Aiuto!の穴

≫らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想

日常系アソート(らきすた、みなみけ、苺ましまろ、あずまんが大王 感想)

自分は日常系アニメが好きで結構見るのですが、では日常系のどこが好きかと問われると、なかなか説明に窮するところがあります。なにしろ”日常”のお話なのですから、ストーリーに関して言えば、そんなものは無いといっても良いくらいのものです。では、みんな似たようなものかと言えば、もちろんそんなことは無く、それぞれの作品は、それぞれ売りともいえる特色を持っています。しかし、基本的に”癒し”を求めているジャンルの作品なので、あまりきちきちせず、まとめて感想を書いてみたいと思います。

以下、自分がよく見た日常系作品”らきすた”、”みなみけ”、苺ましまろ”、そして”あずまんが大王”の感想をアソートとしてまとめてみました。

・らきすた
らきすた縮小

原作が4コマ作品の2007年度の大ヒットアニメ。
らきすたに限らず、4コマ作品を原作に持つ日常系アニメは多いようです。日常系作品は、ストーリー性をあまり重視しないので、原作4コマのネタを繋いで作品を作り上げることが出来るという点に置いて、4コマ作品は日常系アニメの原作に合っているのかもしれませんね。特にらきすたの場合、ネタをつなげた際、あっちこっち話題が飛ぶのがいかにも女子高生のおしゃべりのようで、偶然だとは言え、それが逆に自然に見えてしまうというところなど、原作とアニメの相性はばっちりだったように思います。
らきすたの特徴と言えば、言わずと知れたオタクネタなのですが、結局のところ、らきすたの面白さというものは、オタクにとって理解できる”あるあるネタ”でニヤリとするのが主で(コンプティーク連載なので当たり前か)、4コマの基本である起に対する結の落差で笑いを取るというような、見ていてハッとするような意外性というのは殆どありません。おそらく、らきすたにギャグの面白さを求めると、盛大な肩すかしをくらうことになるでしょう。しかし、らきすたを好きな人の多くが求めたものは、ギャグが面白いかどうかということよりも、本作品が描く、オタクであることがごく普通である明るくのんびりした世界に浸る心地よさであったのではないでしょうか。実際、主人公のこなたが自分がオタクであることを全く気にせずあっけらかんとしているところは、自分にとっては、見ていてとても気持ちが良いものでした。

アニメの製作は京都アニメーションで、キャラデザはいかにも4コマ風の簡略化されたものなのに、それを手抜きなしに、ちょこまか、かつ滑らかに動かす技術はさすがの一言。またOPも、いかにもサブカルっぽい下世話な感じがするものを丁寧かつ完璧に動かし、はじめて見た時には本当に驚きました。(この頃のヤマカンは本当に輝いていたなぁ。)

らきすたは、作中に実在の鷺宮神社を登場させて有名にしましたが、らきすた終了後6年たっても初詣に参るオタの数は衰えず、完全に聖地として定着したようです。近所の商店会での受けも悪くは無いようで、オタクであることが、何かに貢献できる場所があることは、1オタとしてうれしい限りです。

・みなみけ
みなみけ縮小

本作品も、らきすたと同じ4コマが原作ですが、らきすたが殆ど会話劇のようにテンポよく進行したのに対し、みなみけは、独特の”間”がまったりとした面白さを出していたと思います。このまったり感に加えて、時々シュールなギャグ(”先生と二宮君”や”保坂先輩”)が入り、それらがまじりあって独特な雰囲気を作っていました。
もうひとつ特徴的なのは、男性陣の頑張りで、他の日常系のアニメでは、男性は殆ど添え物的な存在であるのに対し、マコちゃんことマコトや、夏奈に惚れる藤岡、そして変態”保坂先輩”など、作品に無くてはならない存在で頑張っていました。
この男女ともに出演するバランス感だけでなく、日常系としてのまったり感とシュールさを含んだギャグ、そしてキャラクターの良さのバランスが、みなみけは非常に良かったと思います。この見ていて安心感のあるバランスの良さが、みなみけを4期まで続けさせたのではないでしょうか。

・苺ましまろ
苺ましまろ縮小2

この作品を見てまず感じたのは、ノスタルジーです。大人から見たら当たり前のことに驚いたり感動したりで一日がとても長かった子供時代の懐かしい思い出が、この作品を見ていると蘇りました。また、子供にとって、自分より力も知識も持っている年長者の存在というのはとても重要ですが、主要人物中、唯一人年長者として登場する伸江は、色気は無いけど面倒見のいい姉御肌で、子供たちに慕われるのも納得の魅力的なキャラクターでした。そして、個人的にツボなのが、英語がしゃべれない英国人のアナの存在で、現在、自分が英語で苦労しているのでアナの苦労は自分に重ねてしまうところがありますし、そもそも、日本語しか話せない外国人キャラというのをはじめて見ましたのでとても新鮮でした。

さて、実はこのアニメには、”かわいいは正義!”という有名キャッチコピーが有り、この作品を”ロリコン"アニメと思っている人は少なくないようです。
でも、作品の中で、登場人物たちのかわいさだけを強調するようなあざとい演出などはありませんので、このキャッチコピーが作品を的確の表しているとは、自分には思えませんでした。また、作品内容もコメディーなので、これをロリコンアニメとする評価は的外れと思えて仕方がないのですが...。

もし、この作品がロリコン御用達アニメではないかと二の足を踏んでおられる方が居ましたら、まずは実際にご覧になられることをお勧めします。
確かに、腹を抱えて笑うようなギャグはあまり多くありませんが、ボケと突っ込みのタイミングにも中々キレがあり、まったりとした感じの中にも話はテンポは良く進むので、退屈に感じることはあまりないと思います。そして何よりも、少女たちと伸江姉の関係が作り出す雰囲気に、多くの方がノスタルジックな記憶がよみがえるのではないでしょうか。(個人的には、#5"そいね”Bパートがお気に入り。トラブルメーカー美羽の内面に少し踏み込んだお話で、非常に印象深いものがありました。)

・あずまんが大王
あずまんが大王縮小

自分にとって、本作品はこの手の日常系アニメの最高峰であり、もう10年も前に放映されたアニメですが、その魅力は全く色褪せていません。
一応、そのほのぼのした感じから、自分の中では日常系と分類していますが、このアニメは女の子を可愛く見せようとするような量産型日常系アニメとは一線を画したものがあります。ギャグに関して言えば、ボケと突っ込みのテンポの良さも抜群ながら、ギャグの間の取り方に関しては、自分の中では本作の右に出るものはありません。また、本作のギャグは、作品の雰囲気に合ったほんわかした感じのものが多いのですが、意表を突くようなシュールなものもあり、特に第8話での大阪のシュールなちよちゃんネタの初夢には大笑いしましたが、真面目で寡黙な榊さんのシュールな初夢には本当にぶっ飛びました。
本作は、メインキャラクターである女生徒達の個性ある造形も魅力的ですが、生徒だけではなく登場する先生にもそれぞれしっかりしたキャラクターが与えられ、大人の立場を示すことで作品の幅を広げていました。特に、第19話でのゆかり先生とにゃも先生の仕事の話は、オリジナル回らしく他の回とは趣が異なっていましたが、非常に味わい深いものがありました。
そして、なによりも自分の中で本作の一番気に入った点は、高校生活での大学受験と卒業をきちんと描いたことです。受験は高校生にとって人生の進路を決める非常に重要かつシリアスなイベントであるので、これをアニメで描くことは非常に難しいことなのですが、本作は、日常系ギャグ作品であるにも関わらず、それをきっちり描き切ったことには驚かされました。他の日常系アニメでは、終わららない日常を繰り返しているだけですが、本作は、高校生活を”受験”という関門で一区切りし、それぞれが別の道へ踏み出すところまでしっかり描いています。次に進む道を指し示すことによって、高校の卒業が唯の一区切りであり、これからも別の日常が続いていくことを作品の最後で描いた、まさに続いていく”日常”をしっかり描いた素晴らしい作品だと思います。

 | HOME | 

プロフィール

aiuto!

Author:aiuto!
会社員
英語の勉強と日々気になることを日記風に書いていきたいと思っています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (6)
英語 (93)
(2013/9月-2014/2月) (35)
(2014/3月-2014/12月) (41)
(2015年) (2)
(2016年) (12)
音楽 (9)
EL&Pの音楽 (1)
King Crimsonの音楽 (1)
広橋真紀子さんの音楽 (1)
音楽雑記 (5)
アニメ感想 (17)
フルメタル・パニック感想 (1)
とらドラ! 感想 (1)
PSYCHO-PASS -サイコパス- 感想 (1)
灰羽連盟 感想 (1)
ゆゆ式 感想 (1)
新世界より 感想 (1)
じょしらく 感想 (1)
男子高校生の日常 感想 (1)
らきすた, みなみけ, 苺ましまろ, あずまんが大王 感想 (1)
Steins;Gate 感想 (1)
とある科学の超電磁砲 感想 (1)
宇宙戦艦ヤマト2199 感想 (1)
ガールズ & パンツァー 感想 (1)
TARI TARI 感想 (1)
花咲くいろは 感想 (1)
今期のアニメ (13)
2016年冬アニメ 感想1 (1)
2015年冬アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ 感想 (1)
2014年秋アニメ (1)
2014年夏アニメ 感想 (1)
2014年夏アニメ (1)
2014年春アニメ 感想 (1)
2014年春アニメ (1)
2014年冬アニメ 感想 (1)
2014年冬アニメ (1)
2013年個人的ベスト10アニメ (1)
2013年秋アニメ 感想 (1)
2013年秋アニメ (1)
今期のアニソン (6)
2014年夏アニメ アニソン (1)
2014年春アニメ アニソン (1)
2014年冬アニメ アニソン (1)
2013年秋アニメ アニソン (1)
個人的お気に入りアニソン(ED編) (1)
個人的お気に入りアニソン(OP編) (1)
アニメ雑記 (57)
趣味 (6)
バイク (3)
車 (1)
時計 (1)
推理小説 (1)
一般雑記 (64)
お城訪問 (22)
旅行 (20)
隣の国の困った人々(特亜3国) (8)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR