の方まで行ったら大抵日本橋あたりをブラブラしてしまいます(笑)

いや~でも新世界で串カツ良いですね~(*^_^*)
お酒飲める年齢になったら是非行きたいとは思っているんですが・・・

あと、fhanaさんのライブも行かれてたんですね!
天体のメソッドくらいでしか知らなかったのですが、、本当良い曲ですよね~
これからもっと出番の増えてほしい歌手の一人です~

[97]

今晩は、ミサカ✩さん、コメントありがとうございます!
今回は、時間の関係で日本橋のオタロードへは寄れませんでした。でも、確か春先にストリートフェスタというのが開催されて、そこを練り歩くレイヤーさん達が圧巻というのを聞いたことがあるので、ぜひもう一度その頃に日本橋を訪れたいと思っています。
fhanaには、今後も良曲を作り続けて欲しいですね!

[100]

この記事には関係ないですけど、アニメの感想など一部読ませてもらいました。
まぁ~感想は十人十色ですけど、なかなか面白いですね。
是非リンク貼らせて下さい、同じコミュの一員ですし。

ちなみにhalさんのところ、あの人がコミュの管理人というのを知らずに半年ほどコメントのやり取りをしていたんです。

私は自分のブログを広める意思がなかったもので、それまでコミュには入ったことがなく、ただお付き合いして下さるhalさんが管理人ということだけで、

そういうことなら・・・

という経緯でお世話になっています。

7年以上経っても、相変わらず入っているコミュはこの1件のみ。

ちなみに私のブログのリンク先、みなさんシニア世代(40代後半から60代)ばかりの方で、第2の人生を歩まれている方々や、最近カメラに関してお付き合いさせてもらっている方は、なんと私より二回りも上ということは80代?(たぶん)です。
きっとaiuto!さんとも話が合う方々もおられるかも知れません。

ちなみに、私は何かのコミュの管理人でもなく、それどころか未だブロ友も作らないまま。
なのに7年以上も書き続けているせいか、それでも良いとばかりに、なんとなく同世代や話をし易い方々に集って頂いたリンク集です。

今後のお付き合いが可能であれば、私としては幸いです。



[101]

中森ユウジさん、コメントありがとうございます!
リンクを貼って頂き、大変嬉しいです。私の方でも、中森さんのブログは読んでいて大変楽しいので、リンクを貼らせて頂きたいと思います。

自分もあまり積極的に自分のブログを広げようと思わずここまで来てしまったのですが、それは一つには自分の周りにブログなどをやっている人間がいなくて、どういう風にブログ運営を進めて行ったらよいのかよくわからなかったというのがあるのですが、そもそもは、このブログは自分の英語勉強を継続させるための日記のようなものとして立ち上げたというのがあるからなのですよね(仕事でどうしても英語を使わなければならないので)。なので、このブログを開設して一ヶ月ほどは、ブログ開設の趣旨に沿って毎日自分の英語勉強の進捗だけを書き込み、カウンターも一人で回す日々をひたすら続けてきましたが(そのときは、コミュニティーという機能をFC2ブログが持っていることに気づいてさえいませんでした)、そのうちに、さすがにそれがあまりにも味気なく感じてきたので、アニメの感想などの記事を書き始め、現在に至っています。ただ、最近は、殆んど最初の趣旨から離れてしまい、英語の勉強日記を書いていないのでまずいなぁと思っています。なので近々英語の勉強日記を再開したいと思っていますが、英語日記は非常につまらない記事になると思うので、そのときはご容赦ください。でも、この頃はブログ記事をUPすることが、自分の一番の趣味となってしまっているので、なんとか英語日記と両立させたいと思っています。ちなみに、Punishment Day(TOEIC受験日)が2週間後に近づいていますが何もやっていません。まずいなぁ...

あと、自分のハンドルネームについてなのですが、別におしゃれでもなんでもなくて、ハンドルネームを最初に登録しようとしたとき、何を登録しようとしても既に登録されていますと拒否られて、それが十回近く続いたので、流石に”万策尽きたー”と思ったとき、その時読んでいたヤマザキマリさん(テルマエロマエの原作者さんです)のエッセイ漫画の表紙の、鍋を持って転びそうになったヤマザキさんが”Aiuto!(助けて!)”と叫んでいる絵が目に入ったので、ついそこから取ってしまっただけです(何故イタリア語かというと彼女がイタリア人と結婚したからです)。そのときは、自分の心情にあっているなぁなどと軽く考えていたのですが、英語にすればHelp!、日本語ではもちろん”助けて!”なので、自分のネット上の名前は”助けて!”という危ないモノになっていることに後で気がつきました。orz...
でも、まぁ変更するのも面倒くさいので、そのままにしているというところです。でも、やっぱり変更したほうが良いのかなぁ...

上記のように右往左往してきたブログ初心者(今一年半くらい?)ですが、今後共お付き合いの程宜しくお願い致します。

相変わらず、自分の文章は長いです...

[102] はじめまして

初コメでお邪魔します<(_ _)>

大阪、楽しいでしょう(^^)

道頓堀はたこ焼き激戦区なので
美味しいお店がいっぱいあります

グリコの看板は最近LEDになったので
ひときわ明るくなっていると思います

[103]

今晩は、谷口冴さん。コメントありがとうございます!

この前は、道頓堀、新世界へ行ってみましたが、とても2日間で見切れるものではありませんでしたので、もう一度大阪へ行ってみたいなと思っています。そのときは、もう一度道頓堀で、別のたこ焼きを食べてみたいし、道頓堀の東にある真田山公園付近にある真田幸村ゆかりの地を巡ってみたいと思っています。次の大河ドラマは”真田丸”ですから、この大河ドラマで大阪は盛り上がるかもしれませんよ?

グリコの看板は、何となく自分の記憶と違っているなと思っていたのですがLEDに変わってリニューアルしていたのですね。納得しました。

[104]

こんにちは!
大阪住みなので楽しく読ませていただきました!
自由軒、私もカレー同好の士で行きましたよ!名物おばちゃんがいるんですよね。
あとは551、昨日土産で買っていき初めて食べました。結構美味しくてハマりそうです。

[105]

今晩は、nitti00wさん。コメントありがとうございます!
nittiさんは大阪にお住まいなのですね。大阪は美味しい店がたくさんで羨ましいです。自分はカレーが好きなので、大阪のどの店に行こうか迷ったのですが、今回は横浜時代の思い出の味ということで自由軒へ行ってみました。ホント、懐かしかったです。
蓬莱は美味しいですよね!でも、以前は、お土産の場合、単に紙袋に入れてただけなのに、結構立派な保冷袋に保冷材まで入れて渡されたので、ちょっと驚いてしまいました。味は変わりませんでしたがサービスは今に合わせて進化しているんですね。

[106]

aiuto!さん、こんばんわー

歴史上の人物は史実が少ないですから、難しいですよね。
特に小説の場合は、脚色されていますから個々に違ったりですね。

wikipediaの方が出典を求められますから、いいのかもしでません。
自分で想像し、楽しむのが一番かもしれません。
いかがでしょうか^^

[107]

今晩は、piglet01さん。コメントありがとうございます!
piglet01さんの武将の記事は、いつも拝読させてもらっていて、非常に勉強になります。自分は、基本的に何ちゃって歴史好きですから、あまり深い知識がなく、武将に関しては真田幸村と石田三成でほぼ自分の引き出しの中身がなくなってしまったような状態です。でも、今行っている百名城巡りの中で、勉強していけばもうちょっと引き出しの中身も増えていくかもしれません。何しろまだ10/100城しか巡れていませんから、まだまだ先は長いです。
piglet01さんの言われるように、歴史上の人物の逸話は、あまり正確さにこだわり過ぎず、自分で想像して楽しんでいこうと思っています。

piglet01さんの今後の武将の記事を、これからも楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/181-282cd7ca

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。