Aiuto!の穴

≫2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/23の英語学習

1)キクブン270
 50~80
2)Duo3.0
 150~200

Duo3.0は予定通り。でもキクブン270は若干の遅れ有り。今週取り戻す予定。
本日は天王川公園で散歩しながら英語学習を行いました。
天王川公園には藤棚が作る日影があるので、勉強し易くgood。
日陰から出るとまだまだ暑いが、日蔭では問題無く勉強できる気温で気持ちがいい。
春には、この藤棚が満開で非常に見ごたえがあると聞きましたが、今年の春は仕事で大ハマりだった為来ることが出来ず非常に残念。来年は是き来てみたいものです。
藤の花の代わりに、今日は彼岸花(曼珠沙華)が満開でとても綺麗でした。

スポンサーサイト

広橋真紀子さんの音楽

自分はかつて軽い欝だったことがあり、その時、気分転換に役立つかなと思って色々な環境音楽(ヒーリングミュージック)のCDを探しました。探してみると、この手の音楽は結構な数のCDが出ていることはわかったのですが、実際に聞いてみると、自分の好みに合う音楽にはなかなか出会えませんでした。そんな中、たまたま広橋さんのCDを借りる機会があり、一聴後、やっと自分が探していた音楽に出会えたという気がしました。
音楽を言葉で表現することは大変難しいのですが、広橋さんの音楽は、ゆったりと暖かな旋律を静かに繰り返すことで、疲れた気分を解きほぐしてくれます。
日々疲れていて、ゆったりとした気分に浸りたいと思う方は、一度広橋さんの音楽を聴いてみては如何でしょうか。
以下、自分のよく聞くCDを何枚かピックアップしてみました。

1.ストレス解消
  ストレス解消

  そのまま直球のCDタイトルですが、このタイトルが付いていたおかげで広橋さんの音楽に出会えました。
  1曲目の"Morning Breath"を聞いた瞬間から、広橋さんの音楽のファンになりました。

2.アイソトニック・サウンド Snow~雪
  Snow.jpg

  広橋さんのアイソトニック・サウンドシリーズはどのCDも良いのですが、その中でもこのSnow~雪はよく聞きました。最後の曲の"蒼い丘と北極星"は、凍てついた大地と荘厳なまでに澄んだ夜空が目の前に見えるようです。

3.ポジティブ・シンキング
  Positive thinking

  広橋さんの最新CD。今までのCDより若干旋律がはっきりした曲が多いような気がしますが、その分、聞いていて楽しい気分になります。1曲目の"Blue sky"はお勧め。

4.Roomy Heart~Pur
  Roomy.jpg

  今では入手が難しくなってしまった、広橋さんの初期のCD。"ストレス解消"と似た感じの暖かい雰囲気のCDです。

もちろん、上記以外も、良いCDばかりです。

今後も、広橋さんの新作CDを楽しみにしております。

9/22の英語学習

1)キクブン270
 30~50
2)Duo3.0
 80~150
キクブンがちょっと遅れている。9/23には挽回せねば。
天気が良くて、夕方から河川敷を散歩しながらDuo3.0を行った。
夕方になるとさすがに気温も下がって、非常に気持ちが良い。あともう少しすれば更に過ごしやすい気候になるので楽しみ。
目標:キクブン270は150、Duo3.0は200まで。

9/21の英語学習

1)キクブン270
 20~30
2)Duo3.0
 35~80
やはり家での仕事に時間を取られてしまった。
9/22は挽回しなくては。
目標:キクブン270は100、Duo3.0は150まで。


9/17~9/20英語学習

1)キクブン270
 1~20
2)Duo3.0
 1~35
英語学習がほとんど進まない。大して忙しくないのにこの体たらくは本当にマズイ。
やはり、家へ仕事を持ち込むと、英語学習がほとんどできなくなるので、仕事はきっちり会社で終わらせなければいけないと痛感しました。
10/7から仕事でアメリカ人が来日し、ほぼ年内は一緒に仕事をする予定なので、それまでにキクブン270とDuo3.0
は、1巡したいところ。
9/21からの3連休でどこまでできるかが鍵かも。
予定は、キクブン270を180、Duo3.0を150、音読パッケージを1章までです。できるか?

音楽について(初めに)

自分は学生の頃から音楽が好きで、よく聞いていました。
一番思い出が深いのは、やはり”King Crimson"でしょうか。
高校生になって友人から借りた”クリムゾンキングの宮殿”を聞いたときは、本当にちょっとしたショックを受けました。
何しろ、そのような音楽は今まで聞いたことがなかったからです。
それからは、King Crimsonを始め、ELPやYESなどいわゆるプログレッシブ・ロックと呼ばれるものを聴き漁りました。
大学生になると、80年代のユーロピアンポップス/ロックも聴き始めました。この80年代には、YAMAHAのDX-7をはじめとする電子楽器やシーケンサーなどの音楽ソフトが発展した頃で、今までは楽器の達人しか参加できなかった音楽に、殆んど楽器を弾けないような人たちも音楽に参加し始めて世界的な大ヒットを飛ばすなど、どんなグループが飛び出してどんな音楽がはやるか予測がつかないような、何かウキウキした感じがありましたね。世間的にも景気が良くて、後に不況が来るなど誰も思っていない今となっては実に幸せな時代だったと思います。
その後、バブル景気とともに社会人になった私は、ひたすら装置のプログラムを作る仕事に忙殺され、徐々に音楽を聞かなくなっていきました。
そして、3回目の転職で現在の輸入商社へ入社し、語学の壁の影響でちょっとした欝状態になってしまった私は、全く音楽を聞かなくなってしまいました。その当時の私は、音楽を聞くと、なんというか頭に音が突き刺さる感じがして、とても音楽を聴くような状態ではなかったのです。
そんな時、何かのタイミングで広橋真紀子さんの音楽が耳に入った時、本当に久しぶりに音楽が聞けたのです。
広橋さんの音楽は、いわゆる”環境音楽”に分類されると思いますが、非常にゆったり穏やかで温かみのある旋律は、自分の欝な気持ちを解きほぐし、癒してくれました。その後、色々と類似の音楽を聴きましたが、やはり自分にとっては、広橋真紀子さんの音楽が一番でした。
今では、欝症状もなくなり、以前と同じ音楽が聴けるようになりましたが、仕事中に音楽を流すときは、やっぱりいつも広橋さんを選んでしまいます。広橋さんの音楽には、欝だった昔もそして今も助けられ続けています。
今後、このブログの中で広橋さんの音楽を紹介していきたいと思っています。

アニメについて(初めに)

皆さんの中には、アニメを見られている方もいるかと思います。でも中高年でアニメを見ている方は、まぁ少ないでしょうね。
自分も今から6年ほど前は、普通の本や映画を観る普通の人でした。
(普通と言っても、線引きが難しいのですが、割と売れ筋のサスペンス小説やアクション映画を見ていたので、一般的に言う普通の人だったと思います。)
それを一変させたのが、現在の会社への転職です。
現在の会社は輸入商社なのですが、それまで装置制御のプログラムや電装設計を行っていた自分は、たちまち語学(英語)の壁に突き当たってしまったのです。米国の取引先とのやりとりは当然英語で行われますが、読めない、書けない、会話できないの3重苦の自分は殆んど仕事にならず、ちょっと軽い欝状態になってしまったのです。
その当時、週末金曜日の定時には直ぐに退社して、週末は家に篭っていました。(その当時のことを思い出すと今も暗い気持ちになります。)
そんな引き篭ったある週末の深夜、いつものように何をするわけでもなくネットを渡り歩いていた時、YoutubeにUPされていた”涼宮ハルヒの憂鬱”の動画を見てしまったのです。まぁ、今もこの手の違法動画はネットにUPされているものですが、当時のネットはちょっとした無法地帯の状況だったような気がします。その当時の自分はアニメなどには全く興味が無く、このような動画がわざわざネットに貼り付けられているのを見ると鬱陶しく思うくらいでした。ただなんとなく見てしまったのは、当時外国人による”ハルヒダンス”の動画がかなりUPされており、日頃苦しめられている外国人が興味を持つアニメとはどんなものかという軽い気持ちで見たのだと思います。
しかし、このアニメを見た自分は、ものすごいショックを受けてしまったのです。それまで宮崎アニメくらいしかアニメを見たことのなかった自分がアニメに持っていた印象といえば、例えば登場キャラが驚いたとき目が渦巻きになったり、走るとき足が渦巻きになったりなどのお手軽なイメージしかありませんでした。ところが”涼宮ハルヒの憂鬱”に出てくる登場人物は非常に精細に書き込まれており、これがびっくりするぐらいグリグリ動き、そしてなによりも作品の印象がとにかく楽しく明るかったのです。これは当時の欝な自分の心がそうさせたのかもしれませんが、登場人物がPCの画面から飛び出して動いているようにも見えたくらいです。そのまま全編を徹夜で見てしまった自分は、その後ネットで名作と呼ばれるアニメを探してひたすらDVDをレンタルしては見ることを繰り返し、今では立派なアニオタになってしましました。
それでも自分はアニオタになってしまったことを全く後悔していません。あの当時、苦しんでいた自分に、アニメはちょっとした気晴らし程度なのかもしれませんが確実に癒しを与えてくれました。そして、年間300本も作られるアニメは確かに駄作と呼ばれるものは多いのですが、その中には、将来に語り継がれるような名作も確実にあるということを、自分は今は確信を持って言い切ることができます。そして今後も自分はアニオタを続けていくことでしょう。このブログの中でも、アニメについては、いくつか取り上げていきたいと思っています。

英語勉強について(初めに)

皆様の中にも、会社で英語を必要とされる職場に勤めている方も多いかと思います。
自分も、縁あって、現在の貿易商社へ40代という年齢で転職し、7年間なんとかやってきましたが、英語に関しては現在でも苦労しっぱなしです。理系出身の自分は、大学を卒業以来、英語を殆んど使ったことが無い状態で、現会社へ入社してしまったのですが、英語を使う機会の多さに最初は本当に面食らいました。それ以降、仕事の合間にポツポツと英語の勉強をしてはきましたが、仕事が忙しくなると勉強する時間を確保できず、少し余裕が出るとまた、ポツポツはじめるということを繰り返してきました。
ただ、このままの状態では、英語の上達は難しいのは間違いありませんので、本ブログの立ち上げを期に下記を実行することにしました。

1)1日に必ず1時間は英語の勉強時間を確保する。そして勉強内容を日記として書き込む。

  使用テキスト:
  ・キクブン270
  ・音読パッケージトレーニング
  ・Duo3.0

2)年明けにから毎回TOEICテストを受験する。

テキストは上記に絞って必ずやり遂げたいと考えています。(なんとしても最低上記テキストは終了させたいです。)


 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (10)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (6)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。