Aiuto!の穴

≫とらドラ! 感想

とらドラ! 感想

とらどら5_縮小
とらドラ8_縮小
今季、一番面白いと感じている”凪のあすから”の脚本の岡田麿里さん繋がりで、とらドラの感想を書いてみようと思います。

本作は、その目つきの鋭さ故、不良に見られてしまうことを気にしている高校2年の高須竜児と、「手乗りタイガー」と恐れられている凶暴な女子高生逢坂大河を主人公にした高青春ラブストーリーです。
”超ド級ラブコメ”というキャッチコピーがついていましたが、本作は、コメディーだけではなく、登場人物たちが本音でぶつかり合い、その中で成長し、人が人を好きになるということをしっかり描いた「青春群像劇」として、非常によくできていたと思います。

ちっちゃくて可愛いけれども、常に周囲に敵意を撒き散らす暴力的なヒロインの大河、大河の唯一の友達で元気なスポーツ少女の実乃梨、そして大河のライバルとして現れるモデルで周囲からは大人と思われている亜美。これら三人の中に竜児が関わってきた時、個々では自覚しなかったそれぞれの本当の気持ちが顕になってきます。

竜児が登場するまでは、親友の実乃梨としか世間との接点がなかった大河は、竜児とまさにラブコメ的どつき漫才のような関係の中で、徐々に竜児に心を開いていきます。モデル業をやっていて自分のイメージを取り繕うことを当たり前と思い、かつそれに絶対の自信を持っていた亜美は、あっさりと事も無げに竜児にその虚飾を看破され、本当の自分を曝け出し他人との繋がりを持つようになっていきます。これらの二人と逆に、明るく活動的だったはずの実乃梨は、気がつかないうちに竜児のことを好きになってしまった気持ちを親友のために偽ろうとし、それをいらただしく思う亜美と激しくぶつかり合うようになります。この中に、どこまでも無器用な北村が加わり、濃い関係の中でお互いの感情が大きく動きながらストーリーは進みます。そして、この大きく揺れる感情の中でお互いが理解し合い、そして自分の本当の気持ちを知っていくことになります。

若いゆえに、感情を持て余してしまういらただしさ、そして制御不能だった自分の気持ちを理解した時の驚きと、それによって目の前の視界が開けるような感覚の素晴らしさ、これらの感情をこの作品は実にうまく描いていました。
そして、自分の本当の気持ちを素直に受け入れ、正直に行動しようとする登場人物たちの若い誠実さに、見ている側もハラハラしながらも大いに共感できたのだと思います。登場人物たちの気持ちが見ている側によく伝わり、特にクリスマスパーティー以降のストーリーの進行から目が離せませんでした。

この作品は、キャラクターの造形の素晴しさもそうですが、ストーリーの展開も実にうまかったと思います。プール開きに、夏休みの旅行。文化祭・体育際のあとのクリスマスパーティー、そして修学旅行と学校行事の流れに沿って、ここぞというタイミングでストーリーの展開があり、ストーリーの進行に全く中だるみがなかったのは流石と言えます。
ただ、最終2話はやはり大分駆け足に感じたので、そこだけは少し残念に感じました。
しかしながら、物語の最後のモノローグを1話のモノローグに繋げる演出によって物語は綺麗に着地し、2クールを見事に使い切った素晴らしいエンディングでした。

本作は、監督に、長井龍雪氏、そしてシリーズ構成に岡田麿里さんのタッグで制作されました。
長井龍雪氏の監督としての采配の素晴らしさはもちろんですが、この作品における登場人物たちの心の葛藤と感情が爆発するような熱い表現は岡田麿里さんの手腕によるところが大きいのではないでしょうか。
また、激しさだけではなく、いかにも学園生活らしいコメディの部分もあって、まさに熱くて面白い極上のエンターテーメントな作品でした。
とらドラ20-3_small
とらドラ20-2_small
とらドラ!2話の名場面。
竜児「『虎』と並び立つモノは、昔から『竜』と決まってる。俺は『竜』になる。そんでもって、『竜』として大河の傍に居続ける」
普通ではなかなか言えないセリフ。しかし、アニメだからこそ言って欲しい。自分がアニメを見続ける理由は、そこにあるのだから。
とらドラ11-1_縮小
とらドラ11-2_縮小
みのりんの顔芸。爆笑しました。
とらドラ10-1_縮小
とらドラ10-2_縮小
とらドラのラストシーン。このシーンに限らず大河の表情が豊かなのが非常によかった。
CVは釘宮理恵さん。あまりにハマりすぎな感じがするも、やはり彼女以外に大河役はいないでしょう。

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (9)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (5)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR