Aiuto!の穴

≫2016年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暫定更新です...

今週の木曜、金曜日と代休を取って現在東京に来ています。日曜日まで旅先にいるので、恐らく次の更新は来週の初めになると思います。
一応、少なくとも数日間隔で更新をすることを目標にしていましたから、あまり更新間隔が開きすぎるのもよろしくないと思うので、今回仮更新をしておきます(来週には、この記事は削除する予定です)。
(本暫定記事に対して、望外に多くの拍手を頂きましたので、この記事はそのまま残させて頂くことにしました)

現在、築地市場の競りの見学の待合室にいます。
築地20160525_1

多分、この中で日本人は自分一人ではないのでしょうか。周りでは、全く日本語が聞こえません。どういう訳か、この競りというものは外国人にものすごく人気があって、本来、この競り見学の受付は5:00amからなのですが、早い時間にものすごい人数の外国人が押し寄せてくるので、受付時間がどんどん繰り上がっていき、現在では2:00am~3:00amになってしまっています(正式には決まっておらず、60人以上集まると受付を開始するとのこと)。競りの受付は120人の上限があるので、結局自分も早く築地に来なければならなくなってしまい、仕事終わりに名古屋から直接築地に向かって、築地市場の受付前で徹夜で並ぶ羽目になってしまいました。現在の時間は3;00amで、メチャクチャ眠いです。少ない休みで効率よくたくさんの場所を巡ろうとしているので、明日はかなりの過密スケジュールなのですが、体力が持つかとても心配です...。
いつか、この旅行の記事をUpしたいと思うのですが、現在ストックしてしまっている旅行記事がそこそこあるので、この旅行の事をUpするのは結構先になりそうです。

スポンサーサイト

ガルパン劇場版4DX@効果マシマシ版鑑賞とその他のこと

今日は5/6以来の休日(もっと言えば、4/25から数えると2回目の休日)となるので、その前日の土曜日は仕事終わりに同僚と飲んで弾けてしまい、当然のように英語の勉強は無しにしました。というか、先週以降あまりの連続勤務っぷりに体力的にきつくて帰宅後は殆ど直ぐに爆睡していましたから、英語の勉強は来週以降また仕切り直しするしかないようです。
IMG_1728.jpgIMG_1730.jpg
昨日の居酒屋は名古屋駅のガード下にあるカウンターのみの小さな居酒屋でしたが、なかなか雰囲気は良かったです。しかし、働きずめと言いながら今週の半分は飲みに行っていたような気がするなぁ。まぁ、そのくらいしないとやってられなかったということにしときましょうか。いや、実際、マジにそうだったので。

翌朝は、二日酔いでキツかったですが、気合で起きて、自宅から車で30分ほどの距離にある中川コロナ・シネマワールドにガルパン劇場版4DX@効果マシマシ版を朝8:00からの早朝上映で観てきました。
           IMG_1737.jpg
今回の上映は、<Blu-ray&DVD発売記念上映>と銘打った初回上映から27週経った後の異例の上映でしたが、上映開始2日目の土曜日とあって、ほぼ満席状態でした。鑑賞したのが平日だったとはいえ、封切ほぼ3週間目の劇場版響け!ユーフォニアムの鑑賞者数が8人だったことを考えれば、やはりこのガルパン人気は凄いと思いました。

さて、今回のこの4DX@効果マシマシ版とは、<香り>、<バブル>、<霧>などの効果がパワーアップされているとのことでしたので、どんなものかと期待していたのですが、まず、わかり易い所で言えば、確かに<バブル>は、入浴のシーンで以前より多くシャボン玉が出ていたのは間違いありませんね。あと、<香り>ですが、戦車が草原などをゆっくり進む場面で吹いてくる風に、植物を連想させるような香りがより強く加わっていたように感じました。シャボン玉の効果?は今ひとつですが、自分は草原を戦車がゆっくり進むシーンで、椅子がゆったり動きながら風が吹いてくる4DXの演出がとても好きなので、これに草原を連想させる匂いが加わったのは良かったですね。
o0640035813491288868.jpg
このような草原の行進を俯瞰するシーンでの4DX演出はとても好きです。

ただ、逆に煙幕の量などは、今までの4DXより少なく感じられたので、アレ?という感じでした。特に、奈良のユナイテッド橿原で見たときの4DXでは、カール自走臼砲の着弾シーンで前列3席目くらいまで白煙に覆われフラッシュの効果も結構大げさに使われていたので、これを上回るのは確実かなと思いきや、視聴席を覆うにはとても覚束ないような量の白煙がちょぼっと出たくらいで拍子抜けしてしまいました。まぁ、この白煙演出をやりすぎると白煙に映像が写ってしまい、うまく映像をスクリーンへ照射出来なくなるので控えたのかもしれませんね。

今回の視聴は、自分にとって8回目になるので、流石に初回視聴時程の高揚感はありませんでしたが、それでも面白くて最後まで集中して見れたところがこの作品の凄さなのでしょうね。特に、1回の視聴では完全に理解することが不可能なくらいの戦闘シーンの数と戦闘シークエンスの手の込み方が、この作品の多数回の視聴を促しているのは間違い無いでしょう。この戦闘シーンについては、以前ネット上でまとめを入手していたので以下に貼って見ます。
201512072247009cd_2.jpg
このまとめは、本当に良く出来ていますね。特に3副官の一人であるルミ車両の撃破のシーンはこれを見てやっと理解できたくらいです。これは、一般のファンがまとめたらしいのですが、記憶だけでよくこれだけのものを作ると感心してしまいます。
(この図をクリックして拡大表示させることを試みたのですが、サムネイルを使ったやり方だとサムネイルの最大高さ999に拘束されて逆に小さく表示されてしまいます。多分やり方はあるのでしょうが、もうちょっと、色々勉強が必要なようです...)

今日の4DXの鑑賞で、自分のガルパン劇場版の鑑賞予定は立川極爆上映のみとなりました。立川シネマシティの極爆上映は、ガルパン劇場版の各種上映伝説の先駆けとなったものですから、非常に楽しみにしています。
その後は、5/27発売のBlu-rayですが、これには劇場版の後日談の新作映像が含まれているとのことなので、それも楽しみです。しかし、、これだけ大ヒットした劇場版のBlu-rayにただで新作映像を付けてしまう水島監督の太っ腹とサービス精神には本当に脱帽してしまいますね!

PS1.ガルパン劇場版来場特典
今回、無理してでも早朝上映での視聴を敢行したのは、来場特典の生コマフィルムGetの可能性を高めるためでしたが、その甲斐あって何とか入手できました(残りの数から見て、その日の2回目上映まで位は入手可能だったかも)。
ただ、前回よりはマシでしたが、やっぱり戦車だけで、キャラ無し(豆粒みたいに写ってはいますが)のフィルムでした。う~む...
DSC08084.jpg
一番最初にGetした生コマフィルムは、自分にとって奇跡のフィルムだったのかもしれません。
20160109220022c37_2.jpg
(これは、間違えて左右反転で撮ってしまいました)

PS2.あずまんが大王Blu-rayBox発売決定!
待望の"あずまんが大王"のBlu-rayBoxの発売が決定しました!
img_0_azumanga.jpg
おそらく、日常系と言われる作品の中で、自分が初めて面白いと思ったのが、このあずまんが大王です。
自分が、”涼宮ハルヒの憂鬱”を初めて見てアニオタになった頃、TVでは”らきすた”が放映されていましたが、その当時の自分は、その面白さがさっぱり判らず、こんな作品を作るより、京アニは、さっさとハルヒの2期を作ってくれと本気で思っていたくらいでした。その後、ネットで名作と言われる作品を調べて手当たり次第見ていくうちに、このあずまんが大王に出会ったわけですが、やはり最初の数話は面白いなどとは全然思いませんでしたね。"おっ?"と思い始めたのは8話での各キャラの初夢の話から。特に、無口でまじめそうに見えていた榊さんのシュールな初夢にはぶっ飛びました。それ以降は、あずまんが大王の世界にどっぷりとはまり込んでいってしまったのですが、このあずまんが大王を見て以来、らきすた等の日常系アニメを面白いと感じることが出来るようになった気がします。そういう意味では、このあずまんが大王は自分にとって、記念碑的な作品と言えそうです。
080213azumanga07.jpg
あずまんが大王の良さは、メインキャラの女子高生たちだけでなく、サブキャラの先生にもきちんとキャラクター造形が与えられて作品の幅を広げているところです。特に、第19話でのゆかり先生とにゃも先生の仕事の話は、味わい深いものがありました。

関連記事:日常系アソート(らきすた、みなみけ、苺ましまろ、あずまんが大王 感想)

PS3.Windows10アップデート
皆さんの中にも、頻繁に出るWindows10へのアップデートを促すポップアップをうざいなぁと感じておられる方は多いと思いますが、自分の場合は、寝落ちしている間に、ついに勝手にアップデートが始まり、寸でのところでWindows10に切り替えられるところまで行ってしましました。
windows10_1.jpg
恐らく自分が寝落ちしている間に上記のような画面が表示されて、自動更新がされていったのだと思います。
自分の場合は、はっと眼が覚めるとPCの画面が見たことのないものに変わっており、”このままWindows10を使い続けますか?"という表示が出ていた(のだと思うのですが、やられた!という思いに動悸も激しく焦っていたのでどうもハッキリしません)ので、それにNoを選んだらWindows7への復旧シーケンスが走り始めてホッとしました。やれやれ...

なんで、こんなことが起きたのかをNetで調べると、どうも勝手にUpdateスケジュールが組まれてしまっていたようなのです。
このことを調べるには、タスクバーのWindowsアイコンをクリックすると表示されるとのことなので、実際にクリックしてみました。
windows10_2.jpg
スケジュールされていないと、下記の見慣れた(というかしつこい)Updateを促す画面が教示されるのですが、ある特定の条件を満たすと、更にもう一つ下の画面に変わるとのことです。
windows10_3.jpg
windows10_4.jpg
自分の場合は、上図が表示されましたので、以下の手順でスケジュールをキャンセルしました。
まず、左上のアイコンをクリックして、下記のようなメニュー画面を表示させます。
メニュー画面が表示されたら、その中から確認の表示をクリック。
windows10_5.jpg
「アップグレードを予約しました」と表示されたら、左下にある「予約の取り消し」をクリックしてアップグレードのキャンセルするとのことです。
windows10_6.jpg

Windows10への強制アップグレードが心配な方は、一度タスクバーのWindowsアイコンをクリックして確認して見たら如何でしょうか。しかし、このようなユーザーの意向を無視したアップグレードを行って、ソフトウェアが動かなくなる等でビジネスに支障をきたす事が起きたら、Microsoftは訴えられる可能性があると思いますよ、本当に!!

PS4.おまけ(ネットからの拾い物)
ガルパンしほ漫画

英語の勉強(2016年5月3週目【追記】5/16,5/18)

本日(5/20)は米国メーカーと新装置の施工とscheduleに関するTelephone conferenceを実施。自分の実力だと、電話での会話はかなり理解力が低下してしまうのですが、今回は装置の修理で来日していたS氏を、日本側に同席させたのでかなり助かりました。電話ではなく、対面で話すと相手の表情がわかるので、それに合わせてこちらも会話を進める(相手が怪訝そうな表情をしたら、繰り返し違う表現で説明する等)のでなんとか話し合いが成立するのですよね。ただ、現在の自分の英語力では、対面で話しても必ず相手に通じるわけではなく、こちらが一生懸命手振り身振りで説明して、相手もコクコク頷いているので解っているのかと思いきや、最後に”what?”とか言われるとガックリきます(解ってて頷いていたのとちゃうんかい!)。でも、まぁ本日は無事に乗り切ってホッとしました。

その後、他の現場を見て回った後は、新しい営業さんと新人君の歓迎会に出席。今回は、リーズナブルな感じの中華屋で歓迎会を行ったので腹いっぱいになりました。
IMG_1722.jpg

明日の土曜日(5/21)の出勤を乗り切れば、次の日の日曜は、5/6以来の待望の休日です。

今日の進捗

DuoSelect204060100120140140160
キクブン270204060100120140140160

はっきり言って、見るも無残な結果です...。今週での挽回は無理っぽいです。

PS.ガルパン4DXマシマシ予約
近所の中川コロナで、明日日曜日の予約を行いました。今回は、Blu-ray販売直前の上映なので、流石に前回の予約席の奮奪線のようなことは起きずに、すんなりと予約できました。中央通路に面した真ん中ぐらいの席なので、煙幕の効果など結構期待できそうです。残念なのは、再上映の2日目なので、来場特典の生コマフィルムのGetは殆ど期待できないことです。今回は、土曜出勤さえなければ確実に初日に行けたのですが...

5/18(水)
今まで行ってきたマシンの修理がやっと本日終了し、マシン動作の精度も良好。ホッと一安心です。来日して頑張ってくれたEngineerの方には本当に感謝です。本日は、その打ち上げを行って来ました。
IMG_1717.jpg


PS1.ネンドロ アクア様
my47519eTeYtKSzjY7B-z6k.jpgmy47517WMqYtKSzjY7B-z6k.jpgmy47518VqcYtKSzjY7B-z6k.jpgmy47516TUOYtKSzjY7B-z6k.jpg
このアクア様の出来は中々ですね。特に嘲り顔が最高です。久しぶりにネンドロを買ってみたくなりました。

PS2.鴨川エナジー
鴨川エナジーは、アニメ”輪廻のラグランジェ”という作品中の飲み物ですが、2013年6月の発売以来、鴨川市内限定の販売にも関わらず、販売数4万本を突破し、鴨川市ふるさと納税(鴨川市ふるさぽーと寄附金)謝礼品に採用されるまでのヒット商品に成長しているとのこと。
energydrink-728x546[2]
”輪廻のラグランジェ”は、アニメ聖地化の失敗例として、アニメファンの間では名高い作品ですが、ここまで来れば、地元的には貢献度の高い成功したアニメと言えるかもしれませんね?
時々ネット上でスレ立てされる”アニメ聖地の失敗/成功”において、今でも失敗の筆頭として挙げられる鴨川ですが、その失敗の理由は、地元のアニメの聖地化の取り組みがあまりにもあざと過ぎた(ネットでは”オタ舐めるな!”と言われてしまうほど)というのもありますが、一番の原因はアニメの内容が酷すぎたから。でも、OPの出来だけは素晴らしかったですね。ちょっと懐かしかったので、OPを以下に貼ってみました。


5/16
現在のTroubleも何とか目処がついてきました。特に今日、重要な引き渡しテストの項目を実行出来たときは本当にホッとして、少し脱力してしまいました。やっぱりかなり緊張していたのだなと、その時実感しました。とにかくここまで来れば完了まであと僅かなので、気合を入れて乗り切るのだ!

昨日は、帰宅後ネットを見ていたらいつの間にか寝落ちをしてしまったのですが、今日も寝落ちしてしまい殆ど英語の勉強は出来ていません。まずい...

夜更かしの理由
以前の自分は、完全に夜更かし型で、睡眠時間も4時間程度と短いものでしたが、今は5~6時間程度は睡眠を取っている(というよりいつの間にか寝落ちしている)状況です。ちょっと前までは正に上の絵の、夜更かしの理由に、自分は思いっきり当てはまっていましたが、現在の睡眠状態が増えた状況は、今の自分が充実した日々を送っているからなのでしょうか?(間違いなく、違うと思う...)

5/14(土)
現在、来日した米国人技術者によってマシンの修復が行われていますが、ちょっと時間がかかってしまっている状況です。この作業が終了後、そのまま定期点検を連続して行い、予定していた作業終了より1週間遅れで、装置をお客様へ引き渡す予定です。
このようなスケジュールのため、全く休みが取れず、次の休み予定の5/22(日)の前日まで働きずめという勤務状況になってしまいました。考えて見れば、4/25(月)から5/21(土)までの、ほぼ1ヶ月間で休みは5/6のたった1日だけというハードさで、これはさすがに体にこたえたのか、先日勤務中に疲労のため体を動かすのも難儀に感じてきたため、その日の仕事終了後、マッサージに行ってきました。マッサージを受け始めるとすぐ爆睡してしまったのでマッサージを受けた実感はどうも無いのだけれども、少し体が軽くなった感じがしたのでちょっとは効果があったのかな。とにかく、次の1週間を乗り切れば休みが取れるのでそれまで何とか頑張るんだ!ふぅ...

ただ、こんな状況なのですが、あまりにも目標としていた英語の勉強を中断し過ぎていたので、今日から再開することにしました。現在、来日中のエンジニアと話していて、やはりヒアリング力の無さを痛感しているので。

ちなみに、当初予定していた涼宮ハルヒの憂鬱の英訳本を未だに読んでいないのは、まだ部屋の整理が終わっていなくて、その本が現在行方不明だからです。何やってんだ...。来週の日曜と代休として次の月曜日も休む予定なので、何としてもこの2日間で部屋の整理を終わらせなければ。

PS.ガルパン劇場版上映復活?
5/26(木)、5/27(金)と代休を取って、東京の立川シネマシティでガルパン劇場版の極爆上映の最終上映を観る予定でしたが、なんと上映日を6/30まで延長するという以下の告知が立川シネマシティから出ていました。

===================
ガルパン、こわい(落語的意味を含む)。
シネマシティが「最後の一輌まで」宣言をしたのも束の間、ここに来て「Blu-ray&DVD発売記念上映」と題して5/21(土)〜5/31(火)、全国の映画館で再上映決定(詳しくは公式HP)。

…なんということ。どうだとばかりに大声を出しただけに、これは恥ずかしい。どこが「最後」か。しかも僚車(他館様)が、ソフト発売日5/27(金)を越えてくるとは!

さらに、5/21(土)にはなんと「生コマフィルム」の入場者プレゼントあり。
公開は2015年11月21日(土)の作品だというのに。まさに前代未聞。
ガルパン、こわい(落語的意味を含む)。

恥を受けたまま引き下がるわけにもいかず、知波単魂にのっとり、シネマシティは6月30日(木)まで上映延長決定(「5月」ではありません)。

Panzer…Voooor!!
===================

何と、公式HPで「Blu-ray&DVD発売記念上映」と題して5/21より、全国153館にて劇場版上映の決定を告知したとのこと。以下がその告知です。

===================
ガルパン公式ブログ

5/21より、全国153館にて劇場版を上映!生コマフィルムをプレゼント!【4DXマシマシ】

毎週金曜の定例更新です!ビックなニュースと共にお届け!

■劇場情報ページ
http://girls-und-panzer.jp/theater.html
☆5月21日から上映する劇場など大幅更新!

5月27日のBlu-ray&DVD発売を控え、新規上映館38館を含む全国153館の劇場での上映&再上映が決定いたしました。更に、5月21日時点で上映中のすべての劇場にて、入場者プレゼントの配布も決定致しました!

●Blu-ray&DVD発売記念!劇場版 新規&再上映&入場者プレゼント配布決定!
劇場版BD&DVD発売を記念して、全国153館の劇場にて上映を行うことが決定いたしました。大好評をいただきました4DX®版も<香り>、<バブル>、<霧>などの効果がパワーアップした「4DX®効果マシマシ版」として復活いたします。さらに、ご鑑賞の皆様には入場者プレゼント(生コマフィルム)を配布いたします!この機会に是非、劇場の大スクリーン、大音響で『ガールズ&パンツァー 劇場版』をお楽しみください。

<27週目 入場者プレゼント> 生コマフィルム

配布期間:5月21日(土)~
※在庫に限りがございますので、無くなり次第配布終了となります。
※お一人様、1回のご鑑賞につき1枚の配布となります。ご購入いただいたお席分ではございません。
※生コマフィルムの絵柄はお選びいただけません。
※5月21日(土)以降に上映を開始する劇場ならびに、5月21日(土)時点で上映中の劇場にて配布いたします。
配布劇場は下記にてご確認ください。

<Blu-ray&DVD発売記念上映>
上映期間:5月21日(土)~5月31日(火)≪11日間≫

5月21日時点で、新規上映館38館を含む全国153館の劇場にて上映致します。更に、大好評を頂きました4DX®版も<香り>、<バブル>、<霧>などの効果がパワーアップした「4DX®効果マシマシ版」として復活致します。上映開始27週目としては前代未聞、異例の大規模上映となります!!

http://girls-und-panzer.at.webry.info/201605/article_3.html
===================

確かに、昨年の11月封切の映画で、Blu-ray発売後の上映開始後27週目に来場特典を付けて再上映をする映画なんか聞いたことがありません。しかも、今回の153館上映は、封切時の77館の2倍というおまけ付き。立川シネマシティの言うように、"ガルパンこわい"...
おそらくこれで、劇場版まどマギが持っている20.8億の興行収入を抜いて、ラブライブに次ぐ深夜アニメ興業収入2位の座に輝くのは確実だと思われます。しかも、開幕ダッシュ無しに、4DX上映とこの「Blu-ray&DVD発売記念上映」の3段ジャンプで20億超えをするという不思議な興行収益推移を持った作品というのは、今後なかなか出てこないでしょう。

さて、公式の告知の中に、自宅近所の中川コロナでの4DX再上映が含まれていたので行ってみる事にしました。<香り>、<バブル>、<霧>などの効果がパワーアップした「4DX®効果マシマシ版」というのがどういうものなのか、今から楽しみです!5/21(土)から行けば、来場特典が入手できそうですが、自分は5/21は仕事なので、5/22に行くしかなく、恐らく来場特典の入手は難しいでしょうね。本当に5/21は働きたくないなぁ。まぁ仕事だから仕方がありませんが。

その後、5/26の立川シネマシティ極爆上映鑑賞が、自分の映画館でのガルパン劇場版鑑賞の打ち止めになると思います。(その場合、9回映画館で鑑賞したことになるのですが、ここまでくれば自分はどう見ても、まごう事なき”ガルパンおじさん”でしょうね。)

ついでに、バンダイビジュアルから発売される以下の”皆さんお疲れさまでした本”の予約もしてみました。
           146312258008349175180.jpg

PS2.劇場版 響け!ユーフォニアム来場特典の再現率
CiaAB1sUoAAmaQG.jpg 
これはすごい!
場所は、京都府宇治市羽戸山緑地にある階段で、この一番上から2段目より撮影すると写真のようになるのだそうです。


劇場版 響け!ユーフォニアムとMADOGATARI展【追記 来場特典とキャンペーン】

5/6にGW中に唯一取得できた休日を過ごした後、5/7から追加来日した米国人技術者たちと共にマシンの修復作業に入りました。しかし、修復作業を行っていくうちに想定以上のトラブル規模だったことが判明し、追加修復部品が再度米国メーカーから送られてくることになりました。これにて、完全修復は来週以降までかかることが決定し、来週末に予定していた代休は1週間延期となり、それまで安定の2週間連続勤務となります。ふぅ...

本日は日曜とのこともあって、早めに帰ってくることができましたので、この休日でのことを早めにUpしておこうと思います。

1."劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~"鑑賞
この映画は総集編であることが分かっていましたので、初めは全く見ようとは思っていなかったのですが、午後からの"MADOGATARI"展の予約入場時間までの穴埋めとしてこの映画を鑑賞することを思いつき、名古屋の映画館まで足を運ぶことにしました。ところが、これが想像以上に素晴らしい出来で本当に驚いてしまいました。
        IMG_1633.jpg
総集編と言えば、何しろTVシリーズ13話を103分に圧縮しているわけですから、名シーンばかりを集めた総花的なのっぺりとした進行になると思いきや、名シーンのポイントを押さえつつメリハリ感があって、かつ各シーンの繋がりにも違和感が無く仕上げられ、総集編と言うより1つの独立した作品として鑑賞できるレベルにしっかり再構成されていたのです。これは、本当に凄いことだと思いました。

前半こそ、久美子のモノローグで綴られる総集編的な進行でしたが、TVシリーズでも印象的だった夏祭りでの葉月の告白とみどり姉妹と抱き合って泣くシーンや麗奈との夜景はしっかり押さえながら(細かい場面では、幼馴みから一緒に祭りに行くことを誘われた久美子が「は?何で?」と返すシーンも押さえてくれていて嬉しかった)、前半の山場であるサンフェスの演奏に続きます。
9caab65e.jpga707e7c3.jpg
ここで驚かされたのがTV版では一部しか演奏されなかったライディーンのフルコーラス演奏新作カットが追加されていたことです。このシーンの追加で、この劇場版が吹奏楽の演奏シーンに力を入れていることが感じられグッと緊張感が高まりました。そして、後半の県大会出場者のオーディション→再オーディションと集中力を持続しながら最後の県大会コンクールでの演奏シーンというクライマックスまで突き進みます。このコンクールでの演奏シーンにおける追加カットは分からなかったのですが、恐らく数段ブラッシュアップされていたのではないかと思うくらい、この演奏シーンは素晴らしかったですね。京アニの画力は、TV版をそのまま使っていると思われる部分さえ大画面での上映に耐えるクオリティを見せつけましたが、この演奏シーンにおける各奏者の運指などの描込み(たぶん、ここは書き加えられているのではないかと思います)はその上を行くさすが劇場版と納得できる完成度と迫力で、本当に圧倒されてしまいました。

そして、コンクール終了後のEDでは、TV版での木管バージョンOPテーマ"DREAM SOLISTER"にボーカルが追加された劇場版バージョンが流れたのが、また素晴らしかったです。やはりボーカルが入ると曲の説得力も上がりますし、作品の締めくくり感がしっかり出たと感じました。しかも、そのEDバックで、TV版の今までの振り返り映像がコンクール優勝時のエピローグカットに変更されており、そのことによって、このコンクールが物語の終わりではなく、今後に繋がる2期を予感させていて、非常にうまいと思いました。

もちろん、総集編という尺の都合上、メイン登場人物以外のエピソードは大幅にカットされてしまっていますが(個人的に、明日香先輩が心にダークなものを抱えていることを伺わせる箇所がカットされているのは残念でしたが、これは仕方がないですね)、逆に時間短縮によって、演奏会に至るまでのストレートなストーリー展開となり、フィナーレまで緊張感を持続させる効果を生み出しました。また、余分なエピソードをそぎ落とすだけでなく、重要なエピソードは丁寧に描いたからこそ総集編にも関わらず、駆け足のような浮つき感も無しに最後の演奏シーンでより感動を高めることができたのだと感じました。
特に県大会前の再オーディションのエピソードでは、音楽を演奏するということ意外に、その演奏者である部員たちの自分に対する信念や他者への憧れといった若い感情の迸りが見ている側の心を揺さぶるようなドラマを生み出し、この物語を単に”音楽が良かったね”という感想に終わらせない、”きらめく青春”を描いた観る者を熱くさせずにはいられない普遍的な物語へと昇華させていました。
5ad1efaf-s.jpg
しっかり前を向いて手を上げるだけでなく、体を反らすぐらいに真っ直ぐ伸ばす挙手で再オーディションに向ける自分の決意を示す香織先輩。
fea34e74.jpg
再オーディションで麗奈の演奏を聞いて、麗奈の演奏が優っているのを理解しつつ必至に香織先輩に拍手を送るデカリボンちゃん。
c5b5adaa.jpg
麗奈の演奏を支持するために立ち上がって拍手をする久美子。
8b31c1cf.jpg5c523cd1.jpg
滝先生から、促され自分で麗奈の演奏を認める香織先輩。それを聞いて号泣するデカリボンちゃん(他人のためにここまで号泣できるデカリボンちゃんに好感度が爆上げしました)。

サンフェスでのライディーン、コンクールでの演奏、そして劇場版EDという音楽に関係するシーンを見るだけでも、この劇場版を見に行く価値は十分にあるかもしれませんが、それだけでなく、その音楽のシーンに至るエピソードに絞ったストーリー展開を集中して見ることによって、演奏シーンでより多くの感動を感じることが、この劇場版を鑑賞する醍醐味であるように感じました。もちろん、Blu-rayが発売されれば必ず購入する予定です。

PS1.
これは作品についてではないのですが、最近ではガルパン劇場版で耳が肥えてしまったからかもしれませんが、映画館で鑑賞しているのに音響的にはあまり迫力を感じなかったのが残念でした。
自分は今度、ガルパン劇場版の極爆上映(スペシャルウーファーによる重低音再生上映)を鑑賞するだけ(ではなくて、他にの場所にも行くけれども)で東京の立川シネマシティという劇場まで遠征する予定です。自分も含めて、映画館まで足を運ぶ人が減少していることを昨今よく聞きますが、今後、Blu-rayがもっと普及し、家庭での再生シテムの性能が更に上がれば、ますます劇場に足を運ぶ人が少なくなると思います。しかし、この立川シネマシティのように個人では出来ないシステムでの上映サービスを劇場側が提供すれば、劇場に足を運ぶ人も増えてくると思いますので、設備投資は大変でしょうけれども、出来れば立川シネマシティのような努力を映画館側にもして頂きたいなと思っています。

自分がこの映画を鑑賞したのはGW中とはいっても、平日に当たる5/6の午前の最初上映で、人の入りは一番少ないと予想されますが、ぞれでもたった8人しか入っていなかったのはいくらなんでも少なすぎです。まだ公開3週間目だったことも考えると、かなり深刻な状況で、映画の宣伝の仕方にも工夫が必要(絶対に演奏シーンでの新カットの追加とブラッシュアップを全面に押し出して宣伝するべきだった)ですか、映画館側も人が入るような工夫が必要だと感じました。

PS2.
来場特典ですが1週目はこのような色紙が配られたとのこと。
       ユーフォ色紙
この内容ならば1週目から来れば良かったと後悔してしまいました。

【追記 来場特典とキャンペーン】
劇場版  響け!ユーフォニアムはよく調べないで劇場へ足を運んでしまったのですが、来場1週目だけでなく、2週目以降も以下の来場特典があったとのこと。

             2週目 4/30~ (ミニクリアファイル(1年生))
             ユーフォ特典1
3週目 5/7~ (ミニクリアファイル(1年生))   4週目 5/14~ (ミニクリアファイル(3年生))
ユーフォ特典2ユーフォ特典3
自分が行った時は8人しか鑑賞者がいなかったので驚いてしまったのですが、次の日から3週目の来場特典配布が始まるので、それを待って来場を控えていたのかもしれません。それでも少なすぎでしたが。

そのためか、以下のてこ入れ(?)が決まったそうです。
===============
「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」
大ヒット御礼 数量限定 入場者プレゼント配布決定!

「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」大ヒットを記念して、
追加入場者プレゼントの配布が決定致しました。
本編の35mmフィルムから4コマを切り出したカットフィルムとなります。
数量限定にて劇場への来場者にプレゼント致します。

5月21日(土)~ 本編35mmカットフィルム
※特典はなくなり次第終了となります。
===============
映画の内容は非常に良いので、特典プッシュで何とか頑張って欲しいところです。

また、劇場版 響け!ユーフォニアムの公開を記念して、以下のキャンペーンがあったので、イオンへ足を運んできました。
キリンファイア特典
今日はキャンペーン初日だったので、まだたくさん残っていました。
IMG_1692.jpg
自分は"ファイア6缶パック"を購入して、得点はAを選択しました。
DSC08081.jpg
ミニクリアファイルって、実際には殆ど活用する場面が無いなぁと思いましたが、考えて見ればA4フルサイズのクリアファイルでもキャラクターがプリントされたクリアファイルを実際に使うことは無いので同じですね。

その他にも、別の缶飲料でキャンペーンをやっていました。
IMG_1693.jpg
自分は今まで、殆どこういうグッズに興味が無かったので、こんなにキャンペーンが多いことを知りませんでした。

2.MADOGATARI展(名古屋会場)訪問
一時期は行くのを諦めた"MADOGATARI"展ですが、追加米国人技術者の来日に併せて再スケジュールを行ったところ、仕事の仕切り直しによって5/6が偶然空き日となったので、何とか行くことが出来ました。
IMG_1666.jpg
ただ、どうもこの"MADOGATARI"展は自分が想像していたものとはちょっと違っている感じでした。

シャフトというアニメ工房は作画で魅せるというよりも、独特のセンスやシャープさのある演出が特徴のある会社で、人の感覚に鋭く切り込むような西尾維新原作の"化物語"や"魔法少女まどかマギカ"のような作品、あるいはギャグ作品でも久米田康治のブラックコメディ"さよなら絶望先生"のようなアクの強い作品を得意とするというのが、自分のシャフトに対するイメージで、そのシャフト40周年記念の催し物ならば、もっとこう、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい仕掛けがあるような展覧会をイメージしていました。しかし、実際のMADOGATARI展における主要な展示物は、今までにシャフトが製作したアニメ作品の原画であり、その原画の展示量から言っても(展示物の約70%は原画でした)、このMADOGATARI展は原画展と名前を変えても良いのではと、思える程のものでした。

自分の中では、つい最近行ったことのある"蒼樹うめ展"に似た雰囲気をベースに更にPopさを増したものイメージしていたので、実際の展示内容との落差にかなり拍子抜けしてしまいました。"蒼樹うめ展"とこの"MADOGATARI"展の雰囲気を単純に比較すると、"MADOGATARI"展の方がエンターテイメント性が低い("MADOGATARI"展では、基本的に原画がズラッと並べられている通路を歩いていく)分だけ、より学究的、言い方を変えるとオタク度が高いと言えるかもしれません。実際、かなりDeepで真面目に(?)オタクをやっている人にとっては、今回の展示は素晴らしかったのだと思います。しかし、自分のような雰囲気オタクにとっては、もう少し展示内容をエンターテーメントの方に振ってくれた方がありがたかったですね。でも、まぁこれは個人の好みによると思います。

最後に、物販での戦利品。
DSC08080.jpg
右上から、名古屋会場特製クリアプレート、"MADOGATARI"展パンフレット、クリアファイル用ホルダー、特製マグネットなど。

今回、一番実用的と思ったのが、クリアファイル用ホルダーという一品。一般の人には謎かけのような代物だけれども、オタにとってはこの有用性がわかるはずです。これによって、やっとクリアファイルの整理が出来そうです。

PS.
MADOGATARI転総選挙では、さやかちゃん(魔法少女まどかマギカ)と歩鳥(それでも町は廻っている)のどちらにしようか迷いましたが、結局さやかちゃんに投票しました。
   w400.jpg

3. あつた蓬莱軒の"ひつまぶし"
名古屋の名物といえば、きしめんや味噌煮込みうどんと並んで"ひつまぶし"のことをよく聞きます。
ただ、どうも自分は今まで美味しいひつまぶしというものを食べたことが無いような気がします。つい最近も、Yさんと食事をしたとき、ひつまぶしを食べたのですが、一応名古屋でも有名な店で食べたはずなのにあまり美味しく感じなかったのですよね。
そこで、今回"MADOGATARI"展に行くついでに、会場近くにある、ひつまぶしで有名な"あつた蓬莱屋"に行って、ひつまぶしを食べてきました。まぁ、たまには贅沢をしないとやってられないので。
IMG_1636.jpg
熱田神宮近くの蓬莱屋に近づくと、開店前にも関わらずこの人だかり。しっかり並んでいないのは、順番待ちリストに名前を書いていく方式だから。
IMG_1661.jpg
蓬莱屋本店の玄関。和風を感じさせる建物。
IMG_1645.jpg
ひつまぶし定食んぽ他に、う巻を頼んでみました。う巻は、うなぎをだし巻き玉子で巻いたものです。ほんのり甘いだしとホカホカのだし巻き玉子がとても美味しい。
IMG_1647.jpg
蓬莱屋のひつまぶし定食。来店のほとんどの人が注文する一品。ひつまぶしの食べ方はお店の説明書きによると、まずはおひつに入ったひつまぶしをしゃもじで十文字に4等分に切り込みを入れ、一善目はそのまま、二膳目は薬味をかけて、三膳目はお茶漬けに、四膳目は好きな食べ方でと言うのが一般的だそうです。さて、期待のうなぎは、外はパリッと芳ばしく焼き上げ中は柔らかいなんとも言えない旨さで、これならば人気が高いのも納得のお味でした。その分、値段もお高かったですが(汗;)。

まぁ、誰かにうまいひつまぶしの店を教えてくれと言われたら、間違いなくこのお店を挙げることが出来るでしょうね。自分でこのお店を利用することは値段の都合上難しいかもしれませんが...。

4. 熱田神宮参拝
ひつまぶしのあつた蓬莱屋は、この熱田神宮のすぐ隣にありますので、蓬莱屋での食後に、最近の厄払いを込めて熱田神宮に参拝してきました。しかし、この時の熱田神宮の写真をデジカメで撮ったつもりが、SDカードが入っておらず1枚も撮れていなかったという痛恨のミスを犯してしまいました。SDカードが入っていないことに、家に帰って初めて気がついたとき、"カードが入っていないならカードが入っていないことをDisplayにちゃんと表示しろよ!"と毒づきましたが、よく見るとちゃんと"NO CARD"と表示されていました。しかも点滅もしていたというオマケ付き。本当に全く気がつきませんでした。次からは気を付けるようにしなければ。(この記事の写真は、全てiphonで撮ったものです)

5. 世界の山ちゃん
"MADOGATARI"展の帰りに、今回来日した2人の米国人技術者と現在滞在中の2人の米国人技術者の計4人と待ち合わせて、久しぶりに"世界の山ちゃん"へ飲みに行きました。
IMG_1667.jpg
この急遽来日させられた2人はとんだトバッチリだけれども、頑張って直してもらうことをお願いするばかりです。ちなみにミスったS氏は、今回流石に小さくなっていて、ビールも最初の1杯だけでしかもジョッキではなくグラスにしていたところが中々カワイイ。まぁ、元気出せと励ます意味で色々話したら、何と彼はその日、車で奈良から京都までドライブしてきたとのこと。全然しょげていないじゃん!

定期点検中のトラブルと代休取得時の計画(妄想)【追記 MADOGATARI展行けることになりました】

【追記】
さんざんMADOGATARI展に行けなくなったと愚痴っていたのですが、何と行けるようになってしまいました。
あまりのトラブル規模の大きさに、米国本社が助っ人エンジニア2名を派遣することを決定し、もうすでに日本に向かっているとのこと。彼らの到着は金曜日で、土曜日から作業を開始したいとのことなので、丁度都合よくというか、偶然にもチケットを予約していた金曜日は作業休止日にすることが出来てしまいました。本当にラッキーと言える状況なのですが、反動がありそうで怖いです。今回のトラブルは、前回ゆゆ式イベントに参加できたことに対する反動のような気がしていたのですが、今回も偶然と言う感じでMADOGATARI展へ行ける事になってしまったので、将来、これら2つの幸運に匹敵する程の大きな不幸に見舞われるような予感がしてなりません。まぁ、米国メーカーが助っ人を2人も派遣するくらいのトラブルに遭っている時点で、既に大きな不幸なのですが。

それはともかく、せっかくの休日なので出来るだけ充実させるようにするつもりです。

========================================

定期点検中についに恐れていた非常事態が起こってしまいました...
このトラブル対応のため、予定していた5/6の休暇を急遽取り止めてトラブル処置することになり、これによってGW連休中の休みは全て消滅することになってしまいました。しかし、もはやそんなことはどうでもよく、今後の対応及びレポート(というより反省文)の提出で頭が痛くなりそうです。ふぅ。

ただ、休みは取れなくても良いのですが、予定していた5/6の休日には、既にチケットを予約購入していたシャフト40周年記念の”MADOGATARI”展に行けなくなってしまったのが痛かったですね。
thumb_29a5a0ff-1af0-4908-8672-f29f6165f9d5.jpgDSC08079.jpg
行きたかったなぁ、”MADOGATARI”展...。せっかく名古屋会場限定プレート引換券付きのチケットを予約していたのに、全部無駄になってしまいました。

しかし、今回のトラブルは、”MADOGATARI”展に行けなくなっただけでなく、来週後半の木金に代休を取ることも難しくなってきたことの方が問題で、もし木曜に代休が取れないと、予定していた東京旅行で、立川シネマシティにおけるガルパン劇場版極爆上映を視聴することが出来なくなる可能性が高くなってしまうので、それは何としても阻止したいのですよね。

ガルパン劇場版は去年の11月に封切られてもう上映末期であり、今月の5/27にはBlu-rayも発売されると言うのに、この立川シネマシティの極爆上映は未だに毎週末は予約で満席になってしまう状況で予約が非常に難しいのです。例えば、2日後の立川シネマシティの予約状況はGW中とは言え、平日である5/6でも満席状態です。
立川シネマ
先月の半ばでは、5/13(金)が最終日との告知があったので、来週の代休を使って上映期限ギリギリに観に行こうと予定したのですが、こんな予約状況では上映最終日の席取り奮奪戦を勝ち抜く自信は全く無かったので、前日の木曜日に勝負を賭けるつもりでした。この日を逃すともはや極爆上映の視聴は難しくなると、ついさっきまで思っていたのですが、本日、立川シネマシティのニュースを読んで見ると先月末に以下のような熱い告知があったのを見つけました。

====================
【極爆】『ガルパン』5/27(金)まで上映延長  「最後の1輌まで」宣言!(確定事項)

2015年11月21日公開にも関わらず、続々始まった新作にもひけをとらず、いまだ週末は満席になる「いいぞ愛」にお応えし、『ガールズ&パンツァー劇場版』、短くともBlu-ray/DVD発売日である2016年5月27日(金)までは上映いたします。

その優れた作品力によってぐんぐんと人気が高まり、上映館が倍に激増、4DX、ULTIRA上映も行われるという快進撃を見せ、ファンを熱狂させてきた『ガルパン』ですが、さすがに全国百数十輌まで増えた僚車も残りわずか。

それでもなんとしても廃校を防ぐため、シネマシティは最後の1輌になるまで戦い続けることを宣言します! 
十万輌を越えるかも知れないBlu-ray/DVD校には白旗の可能性もありますが、そこまではPanzer Vor!
====================

いやはや、熱い告知ですね!こういうノリは嬉しくなってしまいます。そして、この上映延長で、この極爆上映を視聴出来そうなので助かりました。

ちなみに、この極爆上映とは、立川シネマシティという地方映画館としては狂気の沙汰とも言える6千万円超の資金を投じて導入した映画館向けの設備というよりライブ(それも大規模)向けのスピーカーシステムで、立川シネマシティは、このシステムについても以下のような熱い説明を行っています。

5a0d13f7.jpg

====================
思考するな、臆するな、ただ突き進め。

より深くこの作品世界を描写するために、シネマ・ツー a スタジオに
新たに meyer sound社ラインアレイスピーカー[LEOPARD]を導入。
最新・最強の武器ゆえ、その費用、60,000,000 円超。

この「覚悟」を名づけるな。
銀の塗料を口唇に吹きつけた者に、その理由を問うな。

Witness
振り切った者だけに到達が許される英雄の館の門を、シネマシティは
「音」の力でこじ開ける。

シネマ・ツーのaスタジオの前面、左右とセンターのスピーカーを入換。
左右に[LEOPARD](レパード) 6 台+サブ ウーファー[900-LFC]1 台、そしてセンターは[LEOPARD]8 台+[900-LFC]1台。計 23 台のスピーカーによって
構成される。このずらり並んだむきだしのスピーカーの台数は、まさにドゥーフワゴンを彷彿とさせるのではないか。
====================

このガルパン劇場版は、この立川シネマシティ極爆上映に加え、塚口サンサン劇場爆音上映、4DX(及び4DXエクストリーム),ULTIRA(ウルティラ)上映、imm sound上映など、かつて、こんなに多くの方法で上映された映画は無いのではないかと思えるくらいに色々な上映方法が行われましたが、その全ての始まりはこの立川極爆上映であり、この極爆上映を是非視聴して見たかったのですよね。

今回の上映延長で、何とかこの極爆上映を体験できそうですし、自分の中のお祭り騒ぎの燻りも、この極爆上映鑑賞でケリが付けられそうです。

さて、ガルパン劇場版も先月興行収入19億を突破し”けいおん!”超えをしたことが分かりました。出来ればもう一声行って、"まどマギ劇場版"の20.8億を超えて欲しいとも思うのですが、流石にこの時期では無理かもしれません。ただ、このガルパン劇場版は、深夜アニメ興行収入3強の"ラブライブ","けいおん","まどマギ"とは全く違う興行収入推移を見せているので最後に驚異の粘りを見せて"まどマギ劇場版"の興行収入を超える可能性もあるかもしれません。
201604252247193aa.jpg
他の作品のような開幕ダッシュが無く、4DXで二段ジャンプしているように見えるのも面白いですね。

この立川シネマシティ極爆上映を体験してしまえば、後は大洗への聖地巡礼だけですが、11月の"あんこう祭"は、超絶混雑が必至なので、それは外したほうが無難なようです。行きたかったなぁ、あんこう祭。ちなみに、"あんこう祭"ではなく、ただの"大洗春祭り"で以下の状況。
大洗春祭り
多分、"あんこう祭"には、これ以上の人が押し寄せることになると思います。ヤバイ...。

なんだか、最後は最初の内容とかなりずれたことを書いているというより、全く筋道だった文章の展開になっていないけれどもまぁいいか。本当は、それどころじゃないんだけれども。

先週の日記(4/21-30)と100名城巡り及び備中高梁訪問

昨日4/29から、2人の米国人エンジニアが来日し、GW期間を使ってマシンの定期点検が始まりました。今回のGWは多い場合だと連続10日間休む会社もあるようですが、自分の場合は土日及び休日を含めて、このGW期間中休めるのは1日だけです。まぁ、再来週の木金曜日の2日間は代休が取れそうなのですがそれ以外は難しそうです(年末年始の連休を除き、お盆等の長期連休の全て潰れるという生活が、現在の会社に入社以来、既に10年続いています。こんな生活なので、自分はこの会社に入社以来、有給休暇などは取ったことが無く、それどころか、毎年代休を20日以上切り捨てているとんでもない状況です。この状況を当たり前とは絶対に言いませんが、中小企業の宿命で仕方がないことかなとは思っています...)。

さて、今回来日した二人ですが、気持ちのいいナイスガイなのだけれども、マシンの操作を全く知らないとは思ってもいませんでした。だ、大丈夫なのか...?不安なので彼らから目を離すことが出来ないのですが、できるだけ協力して何とかこのGWを乗り切ろうと思っています!

今回の更新は昨週の木曜日の夜から一週間以上空いてしまったのですが、実際、中々時間が取れず、更新ができない状態でした。しかし、今日は早めに上がることができましたので、先週末からのことを忘備録がわりにUpしておこうと思います。

・4/21, 22 営業会議出席
 逃げ回っていた営業会議に結局出席するはめに。しかも、今までは壁際の椅子にオブザーバーのような顔をして座って誤魔化していたのに、ついに机がある席を設けられてしまった。役職的に出席することは仕方ないとは言え、とにかく自分は営業職ではないので話に参加することは殆ど出来ず、ひたすら辛い時間を過ごしました。次回の営業会議は本当にもう勘弁してください。

営業会議の後は、懇親会があるとのことなので会場を移動しましたが、その前に懇親会会場近くの北野異人館街に立ち寄りました。
IMG_1489.jpgIMG_1493.jpg
まぁ、神戸らしくオシャレですね。

神戸外国倶楽部というところで懇親会。
IMG_1527.jpgIMG_1529.jpg
ひたすら食って退散しました。

・4/23, 24 名古屋へ帰る前に岡山へ立ち寄り100名城巡り&備中高梁訪問
 本記事の下のほうに、簡単にまとめて見ました。いつか詳しい記事をUpしたいと思っています。
 旅行そのものは楽しかったのですが、提出しなければならない資料のことなどが綺麗に頭から飛んでしまい、月曜日に結構きつめの非難を受けて針の筵状態でした。何やってるんだ自分...。

・4/25 ロサンゼルス支店の同僚が結婚式を挙げ、その2次会のようなものに出席しました。
IMG_1537_2.jpg
(K君、結婚おめでとうございます!しかし、残念ながらピンボケのひどい写真しか取れませんでした。)

彼には、自分が始めて海外出張したときものすごくお世話になりました。自分は今でもダメな英語しか話せませんが、入社直後はそれどころか全く英語が話せず、その状態で米国へ出張する羽目になり、その米国メーカでの会議の席上で取引先のプロジェクトマネージャーから"お前はnoisyだ"と言われて(しかし、普通そこまで言うか?)落ち込んでいた時に、彼からアメリカのことを色々教えてもらいました。ロサンゼルス生まれの彼曰く、”アメリカと言う国は移民国家なので、全員が英語を話せるとは限らない。そういう国の中では、英語を使って自分自身の考えを話すことは、最低限のステータスとして考えられていて、それが出来ない人は馬鹿にされても仕方が無いという共通の認識のようなものがある。日本のように、住人の殆どが日本語を話せるような国とは考え方に違いがある”とのことで、成る程なぁと納得したものでした(納得したからと言って、いいことは何も有りませんでしたが)。しかし、それから10年経っても、自分はあまり成長していないなぁ...。それは兎も角、K君、末永くお幸せに!

・4/27 ワインの試飲会?
自分の会社は、オシャレにもワインの輸入などを扱っている部署があります。そして、その部署がお客様を招待してワインの試飲会開催することが年に数回あるのですが、その日は、その試飲会が終わった後、社員同士の内輪の飲み会でワインをボトル半分ほども空けてしまい、フラフラ状態に。この状態で乗った終電を間違った駅で降りてしまいベンチで寝ていたところを(この辺の記憶は全く無い)駅員におこしてもらい、やっとのことでタクシーにてご帰還することに相成りました。いい歳をして、何やっているんだ...。

・4/28 韓国人Yさんとの最後の晩餐
現在来日中の韓国人のYさんが仕事が終わり、米国に帰国することになりました。最後に一緒に飯を食おうということになり、名古屋名物のひつまぶしを食べに会社の近くの鰻屋へ行って来ました。
IMG_1559.jpg
Yさんは、もう高齢で恐らく今回が最後の来日とのこと。そして、はっきり口には出していませんでしたが引退することも考えている様子でした。Yさんは30代で米国へ渡米し、そこで結婚して2人の娘を育て上げたのですから、自分などよりも遥かに苦労しているのは間違いありません。そんなYさんとは色々ありましたが、やはり楽しかったですね。そして、まだ引退されていませんが、Yさんお疲れさまでした。


先に書いたように今週の金曜日から定期点検が始まりましたが、5/6に休みを取る以外は土日も働き続けになります。この間は英語の勉強を行う時間は無さそうで、ブログの更新もあまり無いかもしれません。ただ、5/6の休日には、名古屋で開催されるシャフト40周年記念のマドガタリ展を見てくるので、その記事はUpしたいと思います。


PS.先週の週末に岡山で百名城巡り及び備中高梨の訪問を行ってきたので、以下に簡単にUpしてみます。いつか時間があれば、詳しい記事を書いてみたいと思っています。

1.百名城巡り(備中松山城、鬼ノ城、岡山城)
1)備中松山城
TVで竹田城が雲海の城として有名なった後、竹田城に続く第二の雲海の城として有名になってきたのが備中松山城です。
しかし、城好きの人にとっては、現存12天守の1つを備え、日本三大山城(備中松山城、高取城、岩村城)の筆頭である備中松山城は昔から名城の誉れが高いお城で、自分にとって今回は2回目の登城でしたが、改めてこのお城の素晴らしさを実感することが出来ました。
DSC07717.jpg
2層と小さいながらも千鳥破風を飾った出窓の意匠が堂々とした天守閣。
DSC07759.jpg
天守裏側の2重櫓。
DSC07771.jpg
見事な石垣の連なり。この高所でこれだけの石垣を作り上げた技術と労力は感嘆するものがあります。

2) 鬼ノ城
岡山県総社市に位置する鬼城山の山上に鬼ノ城はあります。
鬼ノ城の築城年代は約7世紀頃と推定されていますが、正確な築城年代はもちろん築城者も不詳な謎の古代遺跡です。築城の目的については、663年の白村江の戦いにおける敗北から、唐・新羅の連合軍の本土侵攻に備えたとも考えられていますが、『日本書紀』などにも一切登場していませんので、この古代遺跡は未だに多くの謎に包まれています。
現在、西門の復元が完成していますが、これは実際の柱の跡を元に、古代の土塁工法を使って推測復元したものです。この西門の他に城壁復元工事が断続的に続けられています。
DSC08077.jpg
鬼城山の麓から、車がすれ違うことが全くできない程細い山道を延々3km以上登ると、やっと鬼ノ城西門が見えてきます。
上の写真は途中の物見台から見た鬼ノ城西門全景。
DSC08063.jpg
間近から見た鬼ノ城西門。推測復元されたものなので、正確に形状を再現したものでは無いのですが、正確さ以上に、謎の古代遺跡というものにはロマンを感じてしまいますね!

3) 岡山城
戦前まで、岡山城天守閣は現存して国宝にも指定されていましたが、空襲で惜しくも燃え落ちてしまいました
現在の天守閣は、昭和41年に鉄筋コンクリートで復元されましたが、やはり味気ないですね。あるブロガーさんは、岡山城の外見をレゴで出来ているように見えると表現されていましたが、まさしくそんな感じです。
DSC07651.jpg
下は、焼失前の岡山城天守閣。最下層が不等辺五角形であることから安土城天守を模して作られたとも言われ、大きな入母屋根を持った古い建築様式を残した貴重な遺構でしたので、焼失してしまったことがとても残念です。
岡山城photo_3
今回は、大急ぎで巡ったため、岡山城の庭園である後楽園へ行く時間がありませんでしたが、日本三大名園にも数えられる程の名園とのことですので、次回は是非訪れてみたいです。

2.備中高梁の町並み
今回、備中松山城やベンガラの里(吹屋)を訪問するために、備中高梁に宿泊しました。備中高梁は、岡山駅から伯備線で約1時間ほど行った所にある山間の古い城下町で、昔の町並みと自然の景観が美しい町です。

1)石火矢町ふるさと村
備中松山藩の武家屋敷が立ち並ぶ地域です。路地の両脇には白壁の長屋門や土壁が続き、昔の面影を残しています。
DSC07805.jpg

2)紺屋川筋
かつて備中松山城の外堀の役割を果たしていた紺屋川。その河畔に桜と柳の並木道が続き、「日本の道100選」にも選ばれているとのことです。
DSC07862.jpg

3)中州公園
中州と書いてちゅうしゅうと読むのだそうです。備中松山城から宿泊先の油屋旅館までの途中にあった公園で、小さな水路脇の散策路がとても美しかったです。
DSC07787.jpgDSC07790.jpg

4)油屋旅館
今回宿泊した旅館です。備中高梁では最古の旅館で鮎料理が有名とのこと。鮎の時期が6~8月とのことで、ちょっとずれていたのが残念でした。
DSC07816.jpg

3.ベンガラの里(吹屋)と広兼邸
備中高梁市街から車で1時間程走った山間に、江戸時代中期からベンガラ(弁柄)-朱色顔料-の鉱山の拠点として栄えた村、吹屋があります。
ベンガラの赤い格子が続くとても美しく均整のとれた町並みですが、この美しさは自然発生的にできたものではなく、江戸後期に豪商たちが相談し、わざわざ島根の石州から宮大工を呼び寄せて、町全体の景観も考え造られたものだそうです。当時としてはものすごく進んだ考えですね!
昭和52年には文化庁から国の重要伝統的建造物群保存地区の認定を受けたとのこと。

1)ベンガラの里の町並み
DSC07884.jpgDSC07890.jpg
赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観がとても印象的な町並みです。

2)吹屋小学校(県指定重要文化財)
2011年に廃校になるまで、現役の木造校舎としては国内最古の小学校とのことで見学するのを楽しみにしていたのですが、現在保存修理のため、建物全体を覆って工事をしているので、その中は全く見えません。(パンフレットの下に小さく書いてありました。全然気がつきませんでした...)
DSC07898.jpg
平成32年3月末に修理完了とのことなので、その際また訪れたいですね。

3)広兼邸
ベンガラの里から2km程離れた場所に、小泉銅山とローハ(ベンガラの原料)製造で巨万の富を築いた大野呂の庄屋・広兼氏の邸宅があります。この邸宅は、松竹映画【八つ墓村】多治見家のロケ地として有名です。自分は学生の頃、大の横溝正史ファンでしたので、この広兼邸には是非来てみたかったのです。

DSC08007.jpg
広兼邸見学の駐車場に車を止めて見上げると、広兼邸の全景を見渡すことが出来ます。城郭のような立派な石垣に圧倒されます。
DSC08004.jpgDSC07968.jpg
この広兼邸の入り口に続く坂を、映画の中では山本陽子さんが寺田辰弥役の萩原健一を迎えに出るために降りてくるシーンを覚えています。当時の山本陽子さんは本当に綺麗だったなぁ。

4.番外編 ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド
備中高梁へ向かう前に、岡山県の瀬戸大橋近くにあるブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランドに立ち寄りました。
ここには、ネットで世界一怖いと評判になったスカイサイクルというものがあり、それに是非乗ってみたかったからです。

スカイサイクルとは、レール上に固定された自転車の形をした乗り物を自分で漕いで進んで行くものなのですが、そのレールのコースがとんでもなく高い場所にあり、恐怖のあまり足が竦んで動けなくなってしまう人が続出しているとのこと。成る程、これは、ちょっと乗ってみたくなるじゃありませんか!

DSC07573.jpg
体を固定するには程遠いアバウトな感じの安全帯と錆び錆びの車体。う~ん、これはいい感じにヤバさを演出していますね。
DSC07583.jpg
第一のコーナー。ここは、ほんの挨拶程度というところです。
DSC07591.jpg
次に見えてきたのが有名な恐怖のコーナー。明らかにレールが外側に傾いているのが更に恐怖を煽ります。
DSC07593.jpg
この撮影が限界でした。マジ怖い!
DSC07594.jpg
無事、元の場所へ到着。先に行っていた人が手を振ってくれました。

でも、確かに怖かったのですが、自分は、もうおっさんなので、ちょっとしたくらいの恐怖では物足りなくなっているのかもしれません。もう一声欲しいな思っていたとき、下のようなバンジージャンプの立て札発見。
DSC07563.jpg
どうやら記念のTシャツもくれるらしいので、やって見る気になりました。
DSC07595.jpg
安全帯を体に装着し、注意事項を聞きます。なるほど、水泳の高飛び込みみたいに手を広げて飛ぶのではなくて、体に固定しているロープが顔に当たらないように腕を頭の後ろに組んで、肘で自分の顔面を防御するようにして飛ぶのか。スカイダイビングのシーンを頭に思い描いていたのですが、勘違いしていました。

ジャンプ台に上って、周りを見回すと想像以上の高さです。スカイサイクルのあの恐怖のコーナーがメチャクチャ小さく見えるので更に高さを感じてしまいます。
DSC07617.jpg
下を見ると人が豆粒のようです。これは、スカイサイクルより確実に怖い!
DSC07619.jpg
でも、意を決して飛んで見ると、飛んだ後はロープに吊られてビョンビョン揺れるだけですから、バンジーの醍醐味は飛ぶ前に味わう恐怖ってところですね。

因みに、バンジーをやっている時、"亜人"佐藤の倒れるビルの屋上のシーンを思い出していました。
ccec0647.jpg4155d184.jpg
佐藤 ”スリル満点!”

佐藤はイカレているけれども、敵としての魅力は間違いなくありますね!

まぁこれらは、今回の旅の番外編でしたが、いい経験をしました。

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。