Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年秋アニメ

2014年秋アニメが始まって既に1ヶ月が経ってしまいました。今まで溜まりに溜まっていた夏アニメをやっと見終わりましたので、遅ればせながら(本当に遅い)秋アニメの視聴を開始しました。

一応、視聴予定すべての作品の少なくとも1話は見たので、簡単に初見感想を、気に入った作品順に書いてみたいと思います。

1.甘城ブリリアントパーク
甘城ブリリアントパーク4
1話視聴。
個人的に京アニ作品は、"境界の彼方"から約1年ぶりの視聴となります。最近の京アニ作品の中で特に見たいものが無かったから、京アニ作品はしばらくご無沙汰していたのですが、その間他のアニメ工房による作品を見てて、作画における京アニのアドバンテージはもう無くなったようなものかななどと思ったりしていました。でも久しぶりに京アニ作品を観て、やっぱり京アニの作画はすごいと思いました。あの肉体派美少女萌え絵がグリグリ動く動く。アニメーションの絵が動くってことは見ていて気持ちがいいものだなと改めて感じました。しかし、自分にとっての一番のポイントは、この作品が賀東招二氏原作で、武本康弘氏が監督を行っているということです。自分がアニオタになり始めた頃、この両氏のタッグによる"フルメタル・パニック! The Second Raid"を観て、そのクォリティーの高さに圧倒されました。今回、再び両氏が手を組んでの作品ですから、やっぱり期待せずにはいられませんね。

2.Fate/stay night[Unlimited Blade Works]
Fate stay night
0話、1話視聴
自分はスタジオディーン版のFate/stay nightを知りませんが、Fate/Zeroを観て以来、Ufotableによる他のFateシリーズを見てみたいと思っていましたので、Ufotableがディーン版とは異なるFate/stay nightを制作すると発表して以来、この作品を見るのを楽しみにしていました。
0話はともかく1話までもが1時間SPであることには驚きましたが、物語の最初は、その背景説明だけでバトルなどの山場無しで終わってしまう可能性もあるので、こういうやり方はうまいと思いました。そして、そのバトルですがやはり流石ですね。サーバント同士の戦いは基本夜間となるのですが、暗闇の中で月明かりに煌く剣や、その剣同が交わることによって発する火花、そして宝具自身が発する妖しい光など、うまく光の効果を使っているなと感じました。まだ、最初の2話までしか見ていませんがこれからの展開が楽しみです。 (ちょっと気になるのが1点。Fate/Zeroでは、ランサーはもうちょっと騎士然としていたような気がしますが、今回のランサーは普通のあんちゃんみたいな感じで、なんだか雰囲気がずいぶん違いますよね。これは、契約するマスターによってサーバントの性格も変わるということなのでしょうか)
Zeroの時のランサーがStay/nightのランサーと同じサーヴァントであると勘違いしていました。 T×2様、ご指摘ありがとうございました。

3.SHIROBAKO
SHIROBAKO.jpg
1話視聴
現場の裏側全部見せます的な、お仕事アニメ。その仕事の舞台をアニメ制作会社へ据えたのは、もちろん視聴者の興味を引きやすいからだろうけれども、それだけではなく、(自分の勝手な思い込みかもしれませんが)アニメ制作会社は人間関係が密でドラマの舞台にはふさわしいように見えました。作品冒頭で、主人公の学生時代の熱意あふれる自主アニメ制作場面の描写から入って、実際のアニメ制作現場との落差を見せるのは、ベタだけれどもつかみとしてはOKと感じました。
監督は、あの”絶対外さない”水島努監督。そこに自分が今イチオシのP.A worksとタッグを組んだのですから、これは期待せずにいられませんね。(ただ、あの車のバトルはアニメにしてもちょっとやりすぎかな。サラリーマンにとって車の免停になることは、最も避けたいものの一つですからね。何しろ免停になったらそれこそ仕事になりませんから。)

4.寄生獣 セイの格率
寄生獣2
1話視聴
自分は、コミック原作をあまり持っていないので、この作品は自分にとって、初めて、原作を知っている作品のアニメ化になります。
主人公のキャラデザが原作とかなり異なり、初めて見たときには、これはちょっとなぁと思ったものですが、実際に見てみるとそれほど違和感はありませんでした。また、ミギーのCVの平野綾さんも、ちょっと"こなた"っぽかったけれども個人的に全く問題なしでちょっと安心しました。これは1クール作品なのでしょうが、1話を見た限りテンポも良く、後は後半駆け足にならないようにちゃんとペース配分を間違えないように進めて欲しいですね。今後に期待します。

5.PSYCHO-PASS サイコパス 2
サイコパス2
1話視聴
前作では、主人公の常守 朱は公安局刑事課へ配属されたばかりの新人で、先輩達を追いかける立場でしたが、本作では、部下たちを従える立場へ変わっています。こういう世代交代がしっかり描かれている作品は基本的に好きですね。部下である霜月監視官が、基本的に排除の論理で動いているのを朱がどのように抑えていくのかというのもドラマのポイントの一つである気がします。(個人的には執行官に落ちた宜野座が朱をしっかりサポートするところを見てみたいですね。ただ、前執行官である狡噛程のインパクトには欠けてしまうのですが。)
1話を見た限りは、新しい敵も見えてきて上々の滑り出しのように感じました。この新しい敵が前期の槙島並の強敵であることを期待します。また、前期で見送られた、シビュラシステムとの最終対決が今期で見られるのでしょうか?それとも、それは劇場版でとなってしまうのかな。基本的にTV版はTV版で完結して欲しいので、結論は劇場版では止めてほしいのですけれどもね。

6.selector spread WIXOSS
Selector spread WIXOSS
2話まで視聴
2話にてあのアキラッキーの登場です。あの内に籠った毒が吹き出る様が堪りません。そして、ウリスの台詞の通り、やっぱりアキラブリーじゃなくて毒を吐きながら尖りまくるアキラッキーの方が魅力的なんですよね。岡田磨理さんは、本当にこういう女性を描かせるとうまいと思います。今後、このアキラッキーはどのようになってしまうのでしょうか。そして、このWIXOSSのシステムは何を目的として存在しているのかを今期で明かして欲しいですね。

7.四月は君の嘘
四月は君の嘘2
1話視聴
これは、本当にノイタミナっぽい感じの作品ですね。芸術系というところで、”ハチミツとクローバー”や”のだめカンタービレ”を連想させるからなのかな?でも、これらの作品が大学生を主人公としていたのに対し、本作は中学生だから大分若返って、ちょっと眩しいくらいですね。まぁ、こういう真面目な青春ものは大好物なので感動的なフィナーレを迎えることを期待しています。

8.棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE
柩のチャイカ3
1話視聴
相変わらず、チャイカは安定して地味に面白いですね。綺麗に終わることを期待しています。

9.神撃のバハムート GENESIS
進撃のバハムート
2話視聴
Netで面白いという評判で見たのですが、これは自分にとっての今期のダークホースかも。
萌えなど全然感じられない劇画調のキャラ造形に加えて、骨太で王道な感じのするファンタジーもの。実はファンタジーものはちょっと苦手なところがあるのですが、この物語に登場する人々が、酒場で働く女性達などみんな妙に生生しいのですよね。そこにファバロとカイザルという敵同士なのかコンビと言って良いのかわからない変な関係の二人が絡んで、荒々しくもテンポよく話が進んでいくので、ファンタジーにありがちののんびり感などありません。ただ、この物語の登場人物たちは、みんな自分の欲望に忠実というか、内に籠った感情などというものを殆ど見せないので、なんだか見ていて痛快な感じがします。このまま最後の大団円まで突っ走って欲しいですね。

10.天体のメソッド
天体のメソッド3
原案・脚本が”Kanon”と同じ人とくれば、当然Keyの”泣きゲー”と似た雰囲気の作品になることは見る前からわかっていました。今回は、しばらくぶりに、その”泣きゲー”の世界に浸ってみようと思っています。

番外編:繰繰れ!コックリさん
繰繰れ! コックリさん
1話視聴
自分のことを「人形」というボッチ少女こひなの印象が強烈で、そこにベタなノリツッコミをするこっくりさんという組み合わせが変わっていて、なんだか最後まで見てしまいました。爆笑するような内容ではないのですけれども、何となく気になるので、ちょっと様子見です。

さて、今期視聴予定の作品は10作品+1で全部で11作品となりました。
おそらく内容から見ても、前期より豊作と言えるのではないでしょうか。できれば、全ての作品を最後までみたいですね。

Comment

[28]

はじめまして^^
初コメ、失礼します。

僕はこの中では
「SHIROBAKO」に興味を一番
持ってますね~♪

あとはここにはないけど、
「暁のヨナ」もですね!!

今季のアニメ、なかなかいい感じですな!!

であ~

[29]

今晩は、そしてはじめまして、真竜さん。コメントありがとうございます!
SHIROBAKOは面白そうですよね!2クールものらしいのでゆっくり楽しもうと思っています。
暁のヨナも見たいと思ったのですが、本数的に無理なので諦めました。夏アニメも1ヶ月溜め込んでしまったので。

でも、確かに今期のアニメは期待度高いですよね!

[38] 初めまして。

初めまして。

ちょっと、コメントがしたくなってので
失礼をば。

Fate/stay night[Unlimited Blade Works]の
ランサーですが、Fate/Zeroのランサーとは別人物です。

サーヴァントは、召喚する人や、召喚する際に用いられる触媒によって
異なるサーヴァントが召喚されます。

同じ理由で、バーサーカーやアーチャーも
Fate/Zeroとは違うサーヴァントが召喚されてます。

性格の変動は、バーサーカーの狂化以外では
ないはずです。
(今のランサーのマスターは、彼にとっては気に入らないタイプですが)


既に、ご存知かもしれませんが、一応。


ではでは。

[39]

初めまして、T×2さん。ご教示頂きありがとうございます!

おぉ、やはり、そうだったのか...
実は、3話の中で、Fate/Zeroで実体化したアーチャーが、あの偽神父の教会で登場したのを見た時、Stay/nightのアーチャーがZeroのアーチャーと違うことに気が付きましたので、アーチャーがZeroの時と違うのだから、ランサーだって違うことがあるということに、その時思い至りました。Stay/nightのランサーの顔がZeroのランサーの顔と似ていたので同一人物と勘違いしてしまっていました。

結局、このStay/nightでは、セイバーだけが、前回のZeroの時と同じサーバントだという事なのですよね。でも、そうなると、セイバーだって、Zeroの時と違う人物が召喚される可能性があったということなのでしょうか。その場合、男のセイバーが召喚されることもありえるわけで、それはちょっとなぁ...。男のセイバーだと萌えることが出来ないので困ります(汗;)。

Fateの世界は、奥が深そうなので事前に色々情報を仕入れようとは思っていたのですが、細かいところは解らないけれど面白いからいいやで、いつも終わってしまっていたのですよね。でも、今度解らないことが起きたら、その時は流石にFateの背景設定を調べてみようと思っています。(実は、背景を知らなければ理解できないのか、それとも自分の理解力不足なのか判然としないのですけれども、未だにZeroの結末がよく理解できないんですよね。困ったもんだ。)

でも、まぁそれはさて置き、今のところStay/nightは十分面白くて満足しています。特に3話は凄かったですよね!

[40] ネタバレになるので、あまりいろいろ説明はできませんが…。

Aiuto!さん、こんばんは。

ネタバレになるので、あまり詳しくは語れないのですけど
基本は、原作ゲーム版をプレイした方が
いろいろとわかりやすのは確かでございます。

今回のアニメ版は、シリーズ最高のクオリティーですが
時間制限や、アニメの特性の関係上
原作で、説明もしくは描写されてるキャラの心情などが
わかりにくくなっています。

その点に関しては、原作プレイで
ある程度疑問を解消することができるでしょう。

幸い、スマートフォン版のセイバールートが無料で
期間限定ながらプレイできるようなので、それで
プレイしてみるのもよいかもです。

あるいは、現在のOSで動作するかどうかはしりませんが
初代Fate/stay nightの「体験版」をプレイするだけでも
アニメ版とゲーム版の特性の違いを体験して貰えるものと考えますが
まあ、プレイするもしないもAiuto!さんの自由ですから
無理強いは致しませんです。

原作ネタバレとはちょっと違うので、触れてもいいかな~というネタですが
もともと、現在のFate/stay nightになる前
かなり昔のことらしいのですが、最初セイバーは男で
マスターが女の子、という形の原案だった…というエピソードが
あります。

この場合は、セイバーよりマスター萌えな物語だったのかな~なんて?
女主人公好きな自分は思ったりしますが、まあ
それは、奈須きのこ先生にしか
わからぬ話でしょうな。


アニメ、バーサーカー VS セイバー戦
手に汗握る戦いでしたね♪

原作では描かれなかった、凛 VS イリヤの
マスター戦も楽しめて、自分もなかなか面白く感じました。

[41]

こんにちは、T×2さん。ご助言ありがとうございます!

確かに、原作ゲームをプレイしてみれば、より深くFateの世界を理解できそうですね。でも、今回は、まずアニメだけを見ようと思っています。

今回、ディーン版のStay/nightが既に存在しているにも関わらず、ufotable版のStay/nightを作ろうとしているのですから、ufotableとしては、並々ならぬ決意で制作に臨んでいるのではないかと、勝手に推測しています。ですので、まずはufotableの本気を楽しんでみたいと思っています。

まぁそんなことを言っても、見ている方があまり真剣に見ていないというか、おそらくStay/nightのランサーは泣きボクロを持っていないと思いますが、そういう細かいところに全然気付いていませんでした。

あと、さっき、最新の6話を見たのですけれども、アーチャーからセイバーだけが自ら望んで召喚されたと説明するシーンがありました。ということは、セイバーだけは何度召喚されてもあのアーサー王が来てしまうのかもしれませんね。もし、そうだとすると、これはうまい設定かも。

Zeroでは、このセイバーの執念が、ライダーに小娘扱いされる原因になっていましたが、こういうサーヴァント間の気持ちの交差も、Zeroをただのバトルものにしていなかった気がします。Stay/nightでは、まだライダーが出てきていませんが、Zeroの時のライダーに匹敵する魅力的なキャラで登場することを期待しています。

3話以降はタメの回が続いたので、そろそろ、ひと波乱ありそうかも?次回が待ち遠しいですね!

PS.
さっき、投稿がかぶったみたいでびっくりしました。今回のコメントはそれを一旦取り消して、慌てて書き直しました(汗;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/143-ef90dd41

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。