Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回 湯涌ぼんぼり祭り

第3回湯湧ぼんぼり祭り2


第3回湯湧ぼんぼり祭りに参加したので、以下にレポートしてみます。

事前に調べた天気予報では、イベント前日が雨で当日はギリギリ曇とのことでしたが、残念ながらそれは外れて、当日雨天となってしましました。(特に物販の列に並んでいた午前中は、その激しい雨足と中々前へ進まない長蛇の列に心が折れそうになりました...。でも、本祭が行われる時には雨も上がったので、良しとしましょう。)
しかし、この雨の中にもかかわらず、実に多くの人が集まっていました。Netで見た富山新聞によると10,000人も集まったとのことで、その数字の信憑性はさておき、第一回が5,000人、第二回が7,000、そして今回が10,000人と、どんどん人数が増えて行っており、イベントとして成功していると言ってよいと思います。アニメ発のイベントが成功することは、1アニヲタとしては非常にうれしいことです。

以下に会場で撮った写真を少しだけUPしてみます。
雨が降っていたこともありますが、いざとなると、舞い上がっていたのか殆んど写真が撮れませんでした...。
他のブログを書いている方の写真を見ると、丁寧に撮られており、本当にすごいですね。


湯涌温泉入口
湯涌温泉の入口です。いろはの中にもよく出てきましたね。
雨の湯涌温泉街
雨の湯涌温泉街の散策です。雨にもかかわらず人が多いですね。
お約束みんな風オムライス
豪雨の中のつらい物販行列待ちを2時間続けた後、ようやくお目当てのモノをGetできました。
ちょうど昼時でしたので、物販販売所の対面にあった屋台で、お約束”みんな風オムライス”を恥ずかしかったけど注文しました。
上の写真は傘をさして雨の中での撮影です。オムライス上には、作品と同じ”LOVE"の文字。でも、オムライスを作ってLOVEの文字を書いたのは、テントの奥で調理している地元のおばちゃんでした。でもうまかったです。
テントの中のテーブル席は、雨宿りの参加者でいっぱいで、結局傘をさして立ったままでの食事となってしまいました。
地元新聞にも一面広告
テントのある広場をぐるっと回ってみると、地元新聞に乗ったぼんぼり祭りの広告発見。
初春愛に満ち満ちた痛車  初春愛に満ち満ちた痛車2
広場を出て旅館街の方へ歩いていくとありました。自分の大好きな痛車が。自分は痛車を見るのが大好きです。自分には同じことはとてもできませんけれども、見るたびにすごいなぁと思っています。
上記は、初春愛に満ち満ちた痛車。リアのエンブレムがSATENに変わっているのもすごいですね。
いろはの痛車
いろはの痛車もありました。黄色い車体によく映えてきれいでした。
メルさんの痛車?
ひょっとして、これが噂のメルさんの痛車?
メルさんは、トークショウの中で初めてご尊顔を拝見しましたが、なかなかのイケメンぶりに少し驚きました。

その後、友人と落ち合い、トークショウを見たり、あちこち散策してグタグタしたあと、本祭のメイン会場へ。
この時すでに、お焚き上げの整理券の行列はすでに出来上がっておりましたが、その数に圧倒されて、列に並ぶことは早々に諦めました。18:30頃からメイン会場の近くで、地元の吹奏楽団フェスティーボ・ウィンド・アンサンブルによるアニソン演奏があり、結構盛り上がりました。特に”Don't say lazy"はアレンジも決まってなかなか良かったです。
その後、地元をモチーフにしたアニメの短い紹介映像の上映や、伝統芸能の実演、そして妙にノリのいい金沢市長の来年も開催するぞ宣言で盛り上がったりしている間に、周りにどんどん人が増えて、のぞみ札の行列がメイン会場に到達したときは、もう押し合うような混雑ぶりになってしまいました。
女の子の神様
湯湧稲荷神社での神事の様子がメイン会場のスクリーン映し出され、神社での神事が終了した後、神社から女の子の神様が降りてきました。
(自分のデジカメでは、この写真が限界でした。ひどい写真でガックリです...)

もうひとりの友人とテルメで待ち合わせしていたため、お焚き上げの儀式を見るのはパスして、会場をあとにしました。

名古屋を朝5:00に出発してから、テルメに入館した22:00まで本当に長い一日でした。
でも、やはり実際に祭りに参加するのは格別ですね。自分は今後も、本祭だけになるとは思いますが、参加し続けたいと思っています。

”花咲くいろは”は、北陸地方のアニメ工房の雄P.A worksの10周年記念作品として制作されたもので、その超絶美麗な絵もさることながら、そのすばらしい内容に惹かれて、作品の放映が終わって2年経ってもなお多くのアニメファンがこのイベントに参加し続けているのだと思います。
ただ、このイベントがアニメ作品発のものである以上、年月が経つに従ってその作品に対する記憶も薄れていき、いつかは自然消滅してしまう可能性があることは否めません。(というか多分にその可能性はあります。)

でも湯湧の地は、他のアニメ聖地と異り、作品の舞台が温泉街なので、実際にそこに宿泊して、アニメの聖地巡り以外にも普通に温泉を楽しむことができることが出来ますし、また、このアニメが地元の旅館を舞台にした話なので実際に旅館を経営されている方にも愛される続ける要素があることは、このイベントを続けるに当たって、良い条件になっていると思います。しかし、それに胡坐をかかず、毎回趣向を凝らして、是非このイベントを続けていってもらいたいと思います。

メインの神事は、いろはの中の架空のお祭りを再現したものですが、本当の神事の作法に則ったもので、一般の人にも受け入れられるものなのだと思います。
でも、この祭りが一般人も参加するごく普通のお祭りとして定着するにはまだまだ時間がかかると思います。(というよりも、自分は正直それは難しいと思っています。)
主催する側は、作品の記憶が薄れてアニメファンの参加者が減ってしまう前に、できるだけ早く一般人の参加者を増やすことを考えていると思います。でも、自分は逆に、出来る限りアニメに拘り、アニメイベント+本祭(神事)の組み合わせで続けていって欲しいのです。例え将来、イベントからいろはの影が薄くなっても、アニメファンは本祭がアニメの中の祭りを再現したものだということは忘れないと思います。このことに意気に感じるアニメファンがいる限りこのイベントは、アニメファンによって支え続けられると思います。


それでは、今回祭りに参加した皆様、本当にお疲れ様でした。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/11-1e2bf3a1

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。