Aiuto!の穴

英語の勉強とアニメの感想や日々気になることの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の日記(2014/6/5-6/7)

6/6に、久しぶりにマシンに大トラブルが発生。
マシンが妙な動きをして、マシン先端が製品にめり込んだのだ。(衝突時、とんでもない音がしたとのこと。お客様の担当者が青くなって飛んできた。)

運悪く、On-site support担当の米国人エンジニアは、VISAの関係で一時的に日本を出国しておらず、逆にこれは運が良いと言っていいのか、同じメーカーの他のエンジニアが、別プロジェクトで来社していたので、彼に急遽来てもらい問題を調査してもらった。しかし、このエンジニアは米国人ではなく英国人でであったため、彼が最初何を言っているのかさっぱりわからなく冷や汗が出た(米国の英語と本場英国の英語は全く違うのを思い知らされた。発音が本当に全く違う。日本人が英語と思っているのは、米語と言ったほうが良いかも)。結局、深夜までかかっても原因の特定ができず。一旦引き上げて、次の日(というか既に当日になっていた。)の早朝に再度作業開始となった。しかし、自分はmailを米国メーカーに出さなければならなかったので、それを出し終わった後、2時間ほど寝て、朝の6:00amにはまた現場で作業を開始していた。眠い...。
6/7は、既に英国人エンジニアは帰国してしまったので、自分で米国メーカーとメールのやり取りをしながら作業を行うも、原因特定に至らず。再度仕切り直しで、明日日曜日の7:00amから作業を再スタートすることになった。
何か、もう英語の勉強どころではなくなっているなぁ。とにかく眠い...。

PS1.
WiXOSSを3話まで見たあと、本当に3週間程今期のアニメを見ていない。本当に期が終わってしまうので頑張らないと。

PS2.
営業所止めにしてあった"カレイドスター~10年目のすごいBlu-ray BOX~豪華版 "を本日受け取った。
カレイドスター~10年目のすごいBlu-ray BOX~豪華版
ちゃんとアマゾン価格で買えたので良かったです。しかし、どうもこのBoxの価格はAmazonの直販がなくなると、すぐに転売屋の輩が値段を吊り上げるので、本当に油断も隙もあったもんじゃありません。本当に転売屋のクズどもは目障りです。
本日、1話を視聴しましたが、画像がすごくクリアになっていて非常に素晴らしかったです。そして、そして、改めて見直すと、話の内容が今時のアニメには見られないようなポジティブ&スポ根路線が逆に新鮮ですごく良かった。基本的に自分は主人公が違う環境の中で頑張るというストーリーは大好きなのですが、それに加えて主人公そらの明るい性格が見ていて実に気持ちよかったです。そして始めてカレイドスターを見て感動していた頃のことも思い出しました。その当時、すでに発売されていたDVD boxはかなりの高値になってしまっていて、自分は購入を諦めるしかなかったのですが、それに比べればこのBoxの価格は十分リーズナブルと言えるものです。以前自分は、このBluray boxに高いと文句を言いましたが、それを訂正したいと思います。やはり、この作品は名作と呼ばれるにふさわしい内容を持ったすばらしい作品であり、それを新たにHD化してリリースしたこのBox setはちょっと高く見えますが、その内容に見合った分の手間をかけた製品であると思います。

PS3.
"テキサス親父"ことトニー・マラーノ氏が来日し、6/21に何とあの河野洋平氏の講演会の隣の部屋で同じ時刻に講演会を行うことになりました、自分はこの講演会のチケットを入手することができましたので、この講演会に参加するために山口県に行こうと思っています。
        index_49.jpg   
  images_jpgいあんふ_1
このトニー・マラーノ氏は、現在日本が中韓から謂なき中傷に晒されていることに憤りを感じ、世界に向けて日本を擁護する発言をされている方なのですが、この慰安婦問題に関しても、実に公平で理論建てされた意見を述べられており感心させられました。以下にZAKZAKに載ったマラーノ氏のコメントを添付させて頂きます。

「21日には、山口市の山口市民会館で開かれる講演会に出席する。ちょうど、隣の会場では、あの「河野談話」を発表した河野洋平元衆院議長が講演会を開くという。このため、関係者が「多くの聴衆の前で、慰安婦問題について『公開討論会』に応じてほしい」と要請している。俺は、河野氏と話ができるのなら、それは、それでうれしいと思う。

 河野氏はかつて、衆院議長を務めただけでなく、勲一等旭日章という日本最高の勲章を授与されている。そんな人物が、慰安婦問題では産経新聞などの取材を拒否していると聞いた。一体、どういうことなんだ?

 米国や日本など、民主主義国家の政治家には、国民に対する説明責任があるはずだ。河野氏が政府高官として発表した談話について、その信憑性に疑問が持たれ、日本と日本人の名誉を傷つけているのに、その説明から逃げているのだとすれば、俺には理解できない。

 日本の報道によると、談話の作成過程で、韓国側から「元慰安婦の証言を認めてやってほしい」との要請があり、証言に沿った談話が出れば「過去の問題は決着し、未来志向の日韓関係を醸成できる」という示唆があったという。そこで、当時の日本政府は政治的判断として、一方的な証言をもとにした河野談話を発表したという。
ところが、韓国は“約束”を反故にして、問題を蒸し返す「禁じ手」を使っている。河野談話を根拠に「戦時高給売春婦」だった慰安婦を「性奴隷」と言い換えて、日本と日本人をさげすむウソを世界中で吹聴している。韓国系団体は先月末、米バージニア州フェアファクス郡に、また「慰安婦の碑」を設置した。本当に許せないぜ!

 外交に善意は通用しない-という典型的な事例だ。結局、河野談話は、国家のために命を落とした方々への冒涜(ぼうとく)となり、今後生まれてくる子々孫々にハンディキャップを与えている。

 河野氏はこの現状を放置するのか?

 俺は、河野氏個人を批判するつもりはない。談話発表の責任は、宮沢喜一元首相以下、当時の日本政府全体にある。河野氏は国民に対し、談話作成の過程について、政治家としての説明責任を果たすべきだろう。」

トニー・マラーノ氏は、上記発言の中で河野洋平個人を批判するものではなく、談話発表の責任は日本政府全体にある。しかし、河野氏は国民に対し、政治家としての説明責任を果たすべきだと述べています。
この当たり前の理屈を公の場で述べた人は本当に少なく、それを外国人であるトニー・マラーノ氏は、実に論理的かつ的確に述べており、自分はトニー・マラーノ氏の真実を見抜く慧眼に本当に感心させられました。
自分は、上記コメントを読んで、ますますトニー・マラーノ氏の講演を聴くことが楽しみになりました。そして、万に一つ起こるかも知れないマラーノ氏vs河野洋平の直接対決を望まずにはいられません。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://bonobo777.blog.fc2.com/tb.php/105-de8f3378

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。